忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4265] [4264] [4263] [4262] [4261] [4260] [4259] [4258] [4257] [4256] [4255]

「ガッチャマンクラウズインサイト」 5→3

 ようやく夏クールの番組が全部終わった……と思うじゃん。まだ残ってるんだぜ、3話も未放送の作品がよぉ……。

 まぁそれはそれとしてのインサイト。1期は賛否ある作品だったが目指しているものは理解出来たし、独自の面白味は間違いなくあったと思うので「可」か「良」くらいだったのだが、この第2期については、個人的にはかなり否定的な感想になってしまう。今回だって「やりたいことが理解出来る」という部分は全く同じであるが、1期目とは随分話が違う。端的に言えば、「分かりやすすぎた」。

 タイトルに「クラウズ(Crowds)」とある通り、本作のメインテーマは「群衆」である。1期で導入された諸々のバーチャルツールなどの概念は今作で扱う「群衆」というテーマを端的に表示し、そこに善悪の物語を敷設していくための道具として機能した。このテーマが難しいのは、「集合知」というものが善悪では単純に語れない対象であるというのが1点、さらに「集合」をアニメーションとして描き出すことが難しいというのが1点。後者の問題については中村健治監督の独自のデザインセンスをフル回転させ、興味深い演出方向でもって「みんなの意見」を具象化させ、それをベルク・カッツェという「悪」と組み合わせることで1つの対立概念として設定、そこに「正義の味方」ガッチャマンをぶつけることで、「群衆」の正しさについて一定の回答を導き出していた。それが正解だったのかどうかは誰にも分からないが、1つの形としては間違いなく成立していたはずだ。不確かなものに強引に答えを与える為に生み出された一ノ瀬はじめという「神」の存在も、無茶苦茶だとは思いながらも強烈な個性となって視聴者を引きつける要因にもなっていただろう。

 しかし、2期ではこうした「描くことの難しさ」を非常に安易な方法で解決しようとして、あまりにもチープで、陳腐なお話に堕してしまっている。まるで小学生の道徳の教科書に載っているような、説教臭く、ご都合主義で、味もそっけもないシンプルすぎる二元論だ。「群衆は愚かであり、考える力を持たない。日本人特有の『空気を読む』行為は思考を伴わず、ただ為政者によって、マスコミによって、善意という名の思考放棄によっていくらでも悪い方向に進んでしまう。だからちゃんと自分の力で考えよう」というのが、「insight」で与えられたお説教の中身の全てだ。もちろん、そうした言説に意味が無いとは言わない。しかし、そのために用意されたゲルサドラというキャラ、つばさちゃんのキャラ、くうさまという設定、どれもこれも「結論ありきで茶番を演じるための装置」にしか見えず、物語の中からテーマを伝えるのではなく、ありきたりな言説を唱えるための人形にしか見えないのである。いくら何でも、ここまで分かりやすすぎてはせっかくのテーマ設定も台無しだ。

 二次的な影響として、あまりにも「その他大勢」が愚かになりすぎて、世界そのものが思考を放棄したような状態になっているせいで、そこで異彩を放つはずのはじめちゃんまでもが、超越的な存在というよりも、「逆方向の思考放棄」にしか見えなくなったことである。彼女がうわごとのように「個」を唱え続けるのは1期の時も同じであり、そこに何の後ろ盾もないのはこれまで通りであるはずなのだが、相手が悪意の権化であるカッツェだったときには、その対極に位置する彼女「正義の権化」たり得た。しかし、今回のゲル・つばさたち、そして群衆は「思考放棄の具現」であり、その対極に位置するためにははじめが「思考の権化」になる必要があった。残念ながら、「考えること」は(彼女が再三訴えていることとは裏腹に)はじめの持つ属性とは相容れないのである。何故なら、彼女は考えるまでもなく、生まれもっての正義であるからだ。残念ながら、このinsightの世界では、彼女は特異性を魅力に変換出来ない。

 はじめがただの「異物」と化し、世界が陳腐な個の倫理で埋め尽くされてしまうと、もう他のキャラクターが輝くチャンスもない。1期で作りあげた「クラウズの独自世界」は解体され、ただの薄っぺらい舞台装置だけが残された。そこにはガッチャマンの存在意義もないし、中村監督の映像技術で描くべき対象もない。このシナリオは、あまりにもお粗末である。

 せめてもう少しガッチャマンがチームとして戦うシーンがあれば、見どころも変わって意味が生まれたのだろうが……うつつちゃんとかるいるいとか、もう今回は全然ガッチャマンじゃなかったしな。タツノコはガッチャマンをどういう存在にしたいのだろうか。謎は深まるばかりである。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター