忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[6030] [6029] [6028] [6027] [6026] [6025] [6024] [6023] [6022] [6021] [6020]

「恋は雨上がりのように」 6→5

 結論としては、「女子高生と恋愛するよりもファミレスのパフェつくる方がよっぽど難しい」という。さすがに何日も講習かよってさっぱり出来ないのは問題だと思いますが。

 なんともふわっとした終わり方ではあるが、1つの「恋愛物語」の終幕としては真っ当な幕引き。そりゃね、2人が正面から「じゃぁ、付き合うか」っていう展開になっても困るからね。奇しくも、中盤で二人が言っていたように「友達として」っていうのが一番的を射た関係性になった気がする。いや、あきらちゃんは一切店長のことを諦めたわけじゃないとは思うけどね。

 1つ1つの心情描写が非常に丁寧な作品で、あきらちゃんが青臭く猪突猛進で店長にベタ惚れしている様子が本当に過激でおっさん連中の心臓に悪い。こんな女子高生が現実にいたらすげぇ嬉しいかすげぇ怖いかのどっちかだと思うのだが、これが不思議なことに店長はどちらでもない。悪い気はしてないみたいだけど、結局「自分なんかが本気で惚れられるのはどうなんだよ」っていう守りの姿勢を崩さず、気づけば最後までこのディフェンスを守り抜いたのである。「女子高生の恋愛なんてはしかみたいなもんだし」ということを理解した上での適切な判断といえばそうかもしれないが、同時にあきらのことを一人の人間として受け止めきれていないということにもなり、この「うやむや」感はちょっと店長の株を下げる結果にもなってしまった気がする。最後に評点をちょっと下げたのは、「できれば潔く中年の星として輝いて欲しかった」っていう勝手な願望のためだ。社会的に(そして物語的に)店長の判断は正しかったと思うし、これがベターなエンディングな気はするのだが。

 まぁ、あきらちゃんが部活に戻った後も店長の家に行かない保証はないからな。二人の「友達」が将来の約束をしたのだから、今後陸上競技でいい成績を弾き出したらあきらが店長の家に押しかける可能性も充分ある。というか、彼女の性格からして、部活を再開したらそれくらいのバイタリティが復活しそうな気もする。いや、逆に運動したらムラムラしてた部分が発散されるのかな。どうなんだろう。もう、恋愛要素はバイト仲間の他の二人に全部任せちまおう、とか考えそうな気もするな。うーむ、若い子はそれだけで人生の選択肢が多くて羨ましいわぁ。

 アニメーションとしては、本当に1つ1つの描写にこだわりがあり、特にタイトルからの縛りプレイで多くの要素を「雨」「水滴」がらみの演出に転換させていたのは面白かった部分。まぁ、そのぶん似たような演出方向が重なって終盤はマンネリ化していた気もするのだが。雨を表現するために足元の水たまりが映るシーンが多く、その度にあきらちゃんの真っ白なソックスとローファーが映るのがなんだかフェチ心を刺激されて大変良かったです。なんだそのニッチな感想は。この気持ちが伝わる人間が一人でもいれば僕は本望ですが、この作品見て最後に出てくる感想がそれかよ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/09 NONAME]
[10/09 NONAME]
[10/07 名無し]
バーコード
ブログ内検索
カウンター