忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3448] [3447] [3446] [3445] [3444] [3443] [3442] [3441] [3440] [3439] [3438]

「東京喰種トーキョーグール」 6→4

 うーん、この終わり方。なんか噂で聞いたけど原作の方も良く分からない終わり方したらしいじゃないの。そういう様式美があるのだろうか? 流石にアニメオンリーの視聴者からすると、こういう幕切れは印象が悪いばかりですよ。

 基本的な画面のクオリティは非常に高かった作品。タイトルにもある「東京」という都会の喧噪と、その陰で静かに蠢くグールたちの抗争、葛藤など、「人の明るさ、生きている実感」に、「グールの影、追われる者の苦しみ」みたいな対比は綺麗に画面に出ていた。徹底的に悪辣に、グロもリョナもそのまま画面に出し、独自のセールスポイントにしていたのも大事な部分で、おそらく原作がそのままなのだろう、いかにも青年誌らしいあけすけな部分は見ていて楽しかった(しんどい部分も少なからずあったけども)。出来れば放送用の規制の無いバージョンで見てみたいと思えるだけの完成度ではある。なんかよく分からんグールなりの武器を振り回す戦闘シーンも、シンプルながら見応えのあるものになっており、ちゃんと「アニメで動かす意味」というものが与えられたという点は、原作ファンには嬉しいアニメ化だったのではなかろうか。

 ただ、その裏で難点もいくつかあったのは事実。1つは、結局「喰う」という独自のテーマ性が、あまり本筋に関わってこなかったこと。序盤でこそ金木君は色々と悩んだり、苦しんだりしてくれていたし、大変態月山さんの「食べる」ことへの異常な執着なども楽しかったのだが、オリジナルテーマはその辺で見納め。あとはぶっちゃけ単なるバイオハザードチームとの対戦や、チーマーどうしの縄張り争いみたいなお話である。「ゾンビ側からのバイオハザード要素」みたいな部分が見られるかと期待していたのだが、結局あんていくチームってのは良識ある「正義の味方」なんだよね。主人公側が「正義」であり、生きること、「喰う」ことについても結局人間を第一に考えてしまった時点で、強めに押し出した変態的要素も「普通の敵キャラの描写」に収まってしまうわけで、心躍るシナリオ展開とはいかなかった。そして最終回の尻切れエンドは致命的にマイナス印象。最終回自体は悪くないんだ。ようやく活躍してくれた花澤ゴーストのたっぷりとした陵辱プレイとか、覚醒した金木君の吹っ切れっぷりとか、見ていてワクワクする要素は多いのだが、だったらやはりあと1話必要だろう。あそこで終わられてしまっては何一つ納得出来るはずがないし、そもそも金木救出に向かったはずのあんていくの面々が誰一人描かれていないのでは、尻切れというか打ち切りである。流石にこの構成は受け入れられるものではないだろう。

 最近のアニメは13話という短い尺の中で決着をつける必要があって大変な場合が多い。本作は12話とより短いのだから原作をどうまとめるか、っていう部分で難しかっただろうとは思うのだが、いつも言ってるように「難しいならその尺でアニメ化するなよ」と。もう、アニメはクールっていう概念から脱却して、やりたい話数で放送出来るスタイルがあればいいと思うのだが……BSとかの有料チャンネルを使えばそれくらい出来ると思うんだけどねぇ。なんだか勿体ない話である。

 ま、おそらくアニメはこれで終わりってことは無いだろうから2期も計画されているのだろうが、出来ることなら、「ちゃんと決着をつける」ことに加えて、この作品独自のこだわりを見せてほしいと思う。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター