忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4975] [4974] [4973] [4972] [4971] [4970] [4969] [4968] [4967] [4966] [4965]

「ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園」 5/6→6

 さて、放送終了してから随分経ったので、落ち着いて最終講評だ。結局、あまり分けて判断する意味はないと思われるので、今回は特例で未来編・絶望編・希望編を全てまとめての処理とする。

 色々やらかした作品である。元々原作ファンにターゲットを絞った作品だったのは間違いなく、特に「2」を未プレイの人間にはその狙いの半分も伝わらないデザイン。かくいう私も「絶対絶望少女」はプレイしていないので、その分の取りこぼしはあったに違いない。そうしたデザインだったために、「原作未プレイの人間にはほとんど魅力が伝わるまい」と思った「1」のアニメの時と同じ問題はありつつ、今回はあくまで新作。新たなシナリオの中で一体どんなサプライズを見せてくれるかと思っていたら……うぅん。ご存じの通りである。

 悪かった点はいくらもあるだろうが、大きく分けると2つ。1つは「未来編のネタがしょうもなかったこと」、そしてもう1つは「絶望編で明かされた真実にヒネリがなかったこと」。この2つの欠点については、いくらファン目線からでも「流石にこれは」と思う部分が多く、フォローしづらいところである。特に未来編のメイントリック(?)については「それが良いんだったらもうなんでもありじゃねぇか」というちゃぶ台返しっぷりなので、製作者がファンのどういう反応を期待して作り上げた設定なのかは未だに判断出来ない。あれで驚いたり、喜んだりするファンがいるってことなのかなぁ。確かに、絶望的ではあるのだが……絶望の作り方があまりにもインスタントであった。

 しかしまぁ、「推理ゲーム」とか「どんでん返し」のネタについては「1」と「2」で終わっているものとして、あくまで「3」はそのおまけなのだと考えれば、ネタの仕込みが弱くなったことについては諦めがつくか。もともと「1」のアニメ化に際して「1クールでやれるわけねぇだろ!」とブーブー言っていたのだから、今回のことだってちょっと冷静になれば「1クールでびっくりするような新しいネタを提供できるわけねぇだろ」と納得することも……出来なくもない。まぁ、何度も学級裁判を繰り返す旧作とは構造を変えているのだから、もう少しやりようはあったと思うんだけどね。

 そして、この「未来編」の大雑把な造りに引きずられるようにして、「絶望編」でも肝心の「絶望堕ち」のくだりがあまりにも適当に処理されてしまい、江ノ島盾子による陰惨な懐柔劇を楽しみにしていたファンはさらに絶望することになったわけだが、このあたりは以前も書いたように、「そもそも1の時点で記憶消去・操作がありの世界なのだから、直接脳に情報をぶち込む形での絶望堕ちは想定の範囲内だろう」と許容することも出来る。江ノ島の過去の台詞を引っ張り出して「江ノ島が単なる洗脳とか使うわけないだろ」と制作側を批判している意見を見たことがあるが、その意見を言っている人たちも大切なことを忘れている。江ノ島盾子は、ゼツボー的に飽きっぽくて意見がコロコロ変わる女なのである。彼女が過去に何をやっていても不思議はないのだ。

 さて、こうして問題が山積した24話だったが、それでもやっぱり、楽しかった部分は楽しかったのだ。未来編では続々人が死んで緊張感が増すくだりが。絶望編では「2」で慣れ親しんだキャラたちの新たな繋がりの描写が。それぞれファンサービスとしては充分機能していたのだ。最後がコケたからこそ輝く部分もあるし、どれだけ駄目駄目でもあれだけ愛されたボクサーさん、そして最後まで我々を煙に巻き続けた雪染先生といったキャラが産みだされたというだけでも、今作には意味があったと思えるのである。そして、今作で一番輝いたキャラクターといえば、なんといっても江ノ島盾子その人である。彼女の悪辣な大活躍がこれだけたっぷり見られたのは当然のことながら史上初。それだけの収穫でも、ひとまず「あって良かった」と思える理由になるんじゃないですかね。あ、中の人は身体を大事にして元気なお子さんを授かりますように。

 結論・蜜柑ちゃんのエロさ、雪染先生の闇堕ち。それだけでご飯が食べられます。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
25 28 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
バーコード
ブログ内検索
カウンター