忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[546] [545] [544] [543] [542] [541] [540] [539] [538] [537] [536]

 カズターノ! カズターノじゃないか! な22話。あんな怪しげな外国人(?)を警備員でやとって大丈夫なんでしょうか、あのビル。

 追い詰められた園原さんを救い出そうと立ち上がったのは、これまでの鬱憤が溜まっていたダラーズのメンバーたち。帝人からのGOサインを契機に、過去の栄光に立ち返り、「色が無いこと」を武器として一致団結して杏里救出作戦を決行する。今回のAパートはカズターノやらスケッチブックのおねーさんなんかが結託して園原を逃がすことに時間を割いているのだが、どれだけ逃げても逃げても法螺田たちは振り切れない。「これだけ応援してもらってるんだから逃げ切れそうなもんだが……」と不思議に思っていたのだが、途中で、「逃げられないこと」自体が園原の心理状態をそのまま表していることに気がついた。そもそも、最初に法螺田に絡まれた時点でも、園原は相変わらずの「客観視」を崩しておらず、顔色一つ変えなかった。様々な見知らぬ人(ウサギ含む)の助力を得たとて、それが客観的に見たら「不可解な現状」であることは変わらないし、何よりも「自分は逃げていいのか」という迷いが、彼女に状況判断をさせないようにしている。

 そして、そんな葛藤が極限に達して前半のクライマックスとなるのが、紀田と遭遇して雨にうたれるシーンである。「紀田が黄巾族の将軍で、町中でダラーズを痛めつけている悪の親玉である」ことは事実であるし、「園原が黄巾族を探るため侵入した異分子であり、目下敵勢力であると思われる首無しライダーと繋がっている」のも事実。都合の悪い事実だけは、お互いに伝わってしまっている最悪の状況。そして、紀田にだけ追加された余計な情報が、「帝人はダラーズのトップである」というもの。紀田にとって、一時は「全てをなげうって守るべき対象」であったはずの園原杏里が、現実と過去の悪夢を繋ぐ「黄巾族」の闘争の渦の中に巻き込まれてしまっている状態だ。帝人が信用できず、それならば杏里も信用できない。紀田は、勝手に袋小路に迷い込み、園原の前でも決定的に間違った言葉が口をつく。

 そんな紀田を理解してやれるほどの余裕は、今の園原も持ち合わせていない。「自分は化け物である」という負い目、そして「親友にそれを隠している」という負い目もありつつ、それでも錯乱した紀田の言動には許せないものがあった。二の句を待たずに頬を張る園原。徹底した「客観」という彼女のパーソナリティが、ついにここにきて完全に決壊した。それが証拠に、再び法螺田に絡まれ、一時はその目に罪歌の赤を宿しかけたが、「他人の安否」という自分に深く関わるファクターを臭わされたところで、「罪歌への依存」を解除してしまっている。もう、彼女は「無関心な人間」ではないのだ。

 このまま最悪の方向へ流れる可能性もあったのだが、臨也にとって唯一のイレギュラーである静雄のファインプレーにより、園原は何とか窮地を脱する。借宿としたのは、全ての事情を知るセルティと、そのパートナーである新羅の家。そこで園原も、最後のパーツである「帝人の真実」を手に入れた。もう、彼女も止まることは出来ないのだろう。

 そして、未だ持ち合わせる情報が最も少ないのが、「数と連繋」を武器としていたはずの帝人だったというのも皮肉な部分。園原の無事だけは確認出来たが、彼女が窮地に陥ったのは黄巾族とダラーズの抗争のせいであるとしか思えない。彼が仲間を守るために採れる唯一の手段が、「ダラーズの解散」だった。苦しい判断であるが、既に自分の手を離れてしまったダラーズの因縁を消し去るには、もう、こうするしかない。「知らない」からこそ、彼も悩み続けている。

 ダラーズが帝の手を離れ、それに呼応するかのように、黄巾族も完全に紀田の手を離れる。法螺田の主導の下で過激派たちが動きだし、遂に最大の武力である静雄が狙撃された。もう、洒落や若気の至りでは済まされない、臨也の望んだ「闘争」の形。3人の少年少女たちは、この状況を打開する術を持ち合わせているのだろうか。もう、今から次週が気になってしかたないです。

 今週も、相変わらず「色の陰影」がきれいな画面構成に惚れ惚れする。序盤は積極的に動く園原と、それを追う黄巾族を象徴する黄色と赤のせめぎ合い。夕方の町並みをバックに続いた鬼ごっこは、最終的に園原の目の赤に収束し、消えた。後半はずっと雨に濡れる薄闇の中。赤は潰え、黄色は離れ、無色すら無くなってしまった。見えるのは、不穏な青ばかり。

 そして、今回は久し振りにセルティと新羅の掛け合いががっつり見られたのも眼福。セルティ、ゲーム弱いんですね。怒るとすぐに謎の暗黒物質の中に放り込む彼女がお茶目。お茶を飲みながらの園原との対談は、池袋を代表するセクシー美女2人の夢の共演。これも眼福。園原さんは「布団の中で目が醒める」シーンがやたら多い気がします。

 今週の一言。「寿司ネタにするよ」。怖い。 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
デュラララ!! 第22話 「解散宣言」
無色透明の夢色ダラーズ
WEBLINK[URL] 【2010/06/11 03:13】
デュラララ!! 第22話「解散宣言」
『黄巾賊の悪行に不満を募らせるダラーズメンバー達。 掲示板に書かれるメンバーの言葉を受け止めながら、帝人は事態の収集を計ろうと必死に...
WEBLINK[URL] 【2010/06/11 04:45】
デュラララ!! 22話
高校生の子供と言う身の丈に合わない力を手にした帝人、正臣、杏里のそれぞれの友人3人。 未だ迷走を続ける彼らの物語の最後がどうなるのか、いよいよ良い展開になってきました。 【全文を表示する】...
WEBLINK[URL] 【2010/06/11 07:19】
デュラララ!! 22話「解散宣言」
まさに「無色透明」へと戻ったダラーズ。 デュラララ!! 4 【完全生産限定版】 [DVD](2010/05/26)宮野真守豊永利行商品詳細を見る
WEBLINK[URL] 【2010/06/11 09:25】
デュラララ!! 第22話「解散宣言」
螟ァ莠九↑繧ゅ?縺ッ豌嶺サ倥>縺滓凾縺ォ縺ッ螟ア縺」縺ヲ縺?k縲ゅ◎縺ー縺ォ縺ゅk譎ゅ?縺昴l縺悟、ァ莠九↑繧ゅ?縺ィ縺ッ豌嶺サ倥°縺壹↓縲∝ス薙◆繧雁燕縺ョ繧ゅ?縺ィ閠?∴縺ヲ縺励∪縺??縺ァ縺吶h縺ュ縲ゅ◎縺励※縲...
WEBLINK[URL] 【2010/06/11 09:31】
デュラララ!! 第22話「解散宣言」
螟ァ莠九↑繧ゅ?縺ッ豌嶺サ倥>縺滓凾縺ォ縺ッ螟ア縺」縺ヲ縺?k縲ゅ◎縺ー縺ォ縺ゅk譎ゅ?縺昴l縺悟、ァ莠九↑繧ゅ?縺ィ縺ッ豌嶺サ倥°縺壹↓縲∝ス薙◆繧雁燕縺ョ繧ゅ?縺ィ閠?∴縺ヲ縺励∪縺??縺ァ縺吶h縺ュ縲ゅ◎縺励※縲...
WEBLINK[URL] 【2010/06/11 09:33】
デュラララ!!第22話『解散宣言』の感想レビュー
原作と結構変えてきた感じの、オリジナル色強め回でした。 大雑把に言うと、静雄が撃たれるといった大きなイベントは同じですが、今までの構成が違った分、見せる順序にはかなり変化があった、みたいな感じですね。 杏里が雨の中をかけずり回る様子には、彼女の不安感(黄巾賊からの暴力ではなく、正臣とのすれ違いから勢力同士の抗争を招いてしまった後悔という意味で)が強く感じられましたし、まさかの正臣登場&救出→しかし、お互い感情がいっぱいいっぱいになってしまって、まともな話し合いが出来ずにもの別れという結果も、ドラマチックに...
WEBLINK[URL] 【2010/06/11 13:52】
(アニメ感想) デュラララ!! 第22話 「解散宣言」
デュラララ!!5(初回限定盤) [DVD]クチコミを見る 黄巾賊の悪行に不満を募らせるダラーズメンバー達。掲示板に書かれるメンバーの言葉を受け止めながら、帝人は事態の収集を計ろうと必死に考えを巡らせていた。一方、集会の夜に取り逃がした少女の正体に気付いた黄巾賊は、つ...
WEBLINK[URL] 【2010/06/13 01:19】


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1
7 8
11 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/27 metalica]
[10/26 NONAME]
[10/16 metalica]
[10/15 Serra]
[10/14 Shachiku-dancer]
バーコード
ブログ内検索
カウンター