忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3640] [3639] [3638] [3637] [3636] [3635] [3634] [3633] [3632] [3631] [3630]

「ヤマノススメセカンドシーズン」 5→6

 やっぱりゆかもこは最高だぜ! 本当に良い井口分と阿澄分が摂取出来るサプリとしての優良作品である。

 15分アニメで2クール、しかも元々5分アニメというなんとも不思議な出自を辿っているこの作品。一体どうなるものかと思ったが、なんの心配もいらない堂々たる2クールであった。そう、萌えアニメというのはこれでいい。女の子が可愛い、それが重畳。4人の女の子を中心とした癒しの時間は無事に幕を引けたのである。世間的には、どこかで「長くして2クールになったからダレた」なんて意見も見聞きしたことがあるが、わたしゃそうは思いません。ダレるもなにも、元々描かれるべき責務の無い作品としてスタートしており、登山というテーマをベースにして最終的にはあおいとひなたに帰ってくればよいのである。それならば、そこにキャラクターが描かれ、それが可愛らしいままであれば「ダレた」というのはお門違い。「ゆっくりしていってね!」というのが正しい解釈の仕方なのである。まぁ、もちろんそういう見方ってのは非常に偏ったものであろうし、是非が分かれるのは致し方ないと思うけどもね。この15分枠という身の丈にあった時間配分と、充分な密度を持った「それしかない世界」はばっちにニーズに噛み合っている。

 そして、今作は実はそれだけには留まっていない。文字通りに中盤で山場となった富士登山。なんと、この作品ではまさかの挫折エンドをむかえるという衝撃のストーリー展開は、「高校生のくせにお気楽に登山なんてできるんかいな」という懐疑派にも納得出来る「登山は楽しいけど、遊び半分でやったらあかん」というマジ警告ドラマである。あおいが登頂できなかったことは残念であるが、こうして「山の厳しさ」を味わうことも登山の一環であると考えれば、彼女はこれ以上ない形で富士山を満喫したとも言える。単に「厳しい」ことを伝えて突き放すのではなく、「失敗したこと」で学べることがあり、そこに仲間がいてくれることで、再び山を目指すきっかけが産まれることで友情を補強することにもなった。「楽しさ」「厳しさ」の両面を正面から描ききり、1つ1つの体験が人生経験へとフィードバックしてくるその構造は、女子高生きゃっきゃうふふアニメの形態ととりながらも、きちんと成長物語としても読み込めるものになっているのである。良いアニメじゃないですか。正直、これを観てるとちょっとだけ(ほんのちょっとだけ)登山も悪くないかな、なんて思えてくるのです。まぁ、俺のとある友人みたいに、「これヤマノススメで紹介されてたジャケットとリュック、高かったわー」「へぇ、お前山登り始めたんかー」「いや、登る予定なんて全くない」ってのも困りものだけどね。

 以上、ゆか・もこ・ひよ・ゆいの4人組の素敵な時間でした。ホントに「夏色プレゼント」は大好きなオープニング。映像のデザイン性がこんなに素晴らしいオープニング、最近だと珍しいよなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター