忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5833] [5832] [5831] [5830] [5829] [5828] [5827] [5826] [5825] [5824] [5823]

「魔方陣グルグル」 5→5

 想像してたよりも随分真っ当な作品だった。自分が知らないところで(知らない世代で)人気の定番漫画ってことだったのでもうちょっと破天荒な部分がクローズアップされるものなのかと思っていたが、なんだかんだでファンタジー部分も筋立ては(形式的には)スタンダードだし、さらにニケとククリのラブ部分がかなり重要なポイントで、ラブコメとしての面白さがかなりのウェイトを占めていたのも意外。もっと小さい時に出会っていたらどんな印象になるのかは確かに気になるところだな。

 ぶっちゃけ、そこまで真剣に観ていた作品ではないのだが、この作品を正座して観るのもどうかと思うので扱いとしては多分間違ってないと思う。まぁ、展開が超速なので脇目で見てる程度だとあっという間に訳が分からなくなるのが難点だが(最終回で勢揃いしたキャラの半分も覚えてねぇや)。正規のファンからするならこの超速展開は思うところもあるのかもしれないが、軽く触れたい程度の人間からすればむしろありがたい。あんまり引っ張ってじっくり見たいってものでもないし、この映像を作った時点で、「サクサク進めてとにかくテンポで勝負」っていう方向性は決まっていたのだろう。それなら適材適所。省エネ作画も原作のテイストを考えればむしろ再現性の高さとみることもできる。デジタルな雰囲気が強まったおかげで、中心要素である「よくあるRPGのパロディ」という部分が見えやすくなったのもプラス要素ではなかろうか。2クール作品として穏当にまとまっていたので入門書としてはありがたかったです。

 個人的に気に入ったのは、本当に徹頭徹尾ククリが恋する女の子のままでブレなかったこと。放っておくと小学生向けのパロディやら下ネタやらで散々とっちらかってしまう恐れがあるこの作品で、周りの空気を一切読まずにただひたすら「女の子」であり続けるククリの強さは作品の根幹だったといっても過言ではないだろう。一言でまとめると「ククリかわいい」なのである。幼少期に読んだら変な性癖植えつけらえてたかもしれないな。中の人である小原好美はここからステップアップなるかどうか。

 なお、私がメインでやっている某ソシャゲはなんとグルグルとのコラボを行い、そこで登場したククリがあまりに鬼畜性能だったため、別方面では悪魔のような扱いを受けていることも付記しておく(どうせコラボとか弱いだろと思ってガチャ回さなかった勢)。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/09 NONAME]
[10/09 NONAME]
[10/07 名無し]
バーコード
ブログ内検索
カウンター