忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1676] [1675] [1674] [1673] [1672] [1671] [1670] [1669] [1668] [1667] [1666]
「あの夏で待ってる」 6→6

 振り返ってみれば、今年度は長井龍雪作品を2本も見られるという、充実した年だったんだ。「あの花」の狂乱もさめやらぬ中で始まったこの作品も、なかなかどうして、長井さんの良さが出た佳作となったのではないだろうか。

 既に1話感想時点で書いていたのだが、長井監督の持ち味は細やかな描出力にある。日常生活のほんの些細な出来事からでも行為者の心理や感情は表に出てくるもので、それをわざわざ言葉や動きに出さずとも、画面全体、設定全体でそっと差し出してくれる。今回は青春まっただ中のラブ(コメ)ストーリーだったおかげで「細やか」というよりは大胆に前面に出てくることの方が多かったかもしれないが、シンプルに直球で色恋沙汰を伝えたのは、むしろ黒田脚本の影響が大きいのではなかろうか。こちらも手慣れたもんだが、黒田洋介による脚本ってのはやっぱりわかりやすさが信条。今作でも恋愛関係の絡みや、それがどのような結末に至ったのかという「事実」は非常にシンプル。そのあたりの「わかりやすさ」を優先させた作風が、この作品の魅力だったといえる。

 結果的には、ごらんのように一陣の風のごとく吹き去る、実にあっさりさっぱりな仕上がり。途中なんやかやとドロドロしたようにも見えたものだが、基本的に作中の人間たちが全員善人であり、その善人達が最大限に他者を思いやった結果だけが語られるという、本当にまっすぐな内容。逆に言えば、これだけの中身で何故見入ってしまうのかと不思議なくらい。やっぱり、そこが上手いんだろう。恋愛を1つ実らせるにしても、破れさせるにしても、そこには幾通りものドラマの描き方があるのだ、ということをしみじみと感じ入る一品であった。

 そして、この作品の場合は、しつこいくらいに言及しているが、「おねティ」シリーズとの関係性も作品を見る上で外せないポイントだった。山乃檸檬というジョーカーの存在を自然に導入する方策であったし、宇宙人であるイチカの存在も何のてらいもなく料理できる非常に便利な「受け皿」としてのおねティは、知っている人間にとっては全てプラスに働く相互関係を生み出していた。別におねティシリーズを知らなくても見られるのは当然だが、知っている人間からすると、色々と関係無いところまで邪推して楽しむことが出来るし、そこまでせずとも単純なノスタルジーに浸ることが出来る。結局最後の最後まで「おねティ」とのリンクが明示的に言及されることは無かったわけだが、そうした「すかし」「ほのめかし」も楽しみの1つといえるだろう。邪推する分には自由だし、おそらく答えはないであろう問題を、脚本家の思惑通りにあれこれいじり回すのも楽しいものだ。また、あの時代から10年が経過し、アニメがどう変わって、世間は、日本はどう変わったのか。このアニメを見れば……まぁ、分からないとは思うけど、何かつかめるものがあるのかもしれません。なかなか面白い企画でしたよ。

 中の人については、安定感のある面子は置いておくとして、まずは主人公・海人を演じた島崎信長。はじめは「そつのない若手や」という程度の認識だったのだが、後半になって海人がどんどん「頼れる」男の子になるに従って、なかなか面白い役作りを見せてくれるもんだ、と感心した。これだけのものがメインデビュー作で出てくるってことは、今後もぐいぐい来るんじゃないか、という期待がもてます。そして青い子こと柑菜ちゃんの中の人である石原夏織。田村・阿澄・戸松と、ズラリ並んだ様々な年代の「先輩」たちの中で、一歩も引かない力強い演技を見せてくれた。何度もほめた気がするけど、やっぱりすごい。「最近の若い子はどんどんすごいのが出てくるなー」とか思ってたら、りのんの中の人の方がさらに若かった。里菜ちゃんなかなか年とらねぇな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター