忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

○「クラシカロイド2」 6

 あのバカどもが帰ってきた、第2弾。今期は「おそ松さん」加えてこちらも2期目ということで、藤田監督のスケジュールは大丈夫なのかと心配したのだが、こちらは監督名義ではなく「ストーリー監修」とクレジットされている。「銀魂」も含めると関わっている作品は同時に3作品ということになるが、「銀魂」は宮脇さんに事実上任せている形だし、どうやらこちらもシナリオ部分以外では責任者から外れている模様。流石に「おそ松」に全力で取り掛かるということなのだろう。こちらの作品への影響が減ってしまうのは残念だが、まぁ、今作はシナリオ以外にも音楽部分での演出など、いろんな部分に楽しみが混ざっているので、大人しく新スタッフの頑張りに期待することにしよう。

 半年ぶりの音羽館は何のお変わりもないいつも通りの姿を見せてくれており、ファンとしては安心するばかり。しかしもちろんそれだけでは2期を謳うには物足りないってんで、新キャラ投入からのダイレクトな展開である。音羽館に住んでいる信長の気配を察知してやってきた新キャラは禎丞。歌苗の弟と称して潜り込んできた「どっからどう見ても一般人じゃなくてクラシカロイドやんけ」っていうキャラクターはすでに正体を隠す気などなく、クレジットにはしっかりと「ワーグナー」の文字。さらに諏訪部ボイスという反則技をやすやすと使いこなすカバのドヴォルザークと、なんかもう、テコ入れってレベルじゃない災厄の種はばら撒かれている。これでまためちゃくちゃやってくれるんだから今から何が起こるか楽しみである。

 一応の懸念としては、有名な楽曲は1期でたくさん使っているので、2期の新曲でどういった名曲群を扱ってくれるのか、という部分だが……まぁ、1期の時点でバダ公なんかは曲のネタも尽きてたわけで、あんまり問題にならないだろう。わー君の台詞からして今後もガンガン新手のクラシカロイドが追加されて暴れる展開になりそうだし、今後どんな作曲家が今作の慰み者にされるのか、今から楽しみである。

 それにしても、シューさんはもうあのままのキャラで固定なのか……。

拍手

PR

○「タイムボカン 逆襲の三悪人」 5

 わーい、半年ぶりの復帰だぞー、って内心ちょっと喜んでるんですが、全国にこれの2期目を喜んでるアニメファンって何人くらいいるんだろう……。

 意外と、クセになるとこあるのよ? いや、まぁ、くだらねぇんだけどさ。監督の稲垣さんも割とギリギリのとこ攻めてくれるところがあるので、油断するとかなり際どいネタぶちこんできたりもするんだよ。土曜夕方のアニメとしては頑張ってる方だと思うし、元々が「タイムボカン」であるという、古き良き時代を受け継ごうという王道精神も立派だ。問題は、忙しい現代人にそんなものは特に求められていないというだけのこと。

 2期目はサブタイトルにアクダーマを表す「三悪人」の文字が入り、「やったぜ、アクダーマが主役!」って思ったんだけど、別に扱いは変わらないな。まぁ、1期の頃からどっちが主役かよく分からなかったしな。一応管理局側は微妙に体制が変わっているとかいう謎の変更はあるのだが、その辺は正直どうでもいい。気になる変更があるとするなら、よりダイレクトに、わかりやすく「歴史」というキーワードをフィーチャーした教育番組的な配慮だろう。大人目線で見ればなんともクドくていかにもバラエティ番組っぽい処理はテンポの悪さが気になるところだが、それでも昨今の嘘みたいにクドくて思わせぶりなバラエティよりはあっさりしてるし、ターゲット層であるお子さんたちに様々な歴史的事実への興味を持たせるという教育的配慮としてはよい采配なのかもしれない。子供さんたち、楽しく歴史を学んでくれるといいな。

 土曜の夕方はこれと「クラシカロイド」という見事なラインナップで子供さんたちの情操教育をおこなっていきます。いい子に育つかどうかは別問題。

拍手

○「Just Becaouse!」 5

 なんだろう……全く読めない作品だな……。

 調べてみると、こちらはアニメオリジナル作品。そして露骨なLINE活用描写や学校生活の何気ない描き方などは「月がきれい」とかぶる部分が多いのだが、別にパクってるとかいうわけではない(制作時期を考えたらそもそもパクる時間的余裕はないよ)。「現代風に若者の描写をしよう」と考えた時に、LINEコミュニケーションっていう描写に行き着くのは割と普通の発想で、たまたま並んでしまっただけだろう。ただ、ぶっちゃけ全体的な動画の質、画面効果の使い方なんかを見ていると「月がきれい」の方が最初のつかみは良かったかな、という気はする。制作は「ゲーマーズ!」のPINE JAMなのだが、1話目の作画は割と際どい。野球シーンのモーションのつけ方とか、割と動かし方にこだわりが見えているので今後に期待は持てる気がするのだが、やっぱりどうしても全体的な枚数というか、金の使い方は粗が目立つレベルだろう。

 まぁ、他作品と比べてもしょうがない。本作は本作なりの良さを見つけるのが優先だが……どこなんだろう。よく分からねぇや。そもそも何アニメなのかもまだ分からないんだよね。野球アニメ……ではないよな、試合終わってるしな。吹奏楽アニメ……でもないだろうよ。もしそうだったとしても例のあの作品に太刀打ちできるわけもないし。あと残ってるのは写真部アニメか……。いや、でもそれも違うよなぁ。まぁ「恋愛アニメ」っていうのがファイナルアンサーなんだろうけど、1話目では各キャラの持つ属性がとっ散らかっていて「どこが中心線やねん」というのが見辛かったのは難である。いや、この「定まらない第一印象」は狙って送り出しているような感じもあったんだけどね。「何アニメ」っていう安易なラベルづけをせず、「学校生活全体に見るべき要素が散りばめられているよ」というスタンスを明示するような。もしそういう狙いがあったのだとするなら、今後少しずつ焦点も定まって来るだろうし、今後(作画面で安定していれば)面白い要素も見やすくなって来るかもしれない。まだタイトルの意味もさっぱり分からないしね。

 中の人は事実上の新人が多いのでこれまた様子見だが、1話目では失点はなし。それにしても、今期は「クラスメイト全員登場」みたいな大量のクレジットが並ぶ作品が多いような……。

拍手

○「牙狼 -VANISHING LINE-」 5

 なんかここ最近、またくぎゅぅボイスのメインヒロインが増えてきてない? 「コンビニカレシ」「時間の支配者」の前クールに続き、今回も「戦刻ナイトブラッド」に続いて2本目(銀魂も入れれば3本目)。いつの時代も、釘宮ボイスは求められているということか。

 そしてこちらのアニメ、牙狼シリーズのアニメも気づけば3本目。これも求められている証拠なのだろうか。私としては「炎ノ刻印」「紅蓮ノ月」と毎回一応視聴はしているのだが、あんまり印象に残らずにただ見ているだけの状態になってしまい、覚えていることといえば「毎回SANSEIの意図がわからなくて不気味すぎるCMを見せられている」ということくらいである。決して悪い作品ではないはずなのだが、毎回2クールたっぷりやるほど引っ張る要素がないんだよなぁ。そういう意味では同じMAPPAが担当していた「神バハ」あたりに近いものがあるかもしれない。

 MAPPA制作のアクション活劇ということで、毎度のことながら動画の迫力はお見事である。特に今回は舞台が現代(?)となり、機械的なギミックもふんだんに盛り込んで非常にディティールの入り組んだ画面構成になっており、これまで以上にガチャガチャとやかましいアーマーのデザインなどが画面映えする。西洋風ファンタジー、平安陰陽絵巻ときて、今回は現代パンクホラー。節操なく舞台を変えてくる作品だが、おかげでやってることは似たり寄ったりでも毎回新鮮さを失わないのは素直にすごいと思う。「やってることは全然違うやんけ」と言われればそうかもしれないが、まぁ、変身ヒーローものだからな。突き詰めれば描きたい中心部分は似たようなもんでしょ。一番違う要素は何かって考えると、主人公のメンタリティだと思う。今回はセキトモボイスのゴリマッチョ。食欲も性欲も元気でシンプルなアメリカンスタイルである。こういう性格の方が豪快なアクションと合わさった時に見栄えがするわね。番組前半は一切変身せずにステゴロオンリーでガンガン突き進んでたのは番組の趣旨としてどうなんだ、という気はするけど。脳筋アクションだって格好よければそれでOKなのだ。

 個人的には、これまでで一番見やすい1話目だったので今後の展開次第では評価も上がっていく作品になるかもしれない。とりあえず、ここでしか聞けない「影山ヒロノブの声優業」をしっかり堪能しましょうね。

拍手

○「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」 ー

 基本的には劇場で視聴してしまっているので感想は割愛。正確に劇場版での編集を覚えてるわけではないし、どこかでカットの入れ方とか変わるかもしれないけども、さすがにそうしたディティールまで確認しようとしたらキリがない。まぁ、今期分の負担を軽くする意味でも先に視聴しに行ったわけでね。「勇者の章」からを本番とする。

拍手

○「少女終末旅行」 6

 合間に「メイドインアビス」のCMが入るとなんか言葉にできない不可思議な融和を感じる気がする変な作品である。

 1話目では何も語られていない。しかし全てを描いているとも言える。何しろ「少女」が「終末」を「旅行」している。これだけでタイトルの要素は100%回収している。だからって全部分かるかといえば、むしろ何も分からないというのがすごい。一体どんな作品なんだろう。不思議なことに、今作の場合は「分からない」ということは全くもって苦にならない。それはおそらく「あぁ、分からないことなんだな」ということはすぐに「分かる」からだ。分かる必要がないことが分かるからだ。おそらく、この世界における2人の少女はキャラクターというよりも「舞台装置」の1つなのだろう。「終末」というシチュエーションを用意し、そこにポンと少女を置いてみる。そして、「終末」を「旅行」させてみる。そこに何が出てくるのかというのをただひたすら観察する作品。無理やり繋げるなら、「どこでもいっしょ」でトロを見ているような、「シーマン」を観察するような、決してゴールはないが、目的はある作品だ。

 真面目に考えようと思えばいくらでも疑問は吹き出してくる。2人の少女はどこからきたのか、どこへ行きたいのか。今までどうやって生きてきたのか。どこで言葉を学んだのか。世界をどこまで知っているのか。なぜ2人で行動しているのか。あの戦車は燃料があるのか。何故銃を撃つ練習をしていたのか。そもそも銃を知っているのか。もっと細かいところでは「普段トイレに行ってるのか」に至るまで、分かることより分からないことの方が多い。しかし、それはどうでもいいのだろう。もしかしたら本当に番組が始まる5分前に突然全ての記憶を与えられた状態で生み出された「5分前少女」なのかもしれないし、ちゃんとあらゆるバックグラウンドが用意され、壮大なスペクタクルの末に今のような放浪生活に至ったのかもしれない。しかし、それは今や問題ではないのだ。彼女たちが移動し、見つけたものだけが、この作品の全てなのである。我々視聴者が枠の外を想像するのは自由だが、そこに意味は与えられず、あくまでも「見えたものを見えた通りに描いていく」というだけの作品だ。

 「旅行」というキーワードで結びつけるならばそれこそ「キノの旅」と同じデザインの作品と言えるが、「キノ」の場合は主人公が放り込まれる世界にはっきりとした意味がある。しかし今作ではどこからが「新たな世界」なのかも定かでないし、そこに与えられた意味も非常にユルい。あとは見ている人間が好きなように埋めてくれればいい。なんとも自由度が高く、自由度が高すぎてどこかへ飛んで行ってしまいそうな設定だが、そのふわふわとした覚束なさが、不思議と心地いいものに見えるのは、おそらく「世界」を与える映像がしっかりと地に足をつけたものになっているおかげだろう。「設置されたもの」として不動の「終末世界」の硬質さと、そこをふわふわと移動する「少女」たちのユルさ。つぶれまんじゅうデザインは「メイドインアビス」以上のものだが、「これをかっちり描くことだけは絶対許さん」という確固たる意志が感じられる団子のようなキャラ造形は、「世界」から「少女」を引き離し、次元が違う存在であることを誇示しているかのようだ。一歩間違えれば「FXで全財産溶かした人」にしか見えないような表情のデザインだって、「終末」という世界設定では絶対出てこない異次元の存在。このミスマッチが二つのレイヤーの存在を強調し、その間に生まれる不思議なハーモニーを明確に際立たせているのである。なんだこれ、自分で書いてて何言ってるかわからなくなってくるわ。

 まぁ、とにかく「やってる意味はよくわからんが、とにかくすごい世界だ」という満足感だけは得られるのである。やっぱりつぶれまんじゅうだろうがなんだろうが、少女ってのは大切なんですよ。CVが水瀬いのりと久保ユリカ。なんとも不思議な組み合わせだが、これまたふわふわとしたつぶれまんじゅうに見事に調和するのだ。

 今後毎週見続けたら、この作品はどうなっていくのでしょう。正直、割と楽しみです。

拍手

○「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」 6

 実はこれが初見。相変わらず偏った趣味趣向をしてるもんだから、こうして「大定番」と言えるような作品でも割とスルーしてることが多いのです。もともとラノベって文化は守備範囲外だからなぁ。

 「ラノベ」という言葉が散々使い倒されて久しいが、勝手なイメージではこのあたりの作品が「ラノベ」という文化を現代に導いた過渡期だったんじゃないかと考えていた。これより前になると「スレイヤーズ」とかそういうタイトルになるんだろうが、そこから電撃文庫が出てきて、そこから少しずつファンタジーラノベのスタイルが確立され、「ラノベ的」な印象が固まっていく。そんな時代(調べてみたら本作の第1巻はちょうど2000年の発売とのこと)。このくらいの時期、私は全くファンタジー作品というものを読んでいなかったし、付け加えるなら、アニメも大して見ていたわけではない。ちなみにアニメの第1期は2003年の放送だが、そのあたりの時期もまだ視聴体制が定着しておらず、WOWOWでの放送がメインだった作品など見るべくもなかった。そうした背景があるおかげで、今回の作品でめでたく「初見」と相成ったわけだ。

 そして1話目を見ての感想だが、なるほど、これは人気が根強く残っているのもわかる。簡単な言葉でまとめてしまうなら、色々な部分が「巧い」作品だ。「旅」というタイトルを持ち、「国を渡り歩く」という体裁をとっているが、キノが渡り歩くのはもはや「国」というか「世界」である。1話目はおそらく数あるエピソードの中でもそれなりにインパクトの強いところを持ってきたのだろうが、「人を殺してもいい」という、かなりショッキングな内容の「世界」が描かれている。今作は先人からなんとなく似たイメージを引っ張ってくるなら、例えば星新一のショートショートのように、分かりやすく「もし」という非現実を持ち込み、そのネタ1つで、身の丈にあった物語を構築している。ショートショートならば4ページくらいで終わってしまうが、本作なら数十ページで1つの「世界」といったところだろうか。「もし、人を殺すことが罪にならない国があったら?」という「if」の世界の中で、しっかりと視聴者の好奇心を満たすだけの内容が盛り込まれている。

 「人を殺しても罪にならない」というこの一文だけで、当然我々は「そんな物騒な」という懸念を抱き、その先入観を「観察者」代表であるキノが表明する。彼女が夜な夜な銃を構えるトレーニングをかかさなかったのは、そうした先入観がなかなかぬぐいきれないことの表れだろう。その後、一応メインのネタとしての「殺すことは罪ではないが許されていない」という事実が明かされ、「法による拘束力というのは1つの指針でしかなく、それを共同体の運営者全てでまかない、いわば全員に逮捕権や防衛権が認められた状態なら世界は問題なく回る」という「if」の世界が見える。もっと突き詰めて考えればこの設定でも矛盾は生じるのかもしれないが、「もし」の思考実験としては充分なネタ回し。コンパクトにまとまっているのでこの1ネタだけでも「お話」として成立しているし、むしろこれだけの短時間でメインテーマがしっかり伝わるだけの要素を無駄なく展開できている筋運びはお見事。最後の最後、次の旅人に「またこの街の殺人罪の話をするんやろ?」と思わせておいてクレープで落とす小憎らしい会話の楽しみも忘れていないのが良い。

 こうしてしっかりと「お話」で見せられるアニメというのはやはり貴重だ。映像面についてはそんなお話の邪魔をしないよう、動きも少なめでなんとも大人しいものだが、今作ではこれくらいのさりげない画面回しの方が合っているのだろうね。そして何と言っても、そんな不思議とゆったりした空気を歩くキノとエルメスのバランス感。つまりは悠木碧の天性の「呼吸」感。そりゃまぁ、キュアショコラに憧れている人間ですので、抑え気味で男の子っぽい演技だって問題なくできるのは知っているけど、キノの場合、捉えどころがなくてどこか浮世離れしたような不思議な存在感が呼吸から漏れ出してくるのが嬉しい。かつて師(?)である沢城先生も言っていた「呼吸からキャラを作る」という奴だ。前クールは血管がブチ切れる役しかやってなかったし、ここいらでゆっくり、喉や体を休めてほしいもんです。いや、一番喋ってるんだから全然休まる現場じゃないんだけどさ。

拍手

 また一ヶ月空いてしまった……やっぱり致命的にメンバーが揃わなくなりつつある。今後この文化が生き残っていくためには、既存メンバーのたゆまぬ努力はもちろんのこと、なんとか後進を育てる必要があると思うのだが、どうにも確保している「後進」に属する人材がポンコツばかりなものだから……先鋭化は進んでいる。

 今回は九州からいつものヤツが大雨を引き連れて現れたことでなんとか場が成立。「さぁ、一ヶ月ぶりに広辞苑を開くぞ!」と狼煙を上げたところ、辞書に飢えた人間どもが羽虫のごとく集まり、狭いテーブルに集まったのはなんと8人。いっそもう1人2人巻き込んで2卓立てるというプランも浮上したのだが、最終的にはそれも叶わずに地獄の8人戦へ突入した。普段のメンバー以外ではロジカルマシーン先輩、バイオあたりが参戦している。ロジカルマシーン先輩・Youtuber・小タイラント・タイラントとかいう粋の粋が集まる機会も残り少ないのかもしれません。なお、粋が集まった結果、最も頻出する感情は「ウルセェ、死ね」です。

 


拍手

○「このはな奇譚」 5

 うーらうーらりゃりゃりゃりゃとてちてとんしゃん。残念、この町に占い師はいないよ!(いるかもしれないけど)

 ケモ耳娘が集まってみんなで一緒に商売繁盛。ふわっとした印象も集まってくる人材も、非常に「うらら迷路帖」と重なっている作品。ただ、こちらはきらら系ではなくて連載誌はバーズとなっている。まぁ、その辺りの雑誌ならどこにあってもおかしくはない作品なのかな。「迷路帖」と被っているとはいうものの、個人的にはこちらの切り出しの方がやや好み。何故かっていうと、説明が一切ないから。「迷路帖」は「住民全員が占い師目指すよ」とか「そのための修行でみんな少しずつ上を目指すよ」みたいな(あまり普通じゃない)情報が1話目で押し寄せて「よくわかんねぇ世界だな」というハードルがあったのだが、本作はそうした説明が一切ない。主人公がどこから来たのか、何故みんなケモなのか。この旅館は一体どういうスタンスなのか、その説明は一切具体化されていない。そんな状態では寄る辺がなくて途方に暮れそうな気もするのだが、そこはテンプレ。「おっちょこちょいで何も知らない純真無垢な新人さんが、何か仕事を始めて失敗ばかりするんだけど、その心の真っ直ぐさがお客さんに受け入れられて少しずつ先輩たちに認められていく」というお仕事もののお約束を一切ブレることなく踏襲しているため、悪く言えばベタベタだが、その部分で困ってしまうこともないのだ。特に説明はないけども「ケモたちが集まってる世界なんやな」という理解だけでおよそ問題ないわけだし。まぁ、みんなして尻尾があるので、あの尻尾を出すデザインの服って常にパンツ丸見えなんじゃないかというのは気になるが……。

 ケモである説明がないということは、現状ケモである必要性も特にないということ。とりあえず世界を導入し、キャラクターが見えてから世界を掘り下げることになるのか、それとも完全放置でひたすらこのままキャラの話に終始するのかはわからないが、そんなにディティールに目くじら立てるような作品でもなかろうし、「うまくいけば可愛らしさが癖になるかも」くらいで追いかけていけば良いのではないでしょうか。「迷路帖」と比べると露骨な推し(ヘソ)が少ない分、受け手側が自由に自分の好みのポイントを探せるのも心穏やかなので悪くないところだと思います。私としては……そうね、よりによって膝枕で安心感を抱かせるキャラが一番のロリってのは評価ポイントですね。あと年配キャラたちの「まぁ、こいつらは酸いも甘いも噛み分けてるやろな」っていう妙な説得力も好き。主に中の人の要因だけど。

 というわけで中の人だが、主人公は「天使の3P!」から立て続けにメインヒロインをゲットした大野柚布子。この流れは事務所にも期待されてるってことでしょうかね。今のところ、似たようなタイプの主人公で重なってしまったのでまだ底は測れない状態ですが。そして一番驚いたのは、先輩キャラに配された秦佐和子である。まさかしゃわ子がこんな役でレギュラーに登場する日が来ることになろうとは。元AKB出身の声優ということで一部からは疎まれることもある存在なのだが、個人的には「SAY YOU SAY ME」のアシスタント時代の「なんて生きにくそうな性格の子なんだ……」という鮮烈な印象が残っていたせいで、拙い時代(AKB0048である)に頑張っていたのを見ても「頑張れ……」と思っていたので、ついに明確な道筋がついたのは喜ばしいことである。バンドリのイヴ役ばっかり聞いてるし、そういう「細い」役ばっかりかなぁ、と思っていたので、今回のキャラで仕事ができるようになっていれば立派な声優の第一歩だ。まぁ、すでにアラサーだという事実は驚きなのだが……みんな、平等に年齢も経験も重ねているのだ。

拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター