忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1017] [1016] [1015] [1014] [1013] [1012] [1011] [1010] [1009] [1008] [1007]
  

 ぼくは、まじっくが、すきです。でも、どみにおんも、やっぱりすきです。

 

 というわけで、Magic記事はこの時期あまり書くことも無いので、身内コミュニティで進行中の「ドミニオン」関係の記事を書いていこう。現在進行中の超絶自己満足企画の一部が、2chではオリカスレなども存在しているドミニオンの「オリカ作成」プロジェクトである。ちなみに、身内だけの話なので、クオリティが低くてもご愛敬だし、おっかないのでスレは覗きに行かないようにしている。だって、そんなとこ見に行ったら大体ネタが使われててモチベーション下がるだろう。

 プロジェクト参加人数は、かなり少なくて私も含めてせいぜい34人程度。そんな中で、お題を設けてカードデザインをしてもらうのがこの企画である。見切り発車だから最終的にどうなるかは知らんがね。



 早速、第1回のお題は以下。

 

問い1・以下の条件で、オリジナルの王国カードを1枚作りなさい。

条件1・コストは5コインである。

条件2・アタックカードである。

条件3・呪いを関係させてはならない。

 

 ドミニオン界の花形役といえる5コストカード。その中でも「拷問人」「魔女」「幽霊船」といった傑物揃いのアタック部門だ。さて、どんなカードが作れるだろうか? 

 

一応出題に際して、サンプルとして提示したのは以下のようなもの。

 

0, 発案者【Thraxi

強盗/Robber コスト5 アクション―アタック

他のプレイヤーは、山札の1番上のカードを公開し、それを廃棄する。あなたは、この方法で廃棄されたカードのうち、好きなカードを1枚獲得しても良い。

 まぁ、見ての通りに「泥棒」の焼き直しですね。他人へのアタックっていうと、結局手札か山札に攻撃を加えるしかなく、手札は捨てさせるバリエーションになるから考えにくい。そこで、「礼拝堂」などの圧縮戦術へのアンチテーゼとしての意味も込めて、山札からどんなカードでもパクれるように設定したカードを作ってみた。「泥棒」よりも1コスト高い分だけ、どんなカードでもパクれるように汎用性を挙げ、代わりにめくれる山札が1枚、そしてパクれるカードも1枚という形でバランスを取った。コストパフォーマンスとしては、「破壊工作員」とトントンなのでやや弱いくらいの部類だろう。

 デザイン上の難点としては、やはり「詐欺師」と同じスタイルを取ることによるランダム性。「詐欺師」の問題点は山空きが加速してゲームが混乱する部分にもあるが、「使っている側も分からない運ゲー要素」が嫌われる一端。このカードで「植民地」がめくれてしまったら、折角作り上げてきたゲームプランが滅茶苦茶になり、やる気を無くす人も多いだろう。また、ドミニオンは基本的に「特定個人へのアタック」という概念を認めていない。このカードは、意図的に特定のプレイヤーへの攻撃を可能にする(同じカードがめくれた時に狙ったプレイヤーを宣言するなど)ため、ドミニオンの根本原理に引っかかってしまう。とはいえ、個人的には、対象を絞ったアタックというのはそろそろ出てきてもいいと思っている。何回かプレイすると、どうしても序盤の諸々の影響で独走プレイヤーを出してしまう展開もあり、そうした場面では下位の残りプレイヤーが本当に退屈になる。そうしたシーンをひっくり返す「集中攻撃」カードがあってもいいような気もするのだ。

 

 以下は、メンバーにお題を出した結果寄せられた回答である(基本的に英語名は筆者が追加し、ルールテキストは適正なものに補正してある)。ちなみに、一人につき2つまで回答可能とした。

 

1,発案者【Mei

社会主義/Socialism コスト5 アクション―アタック

他のプレイヤーは、あなたと同じ枚数になるまで手札を捨てる。この時に捨てられた勝利点カードの枚数分+2コイン。

 手札攻撃系のアタックで、興味深い2つのギミックを盛り込んである。1つはマジックで言うところの「天秤/Balance(4ED)」効果。自分の手札の枚数に応じて相手の手札を攻める。「手札をいかに増やすか」が命題となるドミニオンにおいて、手札を減らすことが攻撃になるというのは面白い。そして後半部分のコイン効果は、「ジェラードの評決(APC)」に近いか。「いらないカードを捨ててもいいけど、そうしたら俺の得になるから」という遠回しな攻撃方法である。なかなか憎らしい設定ではないか。普通に単体で使う場合を想定すると、各プレイヤーは手札を1枚捨て、それが勝利点ならば4人戦で最大8コインの収入。相手もそれは避けるだろうから、要所のカードを攻めつつ、2〜4コイン入るだけでもいい。なかなか強力な仕上がりだろうか。

 ただ、デザイン上の難点もある。最大の問題は、狙って使えれば相手の手札を全て捨てさせることが出来る、という点。「祝祭」「見張り」「地下貯蔵庫」などで手札を減らしてからこれを使えば相手全員の手札を0枚にすることが可能で、狙ったデッキを組めば「無限ターン」の可能性が出てきてしまうのだ。特に「地下貯蔵庫」「倉庫」とのコンボは強烈で、デッキにこれを数枚仕込み、サーチしながらひたすら手札を減らし続ければ、敵全員の手札をむしりながら、延々コインを生み出すことが出来るようになってしまう。惜しいギミックだが、やはり後半の効果を際立たせるならば捨てさせる枚数は固定にした方がいいだろう。ただ、その場合にはカード名が変更になってしまうかもしれないが。ドミニオンのカード名は大きく4つのカテゴリがあり、「役職名(木こり、司教etc)」「施設名(工房、橋etc)」、「イベント名(祝宴、支配etc)」、そして「道具名(宝の地図、護符etc)」である。この「社会主義」は概念名であり、そのどれにも当てはまらないのでちょっと不適切である。このままの「天秤」効果を活かすなら、「社会主義者/Socialist」とするのがベターか。

 

2, 発案者【Isono

鏡の間/Mirror Room コスト5 アクションー持続

1ドロー 1アクション

このカードが場に出ている限り、他のプレイヤーがアタックカードを使用した場合、あなたはその効果を受けず、そのプレイヤーはアタックの効果を受ける。

 アタックカードを送ってこいっていう課題なのに、軽く無視した内容で送ってきやがる不届きなアイディア。ただ、折角考えてもらったし、ニュアンスはわからんではないので今回は一応採用させてもらった。「灯台」をよりアグレッシブに返した形になった「アタック対策」カード。普通、これが見えるならば「じゃ、アタックはやめておこう」ということになるのだが、「拷問人」クラスになれば、「まぁ、1人が喰らわなくても残りの人間にダメージは与えられるし、手札を捨てればトータルで1枚はドロー出来るから良しだ」などの判断は可能になる。そして、このカードは効果に比してコストが高く、あまり購入したくないというのも悩みどころだ。勿論「香具師」や「ならず者」が暴れ回る場だったら買いたくもなるだろうが……難しいね。

 デザイン上の難点としては、持続カードなのに次のターンに何も起こらないという致命的な欠点がある。いっそ、名前を活かすならば「密輸人」の効果をもじって、「右隣のプレイヤーがこのターンに使ったいずれかのアクションのコピーとなる」みたいな効果を持たせると、面白いカードになるかもしれない。ただ、現時点でそのルーリングを体現させるテキストは難しいのだけど。

 

3, 発案者【Isono

大津波/Tsunami 5コスト アクションーアタック

3ドロー

他のプレイヤーの場に出ている持続カードをすべて廃棄する

 えー……時節柄、確実に不謹慎と誹られるカードを送ってくるのも不届きだと思いますが……一応弁明しておくと、これを送ってくれたIsono氏は現在海外におりまして、あまり国内情勢に詳しくない。……多分。でも、ニュースで見てなきゃこんなネタ送ってこない気もする。今度あったらスクリューパンチを見舞っておきます。

 さておき、また大胆なアタック。持続カードのみのピンポイント爆撃である。5マナ3ドローなので単純にデッキに入る上、「隊商」「船着場」など、持続カードは強力なものが目白押し。当然サプライ次第だが、充分コストに見合った効果である。そして、持続カード全般が「海辺」に収録されているというのもこのカードの面白いところ。「商船」やら「停泊所」が津波にさらわれていくさまは、昨今の日本のニュースをそのまま体現しているかのような光景ではないか(それでも流されない「灯台」は偉いな)。……でも、「停泊所」が流されたらリムーブしたカードはどうなるんだろうね。廃棄扱いかな。「策士」が流れるとやるせなさは億千万。ちなみに名前は自然災害ということであまりテンプレートに即していないのだが、いじりようが無かったのでそのまま保留。英語名はマジックのカード「津波/Tsunami(5ED)」からそのまま取らせてもらった。あちらは島が流れましたが、こっちのカードで「島」は流されません。

 

4, 発案者【Isono

追い剥ぎ/Footpad 5コスト アクションーアタック

2コイン 1アクション

あなたは3人以下の好きなプレイヤーを指定してその手札を公開させ、それぞれからカード1枚を選んで捨てさせることが出来る。  なお、選択するプレイヤーは重複してもよい

 ほんでまた、2枚まで応募可能って言ってるのに3枚送ってくるしね! どこまで約束ごと破ったら気が済むねん! 取り扱ってる俺も悪いんだが……というわけで3枚目のアイディアがこちら。ギミックとしては分割火力のようなスタイルで3枚の手札を狙い撃つことが出来る、強化版の「強要/Coersion(9ED)」。均等に割り振れば、捨てるのは1枚でいいが、選んで1枚は「拷問人」や「ならず者」の2枚ディスカードよりもはるかにダメージが大きい。

 ただ、このスタイルなら、シンプルに各人から1枚抜く、でいいだろう。前述のように、ドミニオンは特定個人へのアタックという概念を(今のところ)推奨していないので、一度に3枚も見て抜けるのは流石に強すぎる。また、その場合でも「拷問人」や「ならず者」とのバランスを考えると、アクションを止めてしまうカード(つまり+アクション無し)にするか、2コインを少し減らして1コインにした方がバランスはいいような気がする。大量の「追いはぎ」によってたかって身ぐるみ剥がされたりしたら、たまったもんじゃない。

 

5, 発案者【Metallica

処刑人/Executioner コスト5 アクションーアタック

3ドロー

全てのプレイヤーは手札を公開し、アクション・カードが1枚以下になるまで手札を捨てる。

 効果としてはやはり「拷問人」の焼き直しであるが、捨てさせる方に特化させたために、その効果は変化する。このカードがサプライにあるだけで、村系アクションなど、とにかく繋げることが前提のデッキ構築はNGになってしまう。なにせ、下手をしたら4枚捨てさせられる可能性があるからだ。逆にコインゲームに持ち込んでしまえば、これによって手札を捨てられずに済むようなデッキも簡単に組めるだろう。良くも悪くもサプライ次第で強さが変わるあたりは、なかなか心得たデザイン。何が憎らしいって、こいつ自身も単なるドロー系カードなので、どうしても村系と組み合わせたくなってしまうという点。こいつをうまく使おうとすると、他のプレイヤーのこいつが怖い。ま、「拷問人」でも同じくらい怖かったけどさ。ただし、「拷問人」と違って特定デッキを攻める指向性があり、ドミニオンの醍醐味であるアクション連鎖を目の仇にしているのでゲームがつまらなくなりそうなのは要注意か。

 名前も「拷問人」に似ているが、こちらは相手に自由意志で選択させるような真綿で首を絞めることをせず、直接的に手足をむしり取る(アクションを奪う)ご職業。二人並んだ時にイラストが続き物だったりしたら面白そうだなぁ。

 

6, 発案者【Metallica

悪党/Rascal コスト5 アクションーアタック

全てのプレイヤーは手札を公開し、あなたの左隣のプレイヤーは、自分の山札の上から2枚のカードを公開する。その2枚のカードのうち、異なる名前のカードごとに

アクションカードの場合:他のプレイヤーはアクション・カードを1枚捨てる。

財宝カードの場合:他のプレイヤーは財宝・カードを1枚捨てる。

勝利点カードの場合:他のプレイヤーは、勝利点カードを1枚山札の上に置く。

(カード名が同一の場合、そのカードの種類の効果1つのみを得る。)

 なんと、「貢物」をそのままアタックに転化してしまったカード。その発想はなかった。「貢物」と異なりめくった山札が捨て札にならない設定にしてあるのは、単なる表記忘れなのか、意図的なものなのかは不明だ。ちなみに「貢物」のテキストをそのまま流用したため、「これって、左隣のプレイヤーが「堀」とか「灯台」使ったらどうするのん?」という疑問には対応していない。なんか上手い手立てを考えたいところだが。

 さておき効果の方だが、大体のデッキなんてものは勝利点カードの割合が一番低く、大抵は財宝かアクションがめくれてしまうため、この効果で2枚捨てる場合、屋敷捨てで逃げにくいというのが「民兵」などよりも強い部分。また、ご丁寧に勝利点カードの場合だけ「役人」と同じトップに戻すスタイルが採用されており、低い確率ながらもかみ合った時の鬱陶しさはなかなかのものである。

 ただ、実際はランダム要素が絡んでしまうために、狙った通りの被害を与える機会はそこまで多くないように見える。結局MAXの効果でも「幽霊船」とさほどダメージ量は変わらないように見えるのに、自分にペイが無いのは流石に購入しにくい。パターンになってしまうので差別化が難しいが、やはりドローやコインなどでフォローしないと5コストに見合った効果とは言い難いだろう。いっそ山札をめくる枚数を3枚にしてしまうのも面白いかもしれない。ネーミングについても、ちょっとイメージが湧きにくいのは一考の余地あり。「貢物」が裏返った効果なのだから、そこに引っかけた名前(「徴発」「接収」など)にしてみるのも面白かろう。

 

7, 発案者【Hito-oni

地上げ屋/Winkler コスト5 アクションーアタック

各プレイヤーは、山札の1番上のカードを公開する。勝利点カードの場合、そのカードを廃棄する。あなたは廃棄されたそれらのカードを獲得してもよい。公開されたカードは捨て札にする。

 上で私が提案した「強盗」と同じような、「泥棒」の亜種である。1枚めくるところまでは同じだが、徹底的に勝利点カードのみを狙い撃つ仕様になり、うまくいけばごっそり30点も夢じゃないようになったのが特徴。他のカードには影響を一切与えないため、潔いチューンナップといえる。

 基本的には弱いカードだ。山札をめくって勝利点カードが出る確率など微々たるものだし、それ以外の見返りもほとんどない。よほど切羽詰まった状態で無い限りは購入したくないギャンブルな選択肢と見るべきだろう。ただ、ギリギリまで山札を切り詰める圧縮の度合いが高いデッキ、つまり「礼拝堂」ベースのコインデッキなどに対しては、「泥棒」以上のアンチテーゼとなり得るところはワンチャンスある部分か。また、この手のカードにありがちだが「大広間」「ハーレム」などがあればそれなりの価値は見いだせるかもしれない。ちなみに、発案者の意図通りなのかミスなのかは分からないが、アタックにしては珍しく、このカードは自分の山札もめくる。トップに邪魔な勝利点カードがあると分かっていれば、一応それを吹き飛ばすことが出来るのは本当に微々たるメリットといえる。

 カード名については、まぁ、そのものずばりか。その筋のガラの悪いおっさんが取り立てにくるイメージだが、その程度で「属州」や「植民地」が強奪されるのはどうかと思うが。まぁ、「破壊工作員」や「見張り」にぶっ壊されることもあるからねぇ。

 

以上、何枚かのカード案を紹介してきたが、今回応募に含まれていた中で、個人的に最も気に入ったのが以下のカードである。

 

8, 発案者【Mei

猟犬/Hunthing Dog コスト5 アクション―アタック

2ドロー

あなたはカードを1枚公開する。その後、他のプレイヤーは手札を公開し、あなたが公開したカードと同じ名前のカードを2枚捨て札にする。

 これも手札攻撃系。「魔女」と同じく5コスト2ドローは最低限の仕事であり、更に手札のカード次第で、相手の手札を搾りにいくことが出来るようになる。どうしても10枚の王国カードのうちに強さの差が出てしまうドミニオンは、「全員が同じカードに走る」という傾向が強くなる。それを逆手に取り、自分と同じカードばかり購入しているプレイヤーにピンポイントで嫌がらせをするというのは面白い切り替えだ。

 また、序盤にこれが買えた時の破壊力は想像以上だろう。なにせ「銅貨」を見せればほぼ確実に他のプレイヤーの手札には「銅貨」が2枚以上あるわけで、実質あの「巾着切り」の2倍の効果。はっきり言って鬼である。初手3-4と初手5-2の差を大きく広げてしまうのは流石に難有りにも見えるが、その分中盤以降の効果は抑えめになっているので、バランスは悪くない部類なのではなかろうか。

 カード名もなかなか面白い。マジックの訳語だと猟犬クリーチャーは「Hound」だが、ここは役職名としての性格を示すためにちょっと捻ってみた。特定の「臭いカード」だけを狙い、調査しに行く獣のイメージは強烈である。デッキに数が入りやすい「隊商」や「行商人」といったカードをかき集める戦術に対抗できるのは、面白い特性といえるのではなかろうか。他のプレイヤーたちと自分が大量の「宝物庫」を買いあさりに行くと……

 

 

というわけで、今回は以上だ。

 なかなかカードデザインのアイディアっていうのは斬新さを求めるのが難しい。それでもチャレンジし続けるのが、ドミニオンプレイヤーたちの妄想劇場なのだ。さて、次回のお題はこちらになっている。暇なお客さんは考えてみて欲しい。参加者は随時募集しておりますので。

問い2・以下の条件で、オリジナルの王国カードを1枚作りなさい。

条件1・コストは2コインである。

 

 過去に議論を起こしたことがあるのが、この「2コストカード」である。「中庭」は強カードだが、「真珠取り」は空気カード。絶妙なバランスで未来を切り開け!

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
25 28 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
バーコード
ブログ内検索
カウンター