忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
どこに行くのかよく分からなくなってきた第10話。雰囲気は維持されてるし、見ていたら退屈することは決して無いんだけど……なんだろ、この捉えどころの無さは。やっぱり一番最初に不安だった「デスゲーム設定はグダグダになる」が現実味を帯びてきたのか……

 前回までのおいぬ様騒動が一段落して、次なる日記所有者とのバトルに続くのかと思ったら、なんだかそういうわけじゃない。今回はスタートしたのがいきなりみねね視点だ。しかも過去の回想で、ムルムルが介入しやがったおかげでどこまでが本当で何が伝えたいエピソードだったのかよく分からない。原作を読んでないから分からないんだけど、ちょっと調べてみたら、「未来日記」を冠する作品は何重かに用意されており、それらからつまんできた内容なのかもしれない(分からんけど)。結局みねねが過去に何を行い、今の彼女の生き様にどのような影響を与えているのかはよく分からない。彼女の生い立ちを考えればシリアスなものなはずなのに、ムルムル視点だとギャグにしかならないのがちぐはぐだ。そもそも、このタイミングでなんでみねねの心境を追う必要があるのかも見えてこない。ただでさえ秋瀬の存在のせいでベースとなる人間関係がややこしいというのに、そこに注力しないで脇のエピソードに行かれると筋が追いにくいのだ。

 確か2クールものだったはずなので急がなくていいっていう理由はあるのかもしれないけど、こういう作品の胆はいかに緊張感を維持して引っ張るかなのだから、もう少し主線を見やすくしてもらえると助かるんだけどね。一応、最終的には或、雪輝、由乃の3人に収束するようにエピソードが組んであったので、多分構成してる側は意識してるとは思うんだけどねぇ。

 でもね、すごく駄目なことだとは思うんだけど、この作品の女の子は可愛いから見入ってしまうんだよね。よく分からんエピソードのみねねも、普段の様子からは想像も出来ない顔を見せてくれたりして、不覚にも「案外可愛い子か!」と思ってしまった。完全にウェディングムードを固めつつある由乃もしおらしい様子ならば実に可愛らしいもので、雪輝が「何で好きになっちゃいけないんだっけ?」と悩みはじめた時点で「You つきあっちゃいなよ」と思ってしまう。由乃と家庭を持てば将来も安定だよ(まぁ、血の気は多かろうが)。

 そして、何回か書いてるけど、やっぱり相沢舞の演技プランが楽しい。ここでしか聴けないテンションなのに加えて、今回はコロコロと表情を変えてくれたので、これまた新鮮な部分を楽しむことが出来た。今作はメイン二人の中の人とかムルムルの中の人とか、新人もたくさん頑張ってるし、そっち方面でも興味深い作品ではあるんだよね。

拍手

PR
ところで宅配便屋さんはどこに行ったんだろうね? 第7話。細かく見ると色々と謎な要素が多いんですけどね、そういうところをつつく作品じゃないってことは分かってるのでスルーしましょう。きっとすごく忙しい配達の最中だったんだよ。

 VS 5th戦は割とあっさり終了。鳴り物入りで登場した割にはちょっと尻すぼみだったような気がしないでもないが、しょせんは幼稚園児である。あんまり頑張られてもどんどん嘘くさくなるばっかりだし、このくらいのバランスが丁度良いのかもしれない。やってることは色々とエグかったけど、礼佑が取った作戦って、全部「持たざる者」の作戦なんだよね。いや、どうやって幼稚園児が毒ガスや毒物を手に入れたのかは知らないけどさ。全て奇襲や奇策ばかりで、正面から挑んだら敵わないことは知っている戦い方。そして、色々やっているようには見えるけど、実際は毒物関係が2回、電撃が2回と、そこまでバリエーションが多いわけでもない。そう考えると、「ものすごく頭の良い幼稚園児がゲーム感覚で挑んだ殺し合い」としての加減は絶妙なものである。真っ直ぐ挑もうとすると、冷静な突っ込みどころ、「もう、由乃と雪輝はそのガキふんじばっておけよ」があからさまになってしまうので、こうして少しずつ遠回しなバトルを続けるくらいが、ギリギリ譲歩出来るポイントなのだ。

 そして、このくらいの「嘘だろうけど、何となくホントだったら怖い」くらいの殺し合いって、割と楽しい題材だ。武器に使うのが金槌やナイフ、バトルフィールドも単なる一軒家の中で、階段を挟んで上下で対峙したり、やろうと思えば自宅で実践できそうな殺し合い。「生活に近い生き死に」って、厨二じゃなくても一度は妄想してみる題材だしね。JOJOでいうなら第4部のような怖さ、そういうものが上手く出ていれば、題材としては割と面白いバトルではなかろうか。

 ま、実際は前述の通りに今ひとつ分からんポイントもあるにはあるのだが、そうした「事件の小ささ」は、学校爆破テロや新興宗教一斉催眠事件よりも面白い題材だった。狭い自宅で戦ったことで、雪輝と由乃の関係性も、不自然でない程度には近付くことも出来たしね。ミニトマトの重さまで覚えてる嫁さんを貰ったら色々と不便は多い気がするけどさ……

 そして、今回はやはりなんといっても礼佑役の真田アサミが良い味を出していた。パペットも使って1人3役での幼稚園児役。アサ姉の使いやすさは、やっぱりこの辺の役どころに現れる気がしますね。良い年の取り方をしているなぁ、と。

拍手

ママさん素敵ね、第6話。何故あの母親に育てられたのに雪輝はあんななんだろう。もう少し社交的な子に育ってもおかしくないと思うのだが……

 今回は前回までと打って変わって、バトル要素が全く無い状態で日常(?)を描いた回。考えてみりゃ、日記バトルって9thみたいな危ない奴がいなければ、持ち主同士が積極的に引き合う理由もないんだよね。もちろん、生き残りのために積極的に他者を間引こうとする奴がいるのは当たり前だろうけど。スタンド使いみたいに引かれあうとかいう設定ではないので、自分の意志で近付いてくる危ない奴だけがアクセスしてくるって寸法だ。

 そう考えると、今回登場した子供さん(5thらしいけど)が、何故たまたま天野家の世話になることになったのかは謎だ。幼稚園児程度の人間じゃ、どれだけ謀略を巡らせようとも自分を養ってくれる人間までは選べないような気もするのだが。今回奴が天野家を訪れたのはたまたまなのか、それともまだ明かされていない日記の性質が、そうした運命操作の能力に長けているのか……まぁ、何にせよあのくらいの歳の子供に「日記を使った生き残りバトルに興じてくれ」って言われても分からない気がするけどな。なんか歳に似合わず利発そうなお子さんだー。声が真田アサミだからか。

 でもまぁ、そんな新キャラよりも、個人的に気になるのはママンの方なのさ。良いキャラのおふくろさんじゃないか。CVは三石琴乃のイメージだけど、実際はぱぷりおん・水原さん。同時期にあんなナイスなママン役とシルシル役やってるのが楽しい。水原ボイスだと自然に気っ風の良いまっすぐなお母さんになりますね。おかげで由乃の魔の手にかからずに済んだし、公認になっちゃったんだから、もう雪輝も既成事実を作って観念するしかなさそうだぞ。

 そういや、今回のCパートはサイドストーリーでも何でもなくて、アナザーストーリーでしたね。いや、あれをストーリーと呼ぶのかどうかは知らんけど。ムルムルは何がしたいのよ。そして、何でアニメ界ってカツオを釣り上げると必ず静止画になるのよ。ソースは「超電磁砲」。

拍手

本当にろくでもないっ!! 第5話。不覚にもあの台詞には笑っちまったよ。先週前半までは12th強そうだったのにねぇ。

 正直言うと、「能力バトルもの」としてはそこまで面白いもんじゃないこの作品。今回の最大の眼目である6thとの決戦についても、「いや、そんなあっけなさ過ぎるだろ……」という尻すぼみの決着だし、未だに日記の能力や制限がはっきりしないせいで、何を中心にバトル要素を見たら楽しいのかも分からない。決戦のシーンでは、雪輝が投げた鞠がなんか必要無くて、単にダーツ投げてもささってたんじゃないか? 6thの能力はあくまで「信者の見たものが見える」だけなんだから、誰がどこを見てようとあのダーツは避けられなかったろう。そもそも、あのサイズの巻物にダーツが刺さっただけで負けって、最初から圧倒的ハンデ戦じゃねぇかよ。そして由乃のチート能力もずるいな。

 などと、色々と首をかしげる要素は有りつつも、それを勢いで見せる構成と細田さんの全力を注ぎ込んだ凝った動画は非常に見応えがある。今回はエロありグロありの頑張った画面になっていたし、特にエロ方面では開けっぴろげになりつつも細やかな焦らし方で見せる阿漕さがたまらない。ま、こんなんばっかやってるからアニメって深夜の文化なんだけどさ。

 そして、謎サプライズが提供されたのはCパートのムルムルさんコーナーである。クレイアニメなんて「まなびストレート」以来ですよ。しかも完全捨てキャラであるはずの12thのエピソードがあれで描かれてるんだから、確実に間違った労力の割き方。だがそれがどこかズレたムルムルコーナーの超越性を表しているとも言える。本編のシリアスエログロとのギャップも気持ちよくて、全ての要素をまとめ上げてきちんと1シリーズとして完結している。うむ、よいアニメだ。

拍手

案外スピード落ちてない、第2話。バトルアクションでは充分に見せながら、着実に設定説明を重ね、メインキャラの掘り下げも進んでいます。これ、案外いい流れになってるんじゃなかろうか。

 多分この辺はコミックスで読んだんだと思うのだが、すっかり忘れているので初見な気分で楽しく見られております。今回登場した雨流みねねもなかなか強烈なキャラクターで、もう日記がどうとか、未来がどうとか言う話は関係無しで強い。日記所有者だけでの過酷で孤独な戦いが巻き起こるのかと思っていたら、2話の時点で早くも学校全体を巻き込んでの大規模テロリズムですよ。どういうことですか。ここ最近、こんだけ学校で暴れ回ったのなんてどこぞの多脚型古きものぐらいですよ。これ、来週以降雪輝は完全に重要人物として回りからマークされるよね。あんだけおっかない異常者に目の仇にされたわけだからね……ここまで有名になっちゃったら、正体探し云々もうやむやな気がするぞ。

 今回の見どころは大きく2つ。1つは、2話目でもがっつりディティールまで描き込み、徹底的に「細かい動き」の楽しさを見せてくれる細田さんのコンテワーク。特にこの作品の売りの1つであろう、由乃のちょっとぶっ飛んだ表情や、雪輝の恐怖に怯える表情なんかが少しずつ変化する中間段階が、いちいち「動き」として見えるようになっているのがこだわり。もちろん、その他分かりやすいモーションの取り方も、いかにも細田さんらしいうねっとした動きが癖になります。このまんまのペースで走り抜けられれば凄いんだけどね。

 そして、今回最もびっくりしたのが、実はみねねの中の人であった。今作は雪輝の中の人である富樫美鈴や、由乃の中の人である村田知沙など、若いキャストが基盤を作っている点も注目に値するのだが、今回登場したみねねについては、最初に聞いても誰だか分からんかった。というか、エンドロールを見て「相沢舞なん?!」と驚いても、まだちょっと信じられないくらい。うーむ、こういう引き出しもあったのか。ラジオで地の声を聞いたりしない役者さんの場合、ベースを知らないからちょっと方向性をいじられるとすごく新鮮になります。

拍手

 ついに剣術バトル描写すら無くなったよ第3話。そりゃぁね、誰もそんな部分に期待してるわけじゃないからね。いや、どこに期待してるかって言われても答えづらいんですけど。

 3話目にして既に安定期に突入した感すらある今作。千房・楓の腹ぺこコンビっぷりはすっかり定着し、元々側仕えだったはずの楓が一切千房をリスペクトしてないことに対しても全然違和感が無い。そして何より、初期の頃なら女の子が「おっぱい」と叫ぶだけでもフヒッってなってたのに、もう、特にそんな感慨もない。人間は慣れる生き物なのですよ。今回だって「乳隠し」だの「乳振り祭」だのという大馬鹿タームがゴロゴロしているというのに、それが普通にしか見えてこないという状態になってしまっているのだから、もう、ちょっとやそっとじゃ動じませんよね。ただ、流石に「乳不見」と書いて「チチミラーズ」と読むことについては失笑を通り越して感心しましたが。こういうセンスって、一体誰のものなんだろう。原作者か。

 そして、そんな「慣れ」が招くマンネリズムを打開するのが、今回登場した男性陣だろう。これまでの2本は完全に女性メインで野郎というとモブくらいしか登場してこなかったのだが、今回ようやく役名有りのキャラクターが数名登場し、「あ、この世界にも男って存在してるんだな」ということを再認識させてくれた。そして、メインで登場した大馬鹿乳殿様、鳩宗はナレーションではっちゃける大川透、娘の乳の喪失を嘆く親父さん役には広瀬正志というキャスティング。いやぁ、なんか良いね。からっと正面からエロそうで。どうせどろどろぐちゃぐちゃしたエロなんて望むべくもないのだから、このくらい突き抜けて「エロ親父ですよー、馬鹿ですよー」という説得力がある方がありがたいのです。今回は女性キャストの方はあまりメジャーどころじゃないゲスト出演だったが、個人的にはメイド喫茶店長役で出てきた赤崎千夏っていう人が気になりました。いや、乳とかじゃなくてね。

拍手

 馬鹿というなら他の追随を許さない第2話。これ、割と楽しみにしてる人は多いんじゃないでしょうか。エロ目的の番組のはずなのにエロさを感じさせず、それを真っ直ぐに笑いに変換する実に効率の良いエネルギー循環システム。この発想は、本当に新しいアニメの1ジャンルと言ってしまっていいかもしれません。いや、漫画太郎や「お笑い漫画道場」など、乳をブンブン振り回すことは過去よりシンプルなギャグではあり続けたんですけどね。

 「乳が理の世など馬鹿げている!」と千房は申しました。はい、本当にそう思います。でも、あんたがいうと突っ込み待ちでしかないんだよ。主人公が作品全否定かよ。視聴者は一人も漏らさずそんなことは知ってるよ。真顔で「検乳」とかいう人間は黙って豊胸術でも勤しんでろや。そしてそこまで全部含めての、ギャグだよ。それにしても、この世界の男ってのは、どういう存在価値があるものなのかね。

 前回は「大真面目に大馬鹿をやる」がこの作品(とクェイサー)の最大の売りだという風に認識しており、突っ込み役がおらず、おおっぴらにギャグにしないこと、乳を吸わないことが「クェイサー」と違う病根の深さだと思っていたのだが、今回既に楓が乳を吸いまくり、ギャグテイストもふんだんに盛り込まれてきたため、もうクェイサーとの差なんてほとんどありません。豊崎愛生のキャラ名が「山辺燈」か「楓」かの違いだけだと言ってしまってもいいでしょう。それくらいにあいなま依存度が高い世界になっています。語尾が「おっぱい」のキャラがたくさん出てくる作品は、少なくとも世界平和に貢献できる気はします。楓が頑張ってるシーンは、どこもかしこもテンポが良い上に画が実にコミカルで、本当に見ていて楽しいのである。また、前作では貧乳派代表だった(?)大川さんが高らかに乳の世を謳いあげているのも笑い処かもしれません。

 そして、今回のゲストキャラである女将(キャラ名が女将だよ)には、リアル魔乳を所持するダチャーンこと原田ひとみがキャスティングされた。前回は「乳狩り」に遭い貧乳に悩む娘をぴかしゃが演じ、今回は「乳無道」を操る魔乳キャラをダチャーンが演じる。……分かってるねぇ、スタッフもいい仕事するねぇ。ひょっとして、このまま巨乳声優大集合作品になったりしないものでしょうか。柚木涼香・たかはし智秋あたりは準備万端な気がしますし、茅原実里や新谷良子も余裕で使っていけるはず。今野宏美、佐藤利奈、こやまきみこ……よし、1クールくらいなら行ける気がするぞ。当然ラスボスは井上喜久子お姉ちゃんで決まりだ。次点で朴璐美。

 何このアニメ。

拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター