忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1875] [1874] [1873] [1872] [1871] [1870] [1869] [1868] [1867] [1866] [1865]
咲 -Saki- 阿知賀編」 5→5

 なんだったんだろう、コレ。最初のうちはこれこそ横目で見る作品の代表格みたいなもんで、「1期シリーズに比べるとこいつら地味だなぁ」っていう印象ばっかり。それでも元々1期も嫌いじゃなかったし、そもそも穏乃の中の人的に見なきゃいけないのは確定してたから、そのまんまダラダラ見続けるのかな、と思っていた。

 しかしまぁ、気付いたらエラい話になってたな。この「麻雀を知らなくても何となく楽しい麻雀漫画」っていうジャンルはなかなか斬新だ。テニヌとかそっち系の系譜なんだろうけど、この作品の場合、完全にギャグでやってるのに真剣そのものでむやみやたらにアツいっていうのがすごい。最後の園城寺エピソードなんて、なんか知らんけどラストで泣きそうになったよ、俺。「なんでこれで涙腺ゆるんどるんや!」ってセルフ突っ込みですよ。でも、いい話じゃないですか。スポ根だなぁ。いや、何が起こってるかはさっぱり分かりませんけどね。やっぱり少年漫画に必要なのは「強い特殊能力」と「友情パワー」と「鬼のようなラスボス」だなぁ。最終卓はキャラの配置も良いね。基本的に照と園城寺の一騎打ちかと思いきや、実はすばらさんも割と恰好いいという。くろちゃは完全に噛ませだったが、最終的には園城寺が一矢報いるための地雷として機能して、一応2位になって主人公チームとしてのつとめは果たしたし。完全に設置型トラップだったからキャラとしては機能してないけどな。主人公チームが置物ってのもどないやねん。

 まぁ、結局最後の大勝負だけで全部持って行った感はあるのだけれど、全く切りの良くない終わらせ方とか、もう潔くてこれで良しですわ。しばらくしたらまた3期アニメで帰ってきたらいいじゃない。なんだか、「キャラは山ほどいるし舞台となる高校もいっぱいあるからいくらでもサイドストーリーが広げられるし、新作も盛り上げられる」って「ストライクウィッチーズ」と同じデザインだな。まぁ、今回阿智賀が盛り上がったかっていうと、全くそんなことはないんだけどさ。出来たら穏乃にはもうちょっと活躍して欲しかったなぁ。割と好きなキャラだったんだけど。エンディングで流れる丸っこいデザインが特に好き。

 中の人的には、思ったほど阿智賀の面々が輝けなかったのが残念だったが、穏乃を見てると、やっぱりあおちゃんは何でも出来るってことがよく分かった。聞いてるだけでテンションが上がる声。他は1期からのキャラが割とたくさん出演してくれたので、そのあたりの賑やかさも楽しかった要素だろうか。こんだけレジェンド級が集まっても、何故かインパクトがでかいのがわはは先輩だったりする。千里山については某作家が方言について疑問を呈したりしたが……まぁ、そりゃ地元民じゃないしな、StylipSの面々は。ぶっちゃけ方言がどうこうよりも単に下手なのが紛れてた方が問題な気がする。その証拠に小倉唯演じる園城寺は大して気にせずに聞けたでしょ。それとも私が関西出身じゃないから気にならないだけで、地元の人間はそれでも気になるもんなのかな。アニメキャラに方言をしゃべらせるのって色々と意見はあると思うけど、そういう様式美だと思って受け入れるのが一番楽なんだよなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター