忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[182] [181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172]

「涼宮ハルヒの憂鬱」 ー→5

 様々な話題を振りまき、現代アニメに問題提起をするだけしまくって幕を下ろした「新作」ハルヒ。良くも悪くも話題性のつきない作品である。

 今回の全26話をどのように評価するかで、アニメ視聴の姿勢というのがよく分かる。とりあえず、問題を1つ1つ解体して評価する必要があるだろう。

 まず、旧作と新作を混交しての放送という形態について。「時系列順に並べ直して放送する」ことの意味は分かる。1期は話数シャッフルという突拍子も無い企画が話題を呼び、成功したわけだが、制作した人間からすれば、「きちんと時系列順に並べても面白いんだぜ」という部分をアピールし、改めて物語を見てもらいたいという気持ちもあるだろう。新規作成部分だけを抜き出して放送すると物語としての連絡に乏しくなってしまい、観る側に余計な負担を強いるのも事実。新規ユーザーを開拓することを考えるなら、改めて再放送する意味は小さくない。普通、深夜アニメは再放送による新規ユーザーの獲得なんて期待するべくもないのだが、この作品には、それだけの期待が持てるだけの話題性があったのだ。しかし、新規ユーザーを狙った目的が顕著であるだけに、やはり既存の視聴者に対して不親切だったのも事実。放送開始時には新作が挟まれるかどうかも分からなかったし、分かった後も、新作を観るために旧作を見直すか、パスするかを選ぶ必要があった。視聴者に無駄な負担を強いる危険性という意味では、メリットとデメリットが割りにあったかどうかは微妙だ。そして何より、後ろ暗い話題のせいで、どうしても「山本寛の幻影を消すための時系列順放送」という裏側が見えるようで仕方なかった。

 次に、実際の新作エピソードである「笹の葉ラプソディ」と「溜息」。これは、やはり素直に「流石の京アニ」と褒めるべき部分。「溜息」の方は55ページ区切りというアニメ作品として全く意味のないこだわりなんかが非難を読んだりもしているわけだが、そんなことに気付くのは原作読者だけで、知らない人間からしたら「そんなもんか」という程度のもの。それよりは、きちんと京アニクオリティを維持して「間をつなぐ」ことに成功していたという部分の方が重要だろう。間に「笹の葉」と「溜息」が挟まることで1期のエピソードでばらまいた伏線がきれいに回収されているし、構成も過不足無い分量を消化している。何の含みも無しに新作としてこれが与えられたのならば、充分に好評だったものと推察できる。

 で、最大の問題点である「エンドレスエイト」だ。アニメ「ハルヒ」の趨勢を決定的なものにしてしまったこの8話のエピソード。個人的には、特に退屈することなく8回とも見られたし、「長門達の味わった絶望的なループの再現」というコンセプトで、この無謀としか思えないチャレンジに踏み切った冒険心は評価したい。様々な意見はあるだろうが、視聴者が「絶望的な」気分に陥ったのは間違いない事実。これ以上無い形で「無限ループって怖くね?」を表現出来たことになる。無限ループを最もよく伝わる形で伝達する方法は、当然無限ループが一番手っ取り早いのだ。そしてこの企画は本当に思いつきだけで出来るものではなく、毎回毎回、バンクなど1度も用いずにきちんと「新作エピソード」として製作、放送している。確かに同じエピソードを何度も見せられる視聴者は苦痛を感じるが、同じエピソードを作り続ける人間の方が、その何倍もの苦痛を味わっているはずだ。「楽したいから」とか「おもしろ半分で」とか、そんな生中な気持ちで出来る企画ではなかった。

 しかし、「前人未踏であること」は、やはり「偉業」とイコールではない。寒風吹きすさぶ「ハルヒ」の跡地を見るまでもなく、世間的にはこの挑戦は評価されなかった。アニメの視聴者なんてものは単なる「消費者」に過ぎないのだから「評価されるか否か」を前提として創作する必要は必ずしも無いとは思うが、現代において、アニメは確実に「商品」である。その視点を意識すれば、この「挑戦」は決して「商品」たり得ないことは、まともな人間ならば想像出来たはずなのだ。「視聴者を楽しませよう」とするならば、自分たちの目指した「表現」はそれに合致していないことに、気付くべきだったのだ。アニメーション自体の完成度の如何を問わず、この企画は、商品として失敗であった。

 でもまぁ、私は個人的にアニメ作品を「商品としての出来」という尺度で評価する必要は無いので、8回続いたあの夏の2週間も、その他の新作も、そして最後を締めくくる旧作の「ライブアライブ」や「サムデイインザレイン」といったヤマカンの魂の咆哮も、全てひっくるめて、やっぱり面白かったとは思う。劇場版も決まっているようなので、次回こそは「汚名返上」といって欲しい。

 今回の出来事は、対岸の火事としてみる分には非常に面白かった。あれだけ熱狂的な「ファン」が着いていたと思っていたのに、これしきのことですっかり評判を落とすあたり、現代のアニメ消費層がどんな視聴をしているのかがよく分かる。作り手側も色々と大変である。 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター