忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3644] [3643] [3642] [3641] [3640] [3639] [3638] [3637] [3636] [3635] [3634]

「大図書館の羊飼い」 4→5

 意外や意外、割と最後まで観られてしまった! 個人的に、こういうタイプのエロゲアニメで抵抗なく最後まで観られた経験は珍しいので、なぜこうなったかは非常に気になるところである。

 スタート時点での印象は「エロゲすなぁ」という身も蓋もないもので、正直「アカンやろな」と思っていた。映像面でも取り立てて見るべき点もないし、「学園に設置されたなんだか今ひとつ何してるか分からない部活動のメンバーに、押しの強くない達観系主人公」なんて、特に面白くなる要素は見出せない。エロゲユーザーからしたらごくごく基本的なスタート地点だろうから、ここからどのように展開するかで評価をしていくのだろうが、アニメ消費者としてはこのセッティングだけでややげんなりするのである。今期はほぼ同じような状況で「失われた未来を求めて」が被ってたし。やっぱりヒロイン轢かれるし。

 ただ、そうしてぼんやりと見続けていたものの、なかなか「退屈だからもういいや」という気持ちにならなかったのである。おそらく、最大の焦点である「羊飼い」というファクターが早々に明かされた展開が意外だったことがモチベーションに繋がったのだと思う。てっきりタイトルや導入部分から「羊飼いを捜す物語」になるのだと思っていたのだが、割とあっさりその正体が判明し、主人公がそちらサイドから「運命を編む者」としての使命を帯びるという展開は想定外。「他人の運命の分岐を読み取り、望ましい未来に誘導するお仕事」なんてのは考えてみりゃエロゲのルート分岐に適当な理屈をつけるためだけの安易な思いつきではあるのだが、本作ではそうした「設定のための世界」がそこまで違和感にならず、筧の性格からすんなりと「羊飼い業務」に入っていくことが受け入れられた。そして一番大きいのは、主人公だけがそうした超越者の視点を持つのではなく、隣に小太刀という「同業ヒロイン」がおり、彼女を通して「運命を編む者」サイドの物語も同時進行で恋愛展開になったのが良かったのかもしれない。「編む側」「編まれる側」の多相構造で各々の人生を考える恋愛ドラマは、未来が自由になっているような、決してそうでもないような、不思議なやきもきがあって楽しかった。

 また、この手の作品の常として多数のヒロインが押し寄せるのでその処理だけでどんどん話数が費やされるという難点があるのだが、今作は小太刀とつぐみというメインヒロイン2人にさっさと話を絞り、残りの面々はあくまで脇での賑やかしに徹してくれていたのでメインシナリオが見やすく、この2人のヒロインの魅力が上がったというのも良かったポイントかもしれない。個人的にはそりゃぁ小太刀一択であるが、つぐみちゃんだってまっとうな「正ヒロイン」ぶりは決して悪くなかったし。ほんと、こういうとこでの米澤円の安定感は格別ですわ。もちろん、小太刀がトップになった理由の1つには種﨑敦美の存在が欠かせないのはいうまでもなく。

 総じて見れば特に目を引くような要素があった作品ではないが、べっかんこう絵がこれまでのアニメ化作品の中では一番見やすく、ユルい絵になったときも愛らしさが維持されてシリアスとSDがシームレスに繋がっていたのが見どころだったかも。どうせエロゲ原作ユーザーが見てきた止め絵の1枚絵クオリティをアニメで完全再現するのは無理なのだろうから、こうして適度なユルさを持たせて余裕のある画作りをしていくのが、共存共栄のための穏当な手段だったのかもしれません。こういう方向性なら、今後もエロゲアニメに未来はある気がするね。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター