忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2168] [2167] [2166] [2165] [2164] [2163] [2162] [2161] [2160] [2159] [2158]
「CODE:BREAKER」 5→4

 すみません、あんまり真面目に見てないです。今期アニメシャワーは一本目で満足してしまうから、その後に続く3本は本当に印象が薄くてなぁ。しかもこの作品、現段階でもマガジンで連載が続いてるんだから2クールあるもんだとばっかり思っていたのに、気付いたら終わりやがった。しかもなんか続編なんてない感じで。原作ファンはそれでいいんでしょうかね。

 ま、大体どんな内容の作品なのかは知っていたわけだが、その枠からはみ出るようなことは一切無いままで終了した。もちろん、予想を裏切ることは義務ではないし、期待さえ裏切らない出来なら問題無いわけだが、やっぱりちょっとパンチが弱い作品だったと言わざるをえないかなぁ。リアルで「爆ぜろリアル・弾けろシナプス」やってる漫画なわけでしょ、なかなか「ここがすげぇ面白い!」って言って食いつくようなもんではない。映像面はかなり頑張っていて、複数ある異能の視覚的な効果もかなり丁寧に描かれていたし、個々のキャラクターの表情なんかも面白い箇所は多かったのだが、それらの頑張りが活きるシナリオラインが出来上がってない、というのが勿体ない。最初から最後まで「悪を裁くこと」が一貫してテーマになっていたので分かりやすい反面、その先の進路が全て見えてしまっていて、どんでん返しのようにひっくり返してみても、「あぁ、そりゃそうなるよね」という納得が先に来てしまい、驚いたり盛り上がったりする要素としてついてこなかった。また、ヒーローものなのに「主人公が恰好いい!」という要素があまり強くなく、じゃぁ他の連中が目を引くのかというとそうでもない。今更火だの電気だのといった素材の味をそのままな能力バトルを真正面から出されてもなぁ、という感じです。

 いや、これってやっぱり原作をぼんやりとでも読んでしまっていたのが悪かったのかな。先の展開を知らなければもう少し集中して見ることが出来たかもしれないし、そうなればもう少し作画面での頑張りにも注目できたかもしれない。適当な視聴体制からは適当な感想しか出てきませんね、すみません。

 中の人については、後半の印象がどうしても強いので、ミキシンが頑張ってたよね、というのが第一印象なのだが、女性キャストだと齊賀・甲斐田といった渋い面々が活躍してたのは割と好印象。特に甲斐田さんは普段強気な役ばっかりなので、今回みたいにちょっと守られてる側に回っているのは新鮮だった。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[09/24 NONAME]
[09/20 トマト]
[09/20 トマト]
[09/03 Serra]
[08/31 ろはん]
バーコード
ブログ内検索
カウンター