忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。普段使ってるWordにほったらかしだったアプデかましたらフォントやスタイルがよくわからんようになった。
[6028] [6027] [6026] [6025] [6024] [6023] [6022] [6021] [6020] [6019] [6018]

「伊藤潤二『コレクション』」 4→4

 色々とお勉強になる作品だった。「あ、これ、原作ここにあったんだ」っていう気づきが本当に至るところに。そう考えると、現代文化の絶妙なところに影響を与えている作品群なのは間違いない。

 でもまぁ、そうして「あ、これ見たことある!」っていう気づき以外で大きな楽しみがあったかというと、別にそんなこたぁ無いんだ。つまらなくは無い。やっぱり突飛なアイディアが出てくると「おっ」ってなるし、例えば「道のない街」みたいな話なら、「オォ、こういう不気味さがナチュラルにアニメになると雰囲気でるなぁ」という楽しみもあった。原作を知らないので勝手な推測でしかないが、原作漫画の再現性でいうなら割と質の高いアニメ化だったんじゃなかろうか。そして、それが現代アニメとして求められているものかどうかはよく分からない。

 多分、このまんまのクオリティのアニメ化ってやろうと思えば10年前でも出来たよね。なんでこのご時世に突然出てきたのかがよくわからん。結構有名どころの製作陣が作品作りに携わっているので決して下手なものが出てくるわけじゃないが、何か目を引くかと言われると困ってしまう。満足度でいうなら「世界の闇図鑑」とか「闇芝居」とあんまり変わらんのだよな……。うーむ、「原作ファンじゃ無いからよくわからねぇや」って言えばおしまいなのだが、原作ファンにとって嬉しかったのかどうか。あ、でもやっぱり単純に「アニメになってあのヘンテコ物体が動いた」っていうだけでも面白いのかも。淵さんがここにいるっていう事実のおかげで、何十年単位でハンターハンターの元ネタを知ることができたっていうのが最大の収穫。

 あと、毎回豪華なキャスト陣を使い倒すというのも現代らしい楽しみといえるかもしれない。個人的にはレギュラー出演の細谷佳正の活躍が印象的。いろんな細谷が楽しめるアニメなので、ファンは要チェックだ。そして、看板キャラクターとなった双一役の三ツ矢雄二だよね。グレーゾーンな不気味さ。これと「ルパンレンジャー」を一緒に見せたらお子さんは泣くかもしれません。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
18 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[04/18 NONAME]
[04/15 NONAME]
[04/09 NONAME]
[04/08 名無し]
[04/07 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター