忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4972] [4971] [4970] [4969] [4968] [4967] [4966] [4965] [4964] [4963] [4962]

「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」 5→5

 可もなく不可もなく。決して悪い意味ではなくね。

 1話目視聴後には「いかにもラノベラノベしい作品」と評した本作だが、そのままの印象で上にぶれるでもなく、下に落ちるでもなく、そのままの印象でゴールイン。

 良し悪しどちらの点もあるが、先にあまり良くなかった点から上げていくと、例によって他の数多の作品と同様、「知将って描くのムズいよね」ってことになる。イクタの知将っぷり、そして終盤はライバルとなる「不眠」の知将っぷり。描こうとしている内容は分かるし、色々頑張ってるのだろうが、どうにもすっきりしないというか、ピンと来ないというか。イクタの場合は怠けると言いながらも気付けば小指一本失ってるし、最終的には「隣に無敵のヤトリがいるから何とかなってるだけでは?」みたいなところもある。まぁ、小指を落としたり、ボコボコに殴られたり、そうして身体を張ってでも自分と周りの人間の命だけは守りきる、っていう男気を見せられるのがイクタの主人公らしいところでもあるので、全部が全部「計算通りです」って眼鏡カチャッされるよりはいいのだろうが、やっぱりどこかで一回くらいはすっきりと完勝する姿が見たかった気がする。敗戦処理業務しかなかったおかげで、知将らしい働きをしようにもどこか負け惜しみみたいなにおいがしてしまったのは消化不良の部分だ。しかしまぁ、こうしたシナリオ上のもやもやはどんな作品でもつきものである。何しろ書いている作者だって読んでる読者だって別に天才じゃないわけで、今更度肝を抜かれるような戦術の新展開なんて、なかなか望むべくもないだろう。

 あと、なーんか最後まで引っかかった要素としては、タイトルにもなっている「精霊」の扱いがある。割と普通の軍記物としてデザインされている今作において、「精霊」要素だけはぽつりと浮いたオリジナル要素。その割に、この「精霊」要素はあんまり活かされる気配が無い。大体においては単なる発火装置や照明器具程度の扱いで、そこにわざわざあんなゆるキャラみたいな思念体を置く必要が無い。シナーク族との関係性やアルデラ教の存在を考えればシナリオの構成上必要だとも考えられるが、そんな部分はフツーの宗教戦争と同じなわけで、わざわざ「大量の精霊を監禁」とかいう要素で語る必要も無い。「科学的に考えろ」って言われても、まずこの世界の科学がどういうものなのかが分からなくなっちゃうっていう。「この世界における精霊とは何なのか」っていう部分がろくに説明されないまま、何となくノイズとして混ざり続けたのはどうにも気になった。原作ではこの後ちゃんと精霊要素が有効利用されるんでしょうかね。

 転じて、良かった部分について。個人的に一番気に入ったのはイクタとヤトリの関係性の部分。間に挟まった過去話では子供の頃からの2人の友情が確認出来て、青年期になった今でも、2人は子供のように純粋な「友情」で結びついているのが分かる。ヤトリはイクタに対してぞんざいな扱いをしながらも、全幅の信頼を置いて行動しているし、彼のために命を投げ出すことも厭わぬ献身がある。イクタもそんなヤトリを心から信頼し、彼女の可能性を前提に作戦を遂行する。この「男女バディの関係性」が見ていて非常に気持ちが良い。大抵のラノベ主人公なら「男の策士と女戦士」なんて関係には何かしら色恋の匂いを含ませるものだが、この2人の場合、生い立ちの関係もあって、そうしたことを考えようともしない。いや、ひょっとしたら考えてるのかもしれないし、最終的にイクタの将来の伴侶となるのはヤトリ以外に考えられないとも思うのだが、現時点での2人はあくまで「利用し、利用される」仕事仲間。このドライに見えながらもアツい関係性は、なかなか他のアニメでは見られないものだったので堪能出来た。

 こうして作られたヤトリのキャラ、そしてそれ以外の女性キャラにも言えることだが、特徴的なキャラクターデザインも今作の独自性を打ち出すのに一役買っていただろう。最初は違和感が先に立ったが、馴染んでくればこれはこれで可愛いものである。特にヤトリは躍動感のあるアクションでも見せてくれるキャラで、通常のアニメよりもやや頭身が高め、リアル志向を狙いながらもちゃんとアニメキャラとして描きやすいデザイン性はなかなか秀逸。ナナクなんて、本当なら美少女枠のはずなのにどこかぶちゃいくに見えるのも愛嬌がある。特徴的なデザインながらもシリーズを通じて作画の崩れがほとんど無かったことも、評価すべき点であろう。

 トータルすれば、「色々見たことのある要素が多かったが、これはこれで」というくらいの落としどころ。イクタの出世物語はまだまだ始まってすらいない段階。2期以降があれば喜んで見させてもらいますよ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター