忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1] [2] [3] [4]

 なんかグダグダやな、最終話。ミュトスよわっ。単なるハートブレイク少年じゃないですか。全然最終回っぽさがなくて今まで通りの雑魚と同じくらいのテンションで退場しやがった。

 うーむ、ラストバトルはもう少し色んなところで見せてほしかったよねぇ。お話的にも、絵的にも。これまでずっと必死にパソコンいじってたからてっきり巨大ロボでも出撃させるもんだと思って楽しみにしてたのに、最終的なバトルは単にミュトスが装備してた「ちょっといいウェア」相手にしただけ。さらにその相手はダイハチのウェアを総動員しても最上位権限ブーストに勝てず、結局自衛隊とのドタバタ連携作業になるっていう……。まぁ、ある意味で非常にダイハチっぽいとも言えるんだけどさ。この緊張感の無さは。まー、ミュトスの計画の根っこを考えれば、確かに巨大ロボを出撃させて東京を破壊する意味もないわけだし、あの根暗がこそこそと過去のいじめの復讐を企てていただけだと考えれば、このくらいの小規模な騒動でフッと終わるのは説得力はあるんだけどね。

 それにしてもミュトスはだらしない。ここまで周到に準備してきたのに、あんなにあっさり国に負けるとは。しかも最大の敗因は「バードを信頼しすぎ」という何とも寂しい理由。最後の最後までバードが何を考えていたのかはよく分からず、「ミュトスが友情を示しちゃったもんだから逆に愛想を尽かした」っていう可哀相な展開。ボスは2人ではなく、あくまでバードの方が上位であり、ミュトスはそんなバードの興味を引いた単なる「ちょっと頑張ったぼっち」だったんだもんなぁ。視聴者目線からするとバードとミュトスの関係性は計りがたいわけで、彼ら2人の関係性について、もう少し事前に描写しておいてもらわないと今回の展開は肩透かしだわな。結局バードが高飛びしたのって、単なる司法取引ってことでいいのかしら? あんだけ世間を騒がせた奴を、そんな簡単に野放しにしていいのかしらね。まぁ、確かにバード単体で見れば大した罪は犯していないので、関係性を証明出来ない限りは実刑に持っていくのも面倒なのかもしれないけど……ミュトスが浮かばれないよなぁ(死んでないけどさ)

 というわけで、なんだかパッとしないエンディングでしたとさ。まぁ、このユルさ、ピントがずれたような変ななれ合いの空気も、今作の魅力の一つと思えば我慢も出来るか。結局係長は本気出したのって巨大ロボのときだけだし。どこまでも公務員的に、どこまでものらりくらりと。しょうがない、不燃ゴミは出さなきゃいけないからね。次の回収日でええやろ!

拍手

PR

 いい、最終回だった……カナー、第10話。最終回だからっていい話なんかにさせねぇぞ、って気概に満ち満ちていますね。今期はこの枠が角川10話枠なんだなぁ。最近はプリヤとかこれとか、10話で終わるのが勿体ない作品が多いのは嬉しいのか悲しいのか。

 前からちょくちょく話には出ていた謎メカ、機動要塞デストロイヤー。そのサイズ、やってる仕打ちはどこぞのオブジェクトと似たり寄ったりなので、今の感覚だと割と人間の手でも何とかなりそうな気もするけど、出現場所が駆け出し冒険者の町だからなぁ。普通に考えたら緊急クエストなんてムリゲーである。しかし、そこは主人公パーティの強み、たまたま化け物に良く効きそうな武器を2つも持っているじゃありませんか。1つ目、クソみたいな女神だけどディスペルマジックは一応神レベル、アクアさん。試合前からさっさと逃げだそうとするなど、今回も下衆の精神が際だっていたアクアですが、本気になると浄化関係の魔法だけならめぐみんばりの高出力。以前デュラハンを押し流した水の魔法はあんまり格好良くなかったけど、今回のディスペルマジックはそれなりに見映えもしたし、いくらか女神としての名誉を挽回出来たんじゃないでしょうか。まぁ、こんだけハイスペックなことが分かれば分かるほど、「じゃぁなんでカエル相手に素手で挑んでたんだよ」っていうおつむの残念さばかりが際だつわけですが。

 秘密兵器その2,頭のおかしい火力。例えていうなら「心魂破(10ED)」みたいなもんですかね。後は野となれ山となれで、身の丈に合わない大火力をぶっ込む頭のおかしい奴がいる。今回はそれに加えて、偉いリッチのウィズさんも力を貸してくれたおかげで、なんと町の防衛を果たしたのは綺麗にプリキュアの2人。このキャスティングは当然狙ってやってないわけで、今作が神がかった星の下に生まれていることがよく分かる。キュアップ・ラパパとエクスプロージョンが炸裂して、見事にオブジェクトが停止。この時に単に立ってただけのダクネス、そのポーズがあまりに様になってて、約束されし勝利の剣くらいなら発動出来そうな風格だった。今回、ダクネスは「格好良いけど何もしてない」ポジションなんだ。本当に根は良い子なのがよく分かるんだけどね。なんでたった1点だけこんな残念になってしまったんでしょうね。

 その後、自爆装置云々と熱暴走云々という謎の天丼で2回のピンチが繰り返されるが、1回はウィズさんのテレポートで、そしてもう1回はアクアエネルギー注入によるめぐみんの特大エクスプロージョンで解決する流れになる。ただでさえ上位職の多いパーティだが、リッチも強すぎるよな。しれっとエクスプロージョンが撃てるし、なんか色々と便利な魔法覚えてるし。普通のRPGだとリッチっつってもそこまで便利なモンスターのイメージないんだけども。まぁ、とにかくカズマといちゃいちゃすることで無事にテレポートは成功。カズマは「ラックが高い」って言ってる割に今回その辺は全然活かされてないんだよな。まぁ、主人公の宿命ですかね。そして、このエネルギー体テレポートの際に読み解かれたデストロイヤー設計者の爺さんの独白パートが、ある意味で今回のクライマックスかもしれない。相変わらずインパクト絶大の仕事だと思ったらチョーさんなんだよな。楽しすぎるわ。この世界の住人ってみんなしてこんなんなのか。素晴らしい世界ですね……。

 最後のめぐみんの活躍については、「熱暴走でヤバい機械をエクスプロージョンで抹消ってどういうことやねん」という疑問は残るのだが、まぁ、ここで何かミッションを用意しておかないと、カズマが単に突っ込み入れてるだけの人になってしまうからな。ウィズがアクアに触れないということで、スキルを覚えたカズマがエネルギー導管役を代行。ここに来て突然セクハラで訴えられるとかいう理不尽もありつつも、何とか任務をこなした。この期に及んでセクハラで文句を言うめぐみん、あんた先週何してたんだよ。

 中盤はずっと「自分たちの館が大爆発」オチだと思ってたのだが、そこはちょっと違って「エラいさんの屋敷ぶっ飛ばしちゃったから前科者になっちゃった」エンド。まぁ、どうせ億単位の借金背負って前科者みたいな扱いだったんだから大してかわらんわな。冒険の旅はまだまだ続く。いい最終回だった。

 けど、終わらない。良かったよ、2期目があって。巷では「あまりにも人気だったから急遽2期が決まった」なんてうわさがまことしやかに囁かれてますが、そんなことって実際にあるのかね? 流石に分割2クールじゃねぇのか?

拍手

 エンディングなんやねん、第11話。リコからリンゴに。どういう意味かは良く分からんが……ミュトスってのは哲学用語みたいだけど、そこにリンゴも関わってくるんだろうか。難しいお話はよく分かりませんわ。

 思ったよりも素直に崩壊の一途を辿る脆弱国家日本。前回の時点で「オロチのオとチ」とやらが陥落したらしいが、その影響であっという間に都市機能は麻痺。交通網が使用出来ない、ネットも使えない、一般市民は夜8時以降の外出禁止措置らしいが、普通に考えたらこの状況はその程度の規制で国民が収まるようなもんじゃないはずだ。だってネットがやられたってことは、交通以外にも治安維持の諸々が機能してないんだろ? この期に火事場泥棒的な人間が溢れて、市民は避難とか隠遁ではすまないレベルで危険にさらされているはずなんだ。「PSYCHO-PASS」で一時的にシビュラが機能しなくなった時期があったが、あの時期にはほぼ暴動みたいな状態になってたし。とんでもないテロをくらった状態でも割と平穏に市民生活が送れて、警察官が夜回りする程度で済んでるんだとしたら、なんと美しい国であることか、ニッポン。もう、余計なしがらみがないんだからこのまま原始的な生活まで戻っちゃえばいいんじゃないかな。

 しかしまぁ、実際にロゴスを相手取ってる警察組織からしたらそうも言ってられないわけで、何とかミュトスを押さえて「オロチのロ」を守ろうと手を尽くしている。捕まったバードは完全にミュトスの仲間という立ち位置ではないらしく、「ゲームはワンサイドじゃ面白くないっしょ」という、明らかに死亡フラグ的な発言であさみちゃんたちを煙に巻く。実際にそうして迂遠なヒントまで提供してくれているのだから結果オーライだが、この辺の挙動はミュトスも織り込み済みっぽいね。駆けつけたダイハチを見ても「思ったよりも早い」って言ってた程度なので、バードが「面白くなる」ようにゲームバランスを調整してるのは知ってるみたいだ。その上で、Likoを使った世界中の諸々乗っ取り作戦が成功したってことは、とりあえず一旦はオロチのロも落ちたってことでいいんでしょうね。未だにシステムがどういう構造なのかが分からないのでヤバいのかどうかも分からんけども……ミュトス1人で日本の全てを回してくれるなら、それはそれで良いような気もするぞ……。「ガッチャマンクラウズ」ではゲルサドラがほぼ1人で日本の政治全部回してたんだから、それくらいヘーキヘーキ。

 ま、とりあえずダイハチは頑張って日本を取り戻してもらいましょうね。今回は独立愚連隊としてのダイハチの性能を活かし、ネットワーク無しでも動けるフットワークと、多少の命令違反は気にしないおおらかな態度を武器に要所へ突貫。5人全員でのウィルウェア装着シーンはなかなか壮観だ。こうしてみると室長はホントにちっちゃくて可愛いな。おっぱいも……いや、割と普通だけど。脇にいるはるかさんがでかすぎるのが悪いねん。全員が違ったデザイン、違った機能のウェアで戦うのでもう少し適材適所に配置されて各人の技能を活かしたバトル展開になるのかと思ったのだが、基本的には武闘派オンリーなのでまかり通る時にも力業。相手がトチ狂った自衛隊なのであんまり無茶もできないのが辛いところか。何とか凡河内さんだけは正気に戻すことが出来て、なんか不思議なチームでの突貫シーンだったな。ウェアは自衛隊の奴がすごく量産機っぽいのが可哀相。こうしてみるとダイハチってやっぱり恵まれてんなー。なんだかんだで良い装備が揃ってるわけだし……って、どう見てもミュトスが使ってた「全自動クルクル竹とんぼ」の性能が桁違いでしたけどね。日本の中枢のセキュリティ、ガバガバじゃねぇか。そんだけミュトスが優秀ってことなんだろうけども……。

 彼が怒っているのは「ジャパン・スタイル」という今回のサブタイトルにもなっている縦割り社会の日本の融通の利かなさ、地位や役職を優先して優秀な個性をつまはじきにする悪しき慣習。ダイハチも今回そのしがらみに付き合わされそうになったが、不良集団はあんまりそういうのを気にしない。ミュトス君も余計なしがらみを気にせずおおらかに育っていれば、もう少し真っ直ぐ生きられたかもしれないのにねぇ。いや、バードみたいなおおらかさも困るが。

 とりあえず、来週以降Likoの姿が見られないとしたらちょっと寂しいので、さっさと戻ってきておはこにゃまちりんこして下さい。

拍手

 コボルトだと思ってたけどコボル「ド」なのね、第10話。ゴブリンってどんな作品でも大体共通したイメージがあるけど、コボルトだとちょいちょい違うイメージ。なお、Magicにおけるコボルドのイメージはこんなん。……び、微妙……。ちなみに、Magicでもコボル「ド」だったことを今初めて知った。まぁ、あんまり触れる機会も無いしな。

 さて、先週決意して今週からいよいよ新しいフィールドに出たわけだが、なんか、あんまり新鮮さが無いし、抱えてる問題がすげぇ微妙だったからあんまり高揚感が無いな。まず、コボルドが潜んでいる鉱山の仕組みがよく分からぬ。上の階層には「レッサー」コボルドがふらついてて、コボルドは穴蔵の中で微妙な集団生活を営んでいる。いつでも騒がしいので、ちょっとやそっとの騒ぎじゃ寝ているコボルドは起きない。この設定は「一気に集団で襲われることなく、ハルヒロたちくらいのレベルでもこまめに数匹単位のコボルドを討伐出来ますよ」ってことなんだろうが、コボルドの生活環境がイメージ出来ない変な設定なんだよな。あいつらが何を食べてどういう生活習慣なのかが分からない。同じ生物種なんだから夜行性とか昼型とかいう設定は似たり寄ったりのはずだし、他のコボルドが起きて活動してる時間帯は大体他の連中も起きてるんじゃないのか? 横穴みたいな狭っ苦しいところに数匹重なって寝てた描写があったが、あれは家族なのか? どうやって食料を得て生きていて、他の群れとの接触はどの程度あるのか? なんか、色々分からない。

 ただ、この世界はモンスターの生活環境までは深く考える必要はないらしく、とにかく「3〜5匹くらいの群れと時たま戦闘になるよ」というフィールドがこの鉱山らしい。……と思ったら、下の層に下りたら今度は農場が開けた。すげぇよな、農耕に牧畜、完全に人間レベルの生活を営んでいる。こいつら、わざわざ鉱山内部でじっとしてる必要ないんじゃないの? こんだけの文化レベルがあるならさっさと外に出て人間と交流すればいいんじゃないの? ゴブリンの時も同じこと思ったけどさぁ。変な世界だよな。そもそも鉱山の4層だか5層だかにあんな広い農地が広がってるのも謎だ。「ダンまち」の時も同じような現象があったが、あっちの「ダンジョン」は完全に未知の領域と定義されてたからまだいいんだよ。この作品の場合、一応「鉱山」って言われてるのに……人間の立場がめちゃくちゃ弱くて、かつて開拓した農地をコボルドに奪われたってことなのかなぁ。

 そんなよく分からないフィールドに舞台が移ったわけだが、ハルヒロたちパーティがやることは大して変わらない。各人が少しずつレベルアップを果たしているおかげで戦略の幅も広がり、敵が強くなったといっても戦闘の緊張感は逆に低減している。特に今まであまり活躍してないように見えたシホルが便利な魔法を覚えたことで、集団でのリアルタイムバトルは割と楽に処理出来るようになったらしい。そして、戦略の幅が生まれ、お互いに戦闘中に余裕が出てくると……噛み合わないパターンも出てくるということで。何故かここで突然浮上した「ランタが浮いてるんじゃないか」問題。これも今回あんまりしっくり来なかった部分なんだよな。先週まではメリイさんの問題をずっと扱っていて、それが解決したと思ったら今度はランタをやり玉に挙げるのか。どうせ今までだって同じようなノリで憎まれ口を叩きながらそこそこ上手くやってきたんだから、わざわざ藪をつつく必要も無かったと思うのだが。まー、戦闘中にランタのせいで命が危なくなったらそんなことも言ってられないのだろうが……今回のハルヒロの行動、あんまり積極的な理由が感じられないんだよね。他のパーティメンバーもランタに辟易してるとかなら分かるんだけど、別にそんな様子もなかったしねぇ。正直、集団行動に向いてる向いてないって問題ならシホルやメリイさんだってそんなに変わらないしなぁ。ハルヒロは「リーダー」って言う言葉でちょっと気負いすぎてるんだろうね。マナトみたいに器用に人間関係が調整出来ればいいのだが、それが出来ないハルヒロが無理をしてしまったせいで、ランタとの関係性は改善するどころか妙にぎくしゃくしたものに。それでも気にせずに「仕事をこなす」ランタさんはむしろ偉いと思うで。

 こんな微妙な状況で、うっかり遭遇しちゃったデッドスポットさん。先週の時点で「遭わないように気をつければ……」みたいなこといってたのに、さっそく遭っちゃうあたりがこのパーティの抜けてるところだよなぁ。なんでこの階層まで下りてきちゃったんだよ。まだお試しなんだから、慎重に慎重に進んでレベルあげしなさいよ。これでメリイさんが返り討ちにでも遭ったらマジで洒落にならんからな.

 それにしても、率先して案内役を務めてくれるメリイさん、完全に「便利で強いおねーさん」だ。偶然とはいえ、ハルヒロたちは良いユニットを拾えたもんである。

拍手

 もう薄い本すら必要ないんや! 第9話! 今回のエロシチュエーション、昨今のエロアニメの中でも突出してた気がしますね……いや、このアニメは決してエロアニメではないのだが……やっぱりダクネスさんとその他諸々のファクターって、何か1つでも歯車が狂ったらセクシャルハザードが起こってしまう危険性を孕みまくった状態なんだよな。

 もう、今回はストーリーが云々を語る意味は全く無い。とにかくいかにしてこのエロが成されたかを考えることしか我々に出来ることはないのだ。そしてこれを解明することが、「何故カズマはこんな性的なメンバーに囲まれているのに一切欲情しないのか」とか「普段どのように処理しているのか」という部分を解決する糸口になる。まず、カズマさんも(2回も死んでるけど)健全な青少年なので、人並みの性欲はある。そのラックでもって確実に「お宝」をスティール出来る特異体質からも確認出来るだろう。業界のレジェンドであるリトさんと違って相手が女性だろうが平気で外道な行いも出来る素質があるし、普段からそういった凶行に及ばない原因に「仲間想いだから」とか「モラルを遵守するから」といった理由は通用しない。その上で、わざわざ金を払ってまでして(有料だよね?)サキュバスさんのお店に出向いたということは、やはりそうした対象としてはメンバー3人を見られないということであろう。「関係性が壊れるとまずいから言い出せない」とかじゃないんだ。普段からムラムラしてる様子もないし。暖炉の前での宵の一時、アクアもダクネスもだらしないおっぱいがぶるんぶるん揺れてホントにけしからんくらい無防備だったのに、カズマの冷ややかな目線はアクアのこれ以上育たない知性なんかに向かっていた。カズマの中で、アクアやダクネスは性の対象ではなく、「ダ女神」と「イカレた女騎士」でしかないのだ。こんなに作画班が乳を揺らしてくれているというのに。アクアの垂れ乳は昨今のアニメ作画では類をみないくらいに残念なのに!(だからこそそそるものがあると一部で評判です)

 しかし、そうした「視界の外」にあった性的欲求も、サキュバスの一押し、「夢かもしれませんね」で割と簡単に瓦解したのが今回の最大のポイントといえるだろう。風呂場に入ってきたダクネスを前に、(おそらく童貞で間違いない)カズマがどっしりと構えていられたことは、「夢である」という誤解もあるだろうが、普段から性の対象として見ていないという事実もあるのだと思われる。その上で、勘違いをしたことでサービスを求めたというのは、ドライな打算もありつつ、「まぁ、改めて見てみればこいつも良い身体してるじゃねぇか」という、本人の台詞そのまんまである。ようやく、ダクネスの「残念成分」を取っ払って、女性としての肉欲部分に食い込むことに成功したのだ。今までどれだけ残念成分によるバリアが強力だったのかってことだよなぁ。どれだけ性格が悪かろうが、人格に問題を抱えていようが、あれだけのむちむちパッツンボディ(さらにルックスも標準以上なのではなかろうか)を前にして一切欲情しないというのは、よっぽどダクネスに懲りていたということ。ダクネスの全ての人格を見ないようにしていたということ。それがようやく、今回開け放たれたのである。

 そして、この「うっかりカズマの性の解放」は、普通なら成立するはずがない。もし風呂場に入ってきたのがアクアだったらカズマはゴッドブローによって一瞬であの世に送られていたはずだ。しかし、悲しいことに(?)入ってきたのはダクネスだった。常識を知らず、押されれば答えてしまう性癖の持ち主だった。これでダクネスが一も二もなくホイホイと言うことを聞いちまったら、それはそれでお話は終わりだ。何しろすぐさま「実は夢じゃなかった」ということが判明するわけで、一度の過ちは既成事実として刻印される。ダクネスの方は「カズマはサキュバスに操られていた」という諦め方が出来るが、カズマの方は、万一ダクネスに手を出していたら、その事実はずっと彼の中に残り続け、なし崩し的に、グループ内にセフレを囲う状態になっていたに違いない(とてもじゃないけどダクネスとカズマが真剣につきあえるとも思えないが、一度既成事実を作ってしまったカズマがそれだけで終わらせるとも思えない)。つまり、確実にこれまでカズマを押しとどめていた「残念成分」によるフィルターは外れていたのだ。ひょっとしたらそのままの流れで他の二人も食い物にした可能性もある。まぁ、それはそれで見てみたい展開ではあるのだが……それは成人指定マークが付いた書籍に譲るとしよう。

 ここでダクネスが守ったものは、自分の貞操に加えて、彼女のヒロインとしての魅力であった。「普段ドMと自称してて、エロいことなら何でも受け入れちゃう変態騎士」というレッテルを貼られていた彼女だったが、「実際にことに及ぶところまで押されると実は戸惑う」という、最強クラスの恥じらい設定が付与されたのである。その割にボディウォッシュまでならOK(?)だったり、ユルさもしっかり維持しており、男からしたら「良いの? 駄目なの? はっきりしないともうどうにも止まらないよ?!」という絶妙なライン上にある。いや、ライン上じゃなくて確実にアウトなんだけども。「奥手なくせに押せばオチる」。これもう、駄目じゃん。カズマ、次の夜にもう一押ししてくれればいいのに。……でもしないんだろうなぁ。あんな恐ろしい肢体が目の前に用意されているというのに、夢の世界に頼ってしまうんだろうなぁ……。なんだろう、無性に悲しくなってきた。

 何が悲しいって、こんな事にものすげぇ真剣に筆を割いて書き綴ってる自分に悲しくなってきた。なんで日本にはサキュバスがいないんですか?!

 あ、とりあえずかやのん色々ありがとうございます! ありがとうございます!

拍手

 思いの外動いたなぁ、第10話。バードがとっとと警察に自供しに行ったからひょっとしてミュトスが全部切って捨てたのかとも思ったが、あの2人の関係性ではそういうこともなさそうね。ネカマのバードの正体を見てもぴくりともリアクションしなかったミュトスさん、心死んでるのん。

 まもなく1クール終了ということで、何かしらのけじめはつけなければいけないところなのだが、どうやらここでロゴス戦は決着してしまうみたいですな。2クール目はまた別な敵キャラが出てくるのか、それとも総理との政権争奪戦がヒートアップするのか(あんまり面白くなさそうだな)。とりあえず、けじめをつけにきたミュトスさんがかなり大胆に切り込んできた。まず、これまでネットでだけ対話していたバードと対面し、お互いの目的意識を確認しつつ、「最後の大勝負」に打って出る算段。その結果バードは陽動に回り、わざわざ室長の妹さんを引っ張り出して衝撃的な出会いと別れを演出。単なる嫌がらせとも思えないので、妹ちゃんが呼び出されたのはなんか意味があるんだろうなぁ。バードの切り札にはLikoが関係していると予想されるので、そのあたりのアプリの仕込みとか、何かしらのトリガーを妹ちゃんに催眠術でセットしてるとか、そういうネタがありそう。まぁ、単に同年代のお友達の前で自分が逮捕されるっていう劇的なシーンを見せたかっただけかもしれないけど。ラテン語使ってみたかっただけかもしれないけど! まだ事件の全貌は見えてないので、ロゴス側の狙いはさっぱり分かりませんな。オロチが云々って言ってたけども……オロチってなんだっけ? エヴァでいうところのマギみたいなもんですかね。三位一体っぽいし。そのうち2つを乗っ取られるところまで完全再現だ。東京って必ずこうなる運命なのかしらね。

 バードの人身御供により、影響を受けたのはミュトスの時間稼ぎだけではないようだ。犯罪者が名乗り出ちゃったせいか、ダイハチはもう必要無いよね、ってんで突然の解散命令。ダイハチってそんなインスタントな部局だったのかよ。いや、あさみちゃんの慌てぶりからすると寝耳に水だったのは確かなんだろうけど。それにしても一昼夜でさっさと解体出来ちゃうってんだから軽いもんだ。他の連中は自衛隊やらに帰属することになるっていってたが、瀬名はまた凡河内さんと同じ職場になったりしたら……大変だな。ブラッディマリーとか鉄オタとか、ちゃんと他の部署で使ってもらえるんですかね。お荷物部隊の処理ってのはそれだけで不安が募るわ。それにしても可哀相なのはあさみちゃん。持ち前のチョロさですっかりダイハチに情が移っちゃってるのはしょうがないとして、自分が「間抜けなスパイ」だったことは上司も分かっていて、単にスパイソフトの運び屋として利用されていただけだという。こんなにも張りぼてなエリートもなかなかいませんわ。まー、あんまりエリートだと思われたことないけどさ。いいじゃん、大人しく大阪府警とか名古屋市警に出向して、立派になって東京に戻ってきなさいよ。その時まで日本があるかどうか分からんけどな。

 ダイハチがごたごたしているうちに、なんかよくわからんカウントダウンイベントからミュトス始動。その直前に偶然銭湯で黒騎とあってたりするあたりはいかにもなご都合であるが、こうしてミュトスが単体で動いたってことは、あとは最終決戦(当然ミュトスと黒騎のタイマンだろう)まで一直線ということに。総理は役に立たなそうだし、ひとまずダイハチVSミュトスの構図は動かないだろう。思いの外あっさりと、分かりやすい構図にまとまったぞ。ミュトスやバードは今までみたいに慎重に潜伏し続けてれば絶対に警察から尻尾を掴まれずに好き放題出来たと思うのだが……まぁ、「退屈」だったんだろうからしょうがないか。サイバーな攻撃手段がメインのボスキャラってなかなかアニメ映えしないからクライマックスがどういう風に盛り上がるのかが分からないのだが、既に巨大ロボはスタンバッてるみたいだし、最後はメカバトルで一花咲かせてくれるんでしょうね。

 あさみちゃん、活躍出来るかな……。

拍手

 僕も盗賊ギルドに入ろうと思います! 第9話。アイキャッチ見た時に「誰やねん」って思ったけど、あんただったか……。

 最近のアニメで「オフのエピソード」と言ったら、大体は海に行ったり温泉に行ったり、いわゆるサービス回になる場合や、細かいエピソードを繋ぐオムニバスみたいなお話を意味することが多い気がするのだが、今作のオフは「ゴブリンがお休み」という意味でのオフだ。お色気シーンはあんまり無いが、貴重な性的要素は「延々股間を刺激され続けながらも罵倒される」というかなりマニアックなプレイになっている。オフの日に趣味を楽しむのは自由だよね!

 Aパートは今作の分かりやすい特徴である音声少なめの静かなパート。マナトの弔い合戦も成就し、あくせく働きすぎる必要も無いので、ここでようやく初めての「お休み」を制定したというのである。ユメが言うには「ちょいちょい貯金も出来ている」らしいので、この世界ではゴブリン討伐さえできれば必要最低限の稼ぎがまかなえるようである。まぁ、一応命懸けではあるが、ある程度計画的に動ける若い人間だったら、フリーターみたいなスタンスで「ゴブリンスレイヤー」を生業にするのもアリっちゃアリだよな。

 ただ、その場合には宿が義勇兵の宿舎に限定されてしまうようで、暖かい布団で寝たかったらもう少しがんばらないと駄目かもしれない。パーティで一人だけ経験値が多いメリイさんは馬小屋暮らしはせず、前のパーティの時からずっと利用しているという女性専用の宿、いわばルームシェアみたいな生活をしている様子。前のパーティでの蓄えもそこそこあるだろうし、一度そういう生活に移ってしまったらまた寝藁に戻りたくはないよな。メリイさん1人だけでは流石に仕事も出来なかったろうし、これまでは少しずつ蓄えを潰して生きてきたんだろうか。それなりに稼げてたんだろうなぁ。そんなメリイさんの宿にたまたまハルヒロが訪ねることになり、図らずも2人きりのセッティング。余計なガヤがいないと、メリイさんも素直に笑顔を見せてくれるんだよね。笑えるようになっただけでも随分な進歩だよ。

 そしてBパート、出キッカワでオチがついたかと思いきや、オフの雰囲気は一変、緊張感のある次の作戦会議へ。どうやら前回のゴブリン退治が強めのゴブリンたちを刺激してしまったようで、普段の狩り場が現在は危険とのこと。いや、でも「普段より強いゴブリンがいるみたいだから狩り場を変えよう」って言ってる次点で、他の狩り場も通用しない気がするんだが……ゴブリンとコボルトってどっちが強いの? 普通はコボルトが上だよな。市街地ゴブリンってのはホブゴブリンみたいな上位種ってことなのかな。前に戦ったでかいのとか鎧のやつが「市街地バージョン」なのかも。そんな近くに同種族のバージョン違いが蠢いてるとか、どういう生態系になっているのかよく分からんな。とにかく、新しい狩り場に移動して新鮮な刺激を受けよう、というのが、停滞感を無くすためにリーダーが提案したこと。その場所がよりによってメリイさんの因縁の場所てのはどうかと思ったが、多分レベル2のミッションがそこしかないんだろうなぁ。レベル2のフィールドのくせに出会ったら即死のボスキャラがいるとかずるい気もするけど、まぁ、虎牢関で出てくる無敵の呂布みたいな扱いだと思えば。今後のミッションはデッドスポットと呼ばれるバグコボルトを回避しながらのコボルト狩りだ。さらばゴブリンたちよ。メリイさんもトラウマを刺激されてちょっと苦しそうにはしていたが、そろそろ新パーティで過去を清算する時期。おそらくハルヒロもそれを意図しての荒療治の提案なのだろう。ここを乗り越えて初めて、メリイさんも新しいパーティの一員になれるってことだ。

 そんなわけで新フィールドへ向けての準備を始めるわけだが……ハルヒロずるくない? なんで麻美子に踏みにじられてるだけで新しいスキルが身につけられるのさ。あんなもん、ご褒美やんけ。ずっとお尻が股間に押しつけられてるんだよ。「固くなるのはぶら下げてるものだけでいいって本当ですか?」とかギャル子ちゃんに相談するんだよ? そらもう、師匠のオーダーに応えてちゃんと男を見せないと…………。でもハルヒロはなぁ。無理かなぁ。薄い本でお願いします(最近こればっかり言ってる気がする)。エロい師匠のエロい特訓(有料)を経たのは多分ハルヒロだけじゃないはず。他の面々だって新しいスキルを装備し、ようやく「ゴブリン以外」を相手に出来るんだからそれなりに心躍っているに違いない。

 さて、残りの話数でどんな事件が起こることやら……。

拍手

 キュア爆裂にキュアリッチーが合流、第8話。これが伝説のプリキュアなのか……。まぁ、どちらも異世界の戦士という意味では同じようなもんですよ。

 マジで「あれ? 俺一週飛ばした?」と思うスキップ展開にちょっと面くらうお話。今回登場した新キャラ・ウィズとの出会いの物語は綺麗さっぱりカットされており、突如カズマたちが訪れたお店で思い出話が語られるだけになっている。おそらく原作ではちゃんとその辺のくだりをやっているんだろうが、アニメでは「アニメにして美味しい、濃いトコロ」を優先したシナリオ作りの結果こうなったんだろうな。実際、その甲斐あってか(?)今回の話は普段に増して突っ込みどころ増し増しの非常にカロリーの高いお話になっている。やっぱりアクアが元気なお話は見ていて最高だ。中の人的に「大先輩堀江由衣に無謀にも食らいつく狂犬雨宮天」みたいな展開が愉快で楽しい。ここ最近のユイ・ホリエの安定感は流石にレジェンドの風格だな。

 せっかくなので細かく突っ込んでいくと、冒頭、相変わらずの馬小屋生活で凍え死にそうな2人からスタート。どう考えても「寒い」といってるアクアの衣装がおかしすぎる気がするのだが、あのミニスカエロコスチューム(エロいとは言っていない)は女神のプライドで脱ぐことが出来ないのだろうか。前回の雪山では一応防寒具つけてたはずなんだけども。そして、燃料が絶えそうというタイミングで真っ先に防寒具であるジャージを燃やそうとするあたりがアクアさんのネジの外れっぷりがお見事。いや、最低でもそこは着ようとしろよ。なんで燃やすんだよ。あのジャージはカズマにとっては「唯一の日本の思い出」として大切なものだったようだが、確か土木作業やらなんやらのときにもずっと着ていたものですし、結構戦闘経験も重ねてますので……もう相当ボロボロなんじゃないかなぁ。馬小屋生活も続いてるし、洗濯もろくに出来ない気もするし……捨てたら? どこぞの初心者冒険者もパンツ買うのに苦労してたけどさ……。

 スキルポイントが溜まったのでせっかく出来たリッチーの知り合いにスキルを習いに行くカズマ。なるほど、クルセイダーやらハイプリーストやらリッチやら、カズマの回りには肩書きだけなら大層な連中が揃い踏みだ。確かに普通の冒険者は「知り合いのリッチからスキルを教えてもらう」チャンスはそうそう無いだろうし、他のパーティに差をつけるアドバンテージにはなるだろうか。FFの青魔道士みたいなものだと考えれば、上級モンスターからのラーニングが身内で片付けられるのはラッキーだ。まぁ、最終的にはドレインタッチっていうあんまりレア感の無い能力になったみたいだが……そもそもカズマって相手からMP吸う意味あるのかな。スティールってMP消費技なん? 一応、「いざとなったらめぐみんからMPを奪って爆裂を未然に止める」みたいな使い方は出来そうだけどさ。

 ウィズさんとアクアの対決も見どころが多く、不良女神が心優しい死者の王にいちゃもんをふっかける際の潔いクズっぷりが色々笑える。ウィズさんはこの世界でもトップレベルの爆乳持ちだが、それを押さえる上下の謎バンド(例の紐的な?)を握り締めてぶるんぶるん揺するアクア様には渾身の「いいね!」を送りたい。あの衣装、どういう構造やねん。あとなにげに「アクシズ教団は頭のおかしい人ばかりだから危ないんです」という貴重な情報も得られた。そうかー、やっぱりこんな女神じゃなー。納得の危険集団ですわ。また、ドレインの習得シーンでは「アクアの髪の毛のわっかの中から見た風景」という謎アングルも初披露。意味はさっぱり分からんが、少なくとも過去に例がない映像だったのは間違いない。あのわっかもどういう構造やねん。あと、ついでにウィズさんの思い出話からデュラハンのベルディアさんの残念過ぎる現役時代も明らかに。あんなに紳士だと思ってた人なのに……、色んな意味でストライクな人だったなんて……。まぁ、しょうがない……かな……。デュラハンもリッチもレイスのようなアンデッドモンスターなので、ひょっとしたら相性は良かったのかもしれません(一方的に)。

 で、そんなウィズの仲立ちもあって行われた幽霊屋敷討伐が今回のミッション。ホラー的なシーンはマジで怖いシチュエーションのはずなのだが、今作はどこまでもギャグなので安心して見ていられますね。初めてのベッドにうっきうきのカズマ、寝酒を奪われて号泣の女神。あれ、でもあの酒奪ったのって誰なんだ。人形を操ってたゴーストがわざわざ酒を飲むかな……。まぁいいや。どっちかっていうと女神があれだけ貧乏を訴えてたのに一升瓶だけは後生大事に抱えてたことの方が問題だ。寝食を犠牲にしてでも寝酒が欠かせないとか、どんだけのクズなんだよ。あ、でもこのシーンで来てたパジャマ(?)は割と良さそうな服だったな。肩口が開いてるデザインだからパジャマとしてはどうかと思うが……ダクネスから貰ったんだろうか。

 怒れる女神(時々花鳥風月)が暴れる中、カズマとめぐみんの「何の力もない」2人に襲い来る苦難。当方、個人的嗜好により、今回のめぐみんの放尿シーンだけでもお腹いっぱいです。ありがとうございます。そうかぁ、紅魔族でもトイレは……そうかぁ。帽子と眼帯はずして素の状態のめぐみんはホントに単なる小娘可愛いですね。最終的に漏らしてればパーフェクトだったのだが……そういう作品じゃない? そうですね。いやでも、限界ギリギリのめぐみんに対してドレインを使って体力を奪えていればあるいは……(以下、薄い本にパス)

拍手

 ギャルと言えばやっぱりゆーみん、第9話。デビュー後しばらくは「ギャル声優」として変な知名度が上がった内山夕実。本人にその気配は欠片もないのにこういうイメージが固まる行程って謎だよな。他の事例としては巨乳役ばっかりやってるのに本人は(略)。

 1クール目の締めに向けて、少しずつまとまりつつあるシナリオ。ロゴスは3人体制だったところから1人が脱落し、バレバレながらも一応正体を隠していた生徒会長がようやくカミングアウト。しかも、これまで映像が無かったので正体不明だったバードさん(CV加隈亜衣)が会長演じるネカマキャラだったことも判明した。余計な人間が増えずにすんだのでこっちは理解が楽だが、なんでネカマだったんでしょうね。ミュトスとの通信もあれだけ秘密裏にやってたんだから、別に性別を偽る必要も無かったと思うのだが……まぁ、趣味かな。メタな話をするなら「視聴者を驚かせるため」だろうが。あんまりサプライズとしては効果高くないな。

 そして、個人的にありがたかったのはそれ以外の上層部の人間関係もだいぶすっきりしたところかな。都知事が悪人ってのははっきりしてた部分だが、彼がロゴスとどのように絡み、どの程度「自分の意志」が働いているのかとか、そこに対抗する稲城さん(グリリバ)が敵なのか味方なのかとか、そういう漠然とした部分が今回のお話でかなりすっきりした。室長との関係性が思いの外深そうだった稲城さん。彼はグリリバボイスの「実は黒幕」ポジションだったら面倒だと思っていたのだが、そんな厄介なこともないようで、ひとまずは正義の人で確定だ。以前の事件で非業の死を遂げた長沼議員の意志を継いで都知事を目指すというのが当座の目標らしく、「政治絡みバトル」では彼をどこまで担ぎあげられるかが勝負どころになりそうだ。対する都知事については、確かに悪人には違いないのだが、現時点では確実に小物だ。ひょっとしたら深謀遠慮があるんじゃないかと勘ぐっていた部分もあるのだが、今回のドッグとの絡みで本当に素であることが露呈した(ついでにやり手っぽい秘書も大したことないことも分かった)。あとはロゴスの傀儡としてダイハチを両面作戦で苦しめるだけの抑制装置になるんだろうなぁ。ダイハチはバトルフィールドでロゴスの兵器と戦うときに、事務作業の面では上層部の都知事と戦わねばならず、なんとも珍妙なバトル展開になっているのである。まー、都知事とロゴスが完全にイコールではないので、そのあたりの捻れが見どころになるのかな。今回都知事を出し抜いた航空法なんちゃら条ってのはどんな法律だったんでしょうね。

 「最初にやられる小物」として適当な役回りを任されたドッグ。短絡的な上に生きるか死ぬかのミッション中に軽々しくナンパをかける(しかも趣味が悪い)あたり、本当に捨てキャラ以外のなにものでもないのだが、ゲーム感覚で世間を騒がせるロゴスという組織の性格の一端は間違いなくあらわれているだろう。残りのメンバーもゲームオタクのミュトスやネットに詳しい生徒会長など、どうもこの組織はゆとり臭さがにじみ出ている。今回の会議の様子からするとミュトスよりも上っていないみたいなんだよなぁ。そんな意識高い民によって捨て駒にされてしまったドッグなのだが、彼のウェアの性能はご多分に漏れずかなりの品質。ベースが「釣り用」っていう時点で軍用ウェアと対等に戦えるのはどうかと思うのだが、いちいちスキー板を履いて射出されているダイハチのお二人に比べても飛行能力がやたら高いし、一時的とはいえ、黒騎とタイマンで出し抜いてしまったわけで、どうにもダイハチの不自由さばかりが目立つマッチメイクが多い。まぁ、そのおかげで満を持して登場した室長のウェアの格好良さも引き立ったわけだけども。なんか、今までのメンバーと比べても室長の機動性が一番現場向きな気がする。毎回室長が出撃してれば解決してた問題も多かったのでは……。まぁ、監督役だからなぁ。これで管制室にいる人間で出撃してないのって協会さんだけか。流石にあの人は現場には出ない……よね? もう、誰がウェアを着ても不思議じゃない。下手したらそのうち一般人A子さんですら出撃出来そう。

 色んな人が現場にいけばいくほど、メインの2人の陰がどんどん薄くなっていくんだけども……。今回のお話はいつも以上に「タイバニっぽいな」って思った話だったんだけど(多分敵のウェアのデザインの影響だとは思うが)、本作がタイバニと大きく違うのは、「主人公2人が中心にいるとは思えない」ところなんだよな。まぁ、回りの人らが愉快ならそれでいいんですけどね。

拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/23 あ]
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
バーコード
ブログ内検索
カウンター