忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2874] [2873] [2872] [2871] [2870] [2869] [2868] [2867] [2866] [2865] [2864]

「ぎんぎつね」 5→6

 良いアニメ化だった。今期は「のんびり田舎アニメ」を銘打った作品に「のんのんびより」があるわけだが、あちらはキャラにエキセントリックなのが多いし、実はファンタジー田舎なのであまり現実味がないので、実際「のんびり田舎アニメ」としての完成度が高いのはこちらの方だったのではなかろうか。まぁ、その分あっちはキャラが濃いのでギャグとしてのポテンシャルが高いけど。

 原作は読んでいないが、おそらく堅実に、確実に原作をアニメ化したのだろう、ということが感じられる作品。筋立てが素直なのでドラマが観やすいのに加えて、各々のキャラの心情もあせらずにゆっくりと見せてくれるおかげで非常に共感を得やすい設定。大きな事件などが無い分、些細な悩み事や決心などが焦点となっており、ある意味では「日常もの」と言ってしまっても良いカテゴリになっている。そして、そんな日常の延長線上にサラッと「神使」を置いており、銀太郎たちの存在感までもが自然に日常の一部に溶け込むような感覚が得られる。こういう何気ないアニメってのは、やっぱり癒し効果が高いです。ディオメディアの作風も最近ではすっかり安定しており、今作の作画は原作絵の良さをきちんと維持しつつ、持ち味である色のメリハリが風景から浮き上がらずにきちんとアニメらしい華やかさにも繋がる絶妙なライン。派手さはないものの、原作ファンにも「アニメ化して良かったな」と思ってもらえるだけの品質になっていたのではなかろうか。まだまだ原作ストックはあるだろうから、是非とも2期目を実現させてこの世界の広がりを見せて欲しいものである。

 そして、こうしてゆっくり見られる作品のセールスポイントとして、中の人たちの芝居もしっかり聞けるというのがある。今作の冴木神社は、実はものすごい割合で本能字学園関係者とリンクしているという謎の符合があり、最終回で集まった面子の中には、鮮血と流子をはじめ、美木杉先生、満艦飾弟までが顔を連ねている。比較対象があると声優の本領が楽しめるのでホント素敵。やっぱり僕は関さんが大好きです。この空気はかけがえの無いものだ。もちろん、そんな素敵なお父さんに支えられたまことも実に可愛らしく、ひーちゃんボイスの魔性を改めて確認出来る。どこか胡散臭さが抜けきれないミキシン銀太郎も、懐のでかさが感じられてナイスだ(ただ、やっぱり「恋物語」の直後には見ない方がいいかもしれない)。真面目くさったときの小清水も味わい深いし、「ぎんぎつね赤﨑」もいい存在感。そして、個人的なMVPは、ハル役の藤村歩。もう、ハルちゃんが可愛すぎて登場後は心奪われっぱなしだった。モフモフ小動物はたまりませんな。きゅんきゅんする。やっぱり小動物は動いている姿を見てナンボだ。是非とも2期を作って、ハルちゃんの勇姿をまた拝ませて欲しい。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター