忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3079] [3078] [3077] [3076] [3075] [3074] [3073] [3072] [3071] [3070] [3069]

「東京レイヴンズ」 5→4

 適当にしか見てないからろくすっぽシナリオも理解してないんだが、その上で点数下げるって結構酷いな。退屈したのが先なのか、真面目に見なかったから入り込めなかったのか、2クール作品だからもう覚えてません。

 いや、基本的な要素については「揃っている」作品だったとは思う。この接し方は何かに近いなー、と思って考えていたのが「とある」シリーズなので、関わり方は非常に似ている。「設定が忙しいから、本気で作品を読もうと思わないとあんまりピンと来ない」って奴だ。その上で、何となく観ているだけでも入ってくる話が無いわけではない。エイトビットはコレのために「IS」を犠牲にしていたわけで(?)、シリーズを通じて映像はかなり安定していたはず。ガシャンガシャンとメタリックに動いて一切「式神」やら「陰陽」やらの要素を感じさせないバトルの諸々についても、いかにもエイトビットらしい画面作りは原作ファンには楽しい映像になっていたんじゃなかろうか。食い合わせがいいのか悪いのかよく分からんままだったのだが、目新しかったのは確かだし、それなりの賑わいも見せていた。今期はロボで陰陽を名乗ったりロボで弁護士したり、色々とロボ大変なシーズンであった。あとの問題は、やたらジジイとかむさいおっさんどもが活躍するこの作品世界で、そのロボウィーンガシャンがベストの方法だったのか、ってところなのよ。同じようなテーマ性だったら個人的には「夜桜四重奏」の絵の方が好きだったからねぇ。比較対象がおかしい? そうかもしれん。

 まぁ、多分きちんとシナリオが追えていて、細かいキャラクターどうしの絡み、心情の機微が分かればもう少しはまり込むことが出来た作品なんじゃなかろうかとは思う。女の子は割と可愛かったし、花澤・キタエリ・あやねるなどのヒロイン勢の存在感はなかなかのもの。男装女子とか分かりやすい金髪ツインテ縦ロールツンデレとか、狙ったところにちゃんと狙った球を投げることは出来てたし、ヒロイン勢絡みの過去話のネタとかが一番盛り上がる部分だったしね。もう、いっそおっきな野望とか大人同士の権力争い無しでどろどろしてても良かったんじゃないかとすら思ってたんだけども。男の子が頑張るためにはそれだけでも足りてる気がしたんだけどね。結局最終回のあれこれも消化不良の部分が残ってしまっているし、シリーズのまとまりとしてちょっと色々やり過ぎた感があるんだよ。2クールでもまだ足りないっていうのは昨今のアニメでは贅沢な方だけど。

 それにしてもコンは可愛かったな。正しい豊崎の使い方ですわ。毎週次回予告が楽しみで見てたような部分もあります。割とマジで。おかげで最終的に大人フォームになったときの衝撃はとてつもなかったが……。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター