忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3149] [3148] [3147] [3146] [3145] [3144] [3143] [3142] [3141] [3140] [3139]

「咲-saki-全国編」 5→5

 ようやく今期最後の感想。既にグランプリ記事で一回触れているけど、とにかく中の人でお腹いっぱいになるアニメ。さぞかし賑やかなアフレコ現場だったことだろう。

 基本的に中の人目当てで見ていた作品なわけだが、今期は割とサイドストーリーが少なめで、がっつり試合描写が多かったので色々と楽しかったのは事実。番組が始まった直後には「これ以上モンスターバトルになったら一体どうやってアニメで表現すんねん」と心配していたものだが、まぁ、これはこれで突き抜けてしまってすっきりしたということかもしれない。もう、途中からろくすっぽ説明も無くなったもんな。いや、説明されても困るんだけどさ。一応各キャラに因縁というか、「そういう能力を持ってる理由」はそれっぽくついてたわけじゃない。山が云々とか。あ、でもタコスの能力の時点で説明無いも同じか……とにかく、今回はもう、「こういう能力者です」っていうことを前提にして全ての学校が戦っていたり、あいつは一体どういう能力なんだ? っていうのを推理しながら戦ったり、こいつらスタンド使いかよ、と思えるような大前提のお話である(まぁ、あながち間違いじゃないよな)。

 そして、それが上手いこと「色々前提を飲み込めば楽しいスタンドバトル」として成立してたのは割とすごい。特に副将戦は楽しくて、1人分かりやすい大技を持ってる奴がいるけど、そのかたわらにカウンター能力を持ってる奴がいる。んで、全然関係無いのどかが「麻雀にオカルトなんてありませんわー」っつって自分勝手に打ちまくって面倒をかけるっていう。いや、この世界に生きてるくせにまだデジタルとか言ってる奴は流石にアホだと思うぞ。まぁ、のどかの場合は既に「デジタル風に打つとなんか降りてくる」っていう類の能力なんだと思うけど。

 それぞれの学校のキャラは全てきっちり濃く描かれており、1人1人が活きながら全体としてのドラマを作る手順がまとまっているのはすごく良い。あれだけのキャラ数で死にキャラを作らないってのはかなり大変なことだ。まぁ、その分どうしても「個々のドラマ」のぶつ切りみたいになってしまうので、全体としての統制を取るのが難しかった感はあるが……それを締めたのが大魔王咲、というのはオチとしてはよろしいんじゃないでしょうか。全国大会の大将戦でプラマイゼロとか、なめプにもほどがあってよ。お姉ちゃんとどっちが鬼畜かわからんやんけ。

 そんなこんなで「こういう怪獣バトルも良いものだ」と普通に楽しんでしまいましたとさ。中の人については数が多すぎるからいちいち触れないけど、大将戦のキャストはすごい好き。出来れば鹿児島に勝ち進んで欲しかったけどなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター