忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4207] [4206] [4205] [4204] [4203] [4202] [4201] [4200] [4199] [4198] [4197]

「それが声優!」 5→5

 この作品に関わる諸々に触れるたび、浅野真澄という1人の人間のたくましさを思い知らされることになる。そんな壮絶の、女一大繁盛記。

 作品として、余計な要素を取り除けば「安定して見られるお仕事ものだったよね」というくらいの感想でいいだろう。声優あるあるを元にスタートした作品であるが、中盤以降は架空のアイドルグループ(?)イヤホンズの奮闘を描いたまっとうなドラマとなり、そこから先は無難な進行。特に驚くようなことも、不満を覚える要素もなく着陸した。ラストの双葉を巡る決してハッピーとは言い切れないエンディングは、この業界の厳しさを見せる上ではなかなか良い落としどころ。「声優」という職業が色々と注目される中で、夢を与えながらもその現実を知らしめるという目的も達成されており、今後の「声優文化」の中では、指標とまでは行かずとも、導入のための参考としてある程度価値を認めて良い作品になったと思う。

 しかし、どうしても浅野荒鷲真澄先生の影が見えてしまうと、そうしたまっとうな見方はなかなか出来ない。今作は、彼女がこれまでの人生で培ったありとあらゆる「商魂」「商才」をつぎ込んだ、あまりに野心的な作品になっている。例えば若手キャストを実際にデビューさせた「イヤホンズ」の活動。アニメのキャストが実際にユニットを組んでデビューするなんてのはよくある話だが、そのプロデューサーまでもが声優というのは希有な事例。自分が若かりし頃に苦汁を飲まされた「若手ユニット」という金のなる木。そこに血の涙を流しながら復讐を試みる荒鷲先生の怨念が見えるようで恐ろしい。プロデュース業務も非常に堅実であるが、若手声優の側からしたら彼女の積もり積もった情念の重みを一身に受けるだけでも相当な難行だったのではなかろうか。まー、売れなさそうだったらあっさり切るくらいのことはやってのけそうでもあるが……。「大先輩」荒鷲先生の様子を伺いながら必死に業界を生き抜いていこうとする3人の若手に、思わず頑張れの声を送りたくなる。

 さらに、「声優」としてのスキル、キャリアも本作ではフル活用。最も話題を呼んだのは「実際の大物声優を毎回本人役で起用」というアイディア。過去にも「声優本人役」というキャラの作品はたくさんあるが、ここまで徹底して「ゲストとして話題になる大物をぶっ込もう」というセールス魂が感じられるものはなかなか無い。驚いたのはやはり8話に登場した真地さんだろう。確かに声優という職業を紹介する作品では、こうしたナレーター畑の人を呼び込むというのも不可欠であるが、それをしっかりと作品の売りにして見せることが出来るアイディアと実行力には頭が下がる。青二プロという自らの所属事務所のコネクションをフル活用しているあたりも凄い。ぶっちゃけ、荒鷲先生は神谷兄ぃとの共演なんてあんまりないやろうに。「事務所で待ち構えてひっ捕まえた」っていう話はどこまで本当なのだろう。

 そして、今作の話題性をさらに持ち上げるかのように起こったAice5の復活。これも完全に作品のためのPR活動だよなぁ。自分の名前を再び表舞台にのし上がらせ、親友(本人談)・堀江由衣の力をもそのまま作品の動力に転換させる。使えるものは全てこの1クールで使い切る、という精魂の傾け方が尋常ではない。個人的に一番驚いたのは、長寿番組なのにほとんどゲストが来ていなかったちょろい(「ちょっとお時間よろしいですか」)にゲストとしてぶっ込んできたこと。矢作パイセンとは「ハヤテ」での交流が深く、その繋がりで取り付けたのだと思われるが、「話題をもっと拡散させ、PR出来る人気番組はどこだ?!」と必死に探したであろうことが窺える。かてて加えて、そのラジオの中で明かされた貪欲な取材魂。あやねるの「ワタシモ、タノシイ、シタイ」事件当日、佐倉さんが一人トランプに参加出来なかったのは、大先輩浅野さんが「若い頃から活動してる人はどういう苦労があったのか? 何かネタになることはないか?」と根掘り葉掘り聞いてきたためだという。この熱意、この飽くなき探求心。世のクリエイターのどれほどまでが、この荒鷲先生ほどの熱意でもって仕事に当たっているのだろうか。

 とにかく、隅から隅まで「稼ぎたいんじゃ!」という魂がこもった本作。最終回では自ら本人役で出演し、この一大テーゼを改めて声高に叫んでいる。ここまでの偉業を成し遂げられる浅野真澄先生には、改めて畏敬の念を抱く。もちろん、こうした「稼ぎたい」という熱意、「売りたい」という野望は、それすなわち「ユーザーに面白いと思ってもらいたい」という気持ちに違いないわけで、商売人として、クリエイターとして至極まっとうなものであり、褒められこそすれ、非難される理由は欠片も無い。本当に見事な生き様を見せてくれました。浅野先生は、今後もこの作品の成功・失敗を糧に、新たなビジネスチャンスを探し続けるのだろう。

 まぁ、作品としては普通なんですけどね。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
25 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
バーコード
ブログ内検索
カウンター