忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

○「サクラダリセット」 5

 浜の真砂は尽きるとも、世にループものの種は尽きまじ。今回は死なずに戻れるから安心だね!

 サクラクエストと同時期にやるなよややこしい! もういっそ「CCさくら」と「桜Trick」と「桜蘭高校ホスト部」も一緒にやってしまうのはどうか(最後のはなんか違う)。まぁ、今作の「サクラ」に意味があるかどうかは分からないが、とにかく新しいループものである。どっかで実写映画の宣伝も見た気がするが、アニメ中にもテロップで宣伝してましたね。映画の方が先行してるのかしら? 後編のタイトルが「最後の聖戦」って……ねぇ、この話どこにいっちゃうの? 大丈夫?

 まぁ、とりあえずそんな物騒なサブタイトルのことはひとまず脳内からリセットして置いとくとして、アニメだけで見ても、これが実に物騒な内容なのである。なんと評したらいいのか…………なんだろ、ものすごい詰め込み方なんだ。会話が、ものすごくハイコンテクストなんだよ。最初、別な作業しながら見ようかと思ってたんだけど、開始数分で「あ、これ正面から向き合わないと絶対分からなくなるやつだ」ってんで正座して最初から見直した。そして、正座して見てても、ちょっと油断すると何がどうなっているのかが分からなくなりそうな瞬間がある。というか、分かってない部分が山ほどある。話が分からなくなる原因は3つ考えられる。まず、単純に「そもそも面倒」なんだろう。「人々が個々に特殊能力を持ってる町」とか、「町から出ると失われる特殊能力」とか「意味の無いリセット能力」とか、初っぱなから設定が特に脈絡無く連打されていて、個々に理解するだけでも面倒なのに、いきなり1話目からそれらの要素を複合して考える必要があると言われる。そして、勝手な想像だがここに何らかの意外性を孕んだネタや、思惑をずらすストーリー展開が発生すると考えられる。もう、想像するだに大変だ。

 2つ目の理由として、そんな山盛りのネタを必要としているくせに、多分尺が無いんだ。1話目はほぼ会話だけで展開する内容で、これはつまり「全編しゃべり続けないと説明しきれない」ということだろう(監督の川面さんは信用することにしているので好意的にとらえている)。おかげでこちらに考える時間が与えられないし、次から次へとハイテンポで新しい情報が飛び込んでくるので、時間的にもかなり厳しい展開になってしまっている。普通に考えて、ラストで明かされた幼女の話とか、せめて2話目に回してくれよ。どう考えても1話で処理出来る情報量じゃないだろ。タイトルに「1/3」って書かれてたし、幼女を巡る話を3話でまとめるつもりなのだろうが、この盛り方を鑑みるに、相当尺が厳しいんじゃなかろうか。いや、原作知らないから全部想像だけどさ。ただでさえ会話に会話を繋いでギリギリの展開だというのに、更に登場人物たちがいちいち面倒な奴で、そいつらが何を考えているかまでイメージしなきゃいけないからどこまでを確定情報にしたらいいのかも分からないのが辛い。花澤キャラの淡々と突き放すような話し方が、この性急な会話劇の無味乾燥な重さに拍車を掛けている。

 そしてお話が分からない理由の3つ目。これは完全に現時点での想像だが、そもそもこの話、「理解出来ない」話なんじゃなかろうか。だってさ、リセットの能力は「脳の情報も含めて、全てをリセット」してしまうわけでしょ。だったらたとえどんな能力だったとしても、主人公だけ記憶が保持されるのはおかしいだろう。全世界、全宇宙に影響を及ぼすほどのリセットの能力が、この主人公にだけ効かないというのは「設定」なので納得するしかないのだが、その例外のみをここで許可する理由は今のところ存在せず、「別にリセットは抗っても良いものなの?」という半端な状態になってしまっているのだ。また、主人公が生徒会長の能力でコピーを使わせたとき、「何歳の記憶を思い出す?」とヒロインに尋ねている。つまり、主人公の能力は「○○の時の能力を引き出すぞ」と意識して、その記憶が脳から蘇るという構造のはずだ。だとしたら、リセット時に「本来覚えていない」はずの記憶が脳内から励起するのは矛盾していないだろうか。Aの能力を前提するとBに不都合が生じ、Bを規準とするとCの意味が分からない、というように、個々の設定がバッティングしている気がするのだ。これが原作由来の「わからなさ」なのか、アニメして詰め込み過ぎたせいでこぼれてしまった部分なのかは定かでない。

 まぁ、こういう部分は後から捕捉が入ったり、矛盾していると思ったことが伏線になったりもするので、1話目でとやかくいうもんでもないのだが……密度がやたらに高く、ハードルも高いこの第1話、必死についていったこの努力が今後の展開で無駄にならないことを祈ります。これだけの内容を強引ながらも1話で詰め込み、削り、何とかまとめきった綱渡りの構成は(ちゃんと見返りがあるならば)評価すべき点だと思うので、何も分かっていない現状はしばらく様子を見守るしかないだろう。

 中の人は……もう花澤天国なので放っておいてもいいんじゃないかな? あおちゃんはこういう意味ありげなポジションにおいとくと厨二っぽい曲者臭が良い味になる。まぁ、あの子がなんで訳知り顔なのかも謎なんだけどさ。あと久野ちゃんは久野ちゃん。

拍手

PR

○「武装少女マキャヴェリズム」 4

 うん、なんか、うわぁ。

 逆にホッとするタイプのアニメ。何しろ画面からは「B級ですよ」という空気が隠そうとする意志もなく流れだしてくるからだ。最近はどれだけ面白くなくても上っ面は取り繕える作品が増えているので、こうしてだらんと両腕を下げたノーガードのアニメも珍しい。2話目から録画の画質を落としても大丈夫、そういうアニメだ。

 別にストーリーがどうなるかはまだ分かりませんよ。アニメ化までこぎ着けているわけで、面白い作品になる可能性は充分にある。ただ、少なくとも1話の時点では画面からそうした期待感が得られなかったというだけの話だ。キャラクターデザインは決して悪いものではない。特に1話目ではメインヒロインとおぼしき鬼瓦輪が敗北後にへちょ絵になって泣いちゃうところとか、それまでとのギャップも相まってなかなか可愛らしい。ただ、そこに至るまでのバトルシーン全般が何ともお粗末。全体を統制している硬派(?)な雰囲気作りも絶妙に気合いが入らず、必殺技やキャラ名を表示する書体がヘナヘナだったり、文字のサイズに意志が感じられなかったりする。どうせ「なんちゃって硬派」を貫くなら、「キルラキル」みたいに思い切りぶっ飛んだ演出で見せてくれた方がアニメとしては映えるだろうに。

 肝心の剣技の見せ方も弱く、いちいち技名を出しているのに何がすごいのかさっぱり分からなかったり、そもそも動画として貧弱だったり。少し動きが出るだけでキャラの顔も崩れやすくなってしまうし、どうにも今時のアニメとしては強度が足りていない。制作はSILVER LINKなのだが、意図的にこうした「だらしない」作劇になっているとしたら、今後完全にギャグ方向に転がったりするんだろうか。現段階ではちょっと分からないが、少なくとも1話目では魅力とは映らなかった。

 あとはまぁ、純粋に主人公のキャラ設定がイラッとするところなんかもポイントではあるな。1話目でこういう態度とる奴ってのは最終的に女の子を全員従えてしまうくらいの俺ツエーなのがお約束なんだけど、大口を叩いた割には案外接戦になってていきなり余裕が見えなくなるあたりが何とも情けない。どの部分を魅力にしたいのかが見えてこないのがなぁ。今後女の子の掘り下げが進んで楽しいキャラが増えてくればいいのだけども。

 中の人は、メインとなった鬼瓦役に髙田憂希。「NEW GAME!」の2期も決定しているらしいし、いいペースでメインヒロインを掴んでいるな。あとは見慣れない名前が多いが……個人的には生徒会長みたいな黒幕役に配置されている松井恵理子に期待したい。カッターの声が聞けるだけでちょっと価値がある、という風に今のところはこの作品をフォローしておこう。

拍手

2016年度・俺的アニメグランプリ

 

 まだ終了してない作品もちょっと残ってるけど、僕の春休みの宿題は毎年コレです、そう、俺的アニメグランプリ。「継続は力なり」を信じて、ブログ上では8年目、人生を通じて12年目。12年……干支が一周しちゃったよ……12年間もアニメを観るだけで生きていける人生、本当に幸せだなぁ(虚ろな目)。いや、でも本当にありがたいことでね。このブログだって、ただひたすら自分の欲求を満たすためだけに書き殴ってる代物なのに、たまに反応してくれる人とかもいるしね。私の奇異な性癖の極まってるところは、こうして文章を書き連ねていることが自己顕示欲とか、承認欲求だけからきてるものじゃないってことなんですよ(まぁ、そういう要素も少なからずあるけども)。多分、誰にも反応されずとも、時間と気力があれば書き続けていくんでしょうよ。いや、流石にブログ文化が完全に終わりを告げ、誰も見てくれなくなったら書かなくなるのかもしれないけど。……どうなんでしょうね。まぁ、終わってから考えよう。

 昨年分以前は「アニメ・雑記」タグから遡れますので、興味がある方は頑張って過年度分を探してみてください。毎年のことなので断り書きをコピペしておくと、タイトル賞の選出は何故か毎年「仮装大賞」の賞に依っており、タイトル部門以外の賞は、基本的に3位まで取り上げてある。元々「単にベストを記載するだけだと枠が足りない」っていう理由で無理矢理分量を増やすための措置だったんだけど、今となっちゃぁ、これでも窮屈なくらいね。

 今期エントリーされたのは、「2016年4月期以降に終了した、もしくは現在放送中である」ことを条件として、ある程度最後まで視聴していた以下の170作品。……なんだこの数字。この期に及んでまだ増えたか。去年が総本数152で過去最高だったんだが……アニメ業界、飽和して弾けた方がいいとはしみじみ思うよね。ただ、例によって今年もショートアニメのカウントが増えており、今期は「こわぼん」までカウントしてるのでやや水増しされてる部分はある。更に分割の2期ものもあるのでそうした作品をまとめると実数は148本。1年365日、2〜3日に1作品ずつ観れば終わる計算やね(ニッコリ)。恒例なので確認しておくと、過去9年間の本数の推移は7674596790103(93)132(121)149(133)152(129)170(148)となっている(括弧内がショートアニメや分割を省いた数)。年間20本増って、軽く言ってるけど結構な事件やで。

 更に、現代アニメ業界の変化は劇場版の本数にも表れている。今期、劇場に足を運んだ作品は、(春先のガルパン4DXは除いて)下記の17本。ちなみに、出来る限り劇場作品は感想を書くようにしているのだが、視聴前後がバタバタしていたせいで結局「傷物語Ⅲ」の感想は書かずじまいで終わってしまった。ちゃんと観たんですよ。

 昨年までの推移を並べると7→4→6→12→8→6→9→17となり、史上最多を大きく更新した。これは商業モデルが劇場型に推移してるっていうのと、あと単に劇場に行く土壌が整っていたっていう理由。周りに話せる人間がいたせいでこれまであまりいかなかったプリキュア映画に行きまくってることからも分かるだろう。なお、毎年のことだが劇場作品については「基本的に」このグランプリの選出規準からは外すようにしている(割と例外措置が多かったけど)。今年は色々と劇場作品の話題は多かったが、どうしたものかしら。

 

 

○一応ある程度見ていたエントリー作品(アイウエオ順・ショートアニメは()で表示)

「アイドル事変」「アイドルメモリーズ」(あいまいみー~Surgical Friend~)「青の祓魔師 京都不浄王篇」「AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-」「アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd」「亜人(第2期)」「ACCA13区監察課」「甘々と稲妻」「あまんちゅ!」「アルスラーン戦記 風塵乱舞」「暗殺教室(第2期)」「アンジュ・ヴィエルジュ」「あんハピ♪」「うしおととら(第2期)」「うたのプリンスさまっマジLOVEレジェンドスター」(宇宙パトロールルル子)「うどんの国の金色毛鞠」「うらら迷路帖」「エルドライブ【élDLIVE」「ALL OUT!!」「オカルティック・ナイン」「鬼平」「orange」「ガーリッシュナンバー」(怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~)「ガヴリールドロップアウト」「CHAOS; CHILD」「学戦都市アスタリスク(第2期)」(影鰐 --)「かみさまみならいヒミツのここたま」「カミワザ・ワンダ」「キズナイーバー」「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期)」「機動戦士ガンダムUC RE:0096」「逆転裁判」「境界のRINNE(第2期)」「キラキラ☆プリキュアアラモード」「銀魂.」「クオリディア・コード」「クズの本懐」「くまみこ」「クラシカロイド」「クロムクロ」「競女!!!!!!!!」「けものフレンズ」「甲鉄城のカバネリ」「この素晴らしい世界に祝福を!2」「この美術部には問題がある!」「小林さんちのメイドラゴン」(こわぼん)「コンクリート・レボルティオ THE LAST SONG」「SERVAMP -サーヴァンプ-」「斉木楠雄のΨ難」「坂本ですが?」「3月のライオン」「三者三葉」「灼熱の卓球娘」「12歳~ちっちゃなムネのトキメキ~」「12歳~ちっちゃなムネのトキメキ~(第2期)」「終末のイゼッタ」「ジョーカー・ゲーム」(SHOW BY ROCK! しょーと)「SHOW BY ROCK!#」(少年アシベGO! GO!ゴマちゃん)「少年メイド」「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」「食戟のソーマ 弐ノ皿」「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」「SUPER LOVERS」「SUPER LOVERS2」「スカーレットライダーゼクス」「スクールガールストライカーズ Animation Channel」「ステラのまほう」「聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ」「セイレン」「装神少女まとい」「双星の陰陽師」(侍霊演武:将星乱)「タイムトラベル少女」「タイムボカン24」「田中くんはいつもけだるげ」「タブー・タトゥー」「ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学院」「チア男子!」「チェインクロニクル~ヘクセイタスの閃~」(ちるらん にぶんの壱)「ツキウタ。THE ANIMATION」「DAYS」「テイルズオブゼスティリアザクロス」「テイルズオブゼスティリアザクロス(第2期)」「デジモンユニバース アプリモンスターズ」「亜人ちゃんは語りたい」「テラフォーマーズ リベンジ」「TRICKSTER」「ドリフターズ」(とんかつDJアゲ太郎)「91days」(ナゾトキネ)「夏目友人帳 伍」「七つの大罪 聖戦の予兆」「ナンバカ」「虹色デイズ」「NEW GAME!」(にゃんこデイズ)「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」(バーナード嬢曰く。)「ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校」「ハイスクール・フリート」「ばくおん!!」「初恋モンスター」「バッテリー」「はんだくん」(パンでPeace!)「ハンドシェイカー」「Bang Dream!(バンドリ)」「ハンドレッド」「B-PROJECT ~鼓動アンビシャス~」「美少女戦士セーラームーンCrystal」「ビッグオーダー」「美男子高校地球防衛部LOVE! LOVE!」「響け!ユーフォニアム2」「ViVid Strike!」「風夏」「舟を編む」「Fate/Kaleid liner プリズマイリヤドライ!」「不機嫌なモノノケ庵」(腐男子高校生活)「ブブキ・ブランキ 星の巨人」(Planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜)「フリップフラッパーズ」「ブレイブウィッチーズ」「文豪ストレイドックス」「文豪ストレイドッグス(第2期)」「ふらいんぐうぃっち」「ヘボット!」「ベルセルク」「僕のヒーローアカデミア」(ぼのぼの)「MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang」「マギ シンドバッドの冒険」「マクロスΔ」「政宗くんのリベンジ」「魔装学園H×H」「魔法少女育成計画」「魔法使いプリキュア!」「迷家-マヨイガ-」「南鎌倉高校女子自転車部」「モブサイコ100」(闇芝居 第4期)「ユーリ!!! on ICE」「妖怪ウォッチ」「幼女戦記」「弱虫ペダル NEW GENERATION」「ラブライブ!サンシャイン!」「RE:ゼロから始める異世界生活」「リトルウィッチアカデミア」「龍の歯医者」「Rewrite」「Rewrite(第2期)」「ReLIFE」「リルリルフェアリル~妖精のドア~」「霊剣山 叡智への資格」「レガリア The three Sacred Stars」「Lostorage incited WIXOSS」「ろんぐらいだぁす!」「WWW.WORKING!!」「私がモテてどうすんだ」

 

○今期視聴した劇場アニメ作品

「プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法」「ズートピア」「響け!ユーフォニアム〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜」「傷物語Ⅱ 熱血篇」「傷物語Ⅲ 冷血篇」「Planetarian〜星の人〜」「君の名は。」「魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!」「劇場版マジェスティックプリンス -覚醒の遺伝子-」「聲の形」「この世界の片隅に」「ポッピンQ」「劇場版ソードアートオンライン -オーディナル・スケール-」「モアナと伝説の海」「プリキュアドリームスターズ」「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第1章 ともだち」「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」

 


拍手

 

 

←前(2/4)へ 

 

 

 

<アニメソング部門>

 歌い続けるよ! アニソン部門。僕にとってはカラオケ部門。カラオケ戦士になって以来、どうも曲の方にばかり比重が行ってなかなか映像部分が見えなくなっているのが難ですが、今年は何とか、映像部分のポイントもチェックしていきたいところですね。まぁ、最近はせっかくオープニングがあるのに尺の関係で切られてばかり、なんて残念なパターンも少なくないですが……。一応、今年も例年通りに「各クールで一番熱心にカラオケで練習したで賞」をランキングとは別にピックアップ。コレ(と過去の受賞履歴)を見ると分かりますが、わたしゃ大人しい曲ってほとんど歌わないし、聞かなかったりする。

 

春クール・「COOLEST」(坂本ですが? OP)

夏クール・「DIVINE SPELL」(レガリア The Three Sacred Stars OP)

秋クール・「サウンドスケープ」(響け!ユーフォニアム2 OP)

冬クール・「JINGO JUNGLE」(幼女戦記 OP)

 

 さて、今期もたくさんのナイスアニソンが乱打されましたが、皆様のお気に入りはどんな曲でしょうか。恒例なので「今年のナイス声優歌唱」から見ていくと、真っ先に思い浮かぶのは「絶対絶望バースデー」なのよね。あんなもん、反則やろが。同様にキャラ歌唱で圧倒的破壊力を持つのは「LOS! LOS! LOS!」ですかね。曲も台詞も噛み合って圧倒的に「アニソン」してますね。しっかりと「歌手」名義で活動する人間で今年注目したかったのは、2作品とタイアップを果たした沼倉愛美。「Climber’s High」も「叫べ」もどっちも格好良いです。そしてもう1人要注目は田所あずさ。こちらもタイアップで2曲を世に出しており、独特のロックテイストがクセになる。個人的には「運命ジレンマ」が好きですね。歌姫の登竜門・マクロスシリーズでは鈴木みのりがデビュー、「ルンがピカッと光ったら」は素直に元気が出る曲でした。同作は豪華声優ユニット・ワルキューレの存在もあるのでグループ歌唱も当然おさえておく必要があり、個人的には「破滅の純情」がお気に入りでした。

 このままユニット歌唱の部に移りましょう。アキバミュージックの薫陶を受けてアニメ沼に沈んだ身としては、やっぱり「一件落着ゴ用心」みたいな分かりやすい狙いの歌に弱いです。すぐに行き詰まるかと思っていたんだけど、イヤホンズはむしろこの1年でグッとあげてきた感すらありますね。作品限定のユニットに目線を移すと、青春のありがたさを歌い上げる、「ヴィヴァーチェ」は流石の出来。可愛らしい映像とともに楽しみたい一品。今年度ラストを席巻したグループ(?)歌唱曲といえば、IQ下がること請け合いのお気楽テイスト「ようこそジャパリパークへ」。こういう賑やかさはアニメソングならではの部分ですね。グループ歌唱だが、どっちかというと映像の勢いを楽しんでほしいのは「クローバーかくめーしょん」。このモーション、このテンション、オープニングがクライマックスと言われても仕方がない完成度。同じく動画工房のやりたい放題に注目したいのは「ガヴリールドロップキック」。この音源の映像を作れてしまうというだけでも太田監督のアニメには価値がある。ちなみにこの曲、フルで聞いた時にネタ度合いが更に増します。ラスサビ前のサターニャのあるあるっぷりは必聴。ガヴリールといえば、7話エンディングの「ガヴリール数え歌」もなかなか……。そして今年度初頭を席巻したキャラソンの代表といえば……「KUMAMIKO DANCING」じゃないでしょうかね。あれも楽しい曲、楽しい映像でいいエンディングでした。

 声優歌唱だけで文章の半分以上を費やしてしまいましたが、ここからは声優以外の部。鉄板の「アニソンシンガー」たちは相変わらずいい仕事をしてくれていますが、今期注目だった動きを見ていくと、例えばangelafripsideによる限定ユニットなんて面白い試みもありました。私はどっちかといえばangela派なので、曲を担当した「僕は僕であって」が印象深いです。同様にスペシャルユニットを結成したのは黒崎真音とTRUSTRICKで、「DEAD OR DIE」では実に綺麗なかみ合い方を見せてくれた。TRUSTRICK、割と好きだったんだけどもう聞けないのが残念ね。そして、最近ガンガン挙げてきているアニソンシンガーといえば上のカラオケ部門で曲を2つともあげちゃってるTRUEですかね。「Divne Spell」、大好きなテイストです。「サウンドスケープ」の方はアニメの内容に肉薄した歌詞がズルすぎて、最初にフルで聞いたときには「上手くなりたい、特別になりたい」のとこでブワッと泣いてしまいましたもんね。

 懐かしいアニソン関係者としては伊藤真澄の名前を久しぶりに見た気がします。一発でそれと分かる味わい、「FLIP FLAP FLIP FLAP」。最高に愉快な映像と一緒にお楽しみ頂きたい。あとは久しぶりにタイアップが来た! と思ったらとんでもないアニメだったAiRI。まぁ、底抜けの明るさの「DREAM×SCRUMBLE!」は馬鹿アニメにぴったり! 

 映像の際だちに曲のヘンテコさが合わせにいったパターンが「99」。フルで聞くとちゃんと1から99までカウントアップするのよね。そしてなんだかよく分からない迫力に丸め込まれる怪作には「History Maker」なんて曲も。何故ディーン、すげぇディーン。あと、なんでか分からないけど印象に残っちゃった歌として、多分あんまり観てる人多くないので「ケラケラあっちむいてホイ!」を紹介させてください。映像も合わせてだけど、なんか愛嬌があっていいのよ。あとは、歌い手がよく分からなかったり、何とも言えない不思議な雰囲気、レトロな空気が気になる怪作「Shadow and Truth」、そして作品の内容に肉薄しすぎて震えが止まらなかった「平行線」を今期最後のお気に入りってことで名前をあげておきましょう。濃い曲が多かったので、疲れた頭は「シャンランラン_feat.96」なんかで癒しつつ、残り3曲いきましょうか。

 

 


拍手

 

←前(3/4)へ 

 

 

 

<キャラクター部門・女性キャラ>

 簡潔にまとめた(?)男性部門と違い、どうしても長くなりがちなヒロイン部門。なるべく絞って、絞ってね。

 今期も本当に素敵ヒロインはたくさん居たわけだが、どうにもハーレムな作品だと個々の重要性は薄れがち。作品ごと忘れ去られないよう、出来るだけ「良かったところ」を特徴付けて記録に残していきたいところ。「個性」というテーマを設定すると、金太郎飴のような現代アニメヒロインは自然に淘汰されていくことになる。とはいえ、ベタはベタで良さもあるので難しいところだが……。

 まずはまっとうなヒロイン勢から。新世代のアイドルとして今後が期待されるのは、銀河の歌姫フレイア・ヴィオン(マクロスΔ)。前作「フロンティア」では完全にシェリル派だった私ですが、今作はどこぞのパイロットさんの存在意義が薄すぎたせいで、事実上のフレイア一択。まぁ、アイドルヒロインとしては正しいスタンスだったのかも。同様の真っ直ぐさでいえば白羽由希奈さん(クロムクロ)も正統派で魅力を振りまける良い女子高生でしたね。2クールも濃密に「ただ1つのカップルの馴れ初め」を見せられても、剣之介と由希奈だと「分かったからさっさと幸せになれよ」という気持ちしか出てきません。当然、上記男性キャラリストと重ね合わせるなら、牧穂乃香さん(キズナイーバー)もさっさと幸せになれ、タイプのヒロインですかね。メインヒロインは違う人? そんな概念はしりません。

 メインヒロインってのとはちょっと違うかもしれないが、どっちかというと男役でいい仕事を見せてくれた大人な女性、小林(小林さんちのメイドラゴン)。こういう立ち位置のキャラってアニメだと珍しいので、彼女の存在そのものが今作の個性と言えなくもないですね。あ、もちろんメインヒロインってのはカンナちゃんのことですからね。当たり前じゃないですか。尽くす側と尽くされる側のどちらが可愛いのかはなかなか難しい問題だが、尽くす側の筆頭はほしのゆめみPlanetarian)ということになってしまうだろう。まぁ、そこまで全てを賭けて尽くされても涙しか出てこないのだが……。もうちょっと気軽にね、日常的な奉仕がほしいところですね。イゼッタ(終末のイゼッタ)とか? うーむ、これでもちょっと重いなぁ。雪染ちさ先生(ダンガンロンパ3)とか? 違う、そうじゃない。どっちかっていうと彼女はラスボス部門だ。来夢先輩(ばくおん!)の包容力とか……違う、あれはゲテモノ部門だ。あんまり尽くしてくれるキャラがラインナップしてないじゃないか……。あぁ、犬塚つむぎちゃん(甘々と稲妻)ですかね。この部門、幼女を何人並べるかで俺の人間性が問われそうで怖い。

 やっぱり女の子は滅私で奉公なんて必要ないのかもしれませんね。どこまでも元気で、自由であってくれればいいのかも。当方被虐属性ですので、ちょっとくらい暴れても魅力だと割り切ります。花咲里あさみちゃん(アクティヴレイド)とか。……いや、そこまで壊れるとちょっと手がつけられない。サナギ姉妹(アンジュ・ヴィエルジュ)くらいなら大丈夫かな? あー、でも、百合だと付け入る隙が無いんだよな……。グループの中で一番元気な小田切双葉さん(三者三葉)あたりは。おっ、このあたりが現実的なポジションじゃないかな。やっぱ女子高生やな。元気っぷりでは天下ハナビちゃん(灼熱の卓球娘)も負けてない。部活少女の清々しさは素晴らしい。自由の申し子草薙ゆまちん(装神少女まとい)も非常に魅力的ですよね。まぁ、オープニング映像すら自在に変える強さをやんちゃと片付けていいものかどうかは悩みますが。中の人繋がりなら胡桃沢=サタニキア=マクドウェルさん(ガヴリールドロップアウト)も破壊力でかいですよね。こうやって並べた中ではかなり被害が少ないほうですし。そして走り出したら止まらない愉快なヒロインといえば宮野さん(田中くんはいつもけだるげ)は絶対にキープです。一家に1匹、宮野さん。こうしてみるとやっぱりロリ度が高いな……。

 もうちょっと抑えめで大人の魅力とかないんですかね? そうだなぁ、やっぱり甘えたり、頼ったり出来る女性の方がいいかなぁ。先輩キャラといえば八神コウさん(NEW GAME!)あたりが鉄板でしょうか。まぁ、ここも百合成分が多めですけどね。もっと素直に甘えたい? それなら川本あかりさん(3月のライオン)で決まりだ。オギャリティとかいう気持ち悪い言葉があるらしいですが、彼女の存在を目の当たりにしてしまったら、それもやむなしと諦めるしかないですね。ちなみに姉属性っていうくくりで同作品から幸田香子さんもリストアップさせてください。面倒臭い年上の女性にいいように弄ばれる人生も素敵なものですよ。これが佐藤先生(亜人ちゃんは語りたい)までいくと甘えるべきなのか甘えさせるべきなのかが分からなくなっちゃうからなぁ。まぁ、佐藤先生の場合は「弄る」とか「嬲る」で良い気がしますけども。そうそう、ママ味溢れる今期最高のキャラはトップスピードさん(魔法少女育成計画)ですからね。異論は認めません。

 年上とか、年下とか、そんな関係性はやっぱり駄目なんだ、という対等のポジショニングをお望みの人には、幼馴染みキャラなどいかかでしょうか。失われて初めて知る大切さ、一ノ瀬桃子さん(タブー・タトゥー)。何故こういうアニメって幼馴染みが幸せになれないんだろう。近所のお友達なのに絶対関係が発展しない気がする女の子、木幡真琴ちゃん(ふらいんぐうぃっち)。関係性が一足飛びでもう熟年夫婦みたいになっちゃうからなぁ。関係性の疲れ切ってる感なら、お兄ちゃんが大っ嫌いな妹、千種明日葉ちゃん(クオリディア・コード)なんてどうでしょう。明日葉に蹴られながらアイス買ってきたい人生だった。隣に置いておけば絶対楽しいことが起こる(そして面倒なことが起こる)同居人にはスーシィ(リトルウィッチアカデミア)を置いておきたいですね。間違いなく翌日にはキノコですけどね。バディを組むならもっと真っ直ぐな子がいいかな。責任感もあるし、安心して背中を任せられるヤヤカ(フリップフラッパーズ)なんてどう? 男女の友情を積極的に成立させてくれそう。愛憎を乗り越えた絆の強さなら下村泉さん(亜人)も理想のビジネスパートナーだなぁ。スーツが似合う萌え系女子って貴重よね。そして、恋愛感情なんて遙か彼方に、僕らのフレンズサーバルちゃん(けものフレンズ)。ペットセラピーって、女の子との生活を指すことも可能なんでしょうか。

 そういや今回、「ラスボス部門」にほとんどキャラクターがノミネートされなかったなぁ。ヨハネ(津島善子)(ラブライブサンシャイン)はボスでもなんでもないしなぁ。個人的には彼女が一番転がしたいAqoursメンバーですね。あ、一応敵キャラなら黒鳥の騎士オディール(スクールガールストライカーズ)ってのもいるんだけど……ボスキャラじゃねぇなぁ。一応、純正の悪役ってんなら中村刑事TRICKSTER)は割と印象的だったので、今期悪役部門は彼女でいいかなぁ。最後どうなったか分からないんだけどさ。

 ラスト、ベスト3に入る前に、こぼれベスト3とノミネート除外理由を付記。ナンバー1,レムりん(RE:ゼロから始まる異世界生活)! 他の部門で色々関わりすぎてるので殿堂入りだ! ナンバー2,ターニャ・デグレチャフ少尉(幼女戦記)! 彼女を女性キャラ扱いしていいのか決められなかったんだ! そしてナンバー3、チトさん(ふらいんぐうぃっち)!! 猫だ!!! でも、多分ナンバーワンは猫だ!

 以上、残す3人は誰だ?!

 

 


拍手

○「サクラクエスト」 6

 やぁみんな! P.A.WORKS大好きおじさんだよ! 今期はP.A.作品が2本もあるから大変だね。しかももう一本があの「有頂天家族」だからな! おじさん幸せで消し飛ぶかもしれないゾ!(今期は京アニが無さそうなのでセーフ)

 「クロムクロ」終了後、この半年は珍しくP.A.作品が放送されないブランク期間だった。半年の間が空いたのは実はけっこう久しぶりで、確認したら「TARITARI」と「RDG」の間が半年だったので丁度4年ぶり。まぁ、その分今期2本になるんだから、スタジオとしては休んでいないんだろうが。「有頂天家族」はおよそ期待を裏切らない出来になるだろうと決めつけて置いとくとして、問題はこっちだ。何の情報もない状態で、一体どんなオリジナル作品が飛びだしてくるものか。

 基本的に、P.A.のオリジナルは(麻枝関連を除けば)当たりが多い。というか、大好きおじさんは「グラスリップ」も好きなくらいだから基本的に全肯定だ。もちろん、「花咲くいろは」「TARI TARI」「凪のあすから」「SHIROBAKO」と文句なしの名作も多いわけだしな。そして今回飛び出してきた作品も、1話目から色々と刺激が多くてとても楽しみだ。何故P.A.作品ってのはこうして予想出来ない方向からシナリオが飛び出してくるのだろう。

 一応「花咲くいろは」「SHIROBAKO」に続く「お仕事シリーズ」と冠されているようだが、「花いろ」は旅館経営、「SHIROBAKO」はアニメ製作進行。そして今回は……国王?! まったく予想がつかないスタートだ。いきなり就活の洗礼を浴びせられるヒロインに「おっ、SHIROBAKOみたいな出だしかな?」と思ったら今度は「国王」という謎タームが飛び出し、戴冠式を行うとか言われる。「ひょっとして『城下町のダンデライオン』の方が近いな……」とか思ってたら、連れて行かれたのはチュパカブラ王国。引き抜いたのはお手製の貧弱な聖剣。一年契約の町おこし国王だと言われる。うむ、辿り付いたところは「ろこどる」だったわけだ。まぁ、とてもじゃないがアイドルって感じにはなってないんだけども。

 突飛な出だし、次に何が起こるか分からない展開、そしてきっちり1話目から立っている賑やかなキャラクターに、正統派のP.A.作画による見やすい映像。もう関口さんのキャラデザが見られるだけである程度満足してしまうくらいに調教されてるのだが、ヒロインの由乃、そしてサポートに回った観光協会のおねーちゃん(しおりさん)など、みんなちゃんと可愛いですよ。オープニング映像を見るともっと賑やかになるようだし、「花いろ」「SHIROBAKO」同様に、かしましいお仕事ドタバタ劇が楽しめるのではなかろうか。まぁ、今後どういうトラブルが起こるか分からないから、色々と精神的ダメージを受ける可能性もあるんだけどさ。現実世界の厳しさを受け止めつつもしっかりした成長物語が楽しめるのが、お仕事シリーズのいいところですからね。監督は「キルミン」の増井壮一。P.A.での仕事はほぼ初めてだと思うのだが、どういう経緯でのチーム結成なのかはちょっと気になるね。これまでも良い作品をたくさん見せてくれている人だし、期待したいところだ。

 中の人を見ていくと、ヒロイン由乃役はほぼレギュラー初出演と言って良さそうな若手、七瀬彩夏。なんか、最近「アヤカ」って名前の声優が多くてごっちゃになりそうだが……1話目を聞く限りではいい感じ。どこかしら「花いろ」の主人公だった伊藤かな恵ボイスをイメージさせる感じかね。そして、今回登場した他の女性キャラを見ると、しおりさん役にはその高音がクセになる上田麗奈、そして謎の寝袋女には我らが安済知佳がキャスティング。富山県声優と福井県声優ですよ。流石P.A.WORKS、北陸声優に優しいキャスティングだ。あと、多分誰もが一番気になったのは……バスに乗ってた謎外人だよな。アレ誰だ。キャストの名前調べてわざわざ所属事務所のサンプル聞きに行ったけど、英語ナレーションのサンプルしかねーぞ。

拍手

「小林さんちのメイドラゴン」 6→6

 やぁみんな! 毎度お馴染み、京アニ大好きおじさんだよ! やっぱり京アニはいいよね!(洗脳)

 当初思っていたよりも、京アニの恩恵の多いアニメになりましたな。ネタとして飛び抜けて面白いものがある作品って感じでもないのだけど、とにかく毎週カンナちゃんに会いたい一心だけで充分過ぎる位に視聴が続けられるという。どっかの感想でも触れたが、やっぱり京アニ作画は「むちむちした女の子の肉」を描かせると天下一品なんだ。女子高生のニーソとかも素晴らしいものに仕上がるのだけど、今回はそれが幼女のむちむちっぷりに活かされたわけだね。京アニ作品の幼女部門筆頭候補にカウントしておこうではないか(他に誰が対抗してくるかは知りません)。

 もちろんカンナちゃんだけではなく、作品全体としての映像面は完璧だったし、ちょっと弱そうなネタ回しでも余裕を持った尺と自信を持った演出で堂々と見せられると、それだけで何となく面白く思えてくるものだ。幕間にちょっと挟まるだけのエルマの使い方とか、あまり押しつけがましくないネタの挟み方がほどよい感じ。腹を抱えて笑うような作品にはならないのだが、ほどほどに笑えて、ほどほどにアットホームで、ほどほどにヒューマンドラマ(ドラゴンドラマ?)。ラストのドラマの締め方もばっちりだ。世間の厳しさに打ちのめされた社蓄の皆さんも、本作で少しでも心が浄化されればこれ以上のことはありませんよ。うちにも来ないかなぁ、メイドラゴン。いや、この際幼女だけでもいいんで……別におっぱいいらないんで。

 中の人はメインとなったちょろゴンずの面々はみんないいお仕事。カンナちゃんを別枠にすると、やっぱり代表するならトール役の桑原由気かな。はっきりしたメインヒロインはこれが初めてだと思うが、いい仕事を残せたのではなかろうか。あとはまぁ、座長(?)といえば田村睦心なんでしょうね。むっちゃん、多分周りの後輩からも愛されてると思うよ。いいお仕事でございました。

拍手

 良い話だった……最終話! 最後はちょっとウルッとさせられましたね。果たして小林は実家のご両親にトールをどんな風に紹介したのか……。

 実に予想通りの展開ではあるのだが、ここまでの丁寧な日常描写の甲斐あって、最後の特別感がしっかりと活きるお話になっている。最後の最後まで小林が小林のままだったのが実に潔いな。酒の力を借りなくてもドラゴンと対等に話が出来る女、小林。トールの方は流石に弱みを見せてしまったが、メインヒロインの面目躍如、完全に小林との関係性で「メイド」であり「お姫様」になることが出来た。彼女にとってこれ以上のご褒美はないでしょうね。

 結局、突き詰めれば非常にシンプルな「イシュカンコミュニケーション」が本作のテーマ。今回終焉帝も取り上げた問題には大きく2つの論点があり、1つは終焉帝の気に当てられたようにトールが自分の内面と戦った命の長さの問題。人の命は限りがある。永劫を生きるドラゴンとの共同生活も、確実に終わりを迎えることになるのだ。小林をただ1つの拠り所にしてしまった場合、トールは小林亡き後、一体どうすればいいのか。正直、そんなことはまだ誰にも分からない。しかし小林はいう。「すでに共同生活は出来ている」と。そう、問題は今なのだ。確かに数十年後にはトールは小林に置いていかれることになるだろうが、それが「人間界を立ち去る理由」にはつながらない。これからの時を生きる中で、また新しい目的を見つければいいだけの話なのだ。あくまで、トールを人間界に繋いでくれたのが小林。あとは彼女との関係性の中で、新たに「人間界のドラゴン」を作り上げていけばいい。

 もう1つの問題は、ドラゴンは人間界に干渉してはならないという不干渉の約定。この取り決めがいつ、誰によって成されたのかは定かでないが、終焉帝は「干渉を許せば、いつか侵略を目論む者が出てきてもおかしくない」という論を展開していたので、決してドラゴンの身勝手ではなく、むしろ人間世界に配慮した上での取り決めであることが分かる。そう言われると人間サイドとしても「しょうがない」と思うところだが……小林の返答は「知ったことか」。なるほど、これもまた真理。確かに、トールの行動によって、この世界にはドラゴンが増えつつある。カンナ、ファフニール、そしてエルマ(ルコアはトールとは別枠でこっちにきてる)。このまま特例を認めれば、いつかドラゴンとヒトの世に境がなくなるかもしれない。そうなれば、確かにヒトの身には困難が起こる可能性もあるだろう。しかし、だからといってそれがトールの責任だというのもおかしな話。現時点において、トールは人間界がいいと主張し、それを受け入れた小林もトールがいいという。ミニマムな関係性において、ヒトとドラゴンの共生は成立しているわけで、そこに「将来の懸念」を理由に割ってはいるのはお門違いである。実際、ルコアがこちらの世界にいることで問題は発生していなかったわけで、ここでトールだけを特別視してしょっ引くのは道理が通らないだろう。小林は、はっきりとこの欺瞞を見定め、巨大なドラゴンに異議を申し立てたのである。あくまで、一人の人間の主張として。

 結果的に、終焉帝は娘の意地に折れた形になる。依然わだかまりは残っているだろうが、少なくとも一度はトールのわがままを認めたということで、トールの居住は親公認だ。なんだ、結局今回のお話は小林がトールの実家に乗り込んで「お嬢さんを僕にください」って言っただけの話だったんだな。結論は「2人のことなんだから好きにさせろよ」。随分わがままなプロポーズがあったもんである。トールが居なくなってからの小林の生活スタイルを見ていると、どうしても「やっぱメイドがいないと不便だから……」っていう打算的な面も見えそうになっちゃうんだけど、そこは気にしない方向で。夜勤連発の小林の庇護では、カンナちゃんの発育にも影響が出かねませんからね。育児の大変さがよく分かるお話ですよ。

 小林は、結果的にイシュカンコミュニケーションを認めさせることに成功したわけだが、改めて見ると、2人の間に種族の差なんてものはあまり関係なかったということになる。冒頭、何気ないシーンの中で、トールはとてもいいことを言っている。「ドラゴンだからじゃありません。私だからです」。これ、良い言葉だと思うよ。世にいう差別とか、そういう問題も、この気持ちがちょっと持てるだけで解決することが多いんじゃないだろうか。

 常識も滅しちゃえばパラダイスですよ。

拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
28 29
30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[04/24 Seachicken]
[04/24 NONAME]
[04/23 NONAME]
[04/22 metalica]
[04/07 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター