忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3085] [3084] [3083] [3082] [3081] [3080] [3079] [3078] [3077] [3076] [3075]

「中二病でも恋がしたい!戀」 6→7

 大好きですけど何か?!(逆ギレ)。正直配点は維持にするかあげるかちょっと悩んだのだが、1期の時の感想確認したらあげてたので、「2期が1期より劣っていた点は……特にないな!」と思って同じように加点した。僕はこれが観たいんです。

 おそらく世間様ではそれなりに賛否が分かれる部分もあったことだろう。ラストの寸止め展開はその端的な部分だが、七宮の扱いとか、中二病というファクターそのものの扱いとか。もっと明確なシナリオがあった1期の時ですら「シリアス展開が邪魔」なんて過激派が存在していたわけで、この作品に求めるもの、この作品がクリアすべきハードルはかなり視聴者のスタンスによる部分が大きい。しかし、私が観たいのはこれだった。そして、「中二病」にしか求められず、正面から受け止めてくれる「正道」はこれしかないとも思っている。「中二病」と「恋がしたい」なんだぜ。この2つを足しあわせたタイトルに、これ以上の何を望むだろう。

 むしろ意外であったのは、「よくもこんなに六花と勇太の恋愛要素だけで引っ張って密度を維持出来たもんだな」ということ。2期製作決定の報を聞き、先行上映会で監督の話を聞いたときには「おそらく2期はサブキャラたちを中心としたどうでも良い話をオムニバスで繋いでいく構成なのだな」と考えており、実際に中盤はそういう側面もあったが、思いの外「六花と勇太」にお話があった。七宮という新規の要素も加わったが、彼女の存在も異物として感じられるわけではなく、2人のもどかしい関係性の延長線上にある「もう1人の六花」として描かれており、すっきりとメインシナリオがまとまっている。むしろ最初の予想より凸守たちのお話が足りないことがご不満なくらいだ。いや、4話の時点で既にお腹いっぱいでしたけども。常に森サマとセットで扱われることになってしまったわけだが、これはこれで正しい方向性だったのだろうなー。

 まぁ、1つ1つのファクターについては各話感想で書いた通りなので、結局得られる結論は「カワイイは正義」ということだ。今作は六花・凸守という愛くるしさの権化のような存在があまりにも活き活きとしすぎており、それだけに依存性の高い萌え成分が提供され続ける。更に今期は真っ直ぐな恋愛感情が眩しい七宮という伏兵も加わり、多方面から様々な萌え心がくすぐられる。シンプルに小動物的な可愛らしさを愛でてもよし、時にちょいと背伸びした背徳的エロスに欲情するもよし、まだまだ青い恋愛感情に悩む少女たちを観てヤキモキしながら涙ぐむもよし。これまで京アニが培ってきた各方面からの「可愛い」がズラリと揃っているのである。やっぱり、あの画のデザインは魔性だと思うわ。

 さぁ、3期はあるのか?! こればかりは神様仏様京アニ様でもわからねぇ。石原監督はやはりこっち方面での采配を振るって欲しいので、期待に期待を上乗せして待っています。邪王真眼よ永遠なれ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター