忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2532] [2531] [2530] [2529] [2528] [2527] [2526] [2525] [2524] [2523] [2522]

「GJ部」 ー→5

 今期最後の番組感想が、まさかのこの作品。これ、変な時期に始まった上に1話を見逃して一週間待ったせいで新番チェック書いてなかったんだね。まぁ、1話時点でなんか書いたとしても「ユルいなー」くらいしか感想でなかったと思うけども。

 で、無事に最終話まで見終わった上での感想は、「ユルいなー」。もちろん世間にはユルさを売りにした萌え系4コマアニメがあふれかえっているのでそんな売り方ではなんの意味も無いわけだが、今作の場合、割と悪くないユルさが終始流れ続けていた。やっぱりコレがよくって「あいうら」がつまらんと感じるとなると、ゆるふわ系の作品でも何が良くて何が悪い、っていうことをきっちり計れるようにならないと駄目なんだよな。でも、こういう作品の良し悪しって自分でもどうやって判断してるのかがよく分からないからなぁ。「ゆゆ式」なんてつまらんと思って見てたら本当に「つまらない」しか出てこないけど、改めて「見よう」と思って見たらなんか良い刺激が出てきたし。ようは心持ちの問題ってこと? いやぁ、流石にそれはあかんよなぁ。

 さておき、この作品は一応男性キャラを中心に置いているので、ユル作品の中で設定が一番近いとしたら「生徒会の一存」あたりだろう。っつうか、部長の設定とか回りの人物配置なんかも割とそのまま。その上で、「一存」がそこまで楽しくなかったのに対してこれはそれなりに満足してしまった。キョロの立ち位置が重要だったのかなぁ。それとも単に部長が可愛かったからかなぁ。飛び道具系まれいキャラは「あいまいみー」の時同様の破壊力を持つからな。ただ、GJ部の場合は回りの残り4人も悪くなかったしね。タマが入ってきたらタマが全部持っていくかと思ったらそうでもないくらいに3人が強かったのは意外。その上でサブキャラがガンガン出てきても、それぞれに立ち位置をちゃんと見つけて収まっていくし。なんだろうな、この連携の雰囲気なのかな。いや、最終的には「男性主人公が女性陣にいいようにもてあそばれる」っていうコンセプト自体がM心を刺激するからな気がする。そういう意味で無抵抗のキョロはやっぱり良いキャラであった。

 中の人については、恵の中の子ときららの中の子がほぼ新人なのだが、この作品の場合にはあまりに緩すぎてその辺のまずさはほとんど気にならなかった。若手新人のトレーニングの場としては非常に適切。その上で六花・凸守コンビが暴れ回り、木戸ちゃん、諸星すみれちゃんというジュニアコンビも好き放題にやってくれていた。つまり、ここは若手たちが気楽に同年代とコミュニケーションを取りながら研鑽を積む場所だったのだね。ならば良し。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター