忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。普段使ってるWordにほったらかしだったアプデかましたらフォントやスタイルがよくわからんようになった。
[5835] [5834] [5833] [5832] [5831] [5830] [5829] [5828] [5827] [5826] [5825]

「いぬやしき」 6→5

 小日向文世の演技が実に良い。まずはそれ。よく誤解されるんですが、僕は専業声優以外が嫌いなわけではないんです。仕事ができない役者が嫌いなだけ。こんだけハマってる役者さんには何の文句もありません。

 「格好いいじじい」というなかなかハードルの高い課題に挑んだ作品。普通「格好いい親父」と言えばハードなボイルドでCVが大塚明夫だったり藤原啓治だったりするキャラクターのことを言うものだが、今作はその真逆をいく犬屋敷さんである。体もひょろひょろだし元の生活は本当にパッとしないただの爺さん。それでも、力をもらえばヒーローにもなれる。サイバー爺さんの活躍を描くのには、これ以上ないくらいにしっかりした作品だった。

 点数を下げたのは、筋立てがあまりにもシンプルだったことであまり1話目の印象からプラスになった部分がなかったからだ。ラストの展開もどう考えても打ち切り漫画の展開だろうし、ショッキングな大量虐殺シーンも、さすがにこんだけ連打されると飽きも来る。2人の最強マシーンの対立構図がもう少し中心にくれば見栄えのするシーンも増えたのだろうが、今作は1人1人の内面を掘り下げる方向に展開したので、いかにも「アニメ的な」見せ場はちょいと減ってしまっただろうか。でもまぁ、それは別に悪いことではない。「どれだけ最強でも庶民的な何か」を持っている爺さん達の等身大の戦いとの噛み合わせが面白みだったわけで、ぶっ飛んでいるのにどこか卑近な、妙な違和感を抵抗なく描けたのだからそれはそれで成功と言えるだろう。まぁ、欲を言えば本当の意味でのハッピーエンドが見たかったところではあるのだが……。

 こういうヘンテコ作品でも臆せずそれなりのアニメとして仕上げられるのがノイタミナの持ち味なので、今後もよくわからない原作を拾って展開していってほしい。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
18 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[04/18 NONAME]
[04/15 NONAME]
[04/09 NONAME]
[04/08 名無し]
[04/07 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター