忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3090] [3089] [3088] [3087] [3086] [3085] [3084] [3083] [3082] [3081] [3080]

「ゴールデンタイム」 5→3

 荒ぶる堀江由衣タイム。後期OPはあの「インモラリスト」と同じ制作者ってこともあり、初見ではのけぞるくらいの衝撃があったのである。まー、結局ほっちゃんタイム以上の意味があったかどうかは怪しいのであるが……。

 「とらドラ」の作者の作品ってことでファンとしては期待せざるを得なかった作品だったのだが、色々と残念な結果になってしまったのである。大学生が主人公とか謎の部活動おまけんとか、色々チャレンジングな設定ではあったのだが、あんまり面白さには繋がってなかったんだ。その最大の原因を一言でまとめると「共感出来ない」。いや、「とらドラ」が共感出来たのかって言われたら確かに疑問ではあるが、高須目線で大河を愛でることは出来ただろうし、亜美ちゃんの歪んだ感情だって、身につまされて感じ取れる部分はあったはず。「典型的な学園ラブコメラノベ風に見せて、その根っこで人間的なドロドロした部分が見られる」っていうのがとらドラの面白いところだったのだから。しかし、今作の場合にはあらゆるキャラクターが特大のハードルを構えて待ち受けている。謎のお嬢様設定の加賀さん、彼女は結局一体どういう性格だったのか、最後の最後までゴールにはたどり着けなかったように思う。「元々ストーキングしてた男から乗り換える」という設定は面白かったんだけど、そのあたりの感情の機微もあまりみえてこなかったし、結局良い子なのか、痛い子なのか、その全部なのか、捉えどころのないメインヒロインだった。

 ただ、このことに関しては加賀さんを責めるのはお門違いである。この作品のラスボスは、当然万里である。序盤からガンガンストーリーをかき回してくれた上に、ほぼ完治せずに渾沌だけを産みだした彼の「病気」に関しては、共感はもちろんのこと、理解すらも追いつかない。フィクションの世界では「記憶喪失」とか「二重人格」なんてものはありふれているのだからそのフォーマットに当てはめて理解出来るかと思ったのだが、彼の場合、2つの人格・記憶の接し方にまったくルールがない。亡霊のように現れたり、何の前触れもなく入れ替わったり、イメージ空間で交流してた気がしたのに入れ替わったら相手の記憶を共有していなかったり。とにかく、彼の記憶はシナリオをかき混ぜこそすれ、盛り上げることはなかった。トラブルが起こればそれが恋愛ドラマの起爆剤として機能するのが普通なのだが、今作の場合には「乗り越えるべき困難に2人で立ち向かう」ではなく、「可哀想な万里という重病患者を回りのみんなで介護している」図にしかなっておらず、切なさ、悲しさというより、痛々しさしかついてこない。どれだけ関係性を進展させても都合のいいところで(悪いところで?)リセットされたり、かんしゃくおこされたりするんじゃ、まともな人間関係なんて構築できるわけがないだろう。多分、今作で一番盛り上がったのは、車がガードレールに突っ込んで亡霊万里が「違う! そうじゃない!」って訳の分からない悲鳴をあげてたあたり。

 そんな万里を中心においた結果、当然メインで相手をする加賀さんは壊れキャラになってしまったし、常識人だと思われていたリンダ先輩も、「彼の病気を前提として受け入れて接している人物」という時点で充分異次元の存在なのだ。途中からは適当にしか見ていなかったので定かじゃないが、多分彼女の言動を全て拾い上げていくと、万里に対してはかなり酷い扱いをしているのではなかろうか。病気を病気と思わないのは患者にとって良い側面もあるが、ここまで深刻な症状であるなら、病気に理解のある人は、回りの人たちと協力して治癒に努めるべきだろう。それが無理で、やる気もないのなら、中途半端に「普通の付き合い」をするというのはひどく残酷な行為である。あとはまぁ、やなっさんとか岡ちゃんとかは割と普通ではあるのだが……やっぱりどこかハズれてるよね。世間の大学サークルの人間関係って、みんなこんなカオスなの? 何それ怖い。

 結局、かなりチャレンジングな設定を作って、かつてないお話を作り上げようといたことは分かるのだが、やはり先人たちが扱わない設定というのは、それなりに理由があるんだろう。いや、ひょっとしたら原作を読んだら面白い可能性はあるんだ。もっと個々のキャラクターの内面まで掘りさげているだろうし、1つ1つのファクターの絡め方を丁寧に追えれば、もっと「共感」が生まれるように描かれているのかもしれない。しかし、残念ながらアニメはそうした作品性にはほとんど寄与せずに終わった。お世辞にも出来が良いとは言えない作画面はドラマを盛り上げる効果を得られなかったし、のっぺりと進行するために、万里の幽霊とかが出てくるとギャグにしか見えないってのはどうなんだろう。「とらドラ」が画面で得してた分、今作の残念さが際だつのである。

 むー、まぁ、ラノベアニメだとこういうこともよくあるわなぁ。残念である。ちなみに中の人に関しては相変わらずなのであまり書くことも無いが、こんなトンデモキャラでいきなり大役を任された万里役の古川慎君は頑張っていたとは思う。あと、岡ちゃん役の木戸衣吹は、可愛い。そして謎の名前キャスト(?)後藤沙緒里と伊藤静の存在感。後藤()さんがこういう役でキャスティングされるのってかなり珍しいんだけど、割と面白いよね。本人も無駄に肝が据わってるので、今後もイメージを覆し続けていけばいいと思うの。あと、わたくし個人としましては当然NANA先輩ですよね。おもろい役だった。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター