忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

 なんだこれ、なんだこれ、11話。

 いや、確かにもうわけの分かんねぇアニメだな、とは思ってましたよ。でもまぁ、ほら、そういう作風だと思うじゃん。近いところでいうなら「フリップフラッパーズ」みたいなもんだと思うじゃん。もしくは最悪「ぱすてるメモリーズ」みたいな世界観も考えるじゃん。でも、まさかの○○○○○○○だったとは。いや、どんでん返しとしてはベタな展開ではあるのだが、大事なのはネタそのものじゃないんだよね、どういう風に見せるかってことなんだ。まさかこんなチャーハンアニメが、こういう展開になるとは思わないじゃん。さすがにびっくりしたし、なんならちょっと泣きそうになったわ。10話もの間たっぷりと積み上げてきた姉妹の絆は伊達じゃないわ。

 ネタバレしないように書くと何がなんだかわかんないが、真面目にアニメを見てれば、報われる作品ってのはやっぱりあるもんやなぁ。

拍手

PR

 なんと素朴な英雄譚か、第10話。今時こんなにわかりやすく駆けつけてくれるヒーローっています? レゴシ、今時のアニメじゃなかなか見かけないタイプの主人公だよなぁ。

 前回は本当にドロドロとした闇要素ばかりが表出した回だったが、まるでその反動のように、今回は晴れがましい克己と発奮の物語。合間にハルの遺書公開が入ったのでその部分はややドロドロ気味ではあるが、一応彼女のアイデンティティを作り上げた成り行きを描いているわけで、それはそれとして受け止めてあげないと。

 今回触れるべきは3匹。まずはゴウヒンからにしようか。彼は闇市の監視人としてたまたまレゴシの無茶苦茶を見つけたから助けに来てくれたわけだが、そこから一度は見放すようなそぶりを見せて、それでも無鉄砲な若者を放っておけなくて助太刀に駆けつけた。以前出会った時の頑なな感じからはとてもそんなことをしてくれる輩には見えなかったのだが、やはりレゴシのあまりのまっすぐさに心打たれたということだろうか。彼がシシ組と表立ってぶつかってしまうと、今後の闇市のコントロールが難しくなる気がするけど大丈夫なんだろうか。

 そして、いざ駆けつけてくれたゴウヒンの強いこと強いこと。誰もが目を背けてしまうような超危険集団シシ組、数十匹のライオンのみで構成されてるというわかりやすい「武力」のチームであり、ノープランのレゴシ1匹でカチ込んだところでどうしようもなかったはずなのだが、なんと2人になったら一気にラストステージまで駆け上がれてしまった。「シシ組、意外としょぼいやんけ」という気もするのだが、それを可能にしたってことはゴウヒンのステータスが最強クラスだったってことなのだろう。まぁ、そりゃ犬・猫・熊って並べたら熊が強い……か? まぁ、とにかくそんな彼(+竹ボウガン)の力でこの世界でもっともデンジャーな組織もなんとかなってしまった。やってみるもんだね。

 そうして無事にお姫様の下へたどり着くことができたのがレゴシ。彼は本当にマシーンのごとくひたすら自分の目的に向かって突き進むな。これまでは色々と思い悩んでいたのでアクションが鈍かったが。いざハルとの関係をはっきりさせようと決めてからの行動は早い。そしてルイへの失望も彼のエネルギーに変わったのかもしれない。理知的なルイの真逆をいくかのように、何も考えずにただ動ける分だけ動く。シンプルな行動理念だが、今回ばかりはそんな考え無しの行動が正解だったということだ。ただひたすら匂いだけを追いかけるあたりがイヌ科。そのくせ群れじゃなくて単独で動くあたりが、もしかしたらレゴシのこの世界での「異質さ」の表れなのかもしれない。ちなみに、シシ組のチンピラに「お手をする」っていうくだりの罵倒を浴びせられていたけど、この世界で「お手」っておかしくない? 現実世界に置ける人間的な存在がおらんと「お手」っていう文化は生まれない気がするのだが……謎である。

 そして、今回の主役は何と言ってもハルだろう。彼女の自虐と諦観。「走馬灯は自分で作る主義」という初めて聞くポリシー。これまでの人生でも散々諦めを繰り返してきたという彼女だからこそ至れる境地なのだろうが、それにしたってとんでもねぇ脳内だ。少し前までの彼女だったなら、そのまま走馬灯を完走してすんなりとライオンの胃の中に収まっていたことだろう。途中まで、彼女自身も自分がそうなると信じて疑っていなかった。しかし、走馬灯を回していったらその中に明らかにおかしな異物が紛れ込んでいたという。英雄は2度くる。走馬灯と、現実と。レゴシの姿を思い出し、ハルの生き様は変わった。それは、「好きな相手」として思い浮かべていたルイにも実現できなかったちょっとした奇跡だ。小さなうさぎの、小さな夢が叶った瞬間だ。彼女の生き様はこの世界の理不尽の塊みたいなものなので全てを理解するのは難しいが、おそらくそんな理不尽な人生だったからこそ、ぶち壊してくれる相手にも同じような理不尽さが必要だったのだろう。無茶苦茶な相手を見つけてしまったハルが、今後どのようにして自分の人生に新しい「意味」を見出していくことになるだろうか。

 それにしても、「心を込めて蹂躙してあげよう」っていいセリフだよな……。土師さんボイスでそんなこと言われた日にゃ、おとなしく蹂躙される以外の選択肢は無いわ……。

 

拍手

 うわぁ〜、家族問題のバイキング形式や〜〜〜、第9話。いや、これまででもお腹いっぱいの家庭しか登場しなかったのに、まだまだ追い討ちかけてくるのかよ。途中まではギリギリ「まぁ、現代社会って家族の抱える悩みも多いからね……」くらいの感じで耐えられてたけど、流石にここまでくるとギャグじゃねぇかと思えてくるな。「1人1能力の仲間を集めて戦うタイプのバトル漫画」みたいな感じで、部員全員がそれぞれに違う種類の問題を抱えて勝負に挑む。ドメスティックバイオレンス青春テニスアニメである。なんだこれ。

 さーて今回の星合さんは、「モンペの親に責め立てられた結果精神崩壊」「末っ子が兄弟と比べられた結果親父に虐待されて怪我して出場停止」「後妻が実子ばっかり可愛がってるせいで連れ子はトラブルだらけ」の3本です。さらに既出の家庭の問題は1つも解決していません。すげぇラインナップだ……。こうしてみると「過去に虐待されてた」っていう雨野のケースが一番ましな気もする(今どうなってるか知らんけど、本人の様子をみる限りではそこまでひどくなさそう)。

 1本ずつ見ていこう。まずは前回登場して問題が加速していたモンペ家庭の月ノ瀬。母親に問題があることは昔から分かっていたことなので、なんとか折り合いをつけるべくなあなあでごまかしてきた部分があったようだが、あまりに苛烈な攻めに業を煮やし、今回ついに彼は明確に壊れた。ベッドに横たわる幼女を目の前に完全に目のハイライトを消してトリップしてしまう様子はマジで怖かったのだが、これまでのように「青春の痛み」とか「家族との戦い」ではなくて完全に自己に埋没するかのような症状が出てしまったので、それだけ病巣の深さが見えておっかない。これまで「なんとかやってきた」のではなく、「こんな状態になるまで放置してしまった」ってことなんだろうなぁ。狂ってしまう方向性に共感はできないが、そうなってしまうこともなんとなく理解は出来る。何しろ本人もよくわからずにやってしまっているのだ。あの状況で妹ちゃんを監禁したところで、そのうち露見して自分の「嘘」が暴かれることは自明なのに、後のことなど考えずに自分の世界に逃げ込んでしまっている。そこではただひたすら自分の利益のみが優先され、妹ちゃんはもちろん、他のテニス部の仲間に迷惑がかかることを考えていない。これまでの事例と比べても、救いようがない状態。あの後、一体どのツラ下げて練習試合に臨んだというのだろう。そして、その後で一人帰宅できたんだろうか。多分悠汰がつきっきりで見てくれてるとは思うのだが……あの状況、仲間でもどうしようもないだろうに……。

 さて、月ノ瀬だけでも大問題の状況でさらにダイレクトアタックを仕掛けてきたのは、今度は曽我の家庭である。こちらは「父親とそりが合わない」という、中高生の男子にはお約束の状況。それだけだったらモンペ母にテニスをやめろと言われている月ノ瀬の家と大差ないところだが、男親の強みはやはりパワーだ。なんと体罰からの障害事故というコンボを決められ、まさかの出場停止に追い込まれる。他の家ではトラブルの元になりがちな母親との関係性がいいだけに「ここだけ父親がダメかー」というのは残念無念(まぁ、眞己という上位互換みたいな家庭もあるけど)。そして今後どれだけ頑張ろうとも埋められない「試合に出られない」というハンディキャップ。もう、この時点で全部員の可哀想ランキングでトップタイに躍り出るレベル(流石に月ノ瀬を抜けるとは思えないが)。メンタルがタフそうな曽我はフィジカルでつぶしたろ、というスタッフの最悪なプロットが光る(光らせるな)。

 そして最後に控えしは、口調からしてどうやら母親とは血が繋がっていない様子の竹ノ内。こちらは現時点ではそこまで大きな問題にはなっていないのだが、「血が繋がってないけど関係が良い」という布津家の事例の後なので単純に重い。妹ばかり可愛がっている様子がうかがえるので、月ノ瀬家のような面倒なトラブルではないものの、母親の感情が単純なヘイトであるという救えない事情もある。最終的に家族愛で解決できないやつだ。これでもし妹ちゃんが怪我でもしてたら話はもっとこじれていたのだろうが、親父さんが良い人っぽいこともあり、現時点では一番穏やかな家庭ではある。まー、妹ちゃんがいなければ月ノ瀬地獄も訪れなかった可能性はあるのだが……。

 そして、次々に新しい地獄が名乗り出る中で、このアニメのすごいところは1つたりとも家庭の問題が解決していないってところである。今回フォローに回っていた悠汰だって前回Cパートで泣きつかれていたことの後日談は一切無いし、主人公・眞己の親父がどんな風に暗躍しているのかも気になるところ。このアニメ、マジで2クール無いとどうしようもないだろうけど……2クールなんですかね? オリジナルのこのクオリティで継続できるならすげぇけど。

 

拍手

 「この音とまれ〜王者・姫坂女学院編〜」の放送はいつからですかのう、第23話。完璧に主人公だったやん。かずさ以外にも誰を主人公にしてもいいけど、どこから切り取ってもそこそこ北宇治の領域。やっぱり「実力主義で、学年は関係なしにオーディションで決めます」は嫌でもドラマになるよな……。

 というわけで、地区予選三番勝負、まずは姫坂のターン。こちらの学校のカラーは「とにかく揃えることに特化し、どんな超絶難度のフレーズでもピシャリと合わせてくる」というもの。技巧に特化した強さってのは少年漫画的お約束だと「技に頼って心が伴ってない!」なんていうんで主人公チームに負けてしまう傾向もあるのだが、冷静に考えて、「技ばかりに特化して心が伴わない」なんてのは常識ではあり得ない状態なんだよな。技を手にいれるにはそれだけの努力が必要。そんだけ熱心に練習に取り組めるなら、気持ちだって自ずとついてくるものである。姫坂という存在は、そんなお約束の「強豪校」のイメージを単なるイメージで終わらせず、実際にその中で行われた悲喜こもごもの努力の結晶をはっきりと見せてくれる存在である。「北宇治がライバルに回ったらどうなっているか」を、敵サイドから描いているようなものだ。

 当然、実力主義の争いならば負ける人間が出てくる。学年関係なしと言われてしまえば、中川夏紀がそうであったように、後輩に蹴落とされて涙を呑む人間が出てくるのだ。そんな人間を単なる悲劇のヒロインで終わらせず、姫坂という学校の志の体現者として見せてくれるのが青春模様の最大の語り口。まるで加部ちゃん先輩のように、倒れてもくじけなかった穂積さんの頑張り。そんな彼女を支えるように、団結して全国を目指すという姫坂の闘志の表れ。ベタな展開には違いないが、この王道こそが、やはりジャンプ漫画として、部活漫画として最良の展開だろう。

 そして、本作の場合はそうした努力の成果をはっきり楽曲として提示してくれるので有無を言わさぬ説得力がある。なるほどとんでもない楽曲。これを20人以上で合わせることができるとなると、その練習量は尋常ならざるものだったことは想像にかたくないだろう。確かに時瀬も猛練習していたわけだが、それはつまり、ライバル校だって同じくらいがむしゃらに練習しているということなのだ。誰もが認めた姫坂の「完成品」。これを覆すのは、次なる珀音か、それとも時瀬か。次は謎のハイパー顧問が支える珀音のターンである。

 それにしても……今回は完全に姫坂のターンだと思っていたが、そんな中でもピンポイントで撃ち抜いてくる来栖・さとわの両名は本当に素晴らしいヒロインである。さとわちゃんについてはさとわ×晶の方の進展も今後とも注目していきたい所存。

 

拍手

12月7日 ドラフト模様(ELD×3)

ピック順 【Thraxi】→【Chrolony】→【Sea-chcken】→【Serra】→【Tanaka

 

 随分お久しぶりです。まぁ、この時期は諸々忙しいのでしょうがない。11月までは割と6人以上での開催が安定し、人数が多すぎてげんなりする試合もあったわけだが、久しぶりに召集をかけた今回は、なんだか少し昔に戻ったような5人戦で規模小さめ。そしてただでさえ不自由極まりないこの環境で、パックが少ないと単なる地獄絵図っていう話で。まぁ、そこにアジャストするのがドラフトってゲームなのだが……例によって「久しぶりだし、多少モチベーションは上がってます」とか言ってた奴がピック中・試合後に散々「この環境嫌い」というのもお約束。環境終了まで、あと2ヶ月弱あるで。

 

 次回開催は一応土曜昼を予定していますが、現時点ですでに欠席1名の申請が出ているので、おそらく5人での開催になります。レギュラーメンバーで「そんなん鬱陶しい」っていう人は連絡をくれれば中止になりますので、適宜よろしくお願いします。

 

 


拍手

 2日目。なお、私は3時間睡眠の上でドラフト後の日程である。まぁ、それを差し引いてもなかなか酷いラインナップが揃っているのではなかろうか(満足げ)。

 

 


拍手

 あと1話で何もできねぇだろ、第7話。まー、途中から薄々感じてはいたけど、今回のシリーズだけで完結することはなさそうですね。まだまだこの作品が続いてくれるのは喜ばしいことだけど、シリーズとしてどうやって着地してくれるものやら。

 先週は忙しくて感想すっ飛ばしたのだけど、実は忙しかっただけじゃなく、「もう、この事件よくワカンねぇな」ってんで理解を放棄したことも理由だったりする。うん、すまない。わたしゃ「人の名前を覚えるのがめっちゃ苦手」っていう弱点を持ってて、今作はとにかく人間関係が複雑に絡む上にバシバシキャラの名前をセリフの中で扱いつつ急ピッチで謎解きが進むもんだから、もう、途中から誰がどこで何を目的に動いてるかわかんなくなった。ざっくり言うと「実は宗教家連中は移民政策の暗部をシビュラで受け入れられるレベルで押しとどめるためのセーフティーになって頑張ってたんやで」というお話だったと解釈しているのだが(そしてそこにビフロストが加担したせいでトーリ(CV・石川界人)がちょっと無理してしまい、いろんなところが破綻したって感じか)、ディティールについてはもう気にするのはやめた。何はともあれ、強制捜査によって事件は収束したし、ビフロストの方も自浄作用によっておばちゃんが消されてスッキリした形に。てっきり梓澤が上に上がるのかと思ってたけど、どうやら彼はインスペクターの立場のままで好き放題やり続けるみたいね。

 で、そんな風に今回までの事件は一応の解決を見たわけだが、シリーズ全体を考えた時に最後の一山になりそうな部分が盛り上がってきたので、それについてはしっかり押さえておきたいと思ったわけだ。具体的には慎導とミハイル関係のトピックね。慎導が免罪体質だと発覚し、そこには確実に朱ちゃんの陰。確か慎導は彼女の推薦で監視官になっているはずなので、「免罪体質だと認識した上で」彼を使っていたというのは朱の目指すところを示す大きな手がかりになるはずだ。

 確認しておくと、シビュラにとって免罪体質の人間ってのは重要な意味を持っている。免罪、つまりシビュラで裁けない人間は槙島さんを代表としてシビュラにとってのガンであり、シビュラ側としては排除すればいいはずなのだが、そうはせずに自らのシステムに取り込むことで、新たなシステムを構築して完成度をあげるってのがシビュラシステムの根源である。さらにアニメ2期ではこの「免罪を取り込むことで完成度をあげる」というシステム自体の不具合が発覚し、「シビュラがシビュラを裁く」という自己矛盾を生み出してさらなる混迷を生み出した。朱の指摘によってシビュラは事実上「折れた」形となり、単に免罪体質だからといって取り込んでいいものか、一度取り込んだからといって永遠にそれが法の埒外にあると言えるのか、様々な部分が課題として残っていた。それがこの3期に至るまでの時代に解決されたのかどうかは不明である。そのため、なぜシビュラが免罪体質だとわかった上で慎導を監視官というポジションで放置しているのかもまだその理由はわかっていない。しかし、そこに朱ちゃんの口添えがあったということは、シビュラの思惑があり、さらにそのシビュラの上を行く朱の思惑もあるということに。慎導は朱ちゃんに「利用されて」いるのだろうか。しかし、彼女は「自分の力で真実にたどり着いてもらう」とも語っており、昔から持ち続けている強い信念に基づいて「シビュラの打倒(改善?)」を狙っているのは間違いなさそうである。最後に“勝つ”のは一体誰なのか、そんな簡単な言葉ではなかなか説明しづらい世界ではあるが、やはり僕らは常守朱の活躍を心待ちにしている。

 そして、PSYCHO-PASSという作品の象徴である「シビュラと免罪」というテーマを大々的に打ち出すにあたり、いくらか刺激的な演出が仕込まれているように思える。わかりやすいところでは、慎導の係数がどんどん下がっていく様子を雛河が固唾を飲んで見守るシーン。これは明らかに1期の槙島の演出のオマージュ。槙島は朱と対峙した際にドミネーターを突きつけられても不遜な態度で対話を続け、いつか撃てると信じていた朱の思惑をよそに、どんどん係数を下げるという演出があった。今回はそんな槙島と同じ声帯を持つ(?)雛河が同じ現象を観察して愕然とするというのが心憎い。

 また、あの時の槙島・常守の対峙シーンという印象深い一幕は、今回ミハイルとトーリの対峙シーンにも翻案されているように見える。槙島は人質にとった女の子(朱の友人)に銃を突きつけながら、地下施設上部にある通路から朱ちゃんを見下ろし対話していた。今回はトーリが同様に「人質に銃を突きつける」というアクションを取りながら全く同じ構図でミハイルとの対話を行なっている。しかし今回その場にはドミネーター(シビュラ)が介在しておらず、あの時点でトーリの犯罪係数が上がっていたのか、下がっていたのかは知るすべもない。しかし、最終的には槙島の時とは逆の結末になり、銃を突きつけられた女性の方が、相手を撃ち殺すことになった。もちろん、銃を打った舞子の犯罪係数は上昇してメンタルケアが必要になっている。その結果、自力では何もできなかったミハイルが怒りをぶつけた先があの時の槙島と同じ体質を持つ慎導なのである。こうしたいくつかの断片が、あの当時の一係の奮闘っぷりを思い出させながらも、シビュラの変質を否応なく突きつける効果を持っているわけだ。さて、今回のシビュラは一体どこへ着地するのだろう。

 それにしても、ラウンドロビンの執行凄まじいな……エリミネーターとか可愛いもんやで。

 

拍手

 久しぶりにはるか南方からやってきた謎の男。その覇気に惹かれるようにして、日本各地から重病人が集まった。さぁ、歓迎会を開いてやれ。……まぁ、すでに時刻は深夜2時を超え、みんなしてヘロヘロなんですが。だからなんで毎回この日程になるんだよ。

 


拍手

 暗部吹き出しスギィ! 第9話! いきなりこの街の、いや、この世界のどうしようもない部分が一気に明るみに出てしまったぞ。これまで「大丈夫なんかなぁ」と漠然と心配していた要素が、「やっぱりダメなものはダメなんだけどね」ってんで判明した形。闇市なんてもんは、まだまだこの世界の痛みの中では軽い方だったわけだね。

 結局、「肉を食べたい」という肉食の本能ってのはどこをどう頑張っても抗えるものではなかった。涼しい顔して共存している肉食と草食という2つの存在は、どこまで行っても「食う側」と「食われる側」。この世界の本質を見るようになることが、この世界では「大人になる」ということなのか。あまりに理不尽に、草食の命は突然失われてしまう恐れがある。これまで各所で草食側がその恐怖を語っていたが、この世界ではそれは当たり前のことなのだ。

 ことにこの世界の理に抗おうとする者にとって、理不尽は各方面から叩きつけられる。つまり、草食の範疇を超えて上に昇り詰めようとするルイ、そして肉食でありながらその本能を受け入れず、草食の側でありたいと思い続けるレゴシ。ルイについては、そのあまりに壮絶な幼少期の事実が明かされた。そもそも「身寄りのない子供を食材として売買する組織」がそこそこ身近なレベルで存在している時点でヤバいが、この街の裏でそうした商売が平然と成立しているという社会構造そのものがヤバい。ルイはそうした裏側との接点を一番ダイレクトな形で持っている「被害者」であり、構造をひっくり返そうと執念を燃やす「復讐者」でもあった。だからこそ今の立場に上り詰めることができたわけだが、当然、そうした異分子は潰そうという力が働く。襲いかかってきた肉食の学生もそうだし、彼のアイデンティティを揺るがしてしまう市長の言動もそうである。市長の方は、彼の語った異様なまでの努力にも現れるように、単純な本能だけで動いている人物ではない。しかし、結局彼が守ろうとしているものは、肉食が現在と同様に「表面上は融和的に」生活できる社会である。ルイの目指す世界とはあまりにも違いすぎる「現状」の維持である。おそらくルイもそうした齟齬については認識していたのだろうが、この度ハルというもっとも身近な草食の仲間が巻き込まれたことで、現実と理想の軋轢と正面から向き合わなければならなくなった。「大人」としてねじ伏せられた彼から見て、「憎むべき」草食であるレゴシの唱える正論はどれだけ突き刺さったことだろうか。

 レゴシに突きつけられた現実は、そんなルイを通じて見せつけられたこの社会の理不尽である。レゴシだってわかっている。ルイが聡明な人物であり、彼がこうも動けなくなってしまっているというのは尋常ならざる事態なのだと。それでもなお、彼の思考はシンプルだ。これまでルイは散々レゴシに対して「力があるくせに」と揶揄を飛ばしていた。今まさに、その「力」を振るうべき時がきたということなのだろうか。皮肉なことに、肉食と草食の目指すところが同じはずなのに、動くべき方向が互いに真逆を向いている状態である。

 レゴシの「シンプルな思考」も、よくよく考えれば実に歪んだものである。意を決した彼がハルに告げたのは「ルイのためにも自分は身を引く」という決断。一見するとなんとも珍妙な「無害でありたい」という一言は、この世界においてはあまりに高潔な目標である。悩みに悩んで、ポロリとこの言葉が出てきたレゴシの精神性というのは、どこかずれているようで、やはりこの街の真実に肉薄している。彼がハルに対して見せられる最大限の誠意というのは、まさに「無害」という言葉に集約されるのだ。これでもし、ハルの方がそんな一言に胸打たれてくれるような女性だったら話も違ったのだが……彼女も百戦錬磨。「本能があるからこそ、この世界でそれは不可能なのだ」と諦観ぎみ。そして、現時点ではおそらく彼女の世界の見方の方が正しいのである。逆に言えば、もし、ここから世界を「変える」ことができるとするならば、二人の関係性もひっくり返る可能性はあるということだ。

 さて、大量のライオンと一匹オオカミ、どちらの真実がまかり通ったものか……。

 

拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
4 5 7
12
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/10 Serra]
[12/07 みとろん]
[11/26 石毛]
[10/27 metalica]
[10/26 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター