忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

「武装少女マキャヴェリズム」 4→5

 とりあえずカッターお疲れ様。声優にとっての1つの目標、「ラスボス」を演じられるってのはそれだけで認められた証拠よな。

 最後までB級っぽいテイストを貫き通した作品。1話目で「なんかしょっぼ」って思った必殺技名のエフェクトなんかは最後までヘロヘロだったし、サブキャラの男子の描写なんかも馬鹿げていていまいち笑いにつながらない。ギャグとしては半端だし、バトルものとしてアクションで見せるなんてことも無い。現代アニメとしては一歩も二歩も足りてない、そんな作品だった。

 でもね、案外悪くなかったんですよ。多分一番の誘引要素は「ハーレムもの」としての部分だと思う。最終的にみんなして納村に惚れるだけのチョロいヒロイン勢なんだろ、って思ってて、実際にそれ以外のなにものでもない結末なんだけど、セオリー通りに五剣を1人ずつ攻略していき、その経過で「前に倒した五剣が仲間になる」という少年漫画的なくだりが良い具合に機能している。鬼瓦の力を借りてメアリを打開し、メアリ達2人との友情を深める上でワラビンピックを突破、そしてその蕨と一致団結してさとりを倒して……という繋がりで、自然に総勢6人のヒロインの掘り下げをしていき、ヒロイン勢も「剣士」という特性が同じはずだがきっちり個性が出ている。まぁ、ぶっちゃけ最後の方になると鬼瓦がどんどん空気になっていくところとかはファンには物足りない可能性もあるのだが……個人的には天羽を別にすると蕨ちゃん派です。やっぱり日高ボイスのロリは破壊力が高く、そこに咲子ボイスのキョーボーも関わってくるあのコンビが好き。立場を除いて人間性だけで考えると一番いい奴って多分蕨だよね。

 こうして「ヒロイン攻略」という中心的な動機がしっかり見えていれば、バトル描写が多少ショボくても「まぁ、女の子が可愛ければいいか」というので飲み込めるし、全体のバランスを考えれば突然バトルだけシャキシャキする方が不自然だしな。多少時代遅れな感のある造形は、むしろ野暮ったい方が本作のベタな展開は見せやすいっていう配慮だったのかも。

 キャラが定着したあとの2期目とかが楽しめればもっと評価が上がるかもしれません。……あるかな?

拍手

PR

「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」 5→5

 普通って大事。業界全てが埋まってしまえば辟易するが、1クールに1本か2本こういうラノベがあるくらいが、精神衛生上は良い気がしますね。

 改めて新番チェックの文面を読み返したら、1話目時点で「スレスレでテンプレから逃れてる感がある」みたいなことを書いていたのだが、終わってみればまーテンプレである。特に今作の場合は「悪役がすごく分かりやすい悪い奴」というのがテンプレっぽさを加速させており、特に悩まずに「あぁ、これは主人公サイドが正義なんだな」ということが分かるので、余計なイデオロギーで悩むようなことが一切無い。そういう潔い思考放棄は、馬鹿らしさにもつながっているが、見やすさにも直結するので決して悪いものではないだろう。

 テンプレテンプレ言ってはいるが、いわゆるファンタジーラノベ系のテンプレに、「教師もの」というテンプレを重ねているので全く同じ方向の作品を探そうとするとけっこう難しい。そして、普通「教師もの」っていうのは指導者を描く必要があり、そこには通常の「英傑」とは違ったレベルでの格好良さが求められるものなので別軸でハードルが高くなるのだが(王室教師ハイネの感想参照)、本作のグレンの場合、「ろくでなし」テイストを最後まで維持しつつも、実は指導者としては至極真っ当な教育方法しか使っていないという、これまた潔い思考放棄のおかげで「教師もの」として気を衒った部分がなく、余計なカロリー消費を抑えることが出来ている。よくあるパターンだと「一見無意味に思えた先生の言葉が、実はすごく大事な真理だった!」とか、「訳の分からないトレーニングを押しつけられて辟易したけど、いざ実践してみたらすごく意義深かった!」みたいな展開が教師ものの面白味の1つだと思うんだけど、そういう筋立てって、意外性を必要とするからしっかり説得力を持たせるのが大変。その点、グレンはすごく普通に「君はこの部分が優れてるから、そこを伸ばせばいいよ」とかいう指導をしているだけなのだ。なんや、こいつ単なる良い先生やんけ。おかげで特に突っ込む余地もなく、「まぁ、普通に育成できてるよな」という納得があるだけだ。

 「ろくでなし」要素は教師としての側面以外で発揮されており、常におちゃらけた言動や、徹底したゲスの思考はキャラをちゃんと維持している。先生っていう職業だと、かえってこういうヤツの方が人気があったりするのも何か分かるしね。教師と生徒という関係性があるおかげで、普通のラノベでありがちな「なんでヒロイン勢がみんなしてこんなクズに惚れるのか分からない」みたいな問題もなし崩しで解決。やっぱり女の子が先生に憧れるのは普遍的だ。メインヒロイン2人も特に大きな取りこぼしもなく、姫様は姫様、白猫は白猫でちゃんと可愛い。映像面で大崩れせずにエロヒロインを維持してくれたのも評価点である。まぁ、「こっちがメインヒロインなのかよ!」っていうツッコミは確実にあったと思うけども(狙ってやってたんでしょうかね)。

 あとはまぁ、斉藤壮馬がどんどんクズ役にはまっていくなぁ、っていうのが個人的に楽しかったポイント。どこぞの地上最強の男に続き、卑怯なことをやらせたり下卑た発言をさせるとどんどん興がのっていくのが良いですね。このまま「面倒なキャラ」を専門に任せられる役者になってほしいですよ、石田彰みたいに(高すぎる先人の壁)。

拍手

 また一ヶ月ぶりくらいですね。この間に、新人たちは集まって自主的にたほいやを繰り広げ始めたようです。嫌な文化が広まらないことを祈るばかりですね。

 今回集まった面子は、現地の人間が4人に、東京1,福岡1。更にプレイしてないけど鹿児島から来たヤツもいます。こんだけ集まったらガッツリプレイするかと思いきや、なんか上手いこと場所がキープ出来ずにまんじりともせず時間が過ぎました。僕は翌日のドラフトのために1戦だけで逃げてきました。残りの面子でプレイしてるのかなぁ。

 

Round1・「がんがー」

1.ガンジス川。

2.窓などのガラスに格子状に埋め込まれるピアノ線。ガラスの強度を上げる。

3.ガリアルと虎の間に生まれた子。

4.トルコの国歌。ガガンガー。

5.(吻から銃弾を撃ち出すことから)テッポウガー。

6.(ドイツ)幽霊。

 一ヶ月ブランクが空くとやっぱり何書いて良いか分からない。エンジンのかけ方が知りたいけど、今回タイラントいない(アイツのエンジンってなんだろう)。ちなみに「ガンガー」で画像検索かけるとこんな感じ。誰だお前。 ①「ガンガ」ではなく「ゴウガ」という読みの方がまだ伝わる。「恒河砂」の「恒河」ね。 ②せっかくだからアレはなんていうんだろうと思って調べて見ると「網入りガラス」・「ワイヤーガラス」とかいうすごくつまらない答えが。そりゃそうか。 ③ガリアルはワニの一種なので「ワニと虎って!」というツッコミを期待したんだけど、そもそもガリアルの知名度が無かった。まぁ、俺もMagicやってなきゃ出てこない。 ④こういうことをうかつに書くと「これは違います」とかいう無駄に知識を蓄えたヤツがおってなぁ……あいつマジでなんなんだよ。 ⑤「銃弾を打ち出すんですかね?」「まぁ、テッポウウオと同じ発想だろ」「いや、でも銃弾は撃ちませんよね」「…………せやな」。 ⑥ Geist(ガイスト)から。あえて(独)じゃなくて(ドイツ)とか書いて「見たことないからひょっとして広辞苑かも……」とか思わせる高度な情報戦。我々の中の認識は、「日本語が一番駄目なヤツが広辞苑」。

 

Round2・「かみばりづつ」

1.山陰地方で、十一月十一日に軒先に干す野菜などで作った印。神を招くといわれる。

2.→カーラー。

3.信仰対象への不満を吹き込んで封じる筒。信仰心を維持するため使う。

4.チャンバラに用いる新聞紙等を丸めた棒。

5.→万華鏡。

6.紙製の大砲。紙砲。

 広辞苑強いけど全外しにならなかった案件。今回は6戦やって全外しは無しです。①神有月に何かしてくれれば。 ②髪張り筒。まぁ、筒といえば筒。 ③そんなにまでして信仰心を維持せんでも。使おうと思った時点でもう駄目なのでは。 ⑤紙貼り筒。「まずは鏡の方に注目しろよ」。 ⑥「あぁ、でんじろう先生が使う、アレのことか!」と勝手に解釈した人もいましたが、そうではないようです。この言葉ではさっぱりヒットしないんだけど、一応ここにそれっぽい解説が。マジかよ。

 

Round3・「にれんぜんが」

1.前世からの縁で結ばれた男女。特に、男女の双子についていう。

2.インドのビハールにある川。ガンジス川の一支流。

3.(伯)ニュルンベルグ。

4.獅子の両の牙。善の象徴。

5.(謎語画題)浜に亀、松林に兎を描く。

6.二礼後、禅を組んで伏礼する禅の拝礼。

 ①「ヨスガか」とかすぐに理解出来る頭の良い子がいます。今の若い子でもヨスガって知ってるんですかね。 ②まさかのガンジス被せ。たほいやは一期一会です。 ③(伯)は広辞苑のどこかにはあるんですかね……。 ④二連善牙。セツメイシチャッタ! ⑤セツメイ……出来ない。分かりません。 ⑥二礼善臥ですかね。

 

Round4・「おぬる」

1.(女房詞)発熱。

2.たゆたう。

3.女性の二人称。使われることは稀。

4.未詳の言語体系。アフリカ大陸に祖を持つか。

5.(皇族を尊敬して言う語)ウルグアイに降り立つこと。

6.飼い羊に着せる服。

 出題後はしばらく「アナル!」「アヌス!」「オヌス!」と尻穴の話題でやかましかったです。なんだオヌスって。 ①オが付いたら大体女房詞ですからね。調べて見ると「敬語だ」と主張しているページがちらほらあります。 ②「おぬるはひぃひぃたもれよのう」とか言うんでしょうかね。言わないでしょうけどね。ちなみに書記の時に「マレはのぎへんのマレです」と説明されて、外野から「あぁ、乃木希典のマレ」とかいう余計な嘘が飛び込んできたのがやたら印象に残ってます。 ④オンドゥルルラギッタンディスカー! ⑤だからさ、油断すると何か漏れるんだよ、駄目なヤツが漏れるんだよ。これ、よく見たら降り立つのは皇族じゃなくてもいいんだな。 ⑥ on wool。やっぱり毛を刈りとったあとに「寒いだろう」ってんで着せてあげるんでしょうかね。羊側からしたら「じゃぁ刈るなよ、返せよ」って感じでしょうけどね。

 

Round5・「いいけつ」

1.許婚。

2.言いかけてやめる。

3.→桜田門外の変。

4.言葉じりに同じ。

5.米不足。転じて食糧難。

6.(尻で飯を食うように)道具の使い方を間違えていること。

 また尻の話をしてる……。 ちなみに「いいけつ」でググると(略)。 ①「いいなづけ」+「けっこん」みたいなイメージなんでしょうかね。 ②一応こちら。 ③「井伊結」。 ④「言い尻」。 ⑤「飯欠」。ただしあんまり転じてない。 ⑥「飯尻」。ただし何を言ってるんだお前は。

 

Round6・「おくじゃわ」

1.井戸端会議。

2.一億総平和社会。

3.(「奥方の身じゃ」の転)身篭ることの祝い言。

4.ロシアの詩人。小説家。自作詩に曲をつけ、ギターで弾き語りする「吟遊詩人」として絶大な人気があった。

5.クジャクの羽。

6.アメリカの音楽家。日系アメリカ人二世。

 ほとんどの点数を吐き出していた出題者は「全外し狙わないと……」とか余計なことを言ってしまい、かえって当てられるという憂き目を見た出題。 ①「奥方の茶話」から。 ②「億者和」だそうです。良い言葉だけどね。 ③正解発表後に「なーに言ってんだか」とか罵られた解答。 ④「吟遊詩人」ってわざわざ括弧つけてまで言う言葉でもないだろ。球磨川禊かてめー。 ⑤おクジャ羽。これも女房詞なんでしょうかね ⑥事ここに及んでこれしか書かないのは怠慢だと思うんですよね。

拍手

 すごく良い話っぽかったのに、後編の展開に嫌な予感しかないのは何故だろうな……第12話。当方、一時話題になった共感性羞恥が強いので、この後で由乃達がひどい目にあう展開は極力見たくないですが……はてさて。

 とりあえず今週分だけを見れば確実な成長が見て取れるお話。町興し企画の第N弾(もう数えられないや)には、チュパカブラ王国の建国祭という謎のイベントが発生した。ホントにどうでもいいイベントだし、商店街の人たちの言によれば、依然やった時もショボかったとのこと。普通に考えたらあんまり希望が持てるような内容じゃない。商店街の協賛がはっきりしていた分、お祭りと連携できた地元グルメイベントの方が客を呼びやすかった可能性すらある。それでも、一応は「国王」としての職務を任された由乃。建国祭に気合いを入れなければ嘘だ、ってんで何とか盛り上げるプランを模索する。その結果がクイズ大会ってのがどうにもありきたりではあるんだけども……学園祭のイベントとか、声優イベントの余興とか、そういうのって大体クイズ大会とかで落ち着くよね。

 単体ではパッとしない気がするイベントだったが、ここにまたもやマスコミの力が絡んできたことで情勢は一変する。町興しテーマのアニメだから当然といえば当然だが、映画撮影にゆるキャラグランプリと、とにかくマスコミとの接点の多いアニメである。今回は地元キー局が以前の由乃の活躍を覚えており、間野山出身のディレクターが「町興しガールズ」を情熱大陸(放熱山脈)のテーマに設定。これで一発地元愛を爆発させようという魂胆だ。今回登場した地元出身の雨宮さんは、地元愛こそ本物らしく、もしかしたら余所者の由乃たちなんかよりもよっぽど「間野山を何とかしたい」と思っている人物。そんな有力なコネクションが由乃達を中心に回り出し、良い言い方をすれば「盛り上がっている」。そして、悪い言い方をすれば「暴走を始めている」。とんとん拍子で企画が大きくなり、気付けば外部から前乗りしにくるような熱心なお客さんまで。「人をいっぱい呼ぶ」というのはとても良いことには違いないのだが、急激なドーピングは身体がびっくりして受け付けない可能性がある。具体的には、人が多すぎるとイベントがコントロール出来なくなる可能性があるし、何よりも「人気ロックバンド」はあくまで借り物の集客力でしかなく、どれだけ間野山が気合いを入れようとも、来客たちはそれらを全てスルーして自分たちの見たいものだけを享受してさっさと居なくなる可能性も高い。なんか、急に作品人気が爆発して御しきれなくなってしまった同人誌のオンリーイベントとか、そういうのを思い出すな。

 一応、ライブイベントの方はテレビ局が全て手はずを整えてくれているらしいので、そっちの制御はプロに任せるとして、残る問題はクイズ大会の方だ。考えられる「駄目な」パターンは以下の2種。1つは「ライブに客を取られ、しみったれたクイズ大会は閑古鳥」というパターン。商店街に頭を下げて色々と用意してもらった手前、この「鳴かず飛ばず」パターンが一番心にくる。そしてもう1つは「あまりにも多くの客が来すぎて、パンクしてしまったり、やっかいな客に面倒ごとをおこされる」というパターン。これはまぁ、由乃達が悪いわけではないので事故みたいなものだが、由乃達が身の程を思い知らされる結果になるかも。有力なのは前者だが……雨宮さんはそういう事態になったときに番組をどのように構成するのだろう。

 結果は全て次週明らかになるが、とりあえず今週だけで区切ると、改めて第3者が5人全員にスポットを当ててくれたので、現時点でのチームのスタンスが分かりやすかったのは収穫。いまいち個性を活かしにくかった真希だが、今回は「カメラに慣れている」という特性を活かし、浮ついてしまう一同を落ち着かせる大切な役割を果たしたし、彼女を起点にテレビとの関係性を構築することが出来た。凛々子はテレビ側からすると「地元の協力者代表」みたいなところがあるだろうか。ババアを通じて商店街との橋渡しもスムーズに進められるようになり、実は王国と間野山を接続するキーパーソンになるのかもしれない。早苗は……まぁ、いつも通りだけども。そして、「さらっとひどいこと言う」という新たな属性を獲得したしおりさん。大器晩成か……由乃さん、いつになったら晩成するかな……。

 そして、もっとも興味深いのは由乃の存在である。これまで散々言われてきたことだが、やっぱり彼女は主人公として認められるような結果を残せていない。そのことはテレビ局にも伝わったようで、「普通」の一言で処理されてしまう。実際、企画を進めるにあたって明確な成果を出せていなかったのは由乃くらいだろう。だが、そんな由乃について仲間達にインタビューをした結果、「突飛だし、馬鹿だけど、動く力はある」と認められている部分があることが分かり、最終的には商店街や青年会といった地元勢力への直談判へと挑み、熱量だけで強引に解決へ結びつけるという手腕を見せた。まぁ、周りの色んな人の手助けありきではあるのだが、一応は「由乃は由乃でちゃんと考えてるんだよ」という部分が認められてのことでもある。今回のイベントが無事に成功すれば、そろそろ「国王」も認められていい頃だとは思うが……どうだろう、成功するかなぁ……。

 結論:今週のエリカちゃんも可愛かったカブラ。

拍手

「フレームアームズ・ガール」 5→6

 個人的に一番気になったのは次回予告とかに出てくる「アレ」です。調べて見たら「立川市公認なりそこねキャラクター」だったらしいのだが……なんじゃいそら。立川市って色んなアニメの舞台になってる謎の近未来都市のイメージがあるのだが、そうか、なり損ねたのか……。

 「けものフレンズ」の想定外のヒットにより、「ぎこちないCGのキャラアニメ」にも新たな可能性が確認される昨今、メカ+少女のギミックを携えた作品が新たな勝負に挑んだ。これまで幾度となく繰り返されてきたコンセプト。どちらの方向にも色目を使っていいとこ取りしようと思っても上手くいかないもので、今作の場合は最初からバトルがCGになっていたこともあり、「どうせキャラとしては可愛くならないだろう」という予断があった。まぁ、実際にCGデザインの方は別に可愛くはならなかったわけだが……その分、満を持して繰り出される手描きパートの破壊力が増すという謎の副次効果が発生。オープニング映像なんかが分かりやすいが、「轟雷ってこんなに美少女なのかよ!」という衝撃が、それだけで作品を立脚させる。

 そして、バトルものとは言ってもある程度の兵器ガチャガチャ戦闘を押さえておけば、あとの部分はお気楽日常作品。まさに「可愛らしいガールズたちの日常をお楽しみ頂くために、適度な戦闘を交えたアニメ」であった。そりゃな、古来より「ちっちゃい女の子的なやつ」には一定のニーズがあることは分かってるんだしな。舵取りを誤らず、萌えとギャグに特化したシナリオラインが形成されれば、CG部分の固さと気合いの入ったアニメーションのギャップでいちころですよ。バーゼ可愛いよバーゼ。

 あとはまぁ、やっぱりあおの活躍がでかいよなぁ。「ちっちゃい女の子的なやつ」をどんな主人公のところに送り込むかってのは難しいところで、一昔前に企画が立ち上がっていたら、間違いなくオタクな男の子のところに出荷されていたことだろう。しかし、そこは逆転の発想。今回の主人公はまさかの脳天気アホ女子高生(CV日笠)。元々兵器にもバトルにも興味がなかったあおが「金目当て」という凄まじく分かりやすい目的でFAガールズとの関係を深め、最終的には契約関係であり、主従関係であり、友人関係であり、一応百合的関係でもあるというナイスな構図を作り上げた。ストレートに下衆な思考が出来るあおの実も蓋もない行動原理も素敵だ。というか、日笠ボイスがとにかく素敵だ。今期は「ロクでなし魔術講師」で悪い日笠も楽しめて、実に良いシーズンだった。悪い日笠は良い日笠。アホな日笠は最高の日笠である。

 まぁ、ベテラン(?!)ばっかり褒めても申し訳ないので、残りのFAガールズの中の人たちもちゃんと認めないことにはね。視聴前には「やたら新人が多いししんどそう……」って思ってたのだが、ホント、最近は声優業界もどんどん先鋭化しており、デビュー直後の新人さんたちでも最低限のスキルを覚えてから表舞台に上がってくるから卒のない仕事ばかりである。まぁ、ここから一際目立つ「スター」なれるかどうかはまだ分からないが、各キャスト陣にとって、よい第一歩になったのではなかろうか。

 これ、サザエさんと同じでいくらでも話なんて作れるんだし、2期目は充分あり得るんじゃないかね。

拍手

「王室教師ハイネ」 4→5

 もっと女の子が出てくるアニメがよかったです。

 いやいや、思ってたよりも悪くなかったんです。1話目を見た時に「あれ? なんかギャグが上手いこと噛み合ってないなぁ」と思ってちょっとマイナスで評価してたんだけど、今作の場合、ギャグ部分はそこまで押し出したい要素ではなかったみたいだね。「教師」というタイトルからも分かる通り、「教育と成長」というのが根幹にあるテーマ性だったため、その部分はあんまりおちゃらけて描くわけにもいかず、想定してたよりもシリアス多めの作品になりました。

 「教育」なんてものは、その精神部分を掘り下げていくとおよそ娯楽媒体に向かないものになっていく危険性がある。何しろ「教育する側」が上から目線で生徒にあれこれと指導を行い、その結果として教えを受けた者は人間的な成長を見せる。道徳の教科書にでも載ってれば正しかろうが、息抜きのためのマンガ、アニメで「人として立派になりなさい」と大上段から言われても「うるせぇ」って気分になるのはしょうがないだろう。本作の場合、そうした「教える側ってどうしたって偉そうになるよね」という部分をハイネのキャラクターで何とか薄めて、友達付き合いの延長みたいな部分から4王子たちを「教育」することを目指す。その上で、ちゃんとハイネが尊敬出来る恩師になる必要もあり、なかなか丁度良い落としどころなんてものは見つからないだろう。大抵の教師もので先生側が破天荒な人物になるのは、そうした閉塞感を打開して「先生単体」を観てスカッと出来るようにするためである。

 今作では、ハイネにそうしたスカッと部分はあまり存在せず、「生徒側の成長」を徹底的に掘り下げて描いている。シリーズを通しての構成は非常に見やすく、4王子それぞれに是正すべき点と天賦の才を見極め、短所は直し、長所を伸ばす。いわば同じ手順を4回繰り返していくだけ。もちろん端々に説教臭い部分はあるのだが、それもイラッとくるほどではなく、ヒューマンドラマとして最低限の機能は果たしている。まぁ、最終回の演説が通っちゃうあたりはご都合主義ではあるのだが……そこはまぁ、少年漫画だし。

 「教育もの」という前例の多いフォーマットではあるが、大きくはみ出すことを目的にするのではなく、分かりやすい部分で上手く話をまとめていたのではないでしょうか。あとはまぁ、個人的にはキャスト部分を何とかしてほしかったところではあるが……当初思ってたほどは悪くなかったかな。カイだけは最後までなんとかせぇと思ってたけども。

拍手

 はだかワイシャツ! 第10話! それに対しての体育座りで背中向け! 真道さん、普段の態度からは想像出来ないようなベタな童貞っぷりを披露。いやまぁ、あの状況で何が正解か分からんけど。

 なんか、普通のアニメみたいだな! いや、多分これまでで一番訳の分からない展開になってるはずなんだけど、「あとは勢いでバトっておこう」っていう流れが何かとても「アニメっぽい」。37次元を操るザシュニナさんが普通にハンドソニックとか指弾とか(違う)で攻撃してくるあたり、ひょっとしてザシュニナさんはそっち系の情報ソースも読書で仕入れてたんでしょうかね。火の鳥とか読ませておけよ。

 今回は「ツカイさんと巡る、楽しいこの宇宙ツアー」がメインテーマ。冒頭、数百億年という桁外れのスケールで「繭」から宇宙が誕生し、現代につながるまでの映像(映像はイメージです)が展開。「誰のスクリーンセーバーだよ」っていうくらいに意味が分からない映像だったし、宇宙完成後は「教育テレビで流せよ」みたいな内容だったのだが、それを実際に全部見守ってきた存在がいたってんだからしょうがない。繭の中にたまたま誕生したこの宇宙。あまりにも予想外でエキサイティングだったもんだから、その中に飛び込んじゃった酔狂な異方存在が現れてしまったんですね。それが、徭さん改め、ツカイさんである。彼女はこれまでの人生を一体どのように歩んできたのだろう。異方存在としての記憶はどの程度保持していたのだろう。人間としての新たな「生」をどのように楽しんだのだろう。何もかもがぼんやりした状態で描かれていたが、今作の恐ろしいところは、こうして描かれてきたツカイさんの謎多き探求行動が、たった一言で説明されてしまったこと。ザシュニナに対してツカイさんが叫んだ一言はよりにもよって……「この宇宙のファンなんです!」

 ……この言語センスが野崎まど。いや、普通そこはもうちょっと言葉選ぶだろ。すげぇシリアスなシーンなんだからさ。もっとこう……高尚な言葉をね? 選ぶじゃない? でも、それをやらない。だって、この台詞が一番情報量が多いんだもん。そう、ツカイさんは、もう理屈抜きでこの地球が、人類が、宇宙の有り様が大好きなんですね。自分の存在から次元情報を切り捨てて異方存在として欠陥品になろうとも、この宇宙をずっと見守っていきたいくらいに好きだし、この宇宙の理を乱さないように絶対異方存在っぽい行動をしないように気をつけるし。もう、この献身的な寄り添い方は、「ファン」という他ないんですよ。ツカイさんは、常に最前列の一番良い席で「宇宙」を見続けてきた、単なるミーハーな「ファン」なのだ。

 そんなこと言われちゃったら、ザシュニナさんだって納得するしかない。「こいつ、駄目だな」って思ったら、容赦無く(元)同胞でも亡き者にしてしまいたい。彼が目指しているのは常に「正解」である。その正解とは、頑張って醸成させた「人類」という情報価値の高いお宝を、異方に引っ張り出してさらに身近で楽しむこと。残念ながら人類を異方に引っ張り出したら大半の人類は壊れてしまうと予測されるが、まぁ、数十億いるんだし、中には品輪博士とか真道みたいな「選ばれし者」もいるんだから、1人ずつ連れだしていけばその内成功(正解)するでしょ、っていうスタンス。人間がワクチン作る時に片っ端からマウスにウィルスを投与していくのに似てるかもしれない。しかもザシュニナは人類の複製も自由自在ですので。人類の情報価値さえ歪めなきゃ何したっていいんです。わざわざ異方に連れ出すために、ワムから初めてナノミスハインまで、人類を少しでも異方の感覚に触れさせていたのは「正解」のためなんでしょうね。

 結局、「いいものが出来たんだからこのまま触らずに保存しておいてよ」というツカイ派と、「いいものが出来たんだからあとはこれを異方用にチューンして持っていくよ」というザシュニナ派は相容れない。異方存在としての純度の高いザシュニナの方が戦闘力は圧倒的に上。ツカイさんも殺されかけたが、彼女の愛すべき「人類」代表の真道さんが男を見せる。もう、2人はちょっとした次元の壁なんか飛び越えて理解し合える存在になっていましたね。あの一日デートのおかげやな。ツカイさんが「私は異方存在なんですよ」って訴えたあとの真道の「俺『達』人間は」っていう台詞がとても良いと思います。

 一時的にツカイさんを取り逃がしたザシュニナは、とりあえず想定していたルートに軌道修正するため、クローン真道を引っ張り出してナノミスハインの導入を開始。これによって、また1つ人類が異方へと歩み寄る。少しずつ人類は変容していく。異方へと近づき、別のものに変わっていく。ツカイさんはそれを止めたい。そしてザシュニナは……どうなんでしょう。真道を誤射し、消してしまったその瞬間に、ザシュニナは今までに見せたことのない表情を見せた。それはどこか、寂しさや後悔を伴うような。「正解」があると主張し続けたザシュニナも、ちょいとこの宇宙に長居しすぎた、そして、真道と時間を共有しすぎたのかもしれません。ツカイさんほどの「ファン」じゃないだろうが、何か、異方存在を変えてしまうような「おかしさ」が、この宇宙にはあるのかも。

拍手

 

Oketra’s Last Mercy オケチラ最後の慈悲 (1)(W)(W) R

ソーサリー

あなたのライフ総量は初期ライフ総量に等しい値となる。あなたがコントロールする土地は、あなたの次のアンタップ・ステップにアンタップしない。

 サイクルかよ。最初に公開されたバントゥさんのラスゴと同じく、「軽い代わりに次のターンが動きにくい」という、通称「超督励」レアのソーサリーサイクル。5柱の神がボーラスの欺瞞から解放されたあと、末期に残した最後の一仕事だ。オケチラさんは白っぽさを前面に出すために「毅然たる大天使(M15)」の御業をコピーした。上手く行けば(本当に上手く行けば)わずか3マナで19点ものライフを回復出来る可能性があるのはなるほど神ってる。まぁ、ライフ回復呪文ってのは基本的に軽んじられる存在なのでこれでも「だからなに?」みたいな感じにはなるのだが、例えば次のターンを迎える必要が無いデッキならば純正に軽さはメリット。アドグレイス的なコンビネーションなんかで何か出番が無いものだろうか。リミテッドでは、土地が起きないので圧倒的劣勢からの逆転には使えないだろうが、チクチクフライヤーに殴り続けられて死ぬ、みたいなありがちな状況からこれで10ターンくらい稼げる可能性はある。出来れば、そうならないデッキを組みたいもんだけども。でも拮抗した殴り合いのシーンなら、10点以上の回復は事実上1ターン以上稼いだことになりそうだし、案外馬鹿にならないな。

 


拍手

「夏目友人帳 陸」 5→6

 いつものように、ありがとうございました。

 正直、普段通りに、何も変わらずに続けてくれているという作品だとは思うのだが、今期は割と好きな話が多かった気がします。個別にどこが、ってわけではないのだけど、これまで蓄積してきた夏目の人間関係が非常にポジティブな形で結実するお話が多くて、意味は違うのだけど「友人帳」の「友人」の部分が響きやすいお話が多かった気がするんだ。ラストでの名取との関係性なんかはその最たるものだろうけども、クラスメイトとの出会いの話やら、他人の恋愛に首を突っ込む話やら、何かと「良縁」を意識させる展開が多い。もちろん、そんな中にもヒヤッとさせるような「やっぱり怖いあやかし連中」という要素も忘れておらず、見ようによってはしっかり怪談話としても機能しているというちょっとしたミスマッチが面白い。まぁ、最終的にはハッピーになるって分かってるからこそ安心して観られるのだけどもね。

 個人的には、ちゃんと朱夏の製作でもここまでのものが作れた、っていう安心感もあるかもしれない。「伍」では一回特別編挟んでしまったけど今回はちゃんと完走したし、1話1話の品質にも問題は無し。ノウハウが蓄積されてくれば、このままスタジオのカラーもより強くだしていけるようになるんじゃなかろうか。

 さて、大森さんはいよいよ夏には「地獄少女」ですね……。頼みますよ、マジで頼みますよ。

拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22
27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/24 NONAME]
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター