忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3092] [3091] [3090] [3089] [3088] [3087] [3086] [3085] [3084] [3083] [3082]

「ハマトラ」 4→2

 今期の「何がやりたかったんだよ」枠。とある知り合いは「面白いじゃないですか、PSYCHO-PASSと同じですよ」って言ってたんだけど、残念ながらわたしゃこれとPSYCHO-PASSが同じに見える目を持ち合わせておりません。

 まず何よりも映像面が酷い。現代の世に残った貴重な貴重な「MUSASHI-GUN-」である。まずもって人員が足りてないだろうクオリティは語ることもないが、キャラクターデザインが軽かったせいなのか、独特の色彩を意識した美術設定が安っぽさを増長させたからなのか、とにかく全編通して画に重みがない。一応ミニマム発動シーンには独特のこだわりが見えたが、正直言ってそれが「良さ」になってた気はしない。軽さは変わらないし、なんだかお隣の国のパチモンお菓子みたいなイメージのままである。こういうセンスの好みって個人差はあるんだろうけど、このベタッとした色彩が好みの人ってどれくらいいるんだろう。

 そしてお話も同様にチープである。探偵アニメが始まったのかと思ったら中身が異能力バトルものだったのは別に構わないのだが、この作品はすっかり掘り尽くされた土壌で一体何を作りたかったのか。ミニマムの設定は実に適当、その能力を使ってのバトルシーンも特に工夫は見られず、最強と言われる主人公ナイスの能力も何が強いのか分からない。強さや方向性に関してはあまりに個体差が大きすぎて、そこに「ミニマムホルダー」という「群」としての共通性を見いだしにくく、「迫害される側」としての悲壮さが感じられない。そりゃたかひろ君みたいなあからさまな化け物ミニマムなら怖いのは分かるが、ハマトラの連中とか別に普通の人間と変わらないわけで、余計な煽りがなければ平穏な日常を送るのに不自由しないだろうに。敵キャラの思想がすげぇ厨二じみていて短絡的なのも釈然としない。迫害される側が歪んだ思想を持つのは自由だし、そういう人間が「強くても馬鹿」なのは許される設定だと思うが(槙島さんだって馬鹿といえば馬鹿だからな)、少なくともモラルが「強くて賢い」敵には見えないんだよな。なんで世界はこんなのにいいように弄ばれていたのか。そして、ナイスはあれだけの凶悪犯相手にどんだけヌルい対応をし続けたのか。余計なサイドストーリーばかりに時間を割いていたせいで、メインシナリオの掘り下げが一切出来ておらず、思いつきだけで進行している「アニメ製作の企画書」段階の出来に見えてしまうのである。もっとちゃんと観てれば中身に理解が及んだのだろうか……いやぁ、でもこの画は真剣に見るのは辛い……。

 そしてまさかのラストに度肝を抜かれる。もう、1クール必死にアニメを追いかけてきた人間を満足させるつもりないんだろ。もし興味を惹かれた人間ならば、あのラストを見せられたら「どうなってしまったんだ?! 気になるぅぅ!」ってなことになるのかもしれないが、一切惹かれなかった人間からすると「何一つ腑に落ちずに終わった」という最悪の印象である。続編あるんだろうけども……観るかなぁ……一応アート刑事を巡る諸事情は気にならないではないのだが……。

 レッテル貼りはあまり良くないとは思うのだが、今作で「岸誠二のアニメオリジナルは駄目」ジンクスが更に信憑性を増したことに。原作有りだと手堅い人なのになぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター