忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

 第2章も舞台挨拶があったのでさっさと行くズラ。「何故ゆーみんが来るんだろう」とかいう細かい疑問は置いといて、というかむしろゆーみんが来るなら観に行きたいから。これで「生涯で生で見ることが出来た声優カウンター」が回るかと思いきや、考えてみたら以前「まよデリ」の公録で一回観てるな、生ゆーみん。今回は春めいた黄色基調のワンピースがおしゃれでした。誰よりも深々と丁寧なお辞儀をするゆーみんはいつ見ても素敵です。

 

(もうネタバレとかあんまり関係無いけどやっぱり今回は大事だから一応未視聴注意)

 

 


拍手

PR

 映画ラッシュですね、最近はホントに。この作品もいつかは見に行こうと思ってた作品なんだけども、周りに1人「よかったですよ」と言っている人間がいたこと、あと、多少強引にでも「2016年度」のうちに見ておきたかったことが理由で、駆け込むことになった。まぁ、翌日1日がムービーデーだから安くなるはずだったんだが……ほら、土曜日はドラフトがあるし、あと春休み中の割引デーなんて混むに決まってるし。そんな理由付けで雨の中をレッツゴー。ただ、実際には行ってみたら割引デーでもなんでもないけどほぼ席が埋まっててちょっと焦ったんですけどね。近くの席は割と中高生なんかの若者で埋まっていたのが春休みらしさですかね。

 

 

(以下、ネタバレなどを含む可能性があるので未視聴注意)

 

 


拍手

 日に映画2本は体力的にも日程的にもキツいって話は前にも書いたんだけど、その理由の1つに、「2本目の映画で記憶が上書きされるせいで1本目の感想が書きにくい」ってのがあるのね。そこで賢い僕は思いついたね。「劇場にPC持ってって合間に感想書けばいいんじゃね?」ってね。……まぁ、クソ重いんだけど。無駄にでかいノートPC担いで劇場行くのってどうなのよ……。しかし、今回は「日に映画2本」をやらなきゃいけない理由があった。プリキュアの舞台挨拶。そして、今作「鷲尾須美」の舞台挨拶。春休みの祝日はイベント目白押しだね!! というわけで、人生初の舞台挨拶を経験した日に、人生2度目の舞台挨拶も鑑賞。ぶっちゃけ舞台挨拶だけならこっちの方が本命ですよ。何しろ花澤・三森・花守っていう早口言葉みたいな3人組がやってきたのですから。わーい、生の花澤香菜だよ。略して生澤さんだよ。まぁ、こちらはチケット取れたのがホントギリギリだったのでほぼ最後列くらいの座席で、最前列に大挙して座ったプリキュア舞台挨拶と違ってほとんど顔も見えないくらいだったんですが……まぁ、声で分かりますから(当たり前)。生で堪能する花澤節もまた格別ですな。ぶっちゃけ、舞台挨拶とかイベント系の映像って色んなところで観られるから、生で観てても別にそんな特別な感じもないよなー、って思ってたんだけど、ぼんやり見てて途中から「俺は今花澤香菜と同じ空間にいるんだなぁ」って思ったらだんだん呼吸が苦しくなってきて、やっぱり自分はヤバい人間なんだな、って再認識しました。なお、花澤香菜の名前で代表してますが、決して三森・花守両名を軽んじるつもりはありませんのでご容赦ください。でもやっぱり花澤さんのトークが一番キレッキレなんだもん。やっぱりオタク楽しませるパフォーマンスを心得てる人だよなぁ。たとえどれだけ気持ち悪さを自覚しようとも、僕はこのまま声優さんたちの手の平の上で転がされながら生きていく所存です。

 

 

(以下で一応中身に触れるけど、まぁ、ネタバレもなにもねぇよな)

 


拍手

 封切り2日目にプリキュアを観るという所業。これにはいくつか理由がありまして、1つは、この春に私のそばから離れてしまうマジパーソンが、わざわざ映画のためにこちらへ駆けつけてくるというので、それに合わせて観に行きたかったこと。さらに、やっぱり1人だとどうしても劇場に足を運ぶハードルが高いこと。せっかく近くに確定で観に行く熱心な(それはもう熱心な)ファンがいるのだから、そこは便乗しなくては。更に、3日ほど前に連絡が入り、「丁度舞台挨拶が観に行けるらしいです」との情報が。世の中に舞台挨拶イベント数多くあれど、まさか人生初の鑑賞がプリキュアになろうとはおもわなんだ。でもまぁ、観られるものは観ておかなきゃ損ですからね。私の人生には「生で観た声優カウンター」というカウンターがセットされており、出不精な私がイベントに参加したらその記録を胸に焼き付けるのだが、さて、今回のイベントはカウンターをいくつ回せばいいんでしょうね。今回登壇した3人のうち、ここから先、本当の意味で声優人生を歩むのは何人になるのでしょうか……。

 ちなみに舞台挨拶に登壇したのはホイップ役・美山加恋、カスタード役・福原遥、そしてジェラート役の村中知の3人。まぁ、「ファンだから駆けつけた」っていうレベルでの期待度はないわけだが……やっぱりキャストさんが登壇するだけでテンションは上がりますね。場慣れしたお馴染みの声優さんも良いものだが、今回登壇したうち2人はまだまだ若手も若手。この作品が彼女達の人生に大きな影響を与えるのは間違いないわけで、作品に大きな情熱を傾けており、真剣に取り組み、真剣に愛してくれていることはとても伝わってきた(あと、最近の若い子はホントに可愛いわね)。劇場に集まったお友達にホイップの声でサービスをしてくれる美山、MCの人の「皆さんはお菓子とか作ったりしますか?」という(ある意味定番の質問に)「サテ、どう答えたものか」とちょっと苦笑する福原まいん。自分がしゃべる時以外はとにかく会場の子供たちに手を振って応えていたサービス精神旺盛な村中。三者三様だが、みな、自分たちが精魂込めて作った作品を子供たちが(そして大きなお友達が?)楽しんでいることが本当にうれしそうだった。なんかね、こういうイベントを観てしまうとどうしても贔屓したくなりますけどね、「プリアラ」はいい作品になってくれるんじゃないかって気がしますよ。すでに割と面白いしね。

 ちなみに、メンバーで作ったグループLINEは常に盛り上がってるそうですが、メッセージを送ってよこすのは美山と藤田咲がほとんどだそうです。咲子ぉ!

 

 

(以下、一応ネタバレを含むかもしれないので未視聴注意)

 


拍手

 なにげに見てきました。この手のアニメを劇場で早めに観るってのは割と珍しいのだが、「シュガーラッシュ」「ズートピア」でディズニー映画へのハードルが割と下がっていたこと、そして周りから割と良い評判が聞こえてきたことなどがあり、他の映画で予定を潰されないうちに観ておくことにしたのだ。ホント、すっかり劇場作品の敷居も低くなったなぁ。

 

 

(以下、あんまり問題無いだろうけど一応ネタバレ気にする人は注意)

 


拍手

 毎月1日は映画が安い日。せっかくだから何か観たいな、と思ってラインナップを確認したらこれがありました。他の選択肢が「黒執事」くらいだったので、まぁ、今回はこれでいいかな、ってことで、やたら混んでる劇場に紛れ込んで視聴してきました。

 

(一応、以下ネタバレとかそういうことに注意)

 


拍手

 改めて、あけましておめでとうございます。11日もムービーデイだから映画が安いってのは意外と盲点ですよね。普通の人間はそんな日にわざわざ外出して映画を観には行かない……と思ってたけど、劇場は割と賑わっていた。今の日本人の生活スタイルだと、正月も何もあったもんじゃないわね。私が小さいころなんて、正月三箇日は本当に静かで世界が止まったように感じていたものだったけども……。そんな日に僕は映画を2本観ました。2本観ても普通の日の1本分くらいの値段なので大変お得ですね。ちなみにもう1本は仮面ライダーです。ライダーに関しては別に感想書かないけど、一言で言うと「またタケル殿が死んでおられる」でいいんじゃないかな。一番の感動ポイントは進之介とベルトさんの再会シーンです。とにかく、この1年の始まりを告げる記念すべき日に、僕は東映の映画2本を見るのです。この「ポッピンQ」は、例によって周りの人間が封切り日に見に行っており、ネタバレにならない程度に感想を聞くと、どうにも要領を得ない答えが返ってきて難儀していた。「色々不満はあるけど、結論から言うと最高」「全力で買い支えていかなきゃいけない」とか、なんかもう、何がどうなってるやら。まぁ、全ては自分の眼で見て判断するしかないですよね。

 

 

(以下、内容についてのネタバレを含みます。未視聴の方は自己責任でお願いします)

 

 


拍手

 ハイ、予定通りに観てきましたよ。今週はちゃんと計画立てて、事前に上映時間と上映場所もチェックしていったからばっちりだったぜ。まぁ、視聴後に帰ろうと思ったら広大なイオンモールで迷子になりかけたりしたのだけども……広いイオンの片隅で。

 

 

(以下、ネタバレ的な事もあるかもしれないので注意。まぁ、問題ないだろうが)

 


拍手

 再び今更かよ。「君の名は」といい、どうもワンテンポずれての視聴になってしまってますね。実はこれには事情があり、1つは、どうしても活動時間にぴったり来る上映回が無く、本作を見に行く機会がなかなか得られなかったという事情。休日にしっかり予定を立てて乗り出せば良かったのだが、他の作品を優先させてしまったり、常日頃のアニメ視聴だけで体力を使い果たしたり、なかなか踏ん切りが付かなかった(週末のアニメラッシュがキツ過ぎるから週末になかなか映画観に行きにくい)。では何故今回観に行けたかというと、幸いに休日が週の合間に出来たことが主な理由。ただ、ぶっちゃけるとホントは話題の「片隅」を観に行くプランを立てていたのだが、いざ出かけようとしたらすでに予定していた時間のチケットが完売していたので、「あ、それなら今日がチャンスじゃん?」ってんでようやく今作を観に行くことが出来たのです。京アニ大好きおじさんを名乗っているのに恥ずかしい限りだが、どうも、視聴が遅れるとまわりから色々と聞かなくてもいい声が聞こえてきてなぁ……。

 

 

(以下、一応ネタバレなど注意)

 


拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
28 29
30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[04/24 Seachicken]
[04/24 NONAME]
[04/23 NONAME]
[04/22 metalica]
[04/07 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター