忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1983] [1982] [1981] [1980] [1979] [1978] [1977] [1976] [1975] [1974] [1973]
「氷菓」 5→5

 最後の最後まで、結局苦しんで見続けた作品だった。何がしんどかったかというと、何とか自分の姿勢を正しく保とうと意識するのが大変だった。どうにも、視聴前から「批判ありき」の姿勢で見てしまっている気がして、なるべくフラットに、フラットにと思いながら毎週見ていたのだが、結局、その苦しさは解消されないまま終わってしまった。これは私がふがいなかったのか、それとも作品がそれを許さなかったのか。現時点ではそこは分からないままだ。

 まず、新番チェックの時と全く同じ確認だが、この作品は京アニ製作である。加えて、「佐藤聡美単独主演作品」でもある。この時点で、もう最大風速はハリケーンなみだ。楽しくないはずがないのだ。実際、期待していた部分については期待していた通りのペイがあった。京アニの作る動画はいつ見ても素晴らしく、本当にどうでもいい部分にまでこだわり抜いた作画は、圧倒的存在感を示すものであった。キャスト面にも不満などあろうはずもなく、メインヒロイン千反田えるは、立派にそのつとめを果たしただろう。そういう意味では何の不満もない。

 何が受け付けなかったかといえば、全ては脚本だ。「京アニが全力でやってしまった」ことで、かえって拒絶要素までもが強くなってしまったのかもしれない。「けいおん」「らきすた」といった「原作時点で何も無いもの」を、京アニが肉付けして色づけしてコテコテに盛りつけるのを見るのは非常に楽しい。アニメスタッフがやりたい放題出来るので、京アニの楽しい部分が全てプラスに働く。しかし、本作の場合はどうやら「揺るがしてはいけない原作」というのがあるらしく、あくまで京アニはそれをサポートする立場だ。そして、「会話がメインの推理劇」という素材は、京アニの味を活かすための素材としては完全にはずしている。どれだけ効果をちりばめたところで、どれだけ画面を賑やかにしたところで、淡々と進めるだけの会話の本質には触れられない。「画と中身が一致しない」といえばいいのだろうか。極端な話、奉太郎がしゃべっているときの映像というのは、彼の話す内容を簡略化して表したものであることがほとんどなのだが、それが全てであり、プラスアルファが現れてこない。そこを事細かに描いても仕方ないだろう、という思いが先に来る。

 似たようなデザインはシャフト+西尾維新にもあるわけだが、西尾維新の場合、基本的に並べ立てられた言葉には、1割も意味など無いと言っていい。まくし立てるだけまくし立てて、それはとにかく「しゃべりたい」だけだ。それなら、話の内容を無視して画面は好き放題に遊ぶことが出来てしまう。そんな「張り子の脚本」と、シャフトの「あさっての演出」は、本当に水があった。

 しかし、今作の場合はそうはいかない。極論してしまえば、この作品の脚本は「京アニに演出されることに耐えられない」。アニメで必死に意味づけをしようとあがけばあがくほど、その脚本が拙いということが露呈してしまい、ボロが出ることになってしまう。

 いちいち例を挙げられるわけではないが、近いエピソードだとバレンタインチョコの話なんかはそのもやもやが分かりやすい回だった。あのエピソードで脚本が描きたかった(と思われる)のは、里志の珍妙な悩みであろう。しかし、あのエピソードを見て、彼の持つ悩みに共感出来る人間がどれくらいいるだろう。彼の取った行動、そしてそれを見て奉太郎が取った行動を理解出来る人間がどれくらいいるだろう。里志の場合にはデータベース云々というキャラ付けがもう色々と無理をしていることもあるが、あまりにも突拍子も無いことしかしないために、「どう演出したって分からない」のである。こればかりは、結局最後の最後まで「そういうものだ」と思って見ることが出来なかった。理屈をこねるアニメのはずが、何故か理屈に合わないことしか言わないし、明らかにおかしいことを言っているはずなのに回りはそれに感心しながら話が進む。こればかりは、画をどういう風につけるか、という問題ではなかったように思うのだ。

 繰り返しになるが、当然、スタッフはやれることを最大限にやっていたと思うし、「京アニのアニメ」として、その部分に不満は無い。ただ、やはり何事も向き不向きがあるわけで、今作脚本はどうあがいても「アニメ向き」ではなかったと、そう言うことだ。いやしかし、中の人は贅沢だったなぁ……ほんとにちょい役で色々と驚く名前が出てたからなぁ……。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター