忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[451] [450] [449] [448] [447] [446] [445] [444] [443] [442] [441]

「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」 5→5

 様々な要素がプラス要素に働いたりマイナス要素に働いたりと、ややこしい作品である。ほんと、シャフトが作るものというのはいちいち質が悪い。

 まず、この作品の原作自体は、新房演出との相性が非常に良いものであったことは確かだ。ダークファンタジーといえばあの「SOUL TAKER」が思い起こされるし、吸血鬼と人間の共存、そして吸血鬼の中での派閥対立など、ドロドロしたものを描くのに新房派閥の陰影を基盤とした作画の雰囲気はマッチしている。1話で見せたバラエティ番組風のトリッキーな構成なども、「楽屋ネタ」を得意とする長所をうまく活用した例といえるだろう。止め絵を多用する傾向についても、エロティシズム溢れる場面では実に良いものを見せてくれたと思うし、ジリジリと動きの少ない画面でも、闇夜に蠢く吸血鬼の雰囲気ならば盛り上げることも出来る。そうしたかみ合わせがうまく奏功した時のこの作品は、素直に面白かったと言える。

 ただ、やはりどれだけ「止め絵や陰影の美学」を謳ったところで、根源的にアニメが必要としている全ての「絵」と「画」から脱却出来るというわけではない。総集編を挟んだことからも分かる通り、この作品の製作スケジュールはお世辞にも万全とは言えず、そのしわ寄せは、あらゆる画面に現れてしまっていた。ダークファンタジーを見せる上で欠かせないクリーチャーたちの造形や、後半になるにつれて盛り上がらなければいけなかった怪物どうしのバトルシーンなど、「ここが今回の限界でした」ということが如実に分かってしまうようでは、演出でそうなったという言い訳は通じないだろう。無理矢理詰めたかのような不自然な構成などもあったし、尺の都合を考えられなかった詰めの甘さは、やはり反省点として止め置くべきところである。

 功罪をはかりにかければ、大ざっぱに言ってとんとんである、というのが最終的な感想だ。今期居並ぶ「エロが売り」の作品群の中でもトップレベルの「良いエロ」を描いていた部分は評価したいのだが、その分暁をはじめとする男性キャラのみっともなさが際立ってしまってもいるので、そこもとんとん。あとは千和&あおちゃんというメイン2人、それに画伯と御前のエロツートップを評価すれば結果オーライくらいじゃなかろうか。そうそう、ヒステリカにくぎゅをセッティングするという冒険心はアリだったと思います。シャフトは、とにかく「化物語」を完結させてから次の作業にうつってくれ。 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター