忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1857] [1856] [1855] [1854] [1853] [1852] [1851] [1850] [1849] [1848] [1847]
「坂道のアポロン」 5→6

 実は、おそらく今期の作品で一番面白かったんじゃないかと思っている作品。「面白い」にも色々と種類はあるだろうが、こんだけしっかりとまとまっていて、視聴後に何一つ遺恨を残さずに清々しい気分になれたのは久しぶりである。

 今期は、個人的に何くれとなく忙しく、正直アニメも限られた数しか身を入れて見られなかったという反省がある。横目で見てる程度で評価するなんてことは本来ならばおこがましくて出来ないはずなのだが、いかんせん何か書いておかないと落ち着かない質なので、真剣でなかった作品はそれなりに当たり障りなく、というのが現在のスタンス。

 実をいうと、この作品も最初のうちはそんな「横目で」作品になるところだった。1話目の吸引力は低くなかったのだが、ハードスケジュールの火曜日に位置していたこともあって、「まぁ、少女漫画原作だし、大した爆発力は無いやろ」という駄目判断により、序盤は割と適当に見ていたのだ。しかし、やはり何かを持っている作品というのはそんな適当な見方を許さない。次第にずぶずぶとはまっていって、気付けば終盤は正座視聴の作品になっていた。これで他の諸々の作品のように最後の展開がなあなあだったりしたら無難な評価で終わらせることも出来たのだが、実は今期の作品では非常に珍しい「すごく綺麗な幕引きを実現させた1クール作品」だったのである。こいつぁさすがのノイタミナ。何が出てくるかわかりゃしません。

 少女漫画原作なのだから、シナリオラインに特別なものはないだろう、という判断は大きく間違っていたわけではない。内容としてはいかにも古風な恋愛ドラマであるし、個々のキャラクターの設定や見せ方だって、特に驚くべき部分があるわけじゃない。キャラクターの絵柄だってどこか古くさくて、とても今のアニメで人気が出るような設定とは思えない。正直、最初の方は「やっぱり少女漫画の絵柄ってのは癖が強くてあわんなぁ」と思っていたものだ。

 しかし、それがだんだん気にならなくなるにつれ、今度は中身の方が気になってくる。単なる恋愛ドラマのはずなのに、そこに展開される色恋沙汰が、何故か気になる要素になる。一時は完全なる一方通行恋愛ものという、どこかで見たような展開になったものの、それが何の不自然さもなく、非常に丁寧な心理描写を伴いながら「あるべき形」に落ち着いていく手堅さ。普通なら2人の男の間でふらふらしていた律ちゃんなんかは「この尻軽が!」と思われてもいいようなポジションなのに、こと恋愛については作中のキャラクターが全員本気で、全員真正直なおかげで、決して軽く見えないし、「単なるアニメの一要素」に終わらないだけの説得力を持っている。ここまでの「ロマンス」があれば、駆け落ちも失恋も嫉妬心も、全てが「面白い」要素である。

 結局、こういう「普通の」ものをどれだけ魅せながら描いていくか、というのがアニメの真骨頂ということになる。ちゃんと見ているつもりがまだまだ侮っていたんだろう、渡辺信一郎はやはり素晴らしい監督である。監督の仕事といえば、もちろん、この作品のもう1つの肝である演奏シーンの見せ方にも関わってくる。このアニメは「ジャズアニメ」であるから、その演奏シーンに血が通っていなければ折角の恋愛ドラマも持ち腐れ。そして、そのことはスタッフも重々承知している。こちとらジャズの知識なんて一切無いし、何が「スイング」なのかなんてさっぱり分からないが、その「分からないもの」が充分見えてくるんだから不思議なものだ。これまで数々の「アニメライブ」を見てきたが、今作で描かれた演奏シーンは、そのどれにも負けない唯一無二の出来であったと言える。細かな仕草まで徹底的に描き込まれているので、おそらく相当な手間を要しているはず。この作品を支えた最大の要因は、そうした手間暇を惜しまずに「とにかくドラマを盛り立てる」ために作ってくれた画面の全てである。

 「演奏シーン」と「ラブロマンス」。2つの要素が結実して、見事な12話、見事な一本のドラマの完成。こいつはお見事でした。お約束のように吐く「2期が」云々があり得ないのが寂しいが、この作品の成功をきっかけに、同じように作り込むことで魅せられる作品が増えるといいですな。

 最後は中の人。今作は「都道府県アニメ」でもあったわけだが、もう、私は「律」の字が突くキャラクターは全員惚れなきゃいけないんじゃないかという錯覚さえ生まれるくらいに、律ちゃんが可愛かった。おかしいなぁ、最初見た時はデザインのせいで「変なヒロイン」としか思わなかったのだが……やっぱり方言か。そして南里侑香ボイスの魔力か。途中一瞬だけソロで歌ってくれるシーンとかがあって、もうたまらんかったな。方言女子の破壊力は異常。私が都道府県ネタに弱いことは周知ですけども。行ってみたいな長崎県。そしてメインの野郎2人は木村良平・細谷佳正の2人だが、広島県民細谷がなかなか面白い味を出しながら九州方言を使っていたのが印象的。「正しい細谷の使い方」がようやく分かった気がするアニメ。あと、「正しい岡本信彦の使い方」も。「正しい諏訪部の使い方」は……みんな知ってる。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター