忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4727] [4726] [4725] [4724] [4723] [4722] [4721] [4720] [4719] [4718] [4717]

「テラフォーマーズ リベンジ」 3→3

 リベンジ……出来ましたかね? とりあえず、最終回の映像はマジで意味が分からなかったんですが、あれは原作読んでれば分かるんですかね? いくらなんでも放置が過ぎるわ。

 ぶっちゃけ1期目でほぼ興味が湧かない作品になっていたし、2期目も1話の作画状態が酷かったのでほとんど真面目に観てなかったんですが、結局何がしたい作品なのかは分からずじまいだ。いや、原作は大人気コミックらしいのだからシナリオラインはそれなりに見るべき点があったのだろうが……面白かった……か? だって、バトル展開とか完全に後出しじゃんけん祭りなんだもの。自己紹介して、能力がばれて、その時点で強かったら勝てる。でも、相手の能力が分かってない場合には、相手の能力が強くて負ける。本当にそれだけの話。まぁ、どこのバトル漫画だって後出し有利にはちがいないが、今作の場合、戦っている2者(もしくはそれ以上の関係者)がそれぞれに高め合う部分が無く、勝手に技名叫んで散ったり勝ったりしていくだけなんだよな。色々とチームごとの思惑がある謀略部分を観て欲しいドラマ作りなんだろうけど、「テラフォーマーズがいっぱいいる火星の上」という時点で、「そんなことやってていいのかお前ら」感しか出てこないので、どうにも舞台設定が悪い。今作最大の売りはあのクッソ気持ち悪いテラフォーマーズという存在のはずで、圧倒的戦力を人間サイドがどのように打破していくか、という部分を主軸に据えるべきだったはず。それなのに、火星に下りたって始まるのは完全に人間同士のバトル。ちょっとくらい疑心暗鬼のタネを混ぜて「ひょっとして裏切り者が?!」くらいで引っ張ったり、なにか不安要素を人間側に仕込むくらいはいいと思うんだけど、完全にゴキブリ無視になって能力の見せあいゲームになった時点でオリジナリティも何も無い。安心院さんがくれる1京個のスキルのうち1つをもらった連中の適当なつぶし合い程度だ。

 原作が続いているので当然未完。それだけならまだしも、最終話は完全に一見さんお断りの投げっぱなしエンド。これで正当に評価しろってのが無理な話。個々のドラマ作りはベタながらも目を引くものもあったとは思うのだが……。ちょっと、ついていけないです。良かった点は……CV豊崎のキャラがスカンク。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター