忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4726] [4725] [4724] [4723] [4722] [4721] [4720] [4719] [4718] [4717] [4716]

「ハイスクール・フリート」 6→4

 ほら、最初に点数付けたときは「ハイスクールフリート」じゃなくて「はいふり」だったから……。

 毎週きちんと文句を書いてきた作品。「わかんね」とか「つまんね」だったら毎回感想を書く必要もないのだが、それを毎週書かされていたってことは、何かしらひっかかる部分があったってことなんですかね? まぁ、序盤の数週間を書いてしまうとそこから後は義務的に書かなきゃいけない気がしてしまうだけなんだけども。ひょっとすると、「どこかでこの文句が賛辞に変わるときがあるかもしれない」っていう期待はあったのかもしれません。

 ただ、最終回の動画こそ見るべきポイントはあったものの、結局「なんだこれ」に終始していたのが正直なところ。画に力があるでなく、キャラに魅力があるでなく、そして何より、シナリオに楽しさがあるでなく。本作のシリーズ構成が「ガルパン」の吉田玲子であるという事実は非常に悩ましいものだ。同じ人がデザインした脚本の流れで、こうも大きく変わってしまうというのはアニメ製作のウェイトという問題を色々と考えさせられる。もちろん、他の要素が全然違うのだからそっちに責任を押しつけることも出来るが、今作を見て「脚本に問題無し」と断じることは無理だろう。つまり、大成功を収めたガルパンと、このもやもやが拭えないはいふりの脚本の成否は、非常に危うい、紙一重のバランスの差だったと見ることが出来るのだ。

 改めて振り返れば、ガルパンの放送版のシナリオだって、冷静に見れば「なんじゃそら」である。あまりにベタな展開だし、戦車道云々は意味が分からん。マッチメイクにトリッキーな番狂わせがあるわけでもないし、全ての試合に納得が行くかと言われればそんなことはないだろう。言い方は悪いが、ちょっとでも道を踏み外せば、ガルパンははいふりになっていたかもしれないのだ。この2つを分けた「決定的なもの」について、考え始めればきりがないが、個人的に大きかったと思うのは、各話感想でも何度か取り上げた気がする「目的の不明瞭さ」だと思う。1話目でタイトルが入れ替わって物語の真の姿が現れたタイミングが、今作でもっとも盛り上がったところだろう。その時点で現れたのは、突如孤立した晴風単機という絶望的な状況と、恐ろしい敵になるであろう、教官や巨大な戦艦の数々。あのまま晴風が孤軍奮闘して1機ずつ戦艦を正気に戻していく、というシンプルなシナリオなら、ひょっとしたら盛り上がったかもしれない。しかし、実際には今作ではそんなことは起こらず、明確な敵は一度も登場することなく、場当たり的にその時々で何となく解決すべき問題を与えられ続けた。最終的に何を成すべきかも分からず、そして、与えられた仕事も「何故、晴風が今それをやらなければならないか」が分からず、モチベーションが全く上がってこない。これでは求心力を失って諸要素の魅力を伝えきることも出来なくなってしまう。

 1つの戦艦を動かすのには多くのクルーが必要、ってんで乗員全員にキャラをつけて描く、というのも、最近のアニメでは決して無茶なチャレンジと言われるほどではない。繰り返しになるがガルパンだって似たような人数だし、ちょっと懐かしいところでは「けいおん」はメインとなるメンバー以外のクラスメイトも全員キャラのデザインや設定が与えられていることで話題になった。世界観を作り込もうとすれば、これくらいの設定過多はおかしなことではない。その上で、今作に何が足りなかったかといえば、やはりここでもモチベーションだ。具体的には、「全員を描写することで何を描きたいのか」である。けいおんの場合、クラスメイトを細かく分けた目的は、それによって中心にいる唯たちの日常生活に厚みが増し、彼女達をより近く、深く描けるようになるから。あくまでクラスメイトは添え物であり、唯たちを描くための小道具として、描き込まれたにすぎない。ガルパンの人数の多さは、それぞれが「戦車に乗る」というイベントに対しての様々なドラマを描くため。一年生チームは成長を表し、生徒会チームは秘めた強さと切実な願いを表す。個々の戦車に戦いがあり、ドラマがあった。しかし、今作では役職ごとに別れたそれぞれのチームにドラマはない。おにぎりを握り続けるだけの食料メンバーにディティールは求められておらず、そこにわざわざ時間を割く必要がない。あくまで、何を真剣に描きたかったのか、という部分の差なのだ。そこを理解せず、「何となく女の子がいっぱい出てくる方がいい」という程度のモチベーションで時間を割いてしまっては、むしろ中心となる要素から視線が散るだけでマイナス効果しかないのである。

 今作の場合は、一事が万事、そんな感じで外しに行っていた気がする。サービスシーン、ギャグ、戦艦戦、友情ドラマ、etc. 「あれもこれも」と欲張った結果瓦解してしまうなんてことはどんな業界でもよく聞く話だが、アニメでその苦境をここまで分かりやすく見せてくれた作品もなかなか無いだろう。さしもの吉田玲子も、こんな無謀な幕の内弁当を作れという要請には応えきれなかったということだろう。彼女はガルパンやらカレイドやら、真っ直ぐで分かりやすい物語を紡いでほしいです。

 この作品を供養して、次にアニメ業界に生み出されるチャレンジはどんなものになるだろうか。日々アニメを垂れ流しながら待ち続けましょう。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター