忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1] [2] [3] [4]

 カテゴライズするなら確実に「里見回」だ、第10話。いやさぁ、そうじゃなくてさぁ、もっとこう、かわいい女の子の苦悶に歪む表情とかさぁ……。別にトチ狂ったあんちゃんのどアップをそんなに立て続けに見たいわけではないのだが……いや、おもろいけどね。顔としてはね。

 もう、完全にブックメーカーの1人勝ち。彼が楽しむためにセレクターバトルがあり、彼を中心にバトルは回っている。前作のセレクターバトルにおいてその頂上に君臨していたのは繭であるが、彼女とてバトルの全てをコントロール出来ていたわけではなく、何より、バトルのシステム自体が決して彼女を幸せにし、満たす存在ではなかった。取り仕切る側も、巻き込まれる側も、何かしら悩みを抱えての戦いだったのだ。しかし、里見の野郎はどうやら今回のセレクターバトルが完全にツボ。もう、戦ってるのを見て、いじって、潰すのが最高に楽しい様子。今回は彼の絶頂感を何度もアピールしており、誰がなにをしようと、彼の思い通りにコントロールされていることが分かる。

 現在彼が専ら夢中なのは、表面だけは強気を繕っているくせに、実体はどう見てもヘタレ受けな千夏ちゃん。彼女の跳ねっ返りな性格を上手いことおちょくってコントロールすることで、彼女の周りにもさっさと絶望の種をまき、収穫を楽しんでいる。これまではただバトルをさせてきただけだったが、そろそろ頃合いってんで関係者同士のぶつかり合いが加速。ついにしょうちゃんが犠牲になってしまった。しかも単に実力で叩きのめすだけでなく、元々戦闘を忌避していた彼の性根の弱さを的確に突き、幼女とのバトルで自滅させるという念の入れよう。この世界の野郎共はロリっ子に弱すぎるだろ。

 里見の狙いはあくまで千夏なのでしょうちゃんがどうなろうと知ったこっちゃなかったのだろうが、とにかく結末は彼の予定通り。この後で千夏がどう動くのかは見ものである。ただ、ぶっちゃけ今更千夏ごときが里見に反目したところで、何かできるとも思えないのだが。唯一、今作で里見に対抗出来ると思われいてたのは、彼と同じ「ルリグ上がり」の経験を持つ元ピルルクたんこと清衣である。ついに里見の存在を突き止めて直接対決へと持ち込んだ清衣さん。ただ、里見の方もあっさりと挑戦を受けたコトからも分かる通り、素で戦ったらチートクラスに強い模様。うーむ、WIXOSSのルールが分からんのでどの辺がどう強いのかさっぱりだが、なかなか理不尽である。繭さんはゲームで叩きのめしにはこなかったからなぁ(まぁ、だからかえって質が悪かったんだけど)。正義感に燃えた清衣の攻撃も里見には届かず、彼に土を付けることは出来なかった。いや、あそこでコイン1枚を叩いたところで里見がどうなるもんでもなかろうが。そして、複雑な過去を持つ清衣についても、どうやら里見は色々と知っていた様子。「前回のバトル」とはっきり言っていたので、里見はもちろん繭の乱を知っているということだろう。ひょっとして、清衣と同じリピーターなのだろうか。「彼」は、元々なんというルリグだったのだろうか。まぁ、前作に絡んでいて「性格の悪い最悪のルリグ」ってウリスしか思いつかないんだが、あいつは次元の狭間に消し飛んじゃったしなぁ。ラスト近くになってウリスちゃん大復活展開だったら手のひら返して盛り上がる準備はしておこう。一応、里見のルリグのアスミスも仮面キャラなのであそこになんか仕込まれている可能性もゼロではないし。でも、るう子もタマもいない現状、そこまで旧作に絡めてくる感じではなさそうだよなぁ。

 となると、里見の正体は「なんかその辺のよく分からない悪いルリグ」である。うーむ、やっぱりボスキャラとしてピンと来ないな。今回の1話ですっかり「里見」という人間のどす黒さが定着したので、もう余計な設定は無しで「とにかく性格がクッソムカつく奴」というだけで走りきってしまった方がいいのかも。どうやって片付けるんだろ、このアニメ。今更すず子がでしゃばるのもなぁ……。

拍手

PR

 アニメ史上初、野郎VS野郎のセレクターバトル勃発、第8話。いや、なんも嬉しくないのだが。かたや本当に野郎なのかどうかもよく分からなくなってきたしな。

 今回は割と動きがありました。主にブックメーカーさんの気持ち悪さを加速させる方向で。まず、これまでずっと「どんだけラスボス面してもセレクターでもないヤツが偉そうな顔してるのはどうなのよ」と思っていたが、ブックメーカーさんはセレクターでした。これでノルマは一つクリア出来たと言っていいだろうか。セレクターなのだったら千夏を含めて他の人間に感知されるはずなのだが、一切そんなそぶりがなかったのは謎だが、ひょっとしてルリグたちがセレクターを感知してたのって、ルリグカードを持ち歩いているかどうかによるのかな。だとしたら、相方を家に置きっぱなしにしていた彼がセレクターだと認識されなかったことに一応の説明はつくけども。そして、このブックメーカーのルリグがなかなかエキサイティン。なにしろCV・アスミスである。こういう年齢高めの胡散臭いアスミスボイスもなかなかイイネ。今期だと「レガリア」の後半でも悪役寄りのアスミスボイスが聞けたけど、歳を重ねてぼちぼち色んな役が回ってくるようになったのは見ていて頼もしい。まさか中村とのコンビ役になるとは思ってなかったけども。

 そんな2人がターゲットにしたのは、可哀相な鳴海お兄ちゃん。彼の妹にとどめを刺したのはブックメーカー(達)であるらしく、その話を餌にしてお兄ちゃんをボッコボコに。どうやら普通に強い、というかコイン技まで含めると「チート」らしい。まぁ、よっぽど強くないとコイン1枚の状態であんなに悠長にしてられないしな。どうなんだろ、ブックメーカーもコインが消えると記憶を失うリスクは負ってるんだろうか。元々ルリグ出身だとしたら、失うべき記憶も持ち合わせてない気がするんだが(前のプレイヤーからのコピーのヤツなのか、それとも、今回のルリグもやはり生前に人間だった経歴があるのか)。ブックメーカーのコインが1枚こっきりだったのはあまりバトルもせずにダラダラしていたせいだと思うのだが、あの状況で余裕ぶっこいてるあたり、バトルのシステムを大体掌握している感じはするな。「元ルリグ」が新たにルリグと手を組んで活動するのは前作では伊緒奈チームが最初に登場した組み合わせだったが、今回は伊緒奈さんのように戦闘を楽しみたい人ではなく、ルリグサイドが人間サイドに腹いせするのが目的らしい。この世界のルリグの出自が判明しないことには全容も見えてこないのだが、最終的な落とし前はどうやって付けていくんだろうね。

 一方、同じ時期にバトルを展開していたもう1人の人物は、なんと清衣さん。はんなさんとぶつかって思わせぶりな台詞を連発しながらも圧倒していたが、どうやら、こちらは本当に年の功での強みがある様子。現時点ではかつてのバトルに参戦していたピルルクたんと同じ存在なのかどうかは確認出来ないが、ルリグの能力がピーピングである部分など、共通点は多い。単なるスターシステムではなく、きちんと「過去に命懸けのセレクターバトルを戦い抜いた歴戦の猛者」であるのは間違いないようだ。だとすると、この世界ってあの繭の事件があった世界の後の時間軸ってことになるんだよね。世界のどこかにタマとかるう子もいるってことになるんだよな。しかも清衣がすず子達と同じ町に住んでるなら、かなり近くに。今後、他のレジェンドキャラの登場もあるのでしょうかね?

 そして、はんなと特訓を続けることで前を向き、強くなっていくすず子。今回は無事にバトルにも勝利し、積極的に戦いを挑もうとする姿勢も盤石になってきた。ひたすらバトルを拒否し続けた前作主人公とは随分な違いだが、まぁ、こっちの方が分かりやすくていいかな? その前向きな姿勢を見て、千夏さんがさっさと光落ちフラグをばらまいているのは「もうちょっと粘れよ」と思わないでもない。まぁ、分かりきってる行程だからもったいぶってもしょうがないんだけどさ。千夏さんがほだされると、適宜メルさんがちょっかい出して気分をささくれ立たせてくれるあたりは、今作では見えにくいルリグの闇の側面が見えて良いところですね。まぁ、何をされても「千夏さん、ほんとチョロいな」っていう印象しかないんですけども。自分を取り戻すとか言ってるくせに、ホント主体性のないやつだ。是非ともどこからともなく現れたるう子先輩や蒼井晶大先生にグーパンされて正気に戻って欲しい。まぁ、あきらっきーの場合はグーパンじゃなくてナイフをえぐり込んでくる可能性もあるけども……。

拍手

 だからルールどうなってんねん、って第7話。そりゃ前作もルールは割と適当だったけども、今作みたいに報酬と代償がうやむやのままだと、何を賭けて戦ってるのかがよくわからねぇぞ。

 前作だと7話あたりですでに作品に没入していたと思うのだが、どうにも本作はそこまでのパワーはない。容赦無い展開という意味では同じではあるのだが、いかんせん「何が辛いか」が分かりづらく、全体を通しても悲壮感が伝わってこない設定になってしまっている。まぁ、前作とは別作品と割り切って、あんまり比較しない方がいいのだろうが……なんか消化不良ですわ。ゆかちのエロい発言だけでは流石にモチベーションの維持に限界があるしなぁ。

 なんでピンと来ないんだろう、と色々考え、前作と比較して一つ大きなディスアドバンテージがあるとするなら、おそらくそれはキャラ視点の不安定さだ。前作はなんだかんだいってるう子というたった1人のメインヒロインから見た世界だったので分かりやすくまとめられたが、今作は一応すず子をメインに置いているはずだが、そこに千夏というダブルヒロイン設定を重ね、さらに登場人物の数も多い。モブだと思ってたセレクターも割と再登場してるのよね。おかげでどこまでがキーパーソンでどこからが枝葉末節なのかが判断出来ず、どうしても視点は散ってしまう。さらに、千夏サイドの果たすべき「解決」の目処が立っておらず、何がどうまとまれば「終劇」なのかが想定出来ないのも悩みの種。本当に千夏が記憶を消し飛ばすのが正しいのか、結局すず子の情にほだされて丸く収まればいいのか。そのあたりのルート取りも確定していない。何しろ記憶を巡るゲームのルール自体があやふやなのだから、それを使って行われるドラマのゴールが分かるわけないのだ。「翔平君」と呼ばれる野郎セレクターとの対話で記憶を巡る諸々の設定を確認していたが、「コインが染まるたびに記憶が消えていく」とか、そんな設定聞いてないぞ。もちろん、セレクターバトル自体の意味がよく分からないのもネックになっている。千夏VS翔平の決め技、あれは一体何だったんだろう……。実際にWIXOSSやってる人から見たら「なるほど」ってなるんですかね?

 さらに、前作における繭のポジション、つまりラスボスの存在もよく分からない。前シリーズではあきらっきーや伊緒奈といった分かりやすい「敵側」キャラが存在していたが、今作でははっきりと「敵」と認識出来るキャラが存在していない(一応すず子を主人公とすれば千夏は「敵」であるが)。あからさまな悪い奴としてブックメーカーが登場しているが、残念ながら彼はセレクターではないし、上述の諸要素同様、彼の目的も未だ不明のまま。千夏を飼い馴らしておきながら、あからさまに彼女の神経を逆なでするような台詞をふっかけているのも謎で、製作意図としては「人の心を弄ぶ下衆」を演出したいのだと思われるが、見ている側としては「空気の読めないクズ」にしか見えないのだよな。これでセレクターバトルに参加してくれるなら、あとから千夏がボコボコに叩いて憂さ晴らし、っていう方向に持っていけるのだが……。

 なんか色々と燻っている状態なので、何とも微妙な感想しか出てこないですね。まぁ、決してつまらないというわけでもないのだが……。やっぱり、あきらっきーが必要なのでは……。

拍手

 もう設定ガバガバじゃねぇか、第6話。攻撃を下に、インド人を右に。

 元々セレクターバトルっつうかWIXOSSのルール自体がよく分かってなかったので戦闘シーンのふわっと感は前作からのものだが、今作の場合ルールが変更されたため、より違和感が際だつことになっている。コイン技の扱いとか、攻撃対象指定の云々とか。「攻撃を下に」がOKなのだとしたら、もう千夏のベルセルクって完全に役立たず技になるのでは? まぁ、相手が気付いてなくて血気盛んに突っ込んでくる、っていう副次効果はあるから、それだけで充分カウンターは取れるのかもしれんけど。そして、そんな「下への攻撃」が今度は相手の攻撃をかわすための布石になっているという謎。あれ、結局意味が分からんかったのだが、どういうことなの? ルリグの攻撃って、対象を自動で狙撃するんじゃなくて、攻撃時にちゃんと照準を定めて発射してるってことなの? そして足場が崩れるとそれが全部外れるの? そもそもあの世界における足場ってどういう概念なのさ?? もう、分からないコトだらけでしっちゃかめっちゃかだ。

 あと、これも前作からの引き継ぎ設定ではあるのだが、「第3者の介入で勝負が強制終了する」という設定も今作ではだいぶ大きな穴になっている。だって、今作は「はよ試合しないとコインが勝手にロストするで」というタイムリミット、それに副次的に付与されたブックメーカーからのバトル強制条件など、「戦わなければいけない」理由が多いのだが、今回の千夏の態度からするに、少なくともブックメーカーの方のバトル強制に関しては「決着ついてないけど戦った事実さえ残ってれば問題無いでしょ」ってな処理になっている。だとすると、もうブックメーカーの脅威は無いに等しい。適当に部外者を1人雇って、バトル開始後に乱入するように頼んでおけば、どんな試合でもチャラに出来るのだから。流石にコインの黒ずみ進行を止めることは出来ないだろうが、全然関係無い要素のせいでバトルに決着を付けずに済むというのは何とも興ざめである。こんだけルールがザルだと、いくらでもやりようがある気がするんだけど、ひょっとしてそういう盤外戦術まで含めてのセレクターバトルなんでしょうかね? 実はあの戦わないって言ってた男の子は賢いのか?

 さておき、千夏ちゃんは相変わらずのやさぐれっぷり。冒頭、ゆかちボイスで「私とシない?」とか誘っちゃう倫理的に大変に問題を孕んだシーンは完全に狙ってやってることだろうが、実際、千夏がやってるのは悪徳業者の客取りであるからして、倫理的な問題は大差無い。「まぁ、金銭が発生しないならギリギリセーフか」と思っていたら、なんと千夏ちゃん、営業職でバイト代貰ってるやんか。もう、完全に悪の手先ですよ。立て続けに2人もの御新規契約を結び、なんと優秀な営業マンであることか(ロリっ子勧誘の時にゲーセンで散々遊び倒していたが、貧乏千夏にそんな余裕はあるんだろうか。経費で落ちるんだろうか)。

 もちろん、千夏だってブックメーカーに完全に心を許したわけではないし、むしろ今回のエピソードで敵対意志を強く固めたようだが、千夏としては割の良いバイトなら願ってもないことだし、セレクターバトルからさっさと足を洗えるならそれに越したことはない。一応、関係性としては現状はWIN&WINである。まー、ブックメーカーがあの通りの性格なので、さっさと千夏に見切り付けられそうな気もするけど。ただなぁ、ここまで鉄の女を演じてきた千夏だったが、今回はターンがすず子側に回った印象があり、幼少期の謎コンプレックスとか、非情に徹しようとしてるのに甘さが残ることが指摘されたりとか、もう、駄目フラグがボコボコ立っているのが何とも。まぁ、このまま永遠に和解せずに終わるわけはないので当然の展開ではあるのだが……底が見えてしまうと、千夏さんは本当に「ただ自分のストレスを理不尽にすず子にぶつけてるだけのヤツ」だからなぁ。正直、どんどんかっこわるくはなってます。

 対して、すず子の方はイヤでも見せつけられる情けない千夏の姿を見て覚醒のきらい。何しろ今回試合を挑まれたときにも、自分の悲しみを訴えるだけ訴えておいて、オープン宣言はほとんど迷ってないしな。今回のバトルはあくまでも「負けない」ことに徹していたが、リルとの対話から決意を新たにしたことで、今度は攻勢に転じる可能性すらある。っつうか、そうじゃないとコインの枚数がヤバい。この子はるう子のように最後までほわほわしながら容赦無く強いとかいう鬼畜タイプではなく、今後はちゃんとファイターとしての顔を見せてくれるんでしょうかね。

拍手

虫唾┐≡
 ┌└  第5話。ゆかちが親友ポジションにつくと何故こうも病んでしまうんでしょうね。ひらめけ輝けシェンショウジン。

 思いの外ダイレクトな訣別宣言がきましたね。「自分の弱さになる」「本当の自分を失ってしまう」というなんだか分かるような分からないような理由ですず子に絶縁状を叩きつけた千夏。前回の颯爽と登場して対戦相手をボコるさまはなかなか格好良かったが、今回啖呵を切った彼女のいい分を聞いていると、正直、切羽詰まった現状をすず子に押しつけて言い訳してるようにしか聞こえない。「お前のせいで」って言ってたけど、「いや、勝手に重荷にしてたのはお前だろ」っていう。そりゃ確かに身辺に不幸が重なりすぎて諸々大変な事情はお察しするが、だからといって数年ぶりの親友との再会で相手をこき下ろしていい理由にはなるまいよ。千夏さん、一回深呼吸してからすず子の顔を見られれば良かったのかも。

 とはいえ、こんな風に彼女が変貌してしまった理由も本人が説明してくれている。曰く、「バトルに負けたおかげで記憶が欠落し、肩の荷が下りた」と。つまり、セレクターバトルってコイン全ロストと5枚コンプの賞品以外にも、1枚1枚のロストにペナルティがかかってるってことなんですかね。千夏は都合良く「忌まわしい(と本人が思っている)記憶」だけを消したおかげで、あとはただ勝利への道を邁進できるとのこと。まぁ、本人がそれでいいと思ってるなら別に他人が口を挟む問題でも無いわな。失われた記憶ってのはどの程度のレベルのものなんでしょうね。別にすず子のことを完全にデリートしたわけではないし、けっこう適当に処理されてそうだよな。

 そんな旧友の姿を見て意気消沈のすず子さん。こちらも望みもしないバトルに巻き込まれ、さらに親友だと思ってた人間に恫喝までされて泣き面に蜂。しかも、自分に一切非がないので本当にすず子さん可哀相。さらにさらに、前作のメインヒロイン・るう子さんはそんな不幸の極致にあっても、「なんか分からないけどめっちゃ強いから勝ち抜いてしまう」という道の開き方があったのだが、すず子さんの場合、別にそんな実力があるわけでもない。たまたまコイン技は強いのがあてがわれたのでここまでは何とか生き延びてきたが、ちょっと気を抜いたらあっさり負ける。そして、そんな弱虫のところに、ブックメーカーは容赦無く試合を叩きつけてくるのである。やっぱり登録制で拒否権無しって、どうしようもない悪徳仲介業者だったじゃないですかー。まぁ、あくまでセレクターはコイン5枚でクリアの条件は変わらないのだから、さっさと試合をあてがってもらって勝ち逃げするのが正しい利用法なのだろうけども。勝ち逃げが許される条件下なら強い人はどんどん抜けていくわけで、適当にマッチを組まれてもそこまで不利になるってわけでもなさそうだし。

 しかし、すず子さんの不幸はそれだけでは終わらず、イヤらしいブックメーカーがあてがったのはここまで何となく試合をせずに伸び伸びにしてきたはんなさん。流石にゲームライターまでこなしているだけあって実力は本物で、チートクラスと思われるすず子のコイン技に対し、あっさりと抜け道を見つけて勝ちきっている。まぁ、今回のバトルはどっちかというと「はんなの強さ」ではなく「すず子の弱さ」を描くためのものだけどね。能力だって上手く使わなきゃ持ち腐れ。強いルリグだって、やる気がなけりゃ単なる紙切れなのである。はんなさんに色々と説得してもらって、すず子も多少は変われるだろうか。

 他方、千夏さんの方はというと、なんかしらんけど男がいた。親しげにしていたが、ノリにのってる千夏さんに水を差すような、やる気のないへなちょこである。「誰かが悲しむような戦いはしたくない」って、お前はどんな思いでサッカーやってたんだよ、っていう。非戦を訴えるだけなら簡単だが、るう子さんだってそれでどうにもならなかったでしょう。この期に及んでの殺さず宣言は、単なる逃げである。まー、なんか口の軽いルリグから「90日の期間を逃げ切れば一部記憶を奪われるだけで済む」という情報を得てしまったせいらしいのだが。ルリグも相変わらず色んなヤツがいるもんだな。

 さて、今回の試合でまたすず子のコインは1つに逆戻りかな?(コイン技の裁定がどうなってるのかよく分からないけど) これ、マジで負けてリルが表に出てくる展開だったら面白いんだけどな。

拍手

 提クレは癒し、第4話。いや、でも、そんなんされてもなぁ……。

 作中の大方のやりとりは全部援助交際にしか聞こえない駄目アニメ。もう、ブックメーカーさんはエロ同人で大活躍することが確定的に明らかである。すず子たちも含めて、言ってることが全部そっち方向の相談にしか聞こえねえからなぁ。援交のマネジメントしてる野郎がホモってのもどうかと思うけども。まー、セレクターはルリグが中に入っちゃう可能性もあるので、性別とか全部超越した存在とも言えますのでね。今回、男性セレクターは多数存在してるようなのだが、男性ルリグっているんでしょうかね(いない場合、どんどんオカマが増えていくことに)。

 さておき、ブックメーカーの存在が明らかになった。里見と名乗る怪しげな男は、セレクターでもないのにセレクターバトルの斡旋をしているという正体不明の男。ネットでうわさが出回っているということはセレクター界隈ではそれなりに有名なようで、彼のデータベースにプロフを登録しておけば、必要に応じて対戦相手をブッキングしてくれるという。まぁ、まさに援交の斡旋と同じだな。もちろん、ただで紹介してもらえるというわけではなく、曰く、彼のセッティングしたバトルは回避不能。加えてこの気持ち悪い男に個人情報を握られるという心理的イヤ感も割と強い。実際には登録したら強制的にバトルを組まれたりするのかねぇ。今回の様子だとあくまで対戦相手が欲しい者どうしを結びつけるお仕事しかしていないように見えるのだが、まぁ、そんな良い奴でもなさそうだし、後々色んな迷惑をかけられそうである。それにしても、里見は普段何してる人なんでしょうかね。昼間からスーツ姿でフラフラしてて女子高生とサ店でお話ししている様子は職質されても文句言えないと思うのだが。

 前回までの情報だと何となくこの「ブックメーカー」がラスボスのように見えていたのだが、実際には本当に「ブックメーカー」としてのお仕事をしているだけの人に見える(別に賭け事の胴元ではないが)。つまり、前作におけるマユのような超越的な立場にあるわけではないただの人間……なのかな? 流石にそんなわけはないか? 今のところ彼がどうやってセレクターバトルの世界に足を踏み入れたのかは語られていないが、別にセレクターの中で守秘義務があるわけでなし、ポロッと知り合いから話を聞いたり、突如として人格が変わってしまった人物を捜査していたらウィクロスに行き当たったり、この世界のゲーム規模なら部外者でも割と簡単にセレクターバトルを知ることは出来そうな気がする。もしくは、ありそうな設定なら「実は過去にセレクターバトルを勝ち抜けた人物」っていう可能性もあるだろうか。その場合、もう少し他にも同じようなポジションの人間がいそうな気もするけど。そして、一応「やっぱり超越者としてのポジションにある」可能性も残っている。単に外野からセレクターバトルの事実を聞きかじっただけのヤツには見えないからなぁ。彼が単なる変態だったらそれはそれで嫌なオチだな。

 まぁ、とにかくそんなわけでセレクターはセレクターと引きあうことになるわけですよ。以前すず子に返り討ちにあった情けない男(鳴海)の縁が繋がり、ブックメーカーとコンタクトを取ったまさにその日に、すず子は千夏との再会を実現させる。まぁ、当然のように本人が望んだ形ではなかったわけだが……。千夏は「初心者」であるはずだが(里見がそう言ってるんだから多分そうなんだろう)、彼女のバトルスタイルは一定の信念に基づいたはっきりしたもの。ウィクロスのルールはよく分からんが(そしてルールを知っていたとしても分かるかどうか微妙だが)、どうやら彼女のデッキタイプはコントロール。相手の攻撃をさばいてさばいて(その過程でルリグがボコられて)、相手の手を全て潰したあとにゆっくりとなぶり殺していくという。ウィクロスだと緑がそういう色なんですかね? ちなみに今回、鳴海が使ったコイン技は「ダイレクト」といい、相手ルリグへのダメージをプレイヤーにも体感させるという、あんまり意味の無いもの。まぁ、この効果ならプレイヤーは怖くて必要以上にルリグを守ることになり、ひょっとしたらプレイに支障が出る場合も……あるんかなぁ。なんか、コイン技の格差がひどいよな。

 強者の余裕を見せつけた千夏だったが、戦闘結果なんて分かりきっていたので、むしろ注目すべきは彼女の精神状態の方であろう。久しぶりに再会した千夏に見向きもせずバトル。試合終了後は笑顔を見せてくれたと思ったら思い出のストラップを引きちぎり、地面に投げ捨てるという暴挙に出た。普通に考えれば彼女がすず子に対してストレスをぶつける理由もないはずなのだが、残念なことにすず子の記憶をトレスしたメルが散々思い出を踏みにじってくれたおかげで、すず子の知らないところで、千夏のすず子ヘイトが溜まっていた。可愛さ余って憎さ百倍か。千夏はすず子の思い出と共に旧友との絆を放り投げたことになる。事情の分からないすず子さんは踏んだり蹴ったりだ。千夏が現在どういう状態なのか、あまりしゃべらない彼女のことなので細かい所作から推し量るしかないが、一応バトル中にメルとの絆を見せるようなそぶりもあり、完全にメル(つまりすず子)との友情が切れたというわけではないだろう。しかし、教室の隅で空を見上げながら「バトル……したいな……」とつぶやいちゃうくらいには精神がやられており、現実世界での鬱憤を晴らすはけ口としてセレクターバトルに興じている可能性はある。まぁ、単なる八つ当たりなんだけども。今のところ、セレクターバトルを巡る悲劇と、すず子・千夏間の友情物語には直接的な繋がりはなく、「たまたま2人ともひどい目に遭ってますね」という程度なので、すず子は今後の対応さえ間違わなければ友情復活もそこまで難しくないとは思うのだが……鬱要素が率先して頑張っちゃう作品媒体だからなぁ。もう1つ2つこじれてしまいそうだよなぁ。

 極論すれば、今作はすず子も千夏もここからサクサク勝ちを重ねてドロップアウトしてしまえばめでたしめでたしなお話である。現時点で、何が最終目的で、どのあたりがカタルシスたり得るのかがよく分かっていない。次あたりで明確な指針が出ればいいのだが……どうなりますかね。

拍手

 だから提クレバックで笑わせに来るのやめーや、第3話。そういうとこだけ前作の伝統を踏襲してるのもどうなのさ。どうせ鉄板ネタを提供してくれるあきらっきーはおらんのやで。

 ルール追加説明編。今回のあれこれで大体の全体像は出揃ったかな? おおよそ予想通りではあるが、その予想の下をいくことも想定内といえるのかもしれない。今回明らかになったのはゲーム敗北時の正式なペナルティ。まぁ、「前回は勝者ボーナスだった夢限少女が、なんと今回は敗北時ボーナスになります!」っていうとすごく親切な設定に見えるな。まぁ、それだけ前作が鬼畜過ぎただけなんだけどさ。今回は敗北時にセレクターの方の人格消去&ルリグ転移が行われる。そりゃ例によってルリグ側も正式なルール説明なんかしてくれるはずがない。でもまぁ、ちゃんと勝てるようにアドバイスはしてくれるのだからまだマシだが。現世に出たいっていう欲求の強いルリグなら、前作と違って今回はセレクターをはめて敗北に追い込めばいいだけだからな。そういう意味では、今回のルリグは前作と随分違う存在なのかも。

 改めて考え直してみると、今回のゲームは「コイン」という独自の存在が付与されているため、前作のような勝敗のゼロサムではない。片方が勝ってもコインが1個増えるだけだが、(おそらく)コイン技をベットすれば敗北時にコインは消えるだろうし、時間経過でもコインの黒ずみが増えていくのだから、世の中からは失われるコインの方が明らかに多いのだ。その状況で、勝者は単に「勝ち抜け」権が与えられ、敗者はルリグに乗っ取られる。となると、以前のようにルリグとセレクターがカードを挟んでグルグル循環する世界は成立していないのだ(まぁ、ひょっとしたら今回消された彼女もどこかでルリグに生まれ変わっている可能性はあるが)。ルリグがセレクターに出会った時に記憶のサーチ&コピーを行うのも今作独自のギミックであり、ルリグにはオリジナルの個性があるのかどうかが微妙なところ。彼女達は元祖ルリグであるタマやユキと同じように全くの「無」から生成された存在なのだろうか。もしそうだとしたら、実在の少女から記憶と人格を消去し、新たなルリグで埋めていくという展開は、過去のセレクターバトルとは目的が全く違う。この度「ブックメーカー」という黒幕(?)の名前が明らかになり、多分それはちーちゃんがラストに顔を合わせていたロン毛の男のことなんだろうが、奴が一体何者で、何を企んでいるのかはまだまだ闇の中である。今回負けた子がその名前を知っていたということは、マユと違って直接セレクターと接触してるってことになるんだけど、どういう管理体制なんでしょうね。

 今回は色々とキャラが多くて大変だったが、不思議なインパクトがあったのはルリグ「あーや」を引き連れたシスコン兄さん、鳴海勝。あんなメンタルでよくもまぁここまでセレクターバトルを生き残れたもんだな。あーやのコイン技は自身を分身させて狙いを定まらなくさせる防御技。いや、攻撃時も5倍アタック出来てたみたいだからひょっとしたら単に能力アップなのかな。たまたまオーネスト相手だと相性が悪かったが、通常のバトルなら割とチート気味な気も。その他、攻略記事ライターのはんなちゃんと対決したのは、以前すず子をカモっていた軽めの女の子。こちらのルリグは相手の手札を調べたりいじったり出来る能力だったが、対するはんな&ナナシ(彼女のルリグ)の技は煙幕によるブラインド。相手陣営が見えない状態のデュエルとか、どうやって戦えってんだよ。訳の分からない世界である。結果、西明日香は敗北して人格を奪われたので、この世界で洲崎と西が出会うことは無かったという。解散!

 今のところ「ひどさ」「理不尽さ」のレベルでは一応前作以上なはずなのだが、どうにもサクサクと進んでいくおかげで悲壮感は薄い。やっぱり旧友2人が出会って生い立ちの相違から互いを傷つけ合う泥沼展開になってからが本番かな。次回はいよいよ「再会」とのことなので、期待して待ちましょう。

拍手

 確実にラス前で藁人形の糸を解く流れじゃないか! 第2話。「このエンドレスで鬱な感じはどこかで見た気が……」って思ってたんだけど、夕焼けのすべり台で俯いてるシーンで「あぁ、閻魔あいが来るヤツだ」って気がついた。いっぺん、死んでみればいいんじゃないかしら。

 1話目がすず子の「導入」、そして2話目はダブル主人公の2人目、千夏の「導入」だが、同じ目に遭ってるはずなのに不幸の度合いが桁違い。そりゃね、突然闇のゲームを押しつけられて、「負けたら死ぬ、負けなくても逃げてたらさっさと死ぬ」っていうあり得ない二択を迫られる時点で幸せなんてありえないけど、千夏の場合、そんなゲームに巻き込まれながらさらに私生活が波瀾万丈すぎるからね。父さんの会社が倒産。私大志望だったのを諦めたくないから必死にバイトを続け、成績も落とせないから勉強だって頑張っている。近年稀に見る勤勉で勤労な立派すぎる女子高生キャラである。しかし、人間一人に出来る努力には限界がある。バイト疲れでは授業にも身が入らないだろう。成績が落ちる、気持ちが荒む、交友関係も荒れる。そして親父はさらにリストラ。もう、カードが一切登場しないお話だったとしたら間違いなく藁人形コース。そこに死のゲームという追い討ちが追加され、並大抵の女子高生だったら精神ぱっかーんでおしまいであろう。辛うじて理性を保っていられただけでも千夏ちゃんは大したものである。

 とはいえ、当然人として大切な何かは犠牲にしたのである。まぁ、これだけ実社会の苦しさを味わった人間に、友情だの理想だの、きれい事が通用するとは思えないし、むしろこの状況下でしたたかに生き抜く術を身につけられるのだったら、将来的にはそっちのコースの方がベターな可能性すらある。全てを蹴散らし、生き残れ千夏。

 わずか1話という短い尺の中で、千夏というキャラの成り立ちを過不足無く伝え、これから様々なドラマを上に積んでいく準備をしたという意味では非常に重要なエピソード。はっきり言って、彼女の歩んだ波瀾万丈な数日間をこの尺でまとめきるのはかなりの無理難題なのだが、ギリギリまで間のパートを削り、様々な技術で違和感を消して紡いでいくことで、辛うじてこの「プロローグ」が成立している。コンテは二瓶さん。J.C.の作品で困ったらとりあえずこの人に声をかければ何とかしてくれるのである。こんだけ詰め込んでるのにあらゆるシーンに与えられた「意味」がちゃんと理解出来るようになっているのはすごい。一応野暮を承知で確認しておくと、千夏の精神性を作ったのは幼少期のすず子との交流であり、彼女を慕って憧れていた親友の気持ちを守るために、千夏は戦い続けていた。戦いってのは実社会での「有名私立に受かる」というプライドを守る戦いであり、セレクターバトルにおいてはコイン技を使わずに「正々堂々勝つ」という戦いのこと。はっきり言ってリスクの大きさが目標の矮小さに一切釣り合っていないのだが、まぁ、幼少期にすり込まれた人格形成ってのはそう簡単には割り切れないもんでね。追い詰められて限界に達した時、ようやく千夏は「すず子の呪縛」を解き放ち、彼女の記憶を消すことで貪欲に生き残ることが出来たという。過去の思い出を綺麗なままで保持し続けるすず子に対し、「唾棄すべき縛め」として切り捨てた千夏。この2人の再会は近い将来確実に起こるイベントだが、どんな修羅場になるのかが今から楽しみだ。

 そして、千夏と彼女のルリグ・メルとの対話で色々と今回のセレクターバトルの追加ルールも分かってきた。最大の追加要素は、(これはすず子が得た情報だが)「勝利のご褒美に記憶がなんやかんや出来る」という、今作では初めて「アメとムチ」のアメが登場したこと。いや、こんなこと言われてもあんまりアメにはならないが……。まぁ、過去にトラウマを抱えている人間ならそれを消せるのは一応ご褒美といえるかもしれない。記憶のねつ造にどれだけ意味があるかは分からない。まぁ、例によってこのゲームは「記憶」というものを非常に軽々といじってくるので、今後も様々なキャラの勝ち負けを通じて「記憶」の価値というものを問い続けることになるでしょう。ひょっとしたら、旧バージョンのゲームみたいに負けた時に記憶が消されるだけ、っていう可能性もゼロじゃないしね(まぁ、そんなに甘くはないだろうが……)。

 そして、やたらとメルが推してきたせいで不安要素しか残らないのが「コイン技」という今作のキーとなる概念。これは、各プレイヤーがコインをベットすることで使用出来るキャラ固有技(ルリグ固有技かな?)。いわゆる盤外戦術が多く、最強レベルの能力にはすず子の「オーネスト(相手が嘘をつけなくなる)」があり、今回発動した千夏のコイン技「ベルセルク」に到っては、どうやら「精神隷属器」なみの効果があるらしい(流石にそこまで行くとやり過ぎだし、技名から想像するに「手練れの戦術(RAV)」くらいですかね)。千夏の2戦目の相手のコイン技が単なる「テレパシー」だったことを考えると、あまりにキャラどうしの性能差が有りすぎるわ。最後に戦った小学生の能力は「爆弾をしかける」とかいうキラークイーンみたいな能力だったが、多分これは「パワーストーンの地雷原(APC)」か「光雷原(ROE)」くらい。コイン技は使用者が勝利すれば別にデメリットは無いようで、コインが減ったり、損耗している描写はない。「ベット」と言っているので、おそらく負けた際に余計に消費するっていう設定なんだろう。

 ちなみに今回、千夏以外にも大量のセレクターとルリグが登場しているが、何と言っても驚きは最初の対戦相手となった清衣だろう。やっぱり本人だったんだ。そして、彼女は未だにセレクターなんだ(はっきりは描かれなかったが、オープニングからするとやっぱり相方はピルルクたんだよなぁ)。まぁ、並行世界的な設定かもしれないけど、一応気になる接続要素である。前作におけるふたせ文緒みたいな存在になる可能性もなくはない。その他、2戦目の相手はなんか軽い女の子(CV西明日香)。そして3戦目は小学生で、CVが「くまみこ」の日岡なつみだった。中の人でいうと、途中で千夏を気にしていた高校の男子のルリグがあやっぺなんだよね。実は割とレアな、洲崎と西が現場で顔を合わせる作品である。

拍手

 後口すっきり、最終話。相変わらず見事に締めてくる岡田麿里の手腕には惚れ惚れしてしまう。それにしても、繭さんが最後に選んだ未来がまさかの無色とは……彼女が精霊龍になってプレインズウォークする可能性が微レ存?

 最終決戦場は「繭の世界」。ルリグのルールを破ったことを指摘されユキは虫の息。るう子に出会えたことに感謝し、自らの運命を受け入れようとしたユキだったが、そこに現れたのは、試練を乗り越え確固たる自己を手に入れたタマであった。元々繭という1つの存在から産みだされた「シロ」と「クロ」。タマは自分の成すべき事を理解しており、るう子の合図でユキとのフュージョンに成功する。「タマ」の「マ」と「ユキ」の「ユ」を1文字ずつ取ったその存在の名は、紛れもなく「マユ」である。このへんの設定のそつのなさがニクい。そして、CV的には当然マユは種ちゃんボイスでしゃべる。「まぁ、久野ちゃんと瀬戸ちゃんを足したら、音域としては大体種ちゃんくらいになる気もする」という微妙な説得力が。

 そして、ここで大々的に取り上げられたのが、本作のタイトルにも冠された「selector」というファクター。人生は常に選択の連続とはよく言ったものだが、繭という少女の生き様は、常に「選択」にあこがれ続けるものであった。この世の他人に全く影響を与えることも出来ず、自分から何一つ選べず、ただ朽ちていくだけの人生。彼女の怨嗟は少女達に「理不尽な選択」を迫るセレクターバトルとして表れ、此度の騒乱を生みだしていた。「選べる幸せ」を訴える繭であったが、それに対し、新たな人生を自ら選択し、名前を捨てて生まれ変わったユキと、最後に自らの手で壁を乗り越えたタマの集合体であるマユは、改めて繭に対して「選択すべき未来がある」ことを伝えるのである。死んでしまった事実は変わらず、彼女の人生が恵まれないものであったことは間違いない。しかし、それが他の少女達に理不尽を押しつける道理にはならず、繭の願いは打ち倒されるべきものである。その上で、るう子は1つの選択をした。繭を罰するのではなく、「救う」という選択を。

 余計な外野を排除し、最後の最後に繭が提示してきたラストゲームは、やはり彼女らしい理不尽な選択を迫るもの。WIXOSSに存在する色は白・黒・赤・青・緑の5つ。その中から、自分の提示した色を選べという。勝率1/5の理不尽かつ一方的なゲームだ。しかし、当然そんな状況でるう子が負けるわけがない。何しろ彼女は「最強のWIXOSSプレイヤー」なのだから。繭の願いを正確に読み解き、るう子は「バトル」に勝利する(そしてとばっちりでウリスは惨殺される)。ようやく本当の「繭」にたどり着くことが出来たるう子は、未来への希望を彼女に説き、「繭」を浄化し、最後に「マユ」にたどり着いた。生まれ変わったマユと執り行う最後の宣誓。夢限少女となったるう子の力により、世界は元の姿を取り戻した。

 改めて考えてみると、繭の不幸な生い立ちというのは一切フォローされていないし、彼女のだだっ子っぷりが解消する理由も特にないのであるが、一番大きかったのは「初めて対等に話が出来る人間が現れた」ということなのだろう。養育者(親?)にすら「アレ」やら「ソレ」やらしか呼ばれてこなかった繭さんは、とにかく自分という存在があることを外界にアピールしたいという一念から悪魔のごとき存在になったのであって、同等のイマジネーションを持ち、ユキやタマといった己の分身を従えるまでのカリスマを有したるう子が艱難辛苦を乗り越えて自分の目の前までやってきて話を聞いてくれた時点で、彼女の願いは満たされたのである。マユは宣誓の儀に至る際にるう子に「本当に子供みたい」と言っていたが、その実、一番子供っぽかったのは繭だったのである。子供のワガママで生まれた、いかにも子供らしい「俺ルール」が理不尽なカードゲーム。その無茶なルールのゲームに懇切丁寧に付き合い、最後に対話出来るまでに至った「子供っぽい対戦相手」がるう子。夢限少女って、そういう無邪気さが夢を叶えることの具現化なのかもしれません。

 こうして繭の呪いが解けて、全ての少女は元に戻った。最終回に欠かせない重要な要素といえば、何といっても「後日談」である。今作の場合は2クールの中でそこまで多くのキャラが出てきたわけではないが、全ての少女、全てのルリグの「その後」がさわやかに描かれているのがとても良い。また、「無色」を選んで外の世界への憧れを打ち明けながら消えていった繭の心象を表すように、ラストエピソードの画面は実に彩り豊かで、本当に美しく輝いている。これまで今作の背景描写、画面効果は「薄暗い灰色」で固定されていたわけだが、るう子の家のベランダの花々や、その他全ての画面において、フィルタが一枚剥ぎ取られたように色彩が強めに出されるようになっているのである。2クールかけて作られてた見事なハッピーエンドの演出である。

 ざっとラストシーンの少女達を追いかけてみると、当然遊月は元に戻って、野郎としては唯一全ての真実を知ることになった香月とは良い関係を築けている様子。ただ、流石に近親エンドにするわけにもいかないだろうから、おそらくそのうち花代さん(本体)がやってきて、2人とはしっかり膝を突き合わせた惚れた腫れたのお話になることだろう。幸せそうに歩く2人を黙って見送った花代さん、今はまだ流石に声はかけづらいだろうけど、きっと悪い関係にはならないはず。遊月だって「花代さんならいいかも」と思える気がするし。

 浦添伊緒奈さんは一足早く元の姿に戻っていたので、そのまま令嬢生活に戻っていたのは分かっていたが、まさかの蒼井晶との共演でちゃんと読モに戻っていた。我らがあきらっきー、あの惨状の後にどうなることかと心配していたが、おそらく「伊緒奈さんの見た目は大好き」なのは間違いないだろうし、本当の姿の伊緒奈に惚れ直し、改めてあきらぶりーモードに突入したのかもしれない。唯一彼女だけは伊緒奈の脇腹を突き刺した「現実世界での前科」持ちなのだが……まぁ、伊緒奈さんが被害届を出さなければなんとか……なるのかなぁ。

 そんな晶さんの最初のパートナーであったピルルクたんも無事現世に帰還。コミック版での顛末を考えると彼女は割と長いことルリグ生活を続けていたので、久しぶりの現世。自分の手で親友を殺してしまった咎は消えないのだが……まぁ、その辺りはコミックで補完かな。彼女と入れ違いでバスから降りてきたのはミルルンですね。彼女がどんな女の子だったのかは詳細不明。るう子の背中を追いかけて友達宣言を受け入れようと努力中なのは、引っ込み思案のちよりちゃん。タイミングを逃して声をかけられず落ち込む彼女にそっと目を向けるツインテールの少女は間違いなくエルドラさんでしょうね。やっぱり、ちよりちゃんのお友達第一号は彼女じゃなくちゃ。ふたせ文緒も元の身体へと舞い戻ったので、もう小説を書く義務から解放されたはず。電車移動中の一衣さんの元へやってきたのは、初めて少女らしい出で立ちを見せてくれた緑子さんである。最後まで一衣のことを思ってその身を削ってくれた緑子さんとの再会に、一衣さんも思わず涙。イイハナシダナー。

 そして残るルリグ、タマ、ユキそしてマユはどうだろうか。実体を持たない彼女たちが現世に現れることが出来るかどうかは誰にも分からない。マユはおそらく繭として天寿をまっとうしたのだから現れることはないだろうが、るう子の願った「全てのルリグを人間に」という願いが叶うならば、ちょっと無茶な希望だって、ひょっとしたら実現していたのかも。そんな「もしも」に期待しながら、るう子は今日も元気に日常生活を送っているのです。タマという名前の少女が、いつか自分の前でまたあの無邪気な笑顔を見せてくれる日を待ちながら。

拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター