忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。普段使ってるWordにほったらかしだったアプデかましたらフォントやスタイルがよくわからんようになった。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

 7月、すでに今年も半分が終わってしまった。そんな寂しさを紛らわすためか、東から、そして西からもいつも通りに奴らがやってきた。うだるような暑さの中で、さぁ、辞書を開こう。しかし、神経性の病で会社休んだ人間がこんなところで何をしているというのだろう。たほいやには精神病理学的な効能があると言われています(当社研究機関によるもので、特定の治癒効能などを謳うものではありません)。

 


拍手

PR

 奴がやってきた。突然奴がやってきた。何がしたいかよく分からないけど奴がやってきた。じゃぁ、広辞苑を開こうじゃないか。

 しかし、あまりに突然の襲撃を受けて、誰一人として相手をしてくれる人間は現れず、広辞苑を開くまでの展開は難航。日付が変わったところで必死に呼びかけを行い、なんとか心優しい人間を3人揃えて4人たほいやを開催することができた。なぁんだ、思ったよりもカリスマ無ぇな。いや、あったらそれはそれで困るんだけど。

 というわけで4人たほいやですので、出題者もダミー解を作成しています。つまり、奴は毎回現れます。奴を必ず含む4人ゲーって……つまりはかなりのヌルゲーなんですが……。

 


拍手

 南の御方がいらっしゃったのでとりあえず広辞苑を開きます。ただ、そこまで紆余曲折あったので開戦は深夜1時。例によって眠い。その時間にもかかわらず参加者は7人と多いのですが、なんとうち二人はほぼ新人というフレッシュな状況。広辞苑沼は深く暗いので気をつけような。

 

 


拍手

 何でこのタイミングで? 関東・中部から稀人来たれり。うん、あんまり稀でもないんだけどさ。このくらいの頻度で行うと重篤患者が放っておいてもよってくるので人数が多くなりがち。今回は遠慮から辞退する者も現れ、結果7人戦である。なお、みんな割と眠い。

 

 


拍手

 ゴールデンウィーク記念杯第2回。今回は集合人数の関係で7人戦。最近は4人戦とか5人戦が多かったので、一気に難度が増します。あと、「どうしようもねぇやこんなもん」っていう絶望感も増します。

 

 


拍手

 ゴールデンウィーク記念号。いや、でもよく見たらここのところ週1ペースでやってるやん。すごくない?(すごくない) 今回は西の人間が多く、半年ぶりの参戦となるレジェンドプリキュアおじさん(屋号)が参加して、いろいろ吐き出せたのか、そうでもないのか。まぁ、その後のカタンで絵に描いたような接待プレイができたからええか。

 

 


拍手

 先週もやったけど今週もやるそうです。ただ、連休初日であり、連絡もあまり徹底していなかったせいもあって特に人も集まらず、他のゲームを散々やった末に「まぁ、やっぱり広辞苑は開いておきますか」ってんでやや強引に四人で開催された(出題者もダミー解作成のパターン)。この人数な上にみんななんとかしてタイラントを降ろそうとするので、正答率が尋常じゃないことになっている。ある意味健全(?)なたほいや。

 

 

Round1・「もうじんけん」

1、モンゴル人文科学研究所の略称。

2、大正デモクラシーの標語。もっと人権をよこせの意。

3、盲人が打つ拳。双方同時に声を出してする。

4、日常的に意識にのぼらない、人々の有する権利を、目に見えず、軽んじられるものとした語。

5、人差し指のみを内側に折り込み、他の指は外に開いた形の拳。

 もう、(選択の余地が)ないじゃん。 ①どこにあるんだろうな(モンゴルだろうよ)。 ②「more人権」らしい。「もらえるもんはもろとけ」みたいな精神やめろ。 ③声を出してないと相手がどこにいるかわからないからね……って思ってたけど、正確にはこの辺を参照すればいいと思うよ。さらに掘り下げていくと学術論文にまでたどり着きます。興味がある人はこちらのリンク参照(PDF注意)。 ④「盲・人権」。 ⑤実際やってみると本当に何が目的かわからない形になります。「拳とは?」

 

 

Round2・「しゃちだま」

1、物に当たって銃弾の方向が逸れること。また、その銃弾。

2、転任の際、家族総出で移住する形態の俗称。一度家族とも。

3、キャベツの古和名。

4、獲物に命中した弾丸を抜き取り、貯めて、新しい鉛と混ぜて作った弾丸。これを用いると必ず命中すると狩人の間で信じられている。

5、(危機を察知すると冷えることから)肝っ玉。

 ①「これ何?」「あの、海にいるあのシャチのイメージです」「???」 ②「社地にかタマって行く」から。 ③多分「チシャ」からの発想なのではなかろうか。 ④補足すると、以前出題された「しゃちまつり」と同じ見出し「しゃち」の下位語で、「しゃち」はいわゆる海の幸、山の幸のこと。 ⑤散々悩んだ挙句に2枚の解答を作成し、最初に提出した方は出題者によってボツにされた結果こちらになった。ちなみにボツになった作品は以下。

6、(社畜を黙らせることから)パワーハラスメント。

 

 

Round3・「びれー」

1、(フランス)色の一。橙色に似る。

2、フランスの画家。自然主義者。植物や鉱物を素材とした貼り絵を多数作成。作「秒速五センチメートル」。

3、(登山用語)確保2に同じ。

4、ドイツの小説家。獄死。著「沈まぬナチス」「ハイル・ヒトラー」など。

5、フランスの劇作家。骨太で力強い演劇で知られる。作「花咲く都」「ノートルダムの女」。

 「美しいミレーのことだろ」「きれいなジャイアン的な」。 ②一瞬でも「もしかしてこっちが元ネタなの?」って思わせられたら勝ち。 ③禁断の、「他の見出し語の第2義以降を参照」パターン。かつて「にぎりぎんたま」で同様のチャレンジを行った奴がいた。ちなみに6版では掲載されていなかった第2義が7版で追加されており、期せずして第7版の新情報が手に入った形である。 ④とりあえず獄死させる精神。

 

 

Round4・「ゆとりめし」

1、水を多く入れて炊いた後、その湯汁を取り去り、再び蒸した飯。

2、(皇帝か、救世主か、の意)最大限に相手を敬い倒す語。

3、モーパッサンの短編小説。市民社会から逸脱した主人公を滑稽に描いた自然主義の傑作。

4、着物をゆったりと着ること。またそのさま。

5、水炊きに同じ。

 カップ麺のこと、ではない。 ①湯を取ってる飯。そのまんま。 ②「You Tsar Messiah」。これがシンキングタイムでちゃんと指摘される空間はやっぱりおかしいと思う。 ③これ、今気づいたけどほとんど「おんどまるとの」じゃねぇか。 ⑤「湯」と「鶏」で作った「飯」。

 

 

拍手

 悲しみの中タイラントを見送って以来なので、約一ヶ月ぶりの開催です。やっぱりシーズンが始まっちゃうと頻度はこれくらいが限界だし、全体的にモチベーションがなぁ。今回は幸いにして東西から罹患者が駆けつけてくれたので開催できた。というか、ぼちぼち我々の中でのたほいやが日々の遊興ではなくて単なる接待の催し物になりつつある気もする。疲れを隠しきれない社畜に「普段どんな仕事をなさっているのですか」との質問がなされたのだが、その回答は「Control+C, Control+V, Control+C, control+V……」という凄絶なものだったため、もう、排泄物レベルの所産だとしても、何かを生み出すということに飢えているのだろうなぁ、と本当に不憫になりました。

 

 今回は参加人数が少なく、場所もなかったために初の「カラオケボックスたほいや」となった。こうしてみると、たほいやも完全にドラフトと同じ末路を辿ってないか? (今回使った部屋、以前俺たちがドラフトやった部屋だぞ) 1セット目が私・財布先輩・社畜ダンサー・モラハラの4人戦(出題者もダミー解作成)で、2セット目は小タイラントを加えての5人戦である。

 

 


拍手

 春は別れの季節とや。ついにこの時が訪れてしまった。今回を最後に、二人もの熱烈なたほいや戦士たちがこの地を去る。彼らはどこぞのエセ九州人(今回もいる)と違って、もう、なかなか辞書をめくりに来る機会もないのだろう。せいぜい新たな生活の地で新たな辞書メイトを見つけることを祈るばかりである。そして、大きな人員の削減により、我々のたほいや文化もどのような変容を見せるのか。もしかしたら、このまま衰退してしまうのか。節目となるこの試合、大事にしていきましょう。…………ねぇ、大事にしてよ!!!

 

 

Round1・「わりばさみ」

1、切れ味のおちた鋏。

2、盆栽の技法の一つ。割り開いた枝にはさみ込むように接ぎ木する。

3、寺社建築における木組みの様式の一。

4、中国春秋時代の王。淋浴の間に刺客が入ることを恐れ生涯に渡り不潔を貫いた。

5、狂言。二つに割れた糸切りばさみの持ち主を訪ね歩いた太郎冠者が何の役に立つのか問われ、糸巻きも二つに割る。

6、物を高い所にかける時に用いるY字形の棒。

 そんなこんなでタイラントの出題は軽いジャブから。 ①悪りぃハサミ。 ④「淋浴」という謎の言葉が現れ、実際には単に「沐浴」の誤記だったわけだが、解答後に確認してみたら中国語ではシャワーとか、そういう水浴びを意味する言葉だった。もともと「淋」という感じは「水が滴る」という意味を表す漢字らしい。「知ってましたよ、わかってて書いたんですから」。 ⑥モノは分かるけど名前は分からないシリーズ。「まっそのとかきゅーれっとに続く棒シリーズですね」「いや、『まっその』はそれが正解じゃねぇからな」。

 

Round2・「ぺてーふぃ」

1、(「老人か若者である」の意)賢人。

2、生粋のサンクトペテルブルクっ子を呼んだ語。

3、スペインの伝道師。南米での活動の後、帰国の際に採ったペテーフィ航路で知られる。

4、(学生語)問題を矮小化する。

5、14世紀イタリアの建築家。ミラノ大聖堂などを設計。

6、ハンガリーの革命的国民詩人。自由と愛を歌った。解放戦争に加わり若くして戦死。

 もう、どこから触っていいのか全くわからない言葉。その結果、3人が当てた。多分他の答えが役立たずだったせいだろう。 ①なんかよくわからなかったけど「ギルガメシュ」の意味がこういう感じ?らしい。 ②言いにくいわっ! ④「petit-fy」で「小さくする」らしい。 ⑥まだ経験の浅い最年少の某氏だけは「革命的国民詩人とか言う書き方しないでしょ!」と驚いていたが、他の連中は「これが広辞苑やねん」。

 

Round3・「らら」

1、着物の下に着る肌着。

2、日本の小説家、詩人。本名、森羅々。小説家の森鴎外は父にあたる。

3、韜晦語の一。ほにゃらら。

4、アジア救済連盟の略称。

5、ララバイの略。

6、徳川乱破ランドの通称。

 2文字の出題はしんどいが、これはひときわしんどそう。 ①裸に羅(薄い着物)。 ②森鴎外の子供の名前が特徴的なのは割と有名な逸話だが、残念ながら羅々さんはいなかった。正解はこちら。 ③韜晦語って言う謎の言語ジャンルがあるのかどうか。「チョメチョメ」とかも韜晦語なんだろうか。 ④Licensed Agency for Relief of Asiaの略だそうな。日本を戦後は危機とLARA。 ⑤略さんでも。 ⑥どんなレクリエーションやアトラクションが待っているのでしょうか。「江戸城ミステリーツアー」とか、「シノビトリカルパレード」とかが見られるんでしょうか。

 

Round4・「みそごい」

1、三十路女の恋。

2、サギ目ミソゴイ科の鳥。クチバシから鼻頭にかけての黒い線が特徴的。

3、しつこい。

4、大便碁石症の専門医のこと。

5、→月またぎ。

6、→鯉こく。

 ①ほっといたれや。 ②調べたところ、サギは「ペリカン目サギ科」だそうです。そしてその近種として「ペリカン目サギ科ミゾゴイ」と言う分類の「ミゾゴイ」は普通にいました。鳥とか植物の名前は本当にわからんな。 ④まぁ、これの分からないレベルに比べればマシだが……。 ⑤「三十日越え」。 ⑥「味噌で食べる鯉」。

 

Round5・「わがいのちを」

1、フランスの作家カルドンスの小説。一人の男が信仰を捨てていくさまを描く。

2、樋口一葉の小説。夫を戦地に見送った妻が自死を決意するまでの心理を精緻に描いた。

3、ブラームス交響曲第三番の通称。ドイツ軍歌として用いられた。

4、聖句。Korta, el, fesの訳出。

5、伝説の姫倭寇、千代の異名。骸骨拳の使い手であったことからいう。

6[枕]ながにかかる。

 こう言う面倒臭い出題すると書記が苦しむ。 ①②過去の「なにをなすべきか」の例を参照すれば、こうして書名にするのが一番無難。 ③曲名もありやな。 ④何となく知らない言葉を引っ張って来たかったからここから拝借しました。 ⑤「倭・骸・の・千代」。誰だ、何だ、どうした。 ⑥枕詞でほとんどの文字数使っちゃうのってどうなんだろうな。

 

Round6・「ばいよん」

1、(四の二倍の意から)蜂の俗称。

2、ブラジル北部の民族音楽。四分の二拍子。

3、(「バイバイ40年代」の意)これから昭和50年代に突入するという決意の語。

4、中国の言語学者、思想家。中国哲学の名著に無許可で自分の思想を書き加え翻訳し、諸外国に散布した。作「論語・de・ロンゴロンゴ」。

5、西アジア発祥の二弦楽器。

6、多剤耐性菌の一種。毒素を産することはないが、体内で増殖すると危険。

 出題時に「そんな名前の遺跡なかったっけ?」という確認が入ったが、実際にそういうものもあった。ただしこれは別な「ばいよん」。 ①記念すべき最終問題でタイラントから票を入れられて、僕ぁ幸せだったよ。 ②どう考えても日本語じゃないのに四分の二拍子はずるいよな。 ③俺ら最近「バイバイ20年代」とかとかった記憶ないし。 ④これで終いやで! せめて僕らだけでも、正しい歴史を刻んでいくことをここに誓うのであった。

拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
5
13
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/18 Serra]
[07/17 名無し]
[07/11 Alessi]
[07/09 Serra]
[07/02 社畜ボトルネック先輩]
バーコード
ブログ内検索
カウンター