忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[723] [722] [721] [720] [719] [718] [717] [716] [715] [714] [713]

「オオカミさんと七人の仲間たち」 5→4

 気付けば空気のように終了したこの作品が、今期の最終評価1発目。実際は「黒執事」が先に終わってるんだけど、時間帯の関係で感想が書けるほど真剣に見られていなかったのでパスです。嫌いじゃなかったですよ。1期よりは楽しめました。

 さておきこの作品。端的に表すならば、「岩崎&J.C.ならこうなるだろうな」と。可もなく不可もない状態で過ぎ去っていたこの作品は、ざっと見た感じではそこまで好意的な評価が見られないのはちょっと残念。ただ、個人的に岩崎良明という人は決して嫌いな監督ではなく、むしろここまで没個性に原作を浮き立たせる作品作りにこだわる人というのは珍しい気がするので、この作品も評価出来る部分は評価したい。

 全く原作を読んでいない状態なので完全に憶測なのだが(よって間違ったことを言っていても原作ファンには許してほしいのだが)、この作品の最大の問題点は、「原作が面白くないこと」なんじゃなかろうか。監督へのひいきのためにそういう結論になった気もするのだが、正直言って、この作品が何作も続く人気ラノベシリーズとはとてもじゃないけど思えない。筋を追っていても、何一つ新鮮なものが得られないのである。

 キャラクターの造形については、1話目視聴時点では期待できる部分もあった、テンプレ臭の強いキャラがほとんどとは言っても、「個性的な面々が集まって恩返し組織を営む御伽銀行」という設定自体は悪くないのだし、ここからオオカミさんと亮士を中心としたラブコメ+学園コメディにするなら、それなりに話らしいものは作れるはずなのだ。それなのに、この作品はその設定から一歩も先に進もうとしない。「ツンデレキャラとして設定したのでこの人はツンデレっぽく振る舞います」「腹黒キャラという記述があったので、この人は腹黒として読んで下さい」というサボりだけが見え隠れして、その上っ面だけで話が進行してしまう。最後まで見終わってまだ興味が維持出来ているキャラクターといえば、魔女子さんとアリスさんくらいなもので、この2人の共通点は、「まだエピソード中でメインを張っていない」ことである。他の連中はそれなりにスポットが当たってしまい、「底の浅さ」が確認出来てしまっているのだ。例えばオオカミさんの設定の1つである「ジムに通ってずっと強さを求め続けている」という状態は、「あれだけ好き勝手にさらわれて、しかもバトルで特に活躍したシーンもないのに何を言うか」と思うし、林檎の腹黒設定も、白雪姫エピソードを見たら一切説得力がない。おつうさんの恩返し属性なんて意味すら分からないし、乙姫・浦島コンビはあれだけ登場シーンが多かったのにそのバックボーンに全く興味も魅力も感じない。本当に、話を作るのが下手なのである。

 こうした「全く面白味を感じさせない原作」を、なんとかアニメ的に盛り上げようと努力するのがアニメスタッフの仕事。作画面は非常に良好で、その部分は評価すべき部分だろう。加えて、最も分かりやすいアニメの注力ポイントといえば、なんと言っても新井里美によるナレーション。賛否が分かれた被せ気味のナレーションだったが、今にして思えば、あれがこの作品に唯一与えられた「オリジナル要素」であった。一貫して流れ続けたみっこ節によって、なんとかこの作品は作品として維持されたのだ。未だに「あり得ない語尾!」とか聞くとちょっと面白い。

 ただ、残念なことにこのナレーションについても、どうしても「作品を描写する能力が欠けるために、それを補うツールとして用いられた」という印象がある。みっこナレによって「可愛らしい」とか「強そう」とか「腹黒そう」と言われると、何となくそんな気がするという効果があるのだが、あまりにそれに依拠しすぎて、他の部分での欠落が目立ってしまう.実際、作中でみっこの語るナレーションに対し、「いや、そうでもねぇけど」と思うことも何度かあり、画面の中での物語の不備が浮き立つシーンも見受けられた。「そこは地の文(ナレーション)で説明するのではなく、なんとかしてシナリオや画面で見せるべき部分だろう」と、そうした不満ばかりが起こってしまうのだ。

 こうした「不備の目立つ」構成にしてしまったことは、アニメスタッフの責任であろう。ただ、「じゃあどうやったら面白くなったのか」と言われると非常に難しい。みっこナレは、これはこれで充分魅力的なものであったし、ナレを入れること自体が悪かったわけではない。むしろそこまでやっても脚本の山の無さをフォローしきれなかったと見るべきで、普段の岩崎監督の「原作維持」の方向性は、あまり良い結果を生まなかったということだ。原作もののアニメ化も、難しいのである。

 そして、この作品で最も悔しいのは、いかにも岩崎J.C.らしい豪華過ぎるキャスト陣。御伽銀行だけでも、御前、かな恵ちゃん、ホの字、川澄、きみきみに豊崎。その他にも釘、中原、甲斐田、美佳子におはぎにしゅが美などなど、若手から中堅まで、完璧すぎる布陣を敷いているのに、何故こうも印象に残らないのか。ここまで残念な気持ちになったのは「ポリフォニカ」以来である。おそらく、どれもこれも「ま、このキャラ設定ならこの人でしょう」という安直なセッティングでやっているおかげで、全員が「どこかで見たキャラ」にしかなっていないせいだ。川澄や釘の使い方なんか、既に一周回ってネタレベルかもしれない。同じようにテンプレっぽく集めた「れでぃばと」はそれなりに堪能できたんだけどなぁ……

 最終話で突如しゅが美キャラが登場し、なんかそれだけで許せる気になったけど心を鬼にして点数は下げる。最終話はどうせ新キャラなんぞ感情移入も出来ないだろうから、脳内で律ちゃんに変換していたのは内緒。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター