忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2172] [2171] [2170] [2169] [2168] [2167] [2166] [2165] [2164] [2163] [2162]
「ひだまりスケッチ×ハニカム」 5→5

 また終わってしまった、いつもの生活。日常系アニメは終わるときにもフッと終わってしまうので、あまり実感が湧かないけれどもじわじわ寂しくなってしまうという。今期分で原作もほとんど尽きてしまったし、5期が作られるとしたら数年後ということになってしまうんだろうなぁ。原作がどこで幕を閉じることになるのかは定かでないが、ここまで来たらしっかりと原作の後を追いかけてほしいものである。

 基本的に、ファンになってしまった時点でこの作品について何かを語ったり計ったりすることは出来ない。「そこにひだまりがあるならそれでいいや」というスタンスになってしまうために、何が面白い、という部分すら必要無くなってしまうためだ。時折「ひだまりって面白いの?」と聞かれることがあるのだが、「好きだよ」としか答えようがないのである。何とも申し訳ない話だ。

 元々、ひだまりが好きになったのはコテコテのシャフト作品だった1期2期の影響である。なにせ1期が上坪さん、2期が尾石さん中心の作劇になっていたわけで、もう、あり得ないレベルでの構成が本当に刺激的だった。幸か不幸か現在はそうしたアクの強さは薄れており、3期は本当に素直な日常もの、4期になって八瀬氏のディレクションに変わったので再び「らしさ」が出るようにはなったものの、やはり1期2期に比べれば随分大人しい。初期ひだまりに求めていた楽しさとは別次元の作品になったと言っていいだろう。そうした変化が残念ではあったが、それでも一度落ち着いてしまった世界観に文句を付ける気も無い。すっかり落ち着いた作品世界をゆるゆると見続けることが何よりも求められているのだから、存在そのものが正義なのである。4期はそうした方向での充足感については文句のないシリーズだったのではなかろうか。

 具体的な内容を掘り返せば、3期で加入した1年生コンビの定着が最大の変化ではないかと思われる。2期目まで4人で展開していたひだまり荘に新入生が入ってきたのが3期目のこと。そして3期は新入生加入後のエピソードが約半分といった分配だったので、新規組に抵抗がなかったといえば嘘になるだろう。それが、この4期目になったことで安定し、しっかりと個々のキャラクターで「ひだまり荘」を回せるようになった。様々な組み合わせでの物語が織りなせるし、これに外野までを加え、多少アニメオリジナルで膨らませることで、より自然な世界の広がりを見ることが出来た。また、3年生組の進路という具体的な目標も見え始め、寂しさもある反面、ちゃんと時間が流れていることも意識させる作りになっており、積み重ねてきた4期分の歴史を嫌でも意識させる。こうしてなだらかに変化していく様子を見ているだけでも、時間が共有出来ているようで満ち足りるのである。ま、実をいうと中盤以降に作画面でちらほら気になるシーンも見受けられたのだが……富士山に比べれば、ね。

 流石にこの作品について中の人に触れる必要性はかけらも無いのだが、強いてとりあげるとするならばゴトゥーザ様の復帰をお祝いしなければならないことだろうか。まだ完治したわけではないのでどのくらい喜んだらいいのかは定かでないが、少なくとも仕事が続けられそうなのはありがたい限りである。早く元気になって、僕らの知っている後藤(強)を見せて欲しい。何しろ「もっとも強そうな6文字」に選ばれたわけだからね。「ぜんぶごりら」。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター