忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4212] [4211] [4210] [4209] [4208] [4207] [4206] [4205] [4204] [4203] [4202]

○「蒼穹のファフナー EXODUS(2期目)」 5

 あ、もしかしてこっちがOPEDともにangelaだからKはangelaが流れなかったのかな。いや、でもこっちは新曲でも何でもないしな……。今期のアニメイズム(+1)は全部シリーズ続編という、現代アニメ業界の構図が非常に分かりやすいラインナップになっております。

 オープンエンドすら変わらない状態での純正「分割2期目」。そういうところにリソースを割かず、全て本編の内容に費やしてるんだよ、という硬派な姿勢は見習うべきところがありますね。「分割2クールは純粋にスタッフのキャパを超えないための措置であって、1期2期とか分けて関係する商材で金を稼ぐためにやってるのではない」ということ。雰囲気をそのままにすんなりと作品に戻れるので、これはこれで悪くない。

 まぁ、「戻れる」と言っても相変わらず今作は1期の内容すらあんまり覚えてなかったので、「EXODUS」に入ってからの展開は今ひとつ頭に入っていないのだけども。現在、主人公サイドから見てフェストゥムはどういう存在になっているのか、誰と誰がイデオロギーを共有して、どのあたりに心の隔たりがあるのか。「繋がり」という要素を最も大切にしている作品なので、そのあたりの構図を理解しないで視聴するってのは鼻をつまみながらご飯食べてるようなもんなのだが、それでも何となく見られてしまうだけのコンテンツがあるってのは大したもんで。今回の1話目(14話目)も、島を出てからの展開がジワジワと「戦争」への道を進んでいることが各方面から描かれ、フェストゥムと向き合う姿勢も固まりつつある様子が確認出来て、なおかつ終わり方はきっちり今作らしい「苦しい」展開になっている。一時たりとも油断はさせない、というシナリオ構成が今後に期待を抱かせるのである。映像のクオリティも相変わらずだし、平井絵が一番輝く(と私が勝手に思っている)「驚愕して目を見開いている表情」が鮮烈である。今後もこの調子で、どんどん絶望をたたき込んで欲しい。まぁ、これが最終シリーズになるのだとしたら、一応は幸せな結末も待っていて欲しいものだが。

 しかし、大友龍三郎、土師孝也と並ぶ濃いキャスト陣はしみるなぁ。おっさんが活き活きするのは良いアニメである。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター