忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1985] [1984] [1983] [1982] [1981] [1980] [1979] [1978] [1977] [1976] [1975]
「もやしもん リターンズ」 6→6

 先に言っておくと、本作で一番納得がいかなかったのは、途中でエンディングが変わってしまったことである。多分歌っているアーティストの宣伝の意味も込めて、正式なバージョンも流しておかなければいけないってことだったんだろうけど、せっかく作った特別版なのだから、最後まであの愉快な歌詞で通して欲しかったものだ。あと、出来たら2番以降もちゃんと作詞して一本の楽曲として完成させて欲しかったっていうのもある。カラオケで歌っても90秒で終わっちゃうのがなー。まぁ、最終回はきちんと戻してくれたので、そのあたりの気遣いはありがたかったけども。

 などとどうでもいいことに言及してはいるが、作品の内容的に不満は無い。エッジの効いた作品の多いノイタミナの中では「安定して人気のある原作を安定したアニメに」というだけのものなので取り立てて驚くような部分は無いのであるが、1期と2期の間の充電期間も長かったおかげか、品質は常に高いものを維持してくれていたし、シナリオラインも1クール分でしっかりとメリハリが効いていて非常にまとまった作品であるという印象を受けた。原作ファンからすると今回のフランス編がどの程度のウェイトを置くべき話なのかは定かじゃないが、遥さんの結婚話がメインというだけでも、わたしはそれはそれは満足なのです。どうなんでしょうね、原作が続いてるってことは、ちゃんとここから3期もあるものなのかしら。あの引き方だと、案外遠くない未来に3期目も見られるのかもしれませんな。

 映像面などでも不満点は無いし、シナリオも手堅く、(おそらく)原作ファンにもきちんと応えるものになっていた。それだけで充分といえば充分なのだが、まぁ、いかんせん地味ではあるよね。結局原作つきのアニメってそういう見方になってしまうのが辛いけれども。逆に言えば「そういう見方が出来ればソレでいい作品」というジャンルもあると思う。この作品はその代表ってことで良いのではなかろうか。個人的には、この作品は非常に珍しい「大学のキャンパスライフを中心に描いた作品」という特徴があり、「研究室の仲間達の結束」っていうのが楽しめるだけで、充分オリジナルな作品だと思うし。あ、あとは菌たちですね。この作品のありがたいところは、最後の最後まできちんと「菌が主役」っていう部分を貫いてくれたところ。オリゼーがクニクニと悩ましく蠢く様は、いつ見ても可愛らしかったです。

 中の人については……「夏雪ランデブー」の方に詳しく書けばいいと思う。いや、違うか、他の人について書けばいいんだ。個人的な興味から言えばやっぱり沢城ですかね。短いフレーズではあったが、フランス語でも何の違和感もなくまくし立てられる「発声・調音」の妙。そしてサブキャラとして参加するというハンデをものともしない存在感。相変わらずの無双っぷりでした。また、今作は野郎3人組の相性がやたらによくて、「恰好いいキャラ」じゃないので男の方が映えるという希有な作品。阪口さんにこにたん、杉山さん。今回は杉山さんも美味しいところを持って行ったけど、渋声関西弁のこにたんが実に良いのですよ。ちょっとしたラッキーシチュエーションにドキドキ、なんてのもあったし。遥さんと美里の関係性って、今後どうなっていくんでしょうね。そして他の研究室メンバー、かんち、麻美子、樹教授役の西村知道氏。やっぱりこの研究室は良いなぁ。

 是非ともこのままのキャストでの3期に期待したいところですな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター