忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1] [2]

 キョンって原作でもこんな朴念仁設定あったっけ? 第5話。割と「分かっててスカしてる」感があったと思うんだけども、こちらの世界はギャグ強めだからどうしても当たり障りのない性格になるな。

 毎度「うん、今週も可愛かった」というだけで終わってしまう作品なのでなかなか1話1話で差分を取りにくいかと思っていたのだが、きっちりドラマのメリハリがあると原作以上に盛り上がる場合もあるのな。今回は長門の性格がアレなので結果的には何も残らなかったような終わり方に見えるが、やっていることは割と刺激的。こちらも原作ではなかなか正面から楽しむことは出来なかった「キョン・長門・ハルヒの三角関係」がたっぷりと堪能出来る。この辺りはきっちりタイトルに「消失」と題しているだけのことはある。原作とはっきり違う要素としてはハルヒの立ち位置が非常に秀逸で、まさに「世界が違えば私がこいつと付き合うこともあったのかも」というくらいの絶妙な振れ幅が孤高のツンデレヒロイン涼宮ハルヒのキャラをしっかりと守りながら新しい魅力に繋がっている。何ともいじましいポジションなのだが、そのはけ口として小泉に全部流れていくのも何か笑えるのであんまり悲壮感はないんだよな。元々ギャグで始まった漫画だったとはいえ、完全にネタの落としどころとしてのみ機能するようになった小泉が不憫といえば不憫ね。いや、本人は楽しそうだからいいんだけども。

 そして、今回確認出来た特筆すべきポイントは、「メインヒロイン」の座を争う群雄割拠の趣きである。もちろんメインヒロインは長門だ。タイトルにそう書いてあるんだからしょうがないし、実際に長門はあざとすぎる程の萌え要素をてんこ盛りにしているので非常にお手軽にポイント稼ぎが可能である。それに対抗するのが上述の通りのハルヒであり、「元メインヒロイン」としての経験値を存分に活かして正面から「対抗馬」の仕事をこなしてくれている。

 そして、今回はそれに加えて朝倉涼子という甲斐甲斐しいヒロインが一気に上がってきた。朝倉さん、これまでは無条件で長門に尽くすその献身的な姿勢が着実に下地を作り上げていたわけだが、今回はその人間性の真正直さがアピールされ、1人の女性としても充分に魅力的であることが伝わってきた。キョンに対して気がないので恋愛ドラマとしては一切絡んでこないが、それでも彼女が人間的に素敵であることは疑いようが無い。全くぶれない太眉ヒロインは、何かきっかけがあれば舞台の中心に躍り出てもおかしくないスペックなのである。うーむ、このまま朝倉涼子の憂鬱がスピンオフで出てくる未来もあるかもしれないぞ。

拍手

PR

 森さんの中の人変わってるのかよ、第3話。突然小見川の声だったので「あれ? ハルヒでキャスティングされてたんだっけ?」って思って調べたら、森さん役で前任だった大前茜が声優業を引退してるのね。よかったなおみんちゅ、仕事増えて。

 今期は正直言うとあんまり感想書きたいなー、って思う新作がないのでちょっと悩んでるのだが、そんな中で今回いい感じでインパクトが強かったのがこの「消失」。やっぱり素直に面白いし可愛いので、非常に精神衛生によろしい作品。特に激しいネタ回しは無くても長門が可愛いというのが確認出来るだけでも文句は無いのである。その上で加えられる刺激というと大きく分けて2つ。1つはやっぱり「懐かしさ」。製作会社が変わってしまったとはいっても、きちんと旧作「ハルヒ」要素を踏襲して作り込んでくれているのは嬉しい部分。オープニングもはっきりと「ハレ晴れ」を意識して作ってるのが面白いよね。タイトルは「フレ降れミライ」、歌詞も色々と重ね合わせが多い。いや、オープニングならハレ晴れじゃなくて「冒険でしょでしょ?」の方をモチーフにするべきな気もするんだけど、話題性ではやっぱり「ハレ晴れ」の印象の方が強いからねぇ。他にも劇中音楽は元のものが流用されているし、絵柄の雰囲気は変わっていても、背景とか舞台設定はほぼ京アニ版から受け継いでる。単にそれだけでも懐かしい。

 そして、そこにプラスアルファを刺激として加えてくれるもう1つのポイントは「変化」になるわけだよね。今回改めて気付いたのはみくるの髪の毛の色とかなんだけども、それよりもはっきりと「パラレル」を感じさせてくれるのはハルヒのスタンスかな。たとえ別作品であってもハルヒのパーソナリティってものは基本的に変化しないのだが、「あのときのままのハルヒ」が、キョンや長門たちとの関係性を変えて接してくれる微妙な変化が楽しい。元の設定ではあそこまで正面切って鶴谷さんと対決することもないし、小泉の扱いの悪さなんかも消失設定での「2人だけの仲間」としてのハルヒ・小泉の関係があって初めて形成されるものだし。ベースとなるのが「長門・キョン」のペアなので、そこにスパイスとして加わってくるハルヒっていうスタンスは、元々の世界のように「こいつ、ヒロインとしては本当に腫れ物みたいな存在だよな」というピリピリした感じがないんだろうな。長門が良い奴なのでハルヒがどんだけ引っかき回してキョンにちょっかい出しても空気が悪くならないのも安心。みんなに優しい世界。

 それにしても、やっぱりハルヒってキャラはエネルギーがあるよなぁ。久しぶりに本格的なハルヒを見たけども、平野綾というハマりキャストと出会った幸せもあって、今でも色褪せないパワーがある。そしてまんべんなくエロいんだよな。アニメヒロインとして必要なものは大体持っている。そりゃ一時代を築いたのも分かるってものよ。そして、今作では長門がそれを超える必要があるわけだね。それが可能な長門もすげぇや。

拍手

 天下の沢城大先生になんてことさせやがるんだ! です! 第11話。いいぞ! もっとやれ! 歌入れのレコーディング終わった後にみゆきちがどんな顔してブースから出てくるのかが凄く見たいです。

 今回は掛け値無しに面白かった。基本的に、転機となった4話時点で「このアニメ、頭脳戦とかゲームのルールとか真剣に考えたらアカンやつや!」というので見限った部分があり、その後も幾度となく「だからどうしてそうなる」と唖然としたこともあるのだが、今回のように、頭で考える要素を極力廃し、画面の魅力とキャラ萌えのみに徹底的に落とし込んでもらえるとこのアニメは面白い(一応頭脳戦っぽいこともしてることはしてるが、そっちは突っ込まない)。ことに白の活躍が前面に押し出されていると素敵だが、ステフのオフ気味の一人コントとか、ジブリールの外し気味のメタネタとか、そういう部分では割としっかり笑いがとれる。まぁ、やっぱり「キャラ可愛い」ってことになってしまうわけなのだが……今回はそれでいいよね。ほぼ全ヒロインがフル回転だったものね。冒頭、秋葉の街で途方に暮れてる白のへちょ顔が最高。

 そして、今回は縦横無尽に飛び回るアクション面での描き方が凄まじい。町並みなどが3Dで描写された中での、何でもありの銃撃戦がメインなわけだが、構図の取り方とか、モーションの見せ方が本当にお見事。今作は浅香さんやら池端さんやら、画面作りの上手いクリエイターが色々と魅せてくれていることも重要なポイントで、今回の見事なコンテワークは一体どこの誰なんだろうと思ったら、なんと3D畑がメインのクリエイター。藪田修平氏という方だが、どうやら「進撃」の立体機動なんかでも腕を見せてくれた「3D職人」と言える人のようである。久しぶりに一目で惚れ込める良い仕事だった。こういうところはホントに恵まれた作品だなぁ。

 あと、個人的なオススメポイントは冒頭の麦人さんのアツ過ぎるゲーム紹介ね。麦さんは本当に何をやらせても素敵ね。久しぶりに全力で笑わせてもらいましたわ。ホントに恵まれた作品だなぁ(2回目)。

拍手

 ( ゚∀゚)o彡°日笠! 日笠! 第2話! これやで、この勢いこそがぴかしゃイズムやで!

 おぅ、おもろいやんけ。主に日笠リアクションが。「世界を定めし盟約にしたがって、本人の意志とは関係無く敗者が勝者に惚れる」なんて設定はどう考えてもエロ漫画でしかなく、「そんな簡単に精神構造に影響が出る世界だったら、どう考えてももっと殺伐としてるし、こんなアホがのうのうと過ごせるわけないだろ」とは思うのだが、もう、ステファニーさんの実にいいリアクションを見てると設定なんてどうでも良くなってくる。どうせこの手の「大天才が機知だけでのし上がっていくよ!」設定はどれだけ作り込んだとしても限界はあるわけで、あんまり細かいところまで深く考えすぎない方が楽しさは見いだしやすい。最初のじゃんけん勝負にしても、「結局じゃんけんなんだからどんだけ詭弁を弄しても最終的に三択じゃねぇか」とか思っても、何となく主人公に箔がつけばそれでいいのだ。まさかここからいきなり限定じゃんけんで1クール使うわけにもいかないし。オープニングゲームで空の存在を示す分にはいい時間配分だと思うよ。

 そして、思った以上にアニメが楽しい。既に独特な色彩感は慣れたし、時折思いっきり崩したキャラ絵になるタイミングなんかがあるので、この異世界然とした不思議な演出も、絵が大きくぶれるのを和らげる緩衝材の役割を果たしている。そしてこの「ブレ」が非常に賑やかで、本当はこっ恥ずかしくなるくらいの中二設定な主人公兄妹が、恥ずかしさよりもギャグとしてのおかしさに見えるようになっている。離れ離れになって真っ白にフリーズした2人が実に愉快。これに松岡・日笠のテンション芸が乗っかるので、愉快さの相乗効果がたまらない。雰囲気だけでこのアニメを説明すると、「松岡!」「日笠!」「松岡! 松岡!」(茅野)「日笠ぁ!!」「松岡松岡松岡ぁぁ!!」「日笠ぁぁぁぁぁぁ!」(茅野……)みたいな感じ。いいなぁ、メインキャラたってるなぁ。白ちゃんが激しく可愛いのは、兄愛が溢れているのに寛容さとエロさを内包しているおかげ。いい11歳。ステファニーちゃんも負けてはいない。この子、しおらしくギャンブルで負けて泣いてかえってくるようなタマには見えないんですけどね。途中石仮面被ってましたしね。今期もぴかしゃキャラは当たりが多いよ!

 最初の敵キャラがゆかちってのも気になるところなんだよね。……さぁ、残念ファイブの結成はいつになるんだい?(RO-KYU-BUではないよな)

拍手

 戸松による、戸松のための第10話。中の人が明確なエピソードは視点が分かりやすいので楽です。実はこっそり付喪神の中身が中尾プロだったりもしました。本役の潤平妹よりも化け物の方が中の人に近い気がするのはどうしたもんでしょうか。

 6話以降添え物的扱いだった戸松双子だが、今回は久しぶりのメイン。土去年の作品の双子はコピーだの契約者だのと大変なことになっているが、こちらはいつも通りのダラダラ展開。一応変身シーンやらポッキーゲームやらアクセントを置く演出はしているものの、落としどころが「友達が出来て良かったね」っていう締めなので、「別にそんなエピソード望んでないんだが」という感想しか出てこない。いや、別にあってもいいんだけどさぁ、潤平の呪いとか、メインの三角関係とか、そういうものをもうちょっと本気で描写してくれた方が1つのシリーズとしてまとまると思うんだけどね。

 結論としては、ビバ戸松ってことでいいんじゃないでしょうか。郵便屋のおねーさんが完全にオチの人になってるんだけど、も少し出番増やしてあげて下さい。 

拍手

 絶対にその使い方は勿体ないだろ、と佐藤利奈に同情してしまう第9話。郵便屋のおねーちゃん、完全におまけ扱いじゃないですか……畜生、今作でキャラと同じで中の人も巨乳なのはりなっちだけなんだぞ。もっと出番増やせ。

 さておき、前2回は散々文句ばかり書き連ねていた気がするのだが、今回は割と普通に見られたのでちょっと気分も落ち着いた。ただ、相変わらずの雰囲気アニメなので、何が良かったのかはいまいちよく分からない。ゲストで登場したたてかべ和也が面白かったのか、演出に元永慶太郎氏が入っていたのが良かったのか、単に水着回だから良かったのか。いっつも思うんだけど、何でこの手のアニメ(漫画)の町って、でっかい屋内プール施設があるんだろうね。実際にウォータースライダーやら売店が充実した屋内温水プールなんて、それなりの大都市でないと利用できない気がするんだけど……ひょっとしてこれって田舎者のひがみ? まぁ、そりゃ現実には「露骨なヤクザが出入りするでっかい日本家屋」とか「風をひいたらお粥を作りに来てくれる幼なじみ」も存在しないけどさ。

 今回Aパートの見どころは、もちろん水着回。不自然な見せ方を自然にやってるので阿漕ながらもそこまでくどい仕上がりにはなっておらず、ツインテ双子も合わせると一応それなりのニーズに対応できるラインナップは取りそろえられている。一ノ瀬先輩は色気の欠片も無いのが凄いのだが、そこは中の人の自由過ぎる芸でお釣りが来る。肩に乗せた女の子の下アングル巨乳などというマニアックな画も入っており、何とか「ベタなものをベタなりに」という提供の仕方は悪くない。

 Bパートは、最近ないがしろにされすぎていた加奈子の久しぶりのターン。今回はきれいにフラグを乱立させていたので、意外にも加奈子エンドも視野に入ってきた(まぁ、原作が終わってないならエンドもクソもないけど)。考えてみりゃ双子Aと加奈子と、この作品は分かりやすいツンデレキャラが2人もいるんだな。被りまくってるやん。それでも生き残ろうとしたら、そりゃ加奈子も大変だ。でも、今回の彼女は甲斐甲斐しくて悪くなかったと思います。最大の難点は、加奈子も楓との友情を大切にしちゃうってとこかね。

 なんか、珍しく「もうベタなギャグとかいいから、普通にラブコメやろーぜ」という気になってきた今作。この後も、ダラダラとこんな感じで進むんでしょうか。進むんでしょうね。 

拍手

 このテキストも書くことが無いなぁと思っているとどんどんモチベーションが下がってきて、ついに挫折しかけている第8話。だって書くことって言ったら「一ノ瀬先輩(の中の人)がイカしてる」「ゆかち可愛い」「浅沼君はいい芸を手に入れた」の3点。それって毎回同じことなのよね。別につまらんとは思わんのだが、だからといってそこまで真剣に見るようなことも出来ず。中途半端な姿勢でだらだら来てます。

 不思議なのは、今期のアニメで割と「面白い」という評判を聞くのがこの作品なんだよね。あとはせいぜい「DTB」と「そらおと」「超電磁砲」くらいかねぇ。いや、悪いとは言わないが原作ファンの数では「超電磁砲」に劣り、アニメのぶっ飛び具合で「そらおと」に劣り、ガチ具合で「DTB」とは比べるのがおかしい。この作品はいかにも川口さんらしい、「緩いけどそれなりにまとまってて、それなりにダラダラみられる」レベルのもので、それこそ彼の過去に担当した「月面兎兵器ミーナ」とか「ハヤテ」とかと大して変わらん。個人的には馬鹿っぷりでは「ミーナ」の方が好きなくらいで。なんでそれなりの固定客を維持できてるんでしょうね。井口ファン、戸松ファン、画伯ファンあたりによるものなのか? よく分かりませんわ。

 感想? どうせ関西は一週間遅いから、関東圏で視聴してる人のブログとか見ればいいじゃない。

拍手

 「ナベシンか……」(「カワサキか……」と同じ発音で)としかいいようがない第7話。事前にナベシン回だっていう話は各所で耳にしちゃっていたのでね、なんか妙な先入観を持って見てしまった気がします。

 一応、個人的にはナベシンだからどうこうっていうつもりはない。この人の場合脚本、ネタ回しにアクの強さはガリガリ出るけど、別に画的な部分でそこまでおかしなものを書く人ではないし、今回のエピソードだって、正直本当に「ベタな」という印象しかない。「ベタな」という印象だけというなら、別にこの作品は毎回そんなもんである。でもまぁ、特に面白くはなかったよ……噂によるとアニメオリジナル回らしいのだが、オリジナルで入れてくる意味が全く見いだせないし、キャラクターたちの関係性をいじったらまずいという意識が働いたのか、楓のメンタル面が安定しておらず心情を追いにくい。一ノ瀬先輩がせっかく京都まで追いかけてきてくれたのに、冒頭の平家物語の謡いが一番面白いという出オチ状態。猫絡みのミッションもやたら散逸的で見にくいし……うん、まぁ、空気作品ならこんなもんかという気もする。

 基本的に1話と2話でレビューする作品を決めてるんだけど、この作品について今後も書き続ける意味があるのかどうか、甚だ疑問な今日この頃。代わりに「エリン」とか「花咲ける青少年」の感想に鞍替えしようか。「キルミンずぅ」も面白いよ。

拍手

 「ツインテールは好物」と言われても某地底怪獣の姿しか思い描けない第6話。新キャラ戸松が戸松で戸松。2倍の勢いで戸松だけど、やっぱりツンデレキャラの方が飛ばしやすいので向いているね。

 久しぶりに猫の方にもスポットがあたったおかげでわずかばかりこの作品の本筋を思い出すことも出来た気がするけど、この作品に登場する猫は割と人情味があったり他人のことを考えられたり、あんまり猫っぽくない。

 ということでやっぱり人間がメインになるわけなんだけど、今回は一ノ瀬先輩の出番があまりなかったので、特筆すべきこともあんまり無い。ツインテ双子もそれなりのキャラが立ってるし、次回以降もドタバタするといいんじゃないでしょうか。クロストーク部分でゆかちがなんて言ってたか知りたいんだけど、誰か抽出してくれる人いねぇかなぁ。 

拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター