忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4729] [4728] [4727] [4726] [4725] [4724] [4723] [4722] [4721] [4720] [4719]

「暗殺教室 SECOND SEASON」 5→5

 良いアニメだったよね。正確を期すなら「良い漫画だった」というべきかな?

 原作とほぼ同時にアニメも終了。アニメの方はいささか駆け足ではしょった部分もあったが、メインとなるストーリー部分をそつなくこなし、原作の持ち味を大きく崩すことなく走りきった。ホント、岸誠二は原作があるアニメをまとめ上げる能力が恐ろしく手堅いんだよなぁ。

 こうして「安定した」作品だったので特に付け加えるべきこともない。普通、天下のジャンプ漫画が原作の完結と合わせてアニメまでまとめるなんてことになったら結構なハードワークになるはずなのだが、元々、今作の原作者である松井優征は恐ろしく理知的に漫画を描くという話で有名。何もかもを計算尽くで、どれくらいの長さで話を展開し、どうやってまとめ上げるかを全て連載開始前から練り上げた上で作品を作っているらしい。おかげでジャンプ漫画の宿命である不要な引き延ばしとも無縁の結末を迎え、何もかもが予定通り、一番綺麗な形で幕を引いている。それだけ事前に予定表が出来ているなら、アニメのスケジューリングだってそこまで難しい話ではなかったのだろう。アニメの場合はどうしたって話数の制限ってのがあるので原作の完全再現ってわけにはいかないかもしれないが、完結させるのに必要な要素は全て連載終了前に分かっている状態なわけで、大きな破綻などは産まれにくい。そういう意味で、アニメ化に向いた「良い漫画」である。なかなかここまでお利口な原作ってのは無いだろう。

 アニメで特徴的なことといえば、やはり3−E全員にオリジナルキャストを付けた賑やかさだ。原作時点で「教室」が主人公であり、全ての生徒にスポットが当たることは明らか。アニメもそれに応えるために全ての生徒をきっちり描ききる必要があるわけだが(まぁ、流石に原作に比べればはしょられた部分も多いが)、それをきちんと画面に落とし込み、全ての生徒が「活躍出来た」感じを出せたのは純粋に良かった点だ。ともすると短めにまとめてしまいそうなラス前の「点呼」のシーンなんかもたっぷりとした間尺で描いてくれたし、エピローグ部分も丁寧なので読後感もよい。ま、この後総集編映画やらなんやらはあるみたいだが……そこは商業作品だからしょうがないね。純粋にドル箱だからね。

 流石に映画を見に行くことは無いとは思うけど、満足出来た作品だったのは間違いないです。次にジャンプからこのクラスのヒット作が出てくるのはいつになるだろうね……。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター