忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3084] [3083] [3082] [3081] [3080] [3079] [3078] [3077] [3076] [3075] [3074]

「未確認で進行形」 6→6

 可愛くて良かったです(直球)。萌え袖がいいなって思ったのは多分初めてなんですが、「そもそも萌え袖の原点ってなんだろう」って考えたら、多分「オバQ」のハカセだな。いや、欠片も萌えないけども。

 いわゆる日常系なんだろうと思っていたら、割と普通にラブコメ要素あり、妖怪変化との交流物語ありで、少なくとも同型と思っていた「ゆゆ式」とか「あっちこっち」「Aちゃんねる」なんかよりもずっと主軸があった。おかげで最終回の小紅と白夜の結ばれ方なんかはとても満足度の高い1つの「結末」として受け入れられ、この手の作品によくある「通過していくだけ」という感覚がなく、きちんと物語としてまとまっているように感じられる。そして、今作はたとえば「ちびっ子小姑」とか「ロリコンお姉さま」とか、人物設定が割としっかり人間関係に絡んでくる要素だったため、主軸をしっかりもって人間関係を彫り込むことで、それが萌え要素の補強に直結していたのは良いポイントだったと思う。小紅ちゃんの巨乳設定だけちょっと持てあましてた感があったけどね。

 メインシナリオのメリハリがそれなりに効いていて、「未確認生物」設定と恋愛感情が素直に繋がっていたし、未確認生物設定のおかげで真白ちゃんの浮世離れしたキャラも痛々しくなく、むしろ微笑ましく見ることが出来た。白夜のキャラは、最初は「これで良いのか」って感じだったけど、中盤以降はきちんとネタとして、男としてキャラも活きてきたし、多分萌え漫画の男キャラとしてはこれくらいの立ち位置が無難だったのだろう。あとは百合要素が適当に恋愛要素をカバーしてくれるさ。藤田咲は何故か百合作品御用達になっていて、大体可哀想なスタンスに回されるよな。でも、このはちゃんの立ち位置はすごく好きだったわ。

 こうしてみると製作スタジオ繋がりで「ゆるゆり」と同じような楽しみ方をしてたのかもしれない。ただ、こちらの作品にはもう1つ大きな誘致要因があり、それはメインを務めた3人のキャスト、つまり「みかくにんぐっ」の3人が軒並み新人だったのに、かなりしっかりこなしていたということ。特に真白ちゃん役の吉田有里はかなりのお気に入りになりました。こうして若手の声優を見つけて今後を見守る楽しみっていうのは、声オタの本懐ですよ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/24 NONAME]
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター