忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。普段使ってるWordにほったらかしだったアプデかましたらフォントやスタイルがよくわからんようになった。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

 チーム結成、第3話。前回が急展開だったから今回はブレーキがかかるかと思いきや、割と性急ではある。まー、最終的にゲーム完成まで辿り付かなきゃいけないとしたら急ぐのも無理はないのだろうけど。

 とりあえず役職だけを見れば頭数が揃ったのが前回まで、そして今回は、集まった6人のチームを確認するためにいきなりの合宿である。野郎2人に女性4人の合宿とは何ともけしからんが、合宿に乗り気の奴、そうでもない奴と悲喜こもごも。ただ、実際に現地に行ってもとんちんかんな黒田さんの采配のおかげで具体的にゲームの話をするまでにはけっこうな時間がかかった。その間には各人のモチベーションの差なんかも見え隠れし、「そりゃいきなり高校生が寄り集まってゲーム作りとか言われてもピンとこねぇよな」という部分が確認出来る。高校生が集まってやることなんて、文化祭の出し物がせいぜいだもんな。いきなりの商業作品って言われても現実味はないわ。

 そんな中で唯一「現実としてみていた」のがリーダーの黒田さんだったわけだが、今回のお話では彼女をどのように描きたかったのか。兄弟との関係もあるのでとにかくブレない彼女だが、どちらかというと「ブレずに強い女性」というより、「わがままで身勝手なリーダー」という側面の方が強く見えたような気がする。当然のように安東さんとは喧嘩別れに到り、彼女は安東さんをくさして「子供っぽくて自分勝手、無根拠な自信ばかりもっている」と非難したが、傍から見ればこの言説は全くもって黒田さん本人のことを指している。どれほど自分の中で完成した世界があるのかは分からないが、相手を説得しようという意志が感じられない身勝手な言い分、そしてそれを全面的に裏づける無根拠な自信。仮に彼女が過去に何らかの実績を残しており、自分の持つプランに絶対の自信を持っているのだとしても、それを他人に「理解してもらう」プロセスは必要なわけで、それを怠り、一方的にクリエイターたちに自分のプランを押しつけるのはプロデューサーとしてはあまり良いとは言えない態度だろう。

 こんな態度で来られたら普通は安東さんのように反発するわけで、その他の面々は「何が何だか分からないから」従っていただけだ。これでは、何も知らないクリエイターの卵から不当に搾取し、良いようにこき使う悪徳業者である。最終的には文太が彼女の肩を持ち、たまたま企画が安東さんの眼鏡にかなうものだったから良かったものの、文太が彼女に味方する意味も良く分からなかったし、企画の是非は視聴者目線からはよく分からない。正直、あまり魅力的なヒロインとはうつらないのである。今後の指揮で彼女が視聴者の信頼を取り戻すことが出来るかどうかは微妙なところだ。わがままな指導者っていうと、同じ創作を題材としたお話では「SHIROBAKO」の木下監督ってのがいたけど、彼の場合は純粋に「作品が好き」っていうのを押していたし、あまり居丈高ではなかったのでそこまで印象が悪くなかったんだよ。黒田さんの場合、そのあたりのモチベーションが見えないのがなぁ。

 というわけで、今回株を上げたのはきちんと自分の意見が言えて、物事の落とし前の付け方も心得ている安東さんの方だろう。もちろん、「創作は楽しんでやらなきゃ駄目」というのも一面的な見方ではあるので、彼女が全面的に正しいとは言えないのかもしれないが、少なくともチームを結成し、これからみんなで協力して行こう、という出陣式ではこちらの態度の方が良い影響を与えるのは間違いないだろう。本当に金の話だけで結びついたドライな関係ならまだしも、高校生が集まった「有志」の集団なのだから、お互いに腹を割って話さないことには何も始まらない。彼女はそのあたりまで心得て今回のような態度になっていたのかどうか(まぁ、単に自分に正直な人なのだろうが)。それにしても、相変わらず腐女子の行動原理ってのは分からんけどな……。

 そうそう、早くも恋愛モードに入っている小早川さんっていうヒロインもいるんですが、文太が黒田さんになびく理由って今のところ1つもないし、心配せずとも小早川さんがアタックをかければ文太は「友達以上」にはステップアップすると思うんだけどね(それより上は分からんけど)。まー、あの手のタイプだとなかなか一線超えられないのがなー。

拍手

PR

 「打たないプログラマー」とかのキャストも無駄にしっかりしてて笑う、第2話。他のメイン役との兼ね役なんだろうか、こんな一言だけでスタジオに呼ばれる役者さんたちも大変だ(まぁ、コストパフォーマンスの良い仕事であるが)。

 マッハでスタッフが揃っちゃった案件。まぁ、原作ゲームではこのあたりのくだりもゆっくりと描いてくれているのだろうが、アニメではそこに時間をかけるよりもとっとと全員集合して実際のゲーム作りをしているシーンを多く見せたいということだろう。確かに、ここでうだうだやられるよりもさっさと現場の姿が見られる方が今作の趣旨には合っている。「主人公のゲーム作りに対する熱意に集まってきて……」みたいな展開ならもう少ししっかり出会いから掘りさげた方がいいのだろうが、本作の場合には別に主人公もそこまで考えてるわけじゃないしな。いや、それにしたって急すぎたのは間違いないけども。こまけぇことはいいんだよ。高校生のノリとしては、ひとまず何となく集まって、実際に作業をしてみたら難しいとか、やっぱりアイツと馬が合わないとか、そういう問題が後から出てくるもんだ。

 さて、こうして集まった追加の仲間達だが……よいね。特に声が良い(いつもの展開)。あけこのキャラは1話目から登場していたが、あの絡み方からこういうキャラだとは全く思っていなかった。普通に考えたら敵対するくらいの存在だと思うわな。強烈な二面性を持つキャラクターはいかにもあけこらしいキャスティングであるが、この子も昔はもっと可愛らしい路線で売ってたんですよ……たくましくなったなぁ。そしてもう1人、イラストレーターの方には「エロゲに興味があります」という耳年増な設定がよく似合う声(桜才学園調べ)。こちらはあけこが捨てた(?)可愛らしい路線を未だに誇示しているお方です。まぁ、実際はこのメインキャスト陣で最年長なわけだが……大丈夫、「頑張れるまでは頑張る」路線らしいから。最近はパイセン・ぴかしゃと桜才学園生徒会メンバーがことごとくゴールインを果たしているわけだが、この婚活のビッグウェーブに乗り切ることが出来るのか。はたまた永遠にみんなのアイドルのポジションを守り続けるのか。しゅが美劇場に注目が集まる。

 なんか中の人の話しかしてない。まぁ、それだけ追加キャラも面白そうってことですわ。約1名、リア充だのスイーツだのの言葉に爆発してた危険思想の持ち主もいましたが……(そういやこっちの中の人も最近結婚してるな)。なかなか充実したメンバーなんじゃないですかね。あんな理由だけでほいほい採用しちゃう黒田さんもどうかと思うけど。その黒田さんはこれだけ濃いキャラが出てきてもしっかり自分のスタンスを貫き、何とも妙な安定感でキャラを守っている。この人は間違いなく変だし、オタクが毛嫌いする「いかにもオタクをテンプレ化したような物言い」が目立つキャラなのだが、不思議とあまり嫌悪感は湧かないんだよな。根が素直そうだからかな。主人公が典型的なオタク突っ込みとかで鬱陶しい絡み方をしないのも案外重要なポイントかもしれない。

 次回以降はいよいよ実際の作業に入るんでしょうかね。ここから先の各キャラの絡みは「お仕事もの」になるのか「学園青春もの」になるのか。ま、どちらの要素もあるんだろうけど、そのあたりの配分が今後のストーリーの盛り上がりを左右するんじゃないかね。

拍手

 ん? 犬は? 犬はなんで呪われてたの? 第5話。解決編だから色々すっきり出来るだろうと思ってたんだけど、なんか、思ったほどでもなかった……。

 先週は問題編、というか謎を全部叩きつけてくるだけの展開だったので感想の書きようがなくて、今回まとめて書けばええやろ、って思ってたのに、色々と思ってたのと違うことに。まー、全部憶測ばかりで進む一種のアームチェアディテクディブなので、そこに端正な解決ばかりは望んじゃいけないのかもしれないけども……いや、でもやっぱり流石に詰め込み過ぎたんじゃないかな。視聴者側から観てて、前半パートで出てきた全部の要素について疑ってかかってたら消化しきれなくなっちゃったんだよな。

 今回一番腰が砕けたのは、依頼人(?)の藤岡が「うちは短命な家系だ」と言っていたことも謎の1つとしてカウントされていたのに、実際の答えが「まぁ、血液循環系に遺伝的な特徴があるから、確かに短命ではあるな」っていうド直球の答えだったこと。いや、それマジで呪いみたいなもんじゃないですか。藤岡さんの言ってたことは全部あたってるんじゃないですか。「Q.男だけが早死にしてたのは何故?!」「A.男の方が生物学的にストレスに弱いから、循環器系の疾患が致命傷になりやすいからです」。つまり、まとめるとやっぱり「藤岡家の男性は生まれながらにして死にやすい、短命の呪いにかかっている」でファイナルアンサーだよ。「分かっていれば対処のしようもある」って言ってるけど、投資で失敗してどん底人生を歩もうとしてる人間に「ストレス抱えないようにすれば大丈夫です」って無理な相談だよ。いくら嫁さんが良い人でも限度があるよ。むしろ嫁さんが良い人過ぎるからますます罪悪感からストレスになる人間だっているんだよ。多分藤岡はそういう奴だよ。大人しく保険金せしめるために死なせてやった方が良かった気がするよ。

 今回ロジカルに解決された部分といえば絵の毒素の部分くらいだが、それだって櫻子さん目線から「推理」するのはちょっと無理があるよね。いわば思いつきレベルだ。そして、今回櫻子さんが「ひっかかる」と言っていた絵の鑑定人の話も繋がりがよく分からん。結局、藤岡は誰かに殺されそうになってたってことなんだよね。でも、それは本人も死にたがってたからなんだよね。それってWin - Winの関係じゃないのか。そして、その「藤岡を何となく殺そうとしてた奴」がいたとして、そいつは「不安から自殺させたかった」のか、「絵の毒で不慮の死を迎えさせたかった」のか、どっちだ。どっちでもよくて、単に「自分のせいで人が死ぬ」という事実が欲しかっただけなのか。少なくとも藤岡を殺すことで経済的な利益を得る人間は(奥さんを除けば)いないだろうし、そんなふわっとした理由で殺意に発展されても、観ているこちらとしてはついていけないよな。なんだろう、もう少しだけでいいので、一本縦軸が欲しい。5話まで進んだ現時点で、櫻子さんの依って立つところすらはっきりしてないんだよなぁ。もう骨とか死体とかにこだわるのは諦めたし、「日常の謎系だけどふんわり殺伐」っていう中庸の路線は決して悪くないと思うので、「ここさえ観ていれば安心」みたいな芯が欲しいのよね。ここからクライマックスに向けて、そういうものがあればいいんだけどね。完結した作品じゃなさそうだし、あんまり多くは望めないかな……。

拍手

 だからいちいち題材が重い、第3話。2話目では育児と虐待の話、そして3話ではその逆を行って老人介護の話。もう、人生は生まれてから死ぬまで試練の連続ですわ。個人的にはDVは全然身の回りに関係無かったのであくまでも「小説の中の話」だったけど、祖父母が痴呆で介護云々は割と身につまされるのでさらに胃が痛い。

 さて、そんなトピックを扱った今回のお話であるが、やっぱり、微妙に既存の「骨を扱うお話」とは焦点がずれている部分が気になる。上手くすればそこが今作の最大のアピールポイントになるのだろうが、小説の骨子としてはいかほどのものであろうか。まず、骨を通じて得られた情報は、今回「年齢」「死因」程度のもの。つまり、櫻子さんが後々鴻上さんに話して聞かせたお婆ちゃんの事件の顛末は、ほとんどが「骨の情報」以外の部分から勝手に櫻子さんが類推したものである。そして、例えば「お婆ちゃんが崖の上に登ったのは朝日を見るためだった」なんていう事実は、普通に考えるとあの場所で類推して分かるものではない(作中では、あくまで崖の上からでないと木々の間から景色が開けないように見える)。もちろん、死体発見当日に櫻子さんがその辺を嗅ぎ回って知っていたのかもしれないし、必要な情報を全て視聴者に伝える義務も無いのだが、そのあたりで「櫻子さんが真実を知ることが出来る理由」がはっきり分かっていないと、いわゆる「ミステリ」的作品としてはもやっとしたものが残ることになってしまう。本作最大の見せ場であるはずの「骨の云々」についても扱いがあまりに小さく、櫻子さんは「泣いたら水分を補給しなさい」とか、「お婆ちゃんは朝日を浴びてセロトニンを分泌させて元気になろうとしたのかもしれない」とか、科学的な知識を大胆に拡張して日常生活に当てはめるトンデモサイエンスの請負人になってしまいかねないのである。

 まぁ、作品としては「トンデモ科学マインドの櫻子さん」というキャラだけでも成立しているし、そこからシナリオ面できちんと「それ用」の舞台を用意してあげられれば充分輝けるとは思うのだが、なんか、事件のデザインが、いまいちしっくり来ないんだ。日常の謎というには多少血なまぐさい部分はあるが、まぁ、血に飢えた殺人者なんかはいない(前回除く)このお話は、一応日常の謎に分類して良い作品だろう。そうなると、通常のミステリの「犯人が分かる」というカタルシス以外に、何か別の「オチ」を用意しなければいけない。言い換えれば何か明確な「謎」を用意し、「解決」が無ければいけない(全ての作品が必ずしもそういう制約を持つわけではないが、30分で山を設ける必要があるアニメシリーズでは必須と言ってしまっていいだろう)。今回のお話の場合、謎は「お婆ちゃんは何故山に登ったか」であり、解決は「朝日を見るため」であった。そしてこの解決には意外性は全く無い。警察が「自殺だった」と鴻上さんに告げるシーンすら無いので、視聴者の頭には最初からそんな考えが生まれず、どんでん返しにならないからだ。「何で死んだんやろ?」→(櫻子さんが何でそのことに気付いたかははっきり分からないけど)「事故やろ、お婆ちゃんも頑張って生きようとしてたんやで」と言われても「せやろな」と言えばおしまいなのである。これではちょいと盛り上がれませんよ。普通、こういう「些細な謎」はそこに辿り付くまでのプロットで見せてくれるはずなのだが、残念ながら櫻子さんが結論に行き着いた方法が分からないためにそこでも納得が生まれない。つまり、この作品では「謎と解決」で楽しむ方法が無い。

 となると最後は、鴻上さんのお婆ちゃんへの思いを描いたホームドラマとしての側面がクローズアップされることになる。お婆ちゃんの生き様、信念を知りたかった鴻上さん、そして真実を知って新たな生きる決意を持つ鴻上さん。それだけでもドラマとしては充分だ。ただ、その部分もあまり描写として力点が置かれてないんだよね。視聴者側には「鴻上さんとお婆ちゃんの関係」を認識するシーンが一切無いので、ラストシーンで朝日の丘にお婆ちゃんの幻影が現れても「こんな顔やったんか」と初めて分かるくらいのもので、「鴻上さん、良かったなぁ」という気持ちは起こらない。そもそも、最初に鴻上さんが正太郎のところに話しかけてきた意味も良く分からない。警察って死体を発見した目撃者の情報なんてわざわざ遺族に教えるかな。教えたとして、「死体見つけてくれてありがとう」って、言われた方も重いやろ。どんな心境だったんだ。

 うーむ、なんだかやりたいことは分かるのだが、尺が窮屈なせいでやりたいことが描ききれてない感じがする。理で見せるにしろ情に訴えるにしろ、もう少し掘り込んだ描写が欲しいものだ。骨の作画とか、ビジュアル的な部分では本作独自のセールスポイントがはっきりと意識されていて面白いので、筋立て部分がもう少し訴求力を持てばかなり印象が変わると思うのだが……。

拍手

 デレ方適当! 第3話。天花寺さん、ちょろ過ぎやしませんかね。

 大体突っ張って見えるやつってのは動物に優しいもんだからね! いや、でもあのキャラなのに飼い猫と別れることが出来ずに規則違反してまで猫を囲ってるのってどうよ。天花寺が学校いってる間、ダヴィアンずっと1匹で狭い部屋にいなきゃいけないんでしょ? なんか猫も可哀相だし……。さらに部屋で飼ってるっていう事実が発覚したとしても、初日に那雪が聞いた「強めにした方がいいのか? んん?」みたいな台詞はフォローしきれないと思うんですけども……。いや、猫好きって目の前に猫がいると人格変わるからな……。

 非常に分かりやすいテンプレツンデレになってしまった天花寺さん。阿漕な可愛らしさが圧倒的野暮助感。もう、多分今後こいつ大したことできねぇぞ。せいぜい星谷が他の連中を籠絡してる間、回りでぎゃーぎゃー文句言うくらいの仕事しかしないぞ。ある意味すげぇ美味しい役回りではあるのだが……最初からこのアニメは天花寺中心に回ってた感もあるからな……。

 当然、今回のハイライトは公園で途方に暮れた天花寺が何故か突然猫に向けてラブソングを歌い始めるところです。そこで歌うのかよ、っていう。

拍手

 この字面のシュールさ、第2話。楽しみやなぁ、死体。




 救われねぇお話である。「骨」がテーマになる本作はなかなか「氷菓」のように日常の謎でお茶を濁すわけにはいかないのだろう、今回もきっちり死人が出るお話だし、なおかつ、そのシチュエーションも子供が不幸になるお話なので非常に後味が悪い。せめてもの救いはいいちゃんもその弟も命があり、未来があるという櫻子さんも必死に訴えていた希望だけだが、あの子の将来を考えると、どうしたって鬱々としてしまうだろう。おふくろさんは「末期に子供のことを考えた」という流れになっていたが、家庭の安全を考えるなら、旦那がラリって襲ってきた時点でまず警察に電話だよな。実際には警察を呼んでも間に合わなかっただろうけども、あそこで電話する選択肢がなかった理由はそうした判断ではなく、「虐待の事実がばれるから警察を呼べない」という心理が働いたためだろう。そう考えると、やっぱりあの母親も文句無しでクズなのである。子供は親を選べないからなぁ。恵まれた家庭に育てられた人間は親にずっとずっと感謝しなければならないのである。

 まぁそんな道徳の話はおいといて、今回のお話は1話で登場した櫻子さん、主人公の正太郎といった面々の立ち位置を確認してこの世界の基本設定をマスターするためのもの(まぁ、正直いうとクラスメイトの女の子の立ち位置はいまいち分からんが……単に便利なサブキャラ?)。櫻子さんという人がどういうモチベーションで動く人間で、正太郎との関係性は現在どうなっているのか、そのあたりが事件を通して分かればOKだ。外見などからもっとクールな人かと思っていた櫻子さん、意外にアツい部分もあり、抱えている過去も色々ありそう。一番意外だったのはいいちゃんが家に来た時に最初は嫌がっていたけど思い直して招き入れたシーンだろうか。あの時点では剥離骨折に気付いていたわけではなさそうなので、怯えているいいちゃんを見て純粋に善意から招き入れたと考えるべきだろう。なんだかんだでけっこう優しい。正太郎の方は、1話での印象そのままの「よくいる、ラノベ主人公の単なるいいやつ」っぽい。一応武術の心得もある、なんて設定は追加されているが、あのシーンも内海警官が助けてくれなかったら命が危なかったわけで、主人公としてはいささか頼りない。まぁ、ここから少しずつ男の子として格好良い部分を見せていけるかな? 

 櫻子さんの設定でまだ消化仕切れていないのは、彼女が単なる「骨の専門家」ではないらしいところ。今回の事件、骨とか解剖学の知見が関係してるのって剥離骨折のくだりだけだからね。現場に踏み込んでからの推理劇(推測劇?)はそれ以外の洞察力の現れである。まー、単純に「有能な探偵」キャラという認識でいいのかな。その割に、推理スタートのバンクが「大量の動物の骨が押し寄せる」っていう演出になってるので、なんだか座りが悪いんだけども。やたらと画面が綺麗で見入ってしまうので、そのあたりはあまり気にしないでいいのかしら。

 ちなみに、今回いいちゃん役を演じていた須藤風花というキャストは当然のことながらリアルロリであった。アニメキャストにリアルロリっ子が参加すると、「この子は将来声優になるのかな? やっぱり女優さんになりたいのかな?」とか勘ぐってしまいます。諸星すみれルートを歩む若き精鋭が増えるといいなぁ。

拍手

 だから挿入歌なんなのさ、第8話。いや、前々からあかんと思うタイミングは何度もあったけども。やっぱりいらんわ。どういうしがらみで毎回毎回雰囲気の合わない挿入歌を入れねばならぬのやら。別に曲が悪いってわけではないのだから、余計なところに入れずに別なところでプロデュースして下さいよ。アーティストさんが逆に不憫だわ。

 さておき、今回も話数シャッフルによる構成変更が大胆に行われている。Aパートの「カレーを作ろう!」は原作第2巻だが、Bパートの「地球を救おう!」はなんと6巻である。随分飛んだなぁ。それだけ飛んでも別に齟齬は生じない……わけではなく、本来なら間に入るべき明里ちゃんのお料理教室エピソード(委員長が実は料理の天才であることが判明するお話)が抜けているため、強引に委員長にチョコレートケーキを作らせて、それを偶然通りかかった校長に食べさせるというエピソードを追加している。これによって一応校長の行動にも理由付けは出来るのだが……突然校長がチョコを求めて暴れ出すのはかなり不自然な展開になってしまっており、わざわざ話数をいじくり回した意味はよく分からない。また、校長が委員長の料理を食べて言葉っ足らずな食レポをする(単に美味い美味い言うだけの)ネタはお料理教室の回でふんだんに仕込まれるはずのものなので、それ無しでいきなり校長が3人の料理を食べて反応するのはなんだか準備不足の感があるのだ。まぁ、これも原作読んだ後だからそう思うのかもしれないけども……アニメ初見の人はどういう風に見るかなぁ。「結局委員長は料理が上手なの? 下手なの?」っていう部分がすごく分かりにくいんだよな(まぁ、実際原作でもぶれてしまったところだからね)。

 結局、Bパートの下準備の意味合いが強いためにAパートはなんだか話の構成がちぐはぐな印象。まだ登場して間もない獅穂がボケよりも突っ込みに回って腰が引け気味に見えてしまうのもなんだか勿体ない気もする。ただ、その分Bパートの勢いは原作にも増して随分賑やか。アホらしさが増せば増す程に輝いてくる作品なので、こうして突拍子も無いことをやってくれるお話の方がアニメにしたときの馬鹿馬鹿しさが映えるのだろう。明里ちゃんがよく見せる悪鬼羅刹のような形相も、アニメで動かしがいのある部分だろう。こういうところでもっとオリジナリティを出していけばアニメならではの付加価値が生まれると思うんだけどねぇ。

 今回は(アニメ版)明里ちゃんの株が上がった回だったかな。えみつんの声はあんまり印象に残らないかなぁ、と思ってたんだけど、悪鬼モードの明里ちゃんはなかなかに気合いが籠もっていていいキャスティングだったんだということが認識出来た。逆に、校長役のM・A・Oについては、すごみがかったシーンでの演技がちょっと辛そう。元々校長の地声(?)をかなり可愛い方に寄せているので、その基本線を維持しつつ怖い方向に持っていってくれ、ってのはなかなかの難題だ。まー、可愛いところが際だてばそれはそれでいいのかもしれんけども。とりあえず、終わった後に喉ガラガラになりそうやな。2人ともお疲れ様です。

拍手

 朗報、「痴女」OKだった、第6話。いや、OKだから何がいいってわけでもないのだが、これで凜ちゃん登場時にもスムーズにお話を進めることが出来るね!

 獅穂との出会い編。基本的には原作準拠の進行であるが、委員長の挿入のされ方などが微妙に異なっている。こうしてみると、やっぱりアニメは白神さんと委員長のダブルヒロインの路線を強く推しているようだ。折しも原作の方は現在獅穂のポジショニングをめぐって壮絶な展開になっているため、このアニメとの温度差はなかなか興味深い。まぁ、どう転んでも獅穂が第一ヒロインの座にまで上がってくることは無いのだけれども。ニセコイでたとえるなら誠士郎の位置取りだから(そうか?)。

 数あるモノノケ連中の中でもダントツでキャラが濃いのが獅穂である。何しろ獅穂単体、獅狼単体でも充分濃いのに、それが行ったり来たりするのだから2倍のキワモノになる。シリーズ後半になると獅狼の出番は少しずつ減っていくが、それでも後から追加される属性のおかげで決して影が薄くはならないし、本作内では貴重な「朝陽本人とのBL要員」ということで(??)ちょいちょい美味しいポジション(本人的にはとんでもないポジション)を任されることも。前回、登場シーンでギャグが一切無かったためにちょっと不安だったが、今回安定したネタ回しっぷりを見せてくれたので一安心だ。獅狼って実は割と素直で特に大きな欠点も無い性格の「普通の」奴だったりするのだが、獅穂が関わってくるせいで勝手に変態属性がついて回り、非常に損な役回りをさせられている可哀相な奴だったりもするのである。

 ちなみに、獅穂のCVはなんと内田彩。実はキャスト発表の時に一番心配だったのがここである。他の面々についてはまだイメージ出来るが、うっちーのセクシー演技って今まで一切聞いたことがなかったし、どっちかっていうとコワレ系キャラの印象だったので、作中でボケ倒しながらも割と鷹揚に構えている獅穂のイメージに結びつかなかったのである。聞いてみれば、そりゃま、これはこれでいいかな、っていう感想になりますけどね。元々白神さんも委員長も、原作読んでた当初よりも高い声でキャスティングされたので、今更獅穂が多少高くても違和感はない。正直委員長×水瀬いのりほどのかみ合わせにはなってないとは思うんだけど、うっちーだってそろそろこういう役を任されてもいいくらいのキャリアは積んでるからね。あのアスクールがここまで来るとはなぁ。

 これでクラスにホノカチャンとことりが並んだわけだが、ここからの追加はありません、あしからず。

拍手

 最近は原作読んでても委員長の声はちゃんと水瀬ボイスで再生されるようになりました、第5話。やっぱりこの娘は委員長の気質にきっちり合ってるんだよな。白神さんも別に問題は無いんだけど、自然な再生まではもうちょっと時間がかかるかもしれません。

 ここまで随分話数シャッフル(というか再構成)が続いていたが、今回はようやく2巻の話まで戻ってきた。だいぶ気をもたせたが、これでようやく獅狼・獅穂の登場に繋がったわけである。獅狼のCVはこれまで発表されてなかったが、うん、あんまり知らない人だった。なお、源二郎君は個人的にはCV銀河万丈イメージで見てたのだが、今回ついに声がつき、CVは小山力也だった。なんか、最近力ちゃんが便利に使われすぎてる気もする。まー、出身を考えれば関西弁キャラには合ってるはずなのだが、力ちゃんの関西弁がなんか胡散臭く聞こえるのは、多分本人のキャラクターのせいだろう。

 今回、遊園地にいくBパートは割と原作に近い進行だったので特に注目すべき部分は無いのだが、ラストの親父さんと獅狼のやりとりが本当はネタ含みだったはずなのにシリアス一辺倒みたいに見えたのはちょっと雰囲気が変わるので気になるところ。いや、別に来週になれば獅狼もネタキャラだってことはすぐに分かるから問題ないんだけど。ひょっとしたらアニメはこのまま源二郎君を「厳格な父親キャラ」のままで維持するつもりなのだろうか。流石に里帰りエピソードまでは進まないと思うので、多分扱いはこのままだろうなぁ。

 そして、Aパートの日焼け云々の話は、まとめて白神さんの弱点(?)をざっと紹介する構成になっており、矢継ぎ早に吸血鬼の弱点が突きつけられる話の展開なんかはB級アニメ感が半端じゃない。なんか、こういうところで微妙に話の作りが安っぽくなってしまうのが残念なところである。原作では嶋が出てきて色々やってくれて、白神さんが「イラッ」とする表情が可愛かったのだから、そのまま嶋を使っても良かった気がするんだけど。ひとまず、このエピソードで重要なのは、「委員長が順調にポンコツ感を増している」という部分である。まぁ、そこさえ分かれば特に問題は無いですよ。

 次回は獅穂との絡みで1話使うかな。エロスをどの程度押すことが出来るかが見ものである。

拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
5
13
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/18 Serra]
[07/17 名無し]
[07/11 Alessi]
[07/09 Serra]
[07/02 社畜ボトルネック先輩]
バーコード
ブログ内検索
カウンター