忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4949] [4948] [4947] [4946] [4945] [4944] [4943] [4942] [4941] [4940] [4939]

「モブサイコ100」 5→6

 おもしろいさくひんでした(小並感)。漫画の画の見せ方ってのも色々あるものだと、感心させられることも多くて楽しいアニメ。

 正直、スタート直後はあんまり期待していなかったんだよね。「ワンパンマン」と原作者が同じってことで、「それなら絵がすげぇワンパンマンの方が面白いんじゃないの? 設定もなんか似てるし、あれを超えることはないやろ」って思ってたんだが、なかなかどうして。シナリオだけで言ったらこっちの作品の方が圧倒的に好みでしたね。一番の違いは「最強能力者」という同じカテゴリでも、サイタマはマジで最強だったから一度たりとも劣勢にもならないし、バトルで本気を出すことすらなかったが、モブは決してそこまでの絶対的存在じゃなかったというところ。単に「最強だけど理解されない」っていうギャグを切り盛りするだけならサイタマで充分なのだが、流石にストーリー漫画としてバトルで繋いでいくには、やっぱり「強すぎるキャラ」は手に余る。その点、モブはまだ子供らしい不完全さもあるし、決して無条件での「最強」ではなく、彼の成長も見るべき点になっているので、単純に「少年漫画としての見やすさ」で言ったらこちらの方が上になるわけだ。ギャグだと思って高をくくっていたら、弟君との交流の物語とか、ラストの師匠大活躍のくだりとか、普通に見ていて面白いから困る。

 また、「作画は村田雄介がやった方がいいに決まってるやんけ」という問題についても、決して「上手い絵のアニメ化」ばかりが「見応えのあるアニメ」になるわけではないという、当たり前の真理を教えてくれた。いや、逆か。「上手くない絵のアニメ化」でも「見応えのあるアニメ」は作れるというべきだな。マッドハウスの全力の作画も楽しかったが、ボンズが味のある原作絵テイストを残しながらもグリングリン動かすことを可能にした超絶作画もまた見もの。これだけの手間をかけるだけの価値が、今作のバトルにはあったということだ。立川譲監督は前作でも非常に面白い構図を切り出し、独創的な世界観を作り上げてくれたが、今回もその構成力が遺憾なく発揮された。オープニングのヘンテコ映像とか、まさにサイコなんだけど音と相まって癖になる出来だ。

 こういう漫画をちゃんと掘り出してアニメ素材に活かせるのだから、まだまだ業界は原作枯渇なんて言わせない。きっと、新たなチャレンジャーを待っている野心的な漫画原作は埋もれているにちがいない。

 しかし、何で今作は微妙なところに兼ね役を導入してたのか、っていう部分だけ謎なんだよな。細谷なんてめっちゃ大事な役を2つ任されてたよ。普通そこはキャストを変える気がするのだが……まぁ、面白かったからいいや。なんか、チンピラ役でしれっと関俊彦が混ざってたのがやたらツボった。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
25 28 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
バーコード
ブログ内検索
カウンター