忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2873] [2872] [2871] [2870] [2869] [2868] [2867] [2866] [2865] [2864] [2863]

「機巧少女は傷つかない」 5→4

 うーむ、盛り上がらなかったな……ラノベ作品だし、この手のファンタジーバトルものは十把一絡げでまとめてしまうきらいがあるが、今作の場合はそんな十把の中に完全に埋もれてしまったように感じられた。

 今期も相変わらず多かったこのジャンルの作品。どこで差をつけるかと言えば、シナリオには限界があるのでどうしたってキャラ依存になる。今作は、ヒロインのキャラ作りはそこまで悪いものではない。淫魔設定の夜々がかなり頑張ってくれていたし、サブヒロインのシャルも割と魅力的な要素は多かったと思う。ただ、やっぱり脚本で輝かないのがな……バトルの描写があまりに淡泊なんだよねぇ。放送開始当初は、夜々が「拳で戦うヒロイン」ってことで独自の見せ場が作れるかと期待していたのだが、今作は映像的にはそこまで見るべきものが無く、戦闘に戦術を使う機微がなくなってしまう分だけ、夜々が脳筋キャラであることがマイナスに働いてしまっていた。シャルも技にバリエーションがあるわけでなし、敵キャラも判で押したように決まった行動を、指示通りに行っているだけだ。学園内の構造が掴みにくく、「夜会」がなんなのかも全体像が見えず、各々が戦っている信念が伝わってこないのも微妙。そういう意味では、雷真&夜々チームよりも、戦う理由が見えていたシャルの方がキャラとしては感情移入しやすいくらいだった。

 そして、今作一番の特徴というのが、「俺修羅」と同じ原画でのバトルという、何とも不思議な違和感を与えるキャラクターデザイン。上手くはまればいい意味で違和感が際だつ見せ方があったと思うのだが……個人的には結局「違和感」のままで推移してしまった。本当に、「向いてないけどなぁ」としか思えず、戦闘の緊張感が一段落ちるような、かみ合わせの悪さばかりが気になった。夜々がオラオララッシュしてもそこに重みが感じられないし、真剣勝負しているシーンでもどこか嘘臭さが残る。最初に持ってしまった印象がぬぐい切れなかったのが残念である。制作陣はこの「違和感」のことを承知した上で利用しようとして失敗したのか、それとも単に無頓着だったのか……。

 もちろん、悪い面ばかりではなく、面白いポイントもいくつかあった。前述のように、シャルのキャラはサブヒロインとしては割と良い出来で、中盤以降の夜々とのバランスの取り方は、バトルものではなくハーレムものとしては悪くない。終始一貫してぶれることがない夜々の強さに助けられて、「バトルさえなければそれなりに楽しそう」という期待はあった。まぁ、これもひょっとしたら中の人ラジオの力が大きかったのかもしれないけども。ダチャーン&下野お母さんの安定感が尋常じゃないよね。そして、個人的には高本めぐみがしっかりとキャラを押し出せたのは嬉しかった。めぐたん、ガンガン来い。もっと来い。この2人が絡んで担当していたエンディングも実に電波でナイスでしたよね。今作はエンディングがあったから視聴出来たと言っても過言じゃないから。

 結論・マウンテンはらださんはアニメそのもののプロモーションにあんまり向いてない気もするけど、最終的には視聴させるだけの何かがある。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター