忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5867] [5866] [5865] [5864] [5863] [5862] [5861] [5860] [5859] [5858] [5857]

「アニメガタリズ」 4→4

 ラスト2話の巻き返しはすごかった。色々とギリギリのラインを攻めようとする姿勢は評価したい。

 ラスト2話のおかげで「アニメパロディアニメ」という尖った部分はかなり鮮明に描かれるようになった。ただ、いかんせんエンジンがかかるまでに時間がかかりすぎていたのが難点。普通に考えたらラストのネタまで持っていく前に飽きられてエンドだと思う。それくらいに前半は毒にも薬にもならない内容ばかりだったのだ。一応「アニメネタ」は毎回展開していたわけだが、前半でミノア達が語っていた「アニメネタ」が非常に底の浅いもので、いわゆる「なんかネットでよく使われてるけど別にアニメファンじゃない奴らが使うネタ」みたいなレベル。そんなものをただひたすら積み重ねてもまとめサイト見てる時と大してテンションは変わらないわけで、わざわざオリジナルアニメで見るようなもんでもない。映像部分に特筆すべき部分がない作品なので、シナリオ部分で「なんかサムい作品だなぁ」と思われてしまっては存在意義がないのである。一番辛かったのは、版権の問題なんかでなかなか実在のアニメ、実在の人物に触れられなかったという部分だろう。引用元がモロバレであったとしても、やはり微妙に「ズレ」が生じると「共感ネタ」に差が生じてしまうのは仕方がない。なんとかコネクションをフル活用し、すべて「実在のアニメ」でネタ回しができれば破壊力も変わってきたのだろうが。

 途中で描かれた「アニメ作り」の部分や「業界あるある」についても「SHIROBAKO」あたりでたっぷりやられてしまっているところだし、後半に詰め込まれたメタ度の高いネタ回しも(かなり次元は違うが)「てさぐれ」やなんかの低予算アニメではすでに通った道。そこだけを売りにするにはやはり屋台骨は弱い。でもまぁ、作画アニメだからこそ出来る見せ方として、後半の展開は笑える部分も多かったので、そのあたりをやるためにものすごく助走が長かったアニメ、という認識ならば最後の最後で存在意義は見出せたのかもしれない。個人的にはそこだけで評価できるな、と思ったのは「1話でオープニング3回まわし」というとんでもないネタ。あそこだけはなかなか真似しようと思っても他のアニメでは無理だったんじゃなかろうか。

 全体的に低調な作品だった感は否めないが、それでもまぁ、なんとか業界に風穴を空けてやろう、という気概は感じられた。今作が成立したおかげで、今後はますますセルフパロディのハードルが上がることになるため、同じ路線を狙うクリエイターは色々と大変そうである。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/09 NONAME]
[10/09 NONAME]
[10/07 名無し]
バーコード
ブログ内検索
カウンター