忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1855] [1854] [1853] [1852] [1851] [1850] [1849] [1848] [1847] [1846] [1845]
「あっちこっち」 5→5

 今期屈指の空気作品。特に話題になることもなく、ひっそりと終わっていったことを考えると、ある意味究極の「日常系」と言えるのかもしれない。

 点数を見て分かるとおり、実は割と嫌いじゃなかった。取り立てて「ココがすごい!」ってな部分も無いのだが、何事も身の丈にあった出来ってのが大事だと思うんですよ。このどーでもいい安易で盛り上がりに欠ける「萌え四コマ」だったら、これくらいの温度で作ってくれるのが一番肌に合っていたのではないかと。どこぞのアニメみたいに、中身が全く伴わない似非推理なのに京アニ動画とかつけられちゃうと、ギャップが激しすぎて機能不全を起こす恐れもあるので。

 いや、別に他の作品をくさすのが目的ではないのだが、とにかく「この作品が他の作品よりも面白い部分ってなんだろう」ということを考えたら、それを出すためのスタイルをとるのが必然であり、それがある程度出来ていたんじゃないかと、そう思うわけですよ。特に画がすごい、ということもないけど、デフォルメ強めの丸っこいキャラクターがボーダレスな会話劇に興じながらほどよく動く。萌えやらギャグやらが強く出るわけじゃないけど、要所要所で思い出したように可愛い。落ちてるんだか落ちてないんだか分からないようなネタ回しだって、「つみきたちはこれが日常なんだから、まーいーか」というくらいの感覚。視聴者の態度としては甘っちょろい気もするのだが、大量にあるアニメの中で、1期に1本くらいこういうのがあってもいいじゃない。最近はこの手の作品も少しずつ供給量が落ち着いてきたしさ。

 もちろん、「悪くない」という部分はフォローするけど、個人的に「ひだまり」「らき☆すた」「けいおん」なんかに並ぶと思ってるわけではない。そこはそれ。そんなに簡単にメガヒットなんてうまれやしません。でも、改めて追崎監督の「ほどよさ」が確認出来た作品だったし、多分、(無いと思うけど)2期があったら普通に見ると思うよ。

 中の人的には、台詞量が一番多かったナバが大変そうだった、っていうことが第一。丁度同じ時期にAT−Xで「無敵看板娘」もやってたので、よく分からないスーパー生天目タイムを楽しむことが出来ました。あと、今作の大久保留美はいい仕事してたと思う。にゃんこボイスが愛らしい。個人的にはアコより、ちなつより、つみきが好き(え? 信長?)。オープニングとエンディングも雰囲気が合ってて可愛らしかったし。エンディングで流れてたガチャポンっぽい造形、いいよねぇ。あれはちょっと欲しい。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター